浦和レッズの応援写真 フォトレッズ

主にホーム埼玉スタジアムでの浦和レッズの写真、 レッズサポーターや対戦チームサポの応援風景、 浦和サポーターによるビジュアルやデカ旗の画像、Lフラ、ゲート旗などを掲げたスタジアム内のフォト

ACL

ACL AFCチャンピオンズリーグ2008 準々決勝・第2戦 浦和レッズ×アルカディシア 写真

浦和レッズアルカディシア

ACLなので普段埼スタに掲げられている広告は赤く隠されています。

ACLアジアチャンピオンズリーグ2008 埼玉スタジアム

メインスタンドも赤、某携帯会社の看板も赤で隠されています。。
ACLアジアチャンピオンズリーグ2008 埼玉スタジアム
バックスタンドの広告も赤です
ACLアジアチャンピオンズリーグ2008 埼玉スタジアム
ACLアジアチャンピオンズリーグ2008 埼玉スタジアム

メインで浦和サポーターが一生懸命赤い布を貼っています。
入り口などは毎試合サポ有志の方たちが赤くしています。
ACLアジアチャンピオンズリーグ2008 埼玉スタジアム
レフリーっぽい人達が登場で埼玉スタジアムのアチコチから拍手
ACLレフリー


急に現れたアルカディシアサポ。もちろん浦和サポから大ブーイングです。
アルカシディアサポ
アルカディシアの選手にも浦和サポーターからブーイングの洗礼
アルカシディア

試合前練習に現れた浦和レッズ選手に浦和サポーターから大声援
浦和レッズ選手の入場
浦和レッズゴール裏のゲート旗&Lフラッグ
浦和レッズゴール裏
レフリーにはまたしても拍手
ACLレフリー
いよいよチャンピオンズリーグ準々決勝が始まります。
浦和レッズサポーターによるビジュアル
(コレオグラフィーなんて言わないで)
Lフラでよく見えませんがえーと?
浦和レッズビジュアルサポート
PRIDE OF URAWAと書いてあります。
準備されたサポのみなさんご苦労様です。
浦和レッズビジュアルサポート
浦和レッズが相馬選手のスーパーボレーシュートで1−0で折り返し
後半開始前は浦和レッズデカ旗三兄弟登場
浦和レッズデカ旗
2-0で試合終了。浦和レッズが準決勝進出です。
泣き崩れるアルカディシアの選手と声をかける浦和の選手。
試合終了


エリア
埼玉県 > 大宮
ジャンル
公共機関
住所
埼玉県さいたま市緑区中野田500番地
説明
浦和レッズのホームスタジアムです。
クチコミ
浦和美園駅から歩行者専用道路で約1.2キロメートル、15分ほど歩くと到着です!!
もっと読む
埼玉スタジアム2002

浦和レッズ対シドニーFCのフォト3

浦和レッズ対シドニーFCのフォト3

AFCチャンピオンズリーグ2007・グループE・グループステージ第6節
2007年5月23日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
<試合結果>
浦和レッズ0−0シドニーFC

観客数:44,793人


07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズ選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
練習する浦和の選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合開始前の円陣
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合中の浦和選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC ポンテとワシントン07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ポンテとワシントン
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
シドニーのゴールに迫る 
浦和のデカ旗07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ハーフタイムの
浦和のデカ旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC浦和のデカ旗
ハーフタイムの
浦和のデカ旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合終了
ゴール裏ゲート旗07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏ゲート旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
埼スタ外周も間接照明で
赤くなっています
ライトアップされた埼スタ07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ライトアップされた埼スタ
おまけ ビジュアル07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFCでのデカ旗
デカ旗

ホルガー・オジェック監督(浦和)記者会見コメント

●ホルガー・オジェック監督(浦和)
「厳しい試合だったが、我々の目標であったグループリーグ突破を果たすことができた。対戦相手のシドニーは強くて、非常に難しい面もあった。ただ、あとになればその内容は語られずに、グループリーグを突破したという事実だけが残ると思う。その意味でも、素直に決勝トーナメント進出を決めたことを喜びたい。そして、次のラウンドに進める喜びをかみ締めたいと思う」

Q:前半を0-0で終え、後半に向けてどんな点を注意したか?
「前半はナーバスになっていたと思う。通常ではありえないミスでボールを失う場面も多かった。ハーフタイムには、落ち着いて戦うように指示を出した」

Q:浦和の監督に就く前はFIFAの技術委員を務めていたということだが、シドニーについてレポートを書くとすればどんなものになるか?
「それは2年前のFIFAクラブ選手権(現FIFAクラブワールドカップ)で書いたレポートを見てもらえれば分かると思う。
改めて書くなら、コンパクトなチームで、優秀な選手が何人かいる…というレポートになると思う。また、もし今日がオフシーズンでなくシーズン中であったならば、もっと強い相手だったと思う」

試合終了後の浦和各選手コメント


●小野伸二選手(浦和):
「最終的に勝てばいちばん良かったが、一応目標の予選突破が出来てよかった。引き分けでOKなんて…ホームだし勝つことしか考えていなかった。3本ほどシュートチャンスがあった。1本目は決めなきゃと思っていたんですが…決勝トーナメントはどこと当たるか分からないけど、自分たちのチームのレベルを上げてがんばりたい」

●都築龍太選手(浦和):
「うちのチームの守備は出来た。相手の攻撃に対しての守りは出来たと思う。予選を2勝4分という結果でよく決勝トーナメントに行けたなと思う。でも結果的に上がれてよかったです」

●ネネ選手(浦和):
「相手の3トップ対処法として、いちばん近くにいる人が、相手の3トップのFWにマークにつくというのを決まりごとにしていた。スピードが速いFWや左利きのFWもいて、とまどったこともあったが、徐々にフィットしていってうまく行ったと思う」

●堀之内聖選手(浦和):
「相手が3トップ気味で来ることは想定していた。もともとラインを高くして、全体的にコンパクトにと思っていたが、それは出来たと思う。いかにディフェンスラインをコンパクトにするかをいつも練習してきたので、それが試合で出来たと思う。向こうはアウェイなのに最初から勢いがあったが、3人でうまくカバーできていて、ミスも出なくてうまく守備が出来たと思う。結果、無失点でよかった。途中で4バックにしたのは試合の流れを見ての判断。阿部がサイドに出てうまく対応してくれた。去年はなかったことだが、阿部が入ってきたことで、その辺は臨機応変に対応できている部分かもしれない」

Q:引き分けでもいいと思って戦っていたか?
「引き分けを考えたのはホントに最後の最後。ねらって引き分けることはできないし、とにかく勝つことしか考えていなかった」

●相馬崇人選手(浦和):
「ディフェンス部分のやりづらさは特になかった。チーム全体としてもっとパスがつなげたらよかった。もう少し前に出て行きたかったが、難しかった。サイドが空いていたので、もっと使ってほしかった。決勝戦のような雰囲気で、これだけホームにサポーターが集まってくれて引き分けでよかったけども、内容には納得できない。早くチームが良くなるようにがんばります」

●阿部勇樹選手(浦和)
「決勝トーナメントに進んだことについてはホッとした。相手は前に人数をかけてきたので、自分が下がってDFが4枚になった方がいいと思った。同じ事をアウェイでもやったし相手もイヤだろうと思ったので…リーグの名古屋戦でやったことを続けてやろうと言っていた。勝てはしなかったけど、決勝トーナメントに進めたのは素直に嬉しい。やっぱりホームなので勝って決めたかったし、残念ですけど負けなかったともいえるし、次のステージにいけることが大事だと思うので、よかったです。これからが大事だと思います」

●鈴木啓太選手(浦和)
「最低限の目標を達成できたのが嬉しいということと、また新しいチャレンジが始まるなという気持ちです。レッズは予選を突破しなければならないチームだと思う。相手はいいゲームの入り方をしてきたと思うし、どっちに転んでもおかしくないゲームだったと思う。引き分けは妥当なのかもしれない。
今日の試合は今シーズン50試合くらいあるなかで一つの山場になると思っていたが、昨年タイトルを取ったという自信もあって、しっかり戦えた。今回アジアのチームと初めて戦ったが、ヨーロッパでは常に他の国と触れ合いながら試合をやっているという点で日本とは違う感じはした。日本はチャンピオンにならないと参加できないので、厳しい思う部分はありますが…(浦和には)海外経験者や代表経験者がたくさんいるから、こういう結果を得られたのかなとも思う。こういう経験をして、海外のクラブと肩を並べる日がいつか来るのかなと思う」

●坪井慶介選手(浦和):
「シドニーFCが、やたらに前線にボールを入れてこなかったので助かった。とにかくカバーリング・カバーリングでミスをしても次の人がフォローできるようにという意識で頑張った。今日に関しては0点に抑えればと思っていたので、集中して出来ました。相手が3トップ気味だったので、(相馬、山田の両サイドが引いてきたときに)後ろで余り過ぎないように意識していた。相手は大きい選手も多かったので、空中戦などでは競ったあとのカバー考えていた。勝って、次にいけることが何よりの収穫。
環境の部分で海外での試合は難しいし、アウェイでの引き分けの大事さを感じました。というより、日本の環境の良さを再認識しました。アウェイは何があるか分からない中で対応できるしたたかさを身につけたと思うし、Jリーグにもこれは生かされると思う。これからはコミュニケーションを取るとかいうよりも、まずコンディションを整えて試合に臨むことがいちばん大事だと思う」

ACL 浦和レッズVSシドニーFC オープニングビジュアル動画

 
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡 AFCチャンピオンズリーグ2007/サッカー



浦和レッズ対シドニーFCでのビジュアル画像など

AFCアジアチャンピオンズリーグ1次リーグE組・第6戦

浦和レッズ対シドニーFCのフォト2

浦和レッズスターティングメンバー
GK 23 都築龍太
DF 2 坪井慶介
DF 5 ネネ
DF 20 堀之内聖
MF 6 山田暢久
MF 8 小野伸二
MF 10 ポンテ
MF 13 鈴木啓太
MF 22 阿部勇樹
MF 16 相馬 崇人
FW 21 ワシントン
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和サポーター
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
シドニーFCサポーター
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポ
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合前練習をする
レッズ選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和ゴール裏ゲート旗
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
選手紹介
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和サポーター
浦和レッズビジュアル07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
試合前の両選手
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズビジュアル

浦和 前半 シドニーFC
後半

得点者
ACL 浦和レッズVSシドニーFC オープニングビジュアル動画
 
浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡 AFCチャンピオンズリーグ2007/サッカー

ACL 浦和レッズ対シドニーFCのフォト 07/05/23

AFCアジアチャンピオンズリーグ1次リーグE組・第6戦

2007年5月23日(水)/19:30

浦和レッズ対シドニーFC

試合前日の浦和レッズ選手コメント

●相馬崇人選手(浦和):
「(シドニーFCは4−3−3気味の布陣で来るようだが?)どうなるかは、やってみないと分からない。3トップなら相手のサイドに張ってくる選手をボクが見ることになると思う。相手の右サイドバックも上がってくるみたいなので、(攻守の)切り替えを早くして、裏が空いていればどんどん突いていきたい。J リーグよりも裏は空いてくるのでは。
 レッズの選手は大舞台に慣れているし、緊張はないと思う。試合前から緊張していると疲れてしまうと思うし、みんなその辺は分かっているのでは」

●堀之内聖選手(浦和):
「予選突破しなければ、これまで何のためにやってきたか分からない。チームのためにもそうですが、個人的にも上に行っていろいろなチームと対戦してみたい。(引き分けでも決勝トーナメント進出が決まる状況だが?)いつもどおり勝負することに変わりはない。ねらって引き分けということは難しい。勝つことしか考えていない。
前節の名古屋戦は、バランスよく守れたし、シドニー戦でもいい守備からいい攻撃につなげられれば…。
前回のシドニーとの試合では、立ち上がり相手の勢いに押されてしまったので、その辺は注意したい」

●小野伸二選手(浦和):
「明日の試合は勝つことしか考えていない。最近は引き分けが続いていたが、前節の名古屋戦でやっと勝てた。ホームに戻ってきたし、勝点3を取る自信を持っている。何が何でも勝って、チームメイト、サポーターと喜びを分かち合いたい。とにかく100%の力を出し切る」

07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズvsシドニーFC
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
浦和レッズvsシドニーFC
埼スタメインスタンド07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
埼スタメインスタンド
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
埼スタ南門
シドニーFCサポーター07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
シドニーFCサポーター
シドニーFCの練習07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
シドニーFCの練習
07/05/22 AFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポーター
07/05/22 ゴール裏レッズサポーターAFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポーター
07/05/22 ゴール裏レッズサポーターAFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポーター
07/05/22 ゴール裏レッズサポーターAFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポーター
07/05/22 ゴール裏レッズサポーターAFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポーター
07/05/22 ゴール裏レッズサポーターAFCチャンピオンズリーグ 浦和レッズvsシドニーFC
ゴール裏レッズサポーター

ACL 浦和レッズ対上海申花のフォト2007年4月11日(水)

ACL 浦和レッズ対上海申花のフォト

AFCチャンピオンズリーグ:浦和 vs 上海
試合前日のホルガー オジェック監督(浦和)記者会見コメント

●ホルガー オジェック監督(浦和):

「明日は中国の上海申花とのゲームとなるが、上海にはいい選手もいるし、強いチームだと認識しており、厳しい試合になると考えている。とくに上海申花としては、明日の試合に勝たなければグループリーグ突破がほぼ絶望的になってしまう状況だけに、全力を尽くして臨んでくることと思う。
ただ一方で、我々もホームで戦えるわけだし、自信を持ってプレーすることが大切だと思う。
上海のチームに関して、当然ある程度のインフォメーションは持っている。その情報を元に明日は戦いたいと思う」

Q:上海申花には高さについて?
「非常に高さのある選手が揃っているので、そこをいかに抑えるかがポイントになると思う」

Q:上海申花でいちばん脅威に感じている選手は?
「私にとって中国人の方の名前をキレイに発音することは難しいことなので、ここで言うのは控えたいと思います。(背番号だけでも?)メンバーリストを更衣室に忘れてきてしまいましたので、分かりません(笑)」

Q:レッズが明日の試合で主導権を握るためのポイントは?
「当然、明日の試合に向けた戦術的な指示をこれから出すことになりますが、それらを実行できれば主導権を握れると思います」

試合前日の浦和 各選手コメント

長谷部 誠選手(浦和):
「この試合に勝てば、グループリーグ突破に近付けるし、ホームなので勝たなければいけないと思う。とにかく勝点3を取ることが大切。
中国のチームは体が大きく、身体能力が高いというイメージがある。ただ、ホームでたくさんのサポーターも見にきてくれると思うので、勝負にこだわって戦いたい」

小野伸二選手(浦和):
「これまでやったことのない相手なので、難しい面もあると思うが、ホームだし勝つために全力を尽くしたい。相手のことはほとんど分からないが、勝つということに集中できれば…。疲労もあるが、勝ちたいという気持ちが体を動かしてくれると思う」

ACL AFCチャンピオンズリーグ2007 予選リーグ3

2007年04月11日(水) 19:30 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 観衆:28,828人 天候:雨 レフリー:マスモード モラディ(イラン)
浦和レッズ1−0上海申花
得点者:43分 阿部勇樹

ACL 埼玉スタジアムの上海申花サポ動画


07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
AFCチャンピオンズリーグ
浦和レッズ対上海申花
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
上海申花応援席は
だれもいません
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
浦和レッズ応援席
上海申花選手の練習07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
上海申花選手の練習
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花、上海申花サポーター
上海申花サポーター
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
AFCチャンピオンズリーグ
浦和レッズ対上海申花
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花戦レッズ選手試合前の円陣
レッズ選手試合前の円陣
浦和選手、試合後の挨拶07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花
試合後の挨拶
07年04月11日ACL AFCチャンピオンズリーグ浦和レッズ対上海申花での浦和レッズ北ゴール裏
浦和レッズ北ゴール裏


浦和 前半 上海申花
後半
前43分 阿部
得点者

阿部選手ゴール動画

阿部選手ゴール動画ロングバージョン

浦和レッズスターティングメンバー
23 都築龍太
2 坪井慶介
4 田中マルクス闘莉王
22 阿部勇樹
13 鈴木啓太
17 長谷部誠
8 小野伸二
6 山田暢久
10 ポンテ
9  永井雄一郎
21 ワシントン

選手の顔などがバッチリ綺麗に写った写真

はアップしておりません。
ピンボケなのはいいかなぁ?という感じです。

試合後の各選手コメント

阿部勇樹選手浦和):
「得点に繋がったFKの場面では、自分で蹴るか一度距離と角度を確かめたが、自分が蹴る角度ではなかったので任せた。ロビー(ポンテ)からいいボールが来たのでスピードを落とさずに走りこみ、当てるだけだった。相手は身長が高かったがゾーンで守る感じだったので、その前に入り込めた。以前よりも周りを見て、上がれるときは上がって攻めれるようになってきたと思う」

都築龍太選手浦和):
「やりにくい相手ではなかった。ウチのミスでピンチを招いてしまっていた。2点目を取れていればもっと楽になったけど1-0で勝てたので次に繋がった。上海の攻撃はロングボールを多用してくると聞いていたので情報通りだった。ホームで勝点を失ってはいけないので次に繋がってよかったと思います」

永井雄一郎選手浦和):
「上海は体は強いと思ったが、チームとしては強いとは思わなかった。ウチはボールを失うことが多く、相手に攻められて下がることが多かった。だけど変に間延びすることなくいい距離感で出来たと思う。今日に限ったことではないがDFの前だけで動いていても状況を変えられないので裏のスペースへ走りこむことは必要だし心掛けた。リーグ戦に向けて細かな修正点を直してしっかり臨みたい」

坪井慶介選手(浦和):
「先制点を取れたのは大きかった。こういう風に我慢しなくちゃいけない試合もある。リーグ戦では会心の内容がまだ出来ていないのでいい内容で勝てるようにしていきたい。上海はもっと出てくると思ったけど出てこなかった。向うのホームではもっと出てくると思うので気をつけたい。相手は細かなラフプレーがあったが、球際の激しさとかは予想したとおりだった」

細貝萌選手(浦和):
「出場した時には残り時間が少なかったが出れたことが大事。チームも勝ててよかった。上海は体は大きかったが、自分はあまり接触プレーがなかった。自分が出て、伸二さん(小野)を前に出すようにした」

ポンテ選手(浦和):
Q:交代に関して監督から説明は?
「全ては監督が決めることなので特に説明はなかった。勝点3をとれたので良かった。次節までにしっかりと回復させて100%にもっていけるように調整する。内容が悪くても勝つことが大事。逆に内容が良くても負けたら意味がない」

長谷部誠選手(浦和):
「今日は決めるところで決められなかった。そこで決めていればもっと楽にゲームを進められたと思う。後半は自分も含めて全体的に下がり気味になってしまった。リードをしても前にいけるようにしたい。相手は中を固めていたので、もっとサイドを使えれば良かったと思う。相手は思ったよりは強くはなかった。フィジカルは強かったけど、技術的には日本のチームの方が上だと思う。一通り対戦が終わったわけですが、相手はシドニーかな。前回はシドニーはシーズン前だったにも関わらず勢いがあった。でも次はホームアドバンテージがあるので有利だと思う。今日はレフェリーは割りと平等だったけどね」

小野伸二選手(浦和):
「前半は流れが良かった。チャンスもあったし、決めるところでもっと決めないといけないと思う。2,3度チャンスがあっても決めれないと、上にいったときに通用しない。今日は相手がロングボールを多く使ってきた。中盤に自分達もスペースを作ってしまった。もっと自分たちが戻れば簡単に守備ができたかなと思う。でも、それより後1点入っていれば、試合が決まるほど楽な試合だったのではないかと思う」

岡野雅行選手(浦和):
「上海は、有名だし強いかなーと思っていたが、思ったよりもそうではなかった。ただ次節のアウェイは今日の様にはいかないだろう。今日は永井が疲労もあるんだろうが、スペースに走りこめてなかったので、スペースにドンドン流れていこうと思った。最初は点をとりにいこうと思ったが、途中からは、様子を見ながら、ポジショニングをとった。1点差は難しいですね。勝ちには勝ったが、選手は勝っても納得していない。これは素晴らしいことだと思います。もっと連動したプレーができるようにしたい」

ワシントン選手(浦和):
「前半は、スペースを上手く使えた。もっと点がとれたと思うけど・・・。後半はそれができなかった。ボールを持っているときにチーム全体が消極的だ。攻撃でも守備でもはっきりしない中途半端な部分がある。今日は決定機を何度か外したが、そういう日もある。相手はDF4人だし、自分にスペースを与えてくれないし、マークも厳しいし、そういうときは難しいこともある」

田中マルクス闘莉王選手(浦和):
「勝てばいいです。(まだ得点を入れていませんが?)まだそんな時ではない。アウェイでこの戦い方をしたら負ける。イージーなミスが多かったし守っても攻めてもいない感じで中途半端だった。相手がロングボールを多用してきたので助かった。ストレスが溜まる試合だった」

山田暢久選手(浦和):
「前半は良かったが、後半は引き気味になった。バランスが悪かった部分もある。前半相手は引いていたので、途中までは良いシーンもあったが、フィニッシュで上手く行かないところもあった。そんな中でFKで得点できたのは、非常に大きかったと思う」

鈴木啓太選手(浦和):
「もう少しコンパクトに試合を進めたかったが、スペースを空けてしまった。チーム全員の共通理解がまだまだだし、体力的にも厳しい試合だったこともある。2点リードしても楽なゲームというかセーフティーリードというものはない。新潟の教訓とでもいいますか…」

AFCアジアチャンピオンズリーグ2007

最新の浦和レッズフォト
rss
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
QRコード
QRコード
月別写真
  • ライブドアブログ