浦和レッズの応援写真 フォトレッズ

主にホーム埼玉スタジアムでの浦和レッズの写真、 レッズサポーターや対戦チームサポの応援風景、 浦和サポーターによるビジュアルやデカ旗の画像、Lフラ、ゲート旗などを掲げたスタジアム内のフォト

ガンバ大阪

試合前の水風船投げ込み画像とか 浦和レッズ対ガンバ大阪

ガンバサポの水風船投げ込み

ガンバサポーターの愚行一応このくらいならいいかなというくらい小さく縮小してますのでわかりにくいですが浦和サポーター席に水風船投げ込んでます。

それにしても試合開始直前に物を投げ込み始めたのってそうすれば手が出せないと思って計算ずくでやった行為なんでしょうかね?

ガンバサポ落下

あと浦和サポとガンバサポがもみ合ってガンバサポが落ちたという報道がありましたが明らかに捏造(誤報)ですよね。
ネットで拾ったので載せといてもいいでしょ?ふきだし付きです。ガンバサポーター落下
飛び込んでみたくなったのでしょうか?
まさか道頓堀のつもり?じゃないよね。
こういう人がいるとビジター席前3列カットとかになっちゃいますよ。

ナビスコカップ準々決勝第1戦2007年7月7日浦和対ガンバ大阪

ナビスコカップ準々決勝第1戦

2007年7月7日準々決勝第1戦 18:00 埼玉スタジアム 晴

観衆:44609人 主審:扇谷健司 副審:広嶋禎数、青木隆

浦和レッズガンバ大阪のフォト

浦和レッズスタメン
1  山岸範宏
12 堤俊輔
20 堀之内聖
19 内舘秀樹
6  山田暢久
16 相馬崇人
17 長谷部誠
3  細貝萌
8  小野伸二
10 ポンテ 15
9  永井雄一郎

サブ
23 都築龍太
 7 酒井友之
14 平川忠亮
25 赤星貴文
27 西澤代志也
18 小池純輝
30 岡野雅行

07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
07年7月7日
ナビスコカップ
浦和レッズ対ガンバ大阪

07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪

埼スタメインの記者席も
赤くします。
ガンバ大阪サポ 07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪
サポーター
ガンバ大阪サポ 07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪
サポーター
ゴール裏ゲート旗07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ
ゴール裏ゲート旗
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習を始める
浦和選手とレッズゴール裏
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ゴール裏のゲート旗
試合前練習07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習
試合前練習07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習
試合前練習07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前練習
浦和レッズゴール裏07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
ゲート旗
浦和レッズゴール裏ゲート旗 07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
ゲート旗
選手紹介07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介
選手紹介永井雄一郎07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介永井雄一郎
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
ナビスコカップ
浦和レッズ対ガンバ大阪
入場者数44.609人07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
入場者数44.609人
浦和山田選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
どこか痛めた
浦和山田選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪
試合後の浦和レッズ選手
07年7月7日ナビスコカップ浦和レッズ対ガンバ大阪試合後の浦和レッズ選手
試合後の浦和レッズ選手


浦和
前半 G大阪
後半
小野 前12分
得点者
後42分 山口
前16分
小野 前28分
ポンテ 後44分
警告
前15分 明神
後33分 マグノアウベス
後44分 倉田

退場

浦和レッズ公式ナビスコカップガンバ戦レポート

J'sGOAL2007 ヤマザキナビスコカップ

準々決勝 第1戦 浦和 vs G大阪(埼玉)サマリー

浦和 vs G大阪:ホルガーオジェック監督(浦和)記者会見コメント
●ホルガーオジェック監督(浦和):

「パフォーマンス、内容には満足している。ディシプリンがとれていて、組織立ってボールを奪って攻撃に繋げることができた。初めて先発する選手やいつもはバックアップの選手、90分間は試合に出ていない選手が多かったが、しっかりとチームに溶け込んで一体感があった。いつもは彼らが90分やっていないとは、思えなかったほどだ。
試合終了間際にCKから同点にされてしまったが、G大阪は後半ほとんどチャンスを作っていなかった。唯一のチャンスを決められたことは残念だ。浦和は後半、何度かチャンスがあったが、シュートまで行かなかったり、シュートを打ってもうまくブロックされてCKに逃れられたりした。
もう一度繰り返すが、試合には満足している。後半を大阪に行って戦うことになるが、準々決勝を乗り越えて準決勝に進出するための道が見えてきた」

Q:アウェイゴールを入れられたことで、次の試合の戦い方が変わってくるか?
「予想していた通りの質問をいただきました。
次の試合をどう戦うか。それは今は言えないし、こういう場所では言えない話です。今日はG大阪も普段は試合に出ていない選手が多かったが、しっかりと彼らのパフォーマンスを見ることが出来た。この情報を元にして次の試合をどう戦うか分析していきたい」

浦和 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント
●小野伸二選手
「メンバーが大幅に替わったが、やりにくさもなかったし、さほど入り方も悪くなかった。DFがいい守りをしてくれたのに攻撃陣が点を取れず、申し訳なかったと思っている。
得点については、内舘も『あれはパスだ』と言ってくれてるし、自分も来いと思っていた。合わせるだけのラッキーなゴールでした。1−1で終わったがアウェイで勝てばいいだけ。2戦目、点を取るだけです」

●堀之内聖選手
「うちが攻めている時間が長かったので、カウンターとセットプレーだけ気をつけていたが最後にやられてしまった。点を取られた時間帯と、セットプレーから得点されたという事が情けないし、自分の責任です。ただ、2戦目に1点取ればいいだけだし、自分も借りを返したいので頑張ります」

●長谷部誠選手
「メンバーが替わってもいつも通りプレーできたが、2点目3点目が取れなくてこのような結果になってしまった。自分もチャンスがあったので点が取りたかった。ただ、簡単にプレーして、出して走るという事はみんな良くできていたと思う。
若い選手は良くやったと思う。って僕が言うのもなんですけど…。
アウェイゴール方式で1点取られたので厳しいが、次を頑張ります」

●山岸範宏選手
「悔しい、今日はそれだけです。90分通してのプレーが大事だと思うので、最後にああいう失点が悔しいです。
DF3人には『後ろに自分がいるから思い切ってやってくれ』と言いました。よくやってくれたと思います」

●細貝萌選手
「今日のミーティングまで先発が分からなかったけど、堀之内さんが堤と僕に声をかけてくれて失点以外のところは、よく出来ていたと思う。ポストとクロスバーに助けられたところもありましたが…。今後はもっと個人個人がカバーしあっていかなければならない。次は絶対勝てるように頑張ります」

●ポンテ選手(浦和)
「前半は、それほど良いと思わなかった。後半の方が内容が良く、もっと点が取れたと思うが逆に取られてしまって残念。
同点で初戦を終えたが、次の試合は引き分けでも今日より点が取れれば勝てる。頑張ります」

●堤俊輔選手(浦和)
「Jリーグ初出場だったので、試合前のアップでは少し緊張していたが、試合が始まったら落ち着いた。守りについては、相手のトラップしたところを狙っていた。あと、決定的なシーンについては、打ってくると思ったので体を入れていった。やれた部分もあったが、まだ甘い部分もあったので今後の課題がはっきり分かった。
カバーリングは自分のアピールポイントでもあるので頑張ろうと思っていたが、何度か遅れてしまった。もっと、常に集中していかないといけなかった。試合後に、堀さん(堀之内)からもそう言われた。試合後、監督に『ナイスプレー』と言われ嬉しかった。でも同点に追いつかれてしまっては…勝ちたかった」


07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト2

07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト2

第11節 2007年5月13日(16:00) 埼玉スタジアム 晴

観衆 55258人 主審:西村雄一 副審:名木利幸、唐木田徹

J1:第11節 浦和 vs G大阪 レポート

前線に動きのない浦和に対し、G大阪は2トップのマグノ・アウベス、バレーの献身的な動きに、遠藤、二川らを中心とした小気味好いパス回しで中盤を 圧倒すると、17分には橋本、遠藤とつないだボールを最後はバレーが決めて1対0と先制。4対0と大勝したゼロックス杯の再現をも感じさせた。

  ただ1点取ってやや受けに回ったのか、G大阪のペースダウンに救われ、それまでまったく攻撃の形のなかった浦和にも徐々にチャンスが生まれ始める。すると 36分、ポンテのスルーパスにワシントンが抜け出しゴールネットを揺らしたかに見えたが、判定はノーゴール。スローVTRでは、ワシントンにファウルはな かったように見えたが、レフェリーはシュートの前にワシントンがシジクレイを押したとして、プッシングの判定を下した。

 迎えた後半、G 大阪が1点をリードするなか、猛攻を仕掛けたのは浦和。ACLのペルシク・ケディリ戦に続いて先発した相馬が左サイドで積極的に勝負に出て、好機を窺う。 ただ「後半は満足以上のものだった」(オジェック監督/浦和)という展開も、なかなか得点には結び付かず。63分にはワシントンがエリア内で倒され、自ら 獲得したPKのキッカーを務めたが、シュートはコースが甘く、GK藤ヶ谷のセーブに遭った。

 どうしても1点の欲しい浦和は、72分に「(ケガ明け間もなく)限界だった」相馬に代えて、長谷部を投入すると、これが当たった。ベンチスタートとなった鬱憤を晴らすかのように長谷部が積極的な動きを見せると、得意のドリブル突破が同点弾を呼び込んだ。

浦和
5勝5分け1敗(勝ち点20)
前半 G大阪
6勝4分け1敗(勝ち点22)
後半
ワシントン 後31分
得点者
前17分 バレー
ポンテ 前8分
山田 前41分
ワシントン 後8分
警告
後11分 橋本

退場

試合後のホルガーオジェック監督(浦和)コメント

「Jリーグを代表するチーム同士の非常にレベルの高い試合だった。チームの出来については、後半は満足以上のものだった。選手は休む間もなく点を取りに行きG大阪を押し込むなど、いいパフォーマンスを見せてくれた。
これで厳しい日程がやっと終わった。選手は今日、厳しい状況のなか、自分たちの前にある障害を乗り越えようとすばらしいモラルを見せてくれた。残念ながら勝つことはできなかったが、先ほどロッカールームでは選手を称える言葉をかけた」

Q:選手交代はG大阪の動きを見ての判断か?
「相手の交代を見てということではなく、自分たちの状況を見ての判断。相馬はケガのため長期離脱していたので…。ただ今日、彼が見せてくれたパ フォーマンスは、いまの彼以上のものだった。ネネについては、ケガがあってのこと。ロビー(ポンテ)については、永井をあそこに入れて、前線に新しい風を 入れたかった」

浦和   G大阪
15 SHOOT 11
11 GK 11
5 CK 4
17 DFK 6
1 IFK 3
1 PK 0
48 KEEP% 52
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪試合前練習
試合前練習
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪練習前の浦和選手
練習前の浦和選手
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪で練習する浦和選手
練習する浦和選手
ゴール裏ゲート旗07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ゴール裏ゲート旗
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪での浦和ゴール裏サポーター
浦和ゴール裏サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪浦和レッズデカユニ
浦和レッズデカユニ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪浦和レッズデカユニ
浦和レッズデカユニ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
お祈りするワシントン
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前の円陣
浦和レッズ選手07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ選手
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
PK獲得07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
PK獲得したけど、、、
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
結局痛みわけ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
勝ちきれなくてガックリ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和選手の足取りも重い
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
55.258人


浦和 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント

●相馬崇人選手(浦和):
「勝負するときとパスするときを、うまく使い分けろということは言われていたが、自分のよさは仕掛けることなの で、いけるときには積極的に勝負しようと思った。相手の中盤、遠藤さん、二川さんがあまり自分についてこなかったので、(右SBの)青木と一対一になるこ とが多かったので、どんどん仕掛けていった。そしたら終盤、足がつってしまい…。自分から交代を伝えた。ただ、下がったことは間違ってながった。阿部がア シストしてくれたので(笑)。
 前半はあまりいい形で仕掛けられる場面がなかったが、後半になってからは阿部や啓太からいい横パスが来て、仕掛けられる場面が増えた。もっと後半みたいな形で前半からできていたらよかった。
(後 半はG大阪の運動量が落ちたように思うが?)確かにそれはあったと思う。前半もあと一歩ずつみんなが寄せていれば、あそこまでガンバに回されることもな かったと思う。プレスは全員が意思統一してかけなければ、なかなか難しいので、その辺は今後もっと突き詰めてやっていきたい」

●小野伸二選手(浦和):
「どっちが勝ってもおかしくない試合だったが、とりあえずは引き分けに持ち込めてよかった。このところ引き分けが続いているので、次は勝ちにいきたい」

●ワシントン選手(浦和):
「前半はG大阪のペースでなかなかいい形が作れなかった。後半はかなりいい形を作れたが、勝てなくて残念。次の試合に切り替えたい」

●長谷部誠選手(浦和)
「(途中出場ということもあったと思うが、思い切りのいいのプレーが目立ったように思うが?)確かに、そういう部分はあったと思うが、ボールを失う場面も多かったので、その辺はよくなかった。
(ピッチに入る前の指示は?)監督からは特になかったが、エンゲルス・コーチから自分の良さを出して、ボールを前に運ぶようにとは言われた。
(同点になったシーンの前では長谷部選手のドリブルがキッカケとなったが?)ああいうのを増やしていければいい。
(ACLのペルシク・ケディリ戦に続いてベンチスタートとなったが?)鹿島戦(第8節)、千葉戦(第9節)で、自分的にも納得したプレーができていなかったので、その辺は仕方ないと思う。冷静に自分のプレーを見直したり、考えたりしてやっていくしかないと思う。
(交代で入ったときには、どんなことを意識してプレーしたか?)後ろから有効なパスが出なければチャンスにならないので、とにかく前にボールを運ぶことを考えた。あとは、なるべくサイドを使って攻撃するように考えた。
(連戦のなか、なかなか勝てない試合が続いているが?)結果から見たら寂しい。負けなかったけど、勝てなかった。やはり勝たなかったという気持ちの方が大きい」

浦和レッズ対ガンバ大阪 07年5月13日

07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト

第11節 2007年5月13日(16:00) 埼玉スタジアム 晴

観衆 55258人 主審:西村雄一 副審:名木利幸、唐木田徹

浦和
5勝5分け1敗(勝ち点20)
前半 G大阪
6勝4分け1敗(勝ち点22)
後半
ワシントン 後31分
得点者
前17分 バレー
ポンテ 前8分
山田 前41分
ワシントン 後8分
警告
後11分 橋本

退場
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
埼スタバックスタンド
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪でスタジアムを赤くするレッズサポーター
スタジアムを赤くする
レッズサポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
埼スタメインスタンド
ポツポツガンバサポも
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ガンバ大阪サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和ゴール裏
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ゴール裏ゲート旗
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和ゴール裏ゲート旗
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
徐々に観客が増える
埼スタメインスタンド
浦和   G大阪
15 SHOOT 11
11 GK 11
5 CK 4
17 DFK 6
1 IFK 3
1 PK 0
48 KEEP% 52
最新の浦和レッズフォト
rss
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
QRコード
QRコード
月別写真
  • ライブドアブログ