浦和レッズの応援写真 フォトレッズ

主にホーム埼玉スタジアムでの浦和レッズの写真、 レッズサポーターや対戦チームサポの応援風景、 浦和サポーターによるビジュアルやデカ旗の画像、Lフラ、ゲート旗などを掲げたスタジアム内のフォト

サッカー

07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト2

07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪のフォト2

第11節 2007年5月13日(16:00) 埼玉スタジアム 晴

観衆 55258人 主審:西村雄一 副審:名木利幸、唐木田徹

J1:第11節 浦和 vs G大阪 レポート

前線に動きのない浦和に対し、G大阪は2トップのマグノ・アウベス、バレーの献身的な動きに、遠藤、二川らを中心とした小気味好いパス回しで中盤を 圧倒すると、17分には橋本、遠藤とつないだボールを最後はバレーが決めて1対0と先制。4対0と大勝したゼロックス杯の再現をも感じさせた。

  ただ1点取ってやや受けに回ったのか、G大阪のペースダウンに救われ、それまでまったく攻撃の形のなかった浦和にも徐々にチャンスが生まれ始める。すると 36分、ポンテのスルーパスにワシントンが抜け出しゴールネットを揺らしたかに見えたが、判定はノーゴール。スローVTRでは、ワシントンにファウルはな かったように見えたが、レフェリーはシュートの前にワシントンがシジクレイを押したとして、プッシングの判定を下した。

 迎えた後半、G 大阪が1点をリードするなか、猛攻を仕掛けたのは浦和。ACLのペルシク・ケディリ戦に続いて先発した相馬が左サイドで積極的に勝負に出て、好機を窺う。 ただ「後半は満足以上のものだった」(オジェック監督/浦和)という展開も、なかなか得点には結び付かず。63分にはワシントンがエリア内で倒され、自ら 獲得したPKのキッカーを務めたが、シュートはコースが甘く、GK藤ヶ谷のセーブに遭った。

 どうしても1点の欲しい浦和は、72分に「(ケガ明け間もなく)限界だった」相馬に代えて、長谷部を投入すると、これが当たった。ベンチスタートとなった鬱憤を晴らすかのように長谷部が積極的な動きを見せると、得意のドリブル突破が同点弾を呼び込んだ。

浦和
5勝5分け1敗(勝ち点20)
前半 G大阪
6勝4分け1敗(勝ち点22)
後半
ワシントン 後31分
得点者
前17分 バレー
ポンテ 前8分
山田 前41分
ワシントン 後8分
警告
後11分 橋本

退場

試合後のホルガーオジェック監督(浦和)コメント

「Jリーグを代表するチーム同士の非常にレベルの高い試合だった。チームの出来については、後半は満足以上のものだった。選手は休む間もなく点を取りに行きG大阪を押し込むなど、いいパフォーマンスを見せてくれた。
これで厳しい日程がやっと終わった。選手は今日、厳しい状況のなか、自分たちの前にある障害を乗り越えようとすばらしいモラルを見せてくれた。残念ながら勝つことはできなかったが、先ほどロッカールームでは選手を称える言葉をかけた」

Q:選手交代はG大阪の動きを見ての判断か?
「相手の交代を見てということではなく、自分たちの状況を見ての判断。相馬はケガのため長期離脱していたので…。ただ今日、彼が見せてくれたパ フォーマンスは、いまの彼以上のものだった。ネネについては、ケガがあってのこと。ロビー(ポンテ)については、永井をあそこに入れて、前線に新しい風を 入れたかった」

浦和   G大阪
15 SHOOT 11
11 GK 11
5 CK 4
17 DFK 6
1 IFK 3
1 PK 0
48 KEEP% 52
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪試合前練習
試合前練習
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪練習前の浦和選手
練習前の浦和選手
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪で練習する浦和選手
練習する浦和選手
ゴール裏ゲート旗07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
ゴール裏ゲート旗
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
選手紹介
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズゴール裏
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪での浦和ゴール裏サポーター
浦和ゴール裏サポーター
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪浦和レッズデカユニ
浦和レッズデカユニ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪浦和レッズデカユニ
浦和レッズデカユニ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
お祈りするワシントン
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
試合前の円陣
浦和レッズ選手07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ選手
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和レッズ対ガンバ大阪
PK獲得07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
PK獲得したけど、、、
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
結局痛みわけ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
勝ちきれなくてガックリ
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
浦和選手の足取りも重い
07年5月13日浦和レッズ対ガンバ大阪
55.258人


浦和 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント

●相馬崇人選手(浦和):
「勝負するときとパスするときを、うまく使い分けろということは言われていたが、自分のよさは仕掛けることなの で、いけるときには積極的に勝負しようと思った。相手の中盤、遠藤さん、二川さんがあまり自分についてこなかったので、(右SBの)青木と一対一になるこ とが多かったので、どんどん仕掛けていった。そしたら終盤、足がつってしまい…。自分から交代を伝えた。ただ、下がったことは間違ってながった。阿部がア シストしてくれたので(笑)。
 前半はあまりいい形で仕掛けられる場面がなかったが、後半になってからは阿部や啓太からいい横パスが来て、仕掛けられる場面が増えた。もっと後半みたいな形で前半からできていたらよかった。
(後 半はG大阪の運動量が落ちたように思うが?)確かにそれはあったと思う。前半もあと一歩ずつみんなが寄せていれば、あそこまでガンバに回されることもな かったと思う。プレスは全員が意思統一してかけなければ、なかなか難しいので、その辺は今後もっと突き詰めてやっていきたい」

●小野伸二選手(浦和):
「どっちが勝ってもおかしくない試合だったが、とりあえずは引き分けに持ち込めてよかった。このところ引き分けが続いているので、次は勝ちにいきたい」

●ワシントン選手(浦和):
「前半はG大阪のペースでなかなかいい形が作れなかった。後半はかなりいい形を作れたが、勝てなくて残念。次の試合に切り替えたい」

●長谷部誠選手(浦和)
「(途中出場ということもあったと思うが、思い切りのいいのプレーが目立ったように思うが?)確かに、そういう部分はあったと思うが、ボールを失う場面も多かったので、その辺はよくなかった。
(ピッチに入る前の指示は?)監督からは特になかったが、エンゲルス・コーチから自分の良さを出して、ボールを前に運ぶようにとは言われた。
(同点になったシーンの前では長谷部選手のドリブルがキッカケとなったが?)ああいうのを増やしていければいい。
(ACLのペルシク・ケディリ戦に続いてベンチスタートとなったが?)鹿島戦(第8節)、千葉戦(第9節)で、自分的にも納得したプレーができていなかったので、その辺は仕方ないと思う。冷静に自分のプレーを見直したり、考えたりしてやっていくしかないと思う。
(交代で入ったときには、どんなことを意識してプレーしたか?)後ろから有効なパスが出なければチャンスにならないので、とにかく前にボールを運ぶことを考えた。あとは、なるべくサイドを使って攻撃するように考えた。
(連戦のなか、なかなか勝てない試合が続いているが?)結果から見たら寂しい。負けなかったけど、勝てなかった。やはり勝たなかったという気持ちの方が大きい」

ACL 浦和レッズ対上海申花のフォト2007年4月11日(水)

ACL 浦和レッズ対上海申花のフォト

AFCチャンピオンズリーグ:浦和 vs 上海
試合前日のホルガー オジェック監督(浦和)記者会見コメント

●ホルガー オジェック監督(浦和):

「明日は中国の上海申花とのゲームとなるが、上海にはいい選手もいるし、強いチームだと認識しており、厳しい試合になると考えている。とくに上海申花としては、明日の試合に勝たなければグループリーグ突破がほぼ絶望的になってしまう状況だけに、全力を尽くして臨んでくることと思う。
ただ一方で、我々もホームで戦えるわけだし、自信を持ってプレーすることが大切だと思う。
上海のチームに関して、当然ある程度のインフォメーションは持っている。その情報を元に明日は戦いたいと思う」

Q:上海申花には高さについて?
「非常に高さのある選手が揃っているので、そこをいかに抑えるかがポイントになると思う」

Q:上海申花でいちばん脅威に感じている選手は?
「私にとって中国人の方の名前をキレイに発音することは難しいことなので、ここで言うのは控えたいと思います。(背番号だけでも?)メンバーリストを更衣室に忘れてきてしまいましたので、分かりません(笑)」

Q:レッズが明日の試合で主導権を握るためのポイントは?
「当然、明日の試合に向けた戦術的な指示をこれから出すことになりますが、それらを実行できれば主導権を握れると思います」

試合前日の浦和 各選手コメント

長谷部 誠選手(浦和):
「この試合に勝てば、グループリーグ突破に近付けるし、ホームなので勝たなければいけないと思う。とにかく勝点3を取ることが大切。
中国のチームは体が大きく、身体能力が高いというイメージがある。ただ、ホームでたくさんのサポーターも見にきてくれると思うので、勝負にこだわって戦いたい」

小野伸二選手(浦和):
「これまでやったことのない相手なので、難しい面もあると思うが、ホームだし勝つために全力を尽くしたい。相手のことはほとんど分からないが、勝つということに集中できれば…。疲労もあるが、勝ちたいという気持ちが体を動かしてくれると思う」

ACL AFCチャンピオンズリーグ2007 予選リーグ3

2007年04月11日(水) 19:30 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 観衆:28,828人 天候:雨 レフリー:マスモード モラディ(イラン)
浦和レッズ1−0上海申花
得点者:43分 阿部勇樹

ACL 埼玉スタジアムの上海申花サポ動画


07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
AFCチャンピオンズリーグ
浦和レッズ対上海申花
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
上海申花応援席は
だれもいません
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
浦和レッズ応援席
上海申花選手の練習07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
上海申花選手の練習
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花、上海申花サポーター
上海申花サポーター
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
AFCチャンピオンズリーグ
浦和レッズ対上海申花
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花戦レッズ選手試合前の円陣
レッズ選手試合前の円陣
浦和選手、試合後の挨拶07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
試合後の挨拶
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花での浦和レッズ北ゴール裏
浦和レッズ北ゴール裏


浦和 前半 上海申花
後半
前43分 阿部
得点者

阿部選手ゴール動画

阿部選手ゴール動画ロングバージョン

浦和レッズスターティングメンバー
23 都築龍太
2 坪井慶介
4 田中マルクス闘莉王
22 阿部勇樹
13 鈴木啓太
17 長谷部誠
8 小野伸二
6 山田暢久
10 ポンテ
9  永井雄一郎
21 ワシントン

選手の顔などがバッチリ綺麗に写った写真

はアップしておりません。
ピンボケなのはいいかなぁ?という感じです。

試合後の各選手コメント

阿部勇樹選手浦和):
「得点に繋がったFKの場面では、自分で蹴るか一度距離と角度を確かめたが、自分が蹴る角度ではなかったので任せた。ロビー(ポンテ)からいいボールが来たのでスピードを落とさずに走りこみ、当てるだけだった。相手は身長が高かったがゾーンで守る感じだったので、その前に入り込めた。以前よりも周りを見て、上がれるときは上がって攻めれるようになってきたと思う」

都築龍太選手浦和):
「やりにくい相手ではなかった。ウチのミスでピンチを招いてしまっていた。2点目を取れていればもっと楽になったけど1-0で勝てたので次に繋がった。上海の攻撃はロングボールを多用してくると聞いていたので情報通りだった。ホームで勝点を失ってはいけないので次に繋がってよかったと思います」

永井雄一郎選手浦和):
「上海は体は強いと思ったが、チームとしては強いとは思わなかった。ウチはボールを失うことが多く、相手に攻められて下がることが多かった。だけど変に間延びすることなくいい距離感で出来たと思う。今日に限ったことではないがDFの前だけで動いていても状況を変えられないので裏のスペースへ走りこむことは必要だし心掛けた。リーグ戦に向けて細かな修正点を直してしっかり臨みたい」

坪井慶介選手(浦和):
「先制点を取れたのは大きかった。こういう風に我慢しなくちゃいけない試合もある。リーグ戦では会心の内容がまだ出来ていないのでいい内容で勝てるようにしていきたい。上海はもっと出てくると思ったけど出てこなかった。向うのホームではもっと出てくると思うので気をつけたい。相手は細かなラフプレーがあったが、球際の激しさとかは予想したとおりだった」

細貝萌選手(浦和):
「出場した時には残り時間が少なかったが出れたことが大事。チームも勝ててよかった。上海は体は大きかったが、自分はあまり接触プレーがなかった。自分が出て、伸二さん(小野)を前に出すようにした」

ポンテ選手(浦和):
Q:交代に関して監督から説明は?
「全ては監督が決めることなので特に説明はなかった。勝点3をとれたので良かった。次節までにしっかりと回復させて100%にもっていけるように調整する。内容が悪くても勝つことが大事。逆に内容が良くても負けたら意味がない」

長谷部誠選手(浦和):
「今日は決めるところで決められなかった。そこで決めていればもっと楽にゲームを進められたと思う。後半は自分も含めて全体的に下がり気味になってしまった。リードをしても前にいけるようにしたい。相手は中を固めていたので、もっとサイドを使えれば良かったと思う。相手は思ったよりは強くはなかった。フィジカルは強かったけど、技術的には日本のチームの方が上だと思う。一通り対戦が終わったわけですが、相手はシドニーかな。前回はシドニーはシーズン前だったにも関わらず勢いがあった。でも次はホームアドバンテージがあるので有利だと思う。今日はレフェリーは割りと平等だったけどね」

小野伸二選手(浦和):
「前半は流れが良かった。チャンスもあったし、決めるところでもっと決めないといけないと思う。2,3度チャンスがあっても決めれないと、上にいったときに通用しない。今日は相手がロングボールを多く使ってきた。中盤に自分達もスペースを作ってしまった。もっと自分たちが戻れば簡単に守備ができたかなと思う。でも、それより後1点入っていれば、試合が決まるほど楽な試合だったのではないかと思う」

岡野雅行選手(浦和):
「上海は、有名だし強いかなーと思っていたが、思ったよりもそうではなかった。ただ次節のアウェイは今日の様にはいかないだろう。今日は永井が疲労もあるんだろうが、スペースに走りこめてなかったので、スペースにドンドン流れていこうと思った。最初は点をとりにいこうと思ったが、途中からは、様子を見ながら、ポジショニングをとった。1点差は難しいですね。勝ちには勝ったが、選手は勝っても納得していない。これは素晴らしいことだと思います。もっと連動したプレーができるようにしたい」

ワシントン選手(浦和):
「前半は、スペースを上手く使えた。もっと点がとれたと思うけど・・・。後半はそれができなかった。ボールを持っているときにチーム全体が消極的だ。攻撃でも守備でもはっきりしない中途半端な部分がある。今日は決定機を何度か外したが、そういう日もある。相手はDF4人だし、自分にスペースを与えてくれないし、マークも厳しいし、そういうときは難しいこともある」

田中マルクス闘莉王選手(浦和):
「勝てばいいです。(まだ得点を入れていませんが?)まだそんな時ではない。アウェイでこの戦い方をしたら負ける。イージーなミスが多かったし守っても攻めてもいない感じで中途半端だった。相手がロングボールを多用してきたので助かった。ストレスが溜まる試合だった」

山田暢久選手(浦和):
「前半は良かったが、後半は引き気味になった。バランスが悪かった部分もある。前半相手は引いていたので、途中までは良いシーンもあったが、フィニッシュで上手く行かないところもあった。そんな中でFKで得点できたのは、非常に大きかったと思う」

鈴木啓太選手(浦和):
「もう少しコンパクトに試合を進めたかったが、スペースを空けてしまった。チーム全員の共通理解がまだまだだし、体力的にも厳しい試合だったこともある。2点リードしても楽なゲームというかセーフティーリードというものはない。新潟の教訓とでもいいますか…」

AFCアジアチャンピオンズリーグ2007

最新の浦和レッズフォト
rss
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
QRコード
QRコード
月別写真
  • ライブドアブログ