ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: 接客

ギターを探しに大阪にいいのがあればと熊本から

モデルは何ですか?と尋ねてみました

テレキャスです。

勝手なイメージですが
テレキャスターってストレートな印象がありますよね
とギター談議に

そのあとロックバンドの話になり
熊本のファッションの話になり地震や大阪の台風の話になって

そしてレザーの話に

社会人になり、高価でもいいレザーものを所有し
大事に使っていきたいと嬉しいお言葉をいただきました。

DSC_1780
イタリアンショルダーのWライダース
旅のいい出会いのようなサイズ感でした。


まだ移動があり熊本に帰るのが
5日後になるので配送を承り、
では商品の記念写真をとおすすめし
写真だけお持ち帰りにされました。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 



好きなブランドだったんですけど
大阪から撤退しちゃって
それ以来、、、。

もう店で買えなくなり(いや通販では買えるんです けれど)
そのブランド一筋でかなり揃えてたので
新しいブランドを買わずに今まで。

その沈黙からバックラッシュというブランドへ

やっぱりお店でいろいろと試着してサイズ違いも全部着て時間かけて買いたい。
(前日にメールで)空いている時間が希望です(はい いつもほぼ大丈夫です。)


一番はサイズの選択
LかXLでかなり悩みました。

あとボトムとのバランス
動きやすさ
それとインナーを挟んだ時の見た目


鏡の前で

いろんなやりとり
(主観的にどうか?)

いろんなやりとり
(客観的にどうか?)

そして、、

ダブルのこれに決めます。

最後にシングルも着てみていいですか?

もちろんです。
DSC_1770 (1)
「長く着ますので」

はい ぜひ
お買い上げありがとうございます

(大きな紙袋とともに階段へ)

また着てお店に来てください 
これからも。




コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 

接客していると
あらためてそのよさに気づくことがよくあります。

バッグ類や財布
よく作られてるなあって感じがします。

売れてしまったのですが
2wayのバッグ

手提げで持ててショルダーにもなる
結構な大きさで一泊ぐらいなら余裕

ショルダーバッグから手提げにした場合
かぶせの蓋が中にしまい込める
かぶせが中に入り本体の身頃が見えるので
真ん中に飾りのシームが入れてある(おしゃれ!)
身頃の下の留め具も取れる(ナルホド!)

ショルダーにした場合でも手で提げれる。
(バイクで自転車で)ショルダーにしたときのアクティブ感と
街で手で持つときの洒落感の二面性

売れてしまって誰かの手に渡ったけど
あれはよくできていたな。


コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

この服いくらですか?
「20万です」
これだけだと一体どんな服なんだろう?
誰が着るんだろう?

バックラッシュをご存知のお客様だと普通に
「するよね」

高い服のちょっとしたその理由
(服というもの気に入ったら理由は必要ないのですが)

一番の理由は少数の人に向け何もかも少ない単位で作られている
つまり、かなり好きな人向けに
念入りにデザイン、カスタマイズされた特定少数生産である
DSC_0013
よって
不特定多数に向けて国営企業のようなメーカーが10万着単位に生産した服との違いは
”一人(客)当たりにかかる開発生産にわたるすべてのコストの割合が大きくなる”

他の人と違うもの、そしてスペシャリティな服を望むとなると
おのずと原料も技術者も少数精鋭になり
それに伴い一着当たりのコストも高価になっていきます
DSC_1015
濃厚で重厚な雰囲気。。

付加価値を売っている大勢のミュージシャンに支持されているのも
原価計算では測れない部分で
バックラッシュにしかない価値、ブランド力に共感いただいてるのでしょうか。


「服以上の何かが宿っている」と言われたり
着る人が望めば
何十年も着れるように作られています。
DSC_0936
※10年以上前のカタログ


来年15年目を迎える
「コーリングバックラッシュ」公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

20代ヨージヤマモトファンの方。

バックラッシュをほとんど知らない方が
コラボレーションライダースを見に来られました。

コーリングの雰囲気に一瞬ビックリされましたが
イタショルのライダースを試着して2度ビックリされていました。
未体験ゾーンのキツさに盛り上がりを見せ
パターンや袖付けの作りの違いをご説明し
前向きにご検討いただく感じでお帰りになられました。
DSC_1734
バックラッシュのユーザー、ファンでは当たり前のやり取りも
ヨージファンからすれば新ブランド。
革からのご説明、ブランドの歴史、デザイナーのクリエーションや考え方
ユーザーの感想、ミュージシャンの着用歴、職人の技術や革の開発
いろいろとコーリングで接客をさせていただくことが出来てとてもうれしく思います。

10月16日(火)までサンプルを店頭にてご用意しております。
いつものバックラッシュとパターンが異なりますので
着用時の雰囲気がどう変わるのか、この機会にお試し下さいませ。


お問い合わせはこちらまで。
コーリングバックラッシュ
06-6281-8758(12時〜17時 水曜、第二第四木曜定休日)
info@callingbacklash.com
コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア


http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。


「涼しいパンツがほしいんですけど、何かありませんか?」

ショートパンツは僕は好きなんですけど、彼女がいやみたいで。
最近出来たんです彼女が。

パンツを何本か試し、気に入られたのは涼しさはあまりなく年中穿けるワイドパンツ
calling_DSC_0458
細身穿いていたので、この太さが手持ちの服と合うのか不安です。

ライダースやシャツなどワイドパンツと合わせてみて
手持ちの服とも合いそうだと確信してお買い上げに。

1730-01 KHAKI
チノ裏使いワイドパンツ
39,000円+tax
KHAKI
XS
S
M
L
数量



本日ご来店のお客さま。

高知からライブを観に大阪にお越しに。

ディルアングレイが好きでバックラッシュを知って
財布やベルトを通販で買われていました。

どれもダブルショルダーなので、
ダブルショルダーで揃えようと
今日は定番のウエストホルダーをお買上げ。

ダブルショルダーのどこがいいですか?とお伺いすると

「手入れしなくていいんでらくなんです」

ダブルショルダーは革の変化が
独特で好きなんです。と聞くことは多いですが
手入れしなくてらくでいい。というのもあるんだなと
思った一言でした。












「長い間バックラッシュを離れてました」


シルエットの好みが変わり、そして年齢も。

また革が欲しいと思い
いろんなブランドの革を見てみました。

「見れば見るほどバックラッシュがいいと思いました
他のブランドでは何か満足できない、何かが足りない」

こんなお話をいただき光栄です

一つ言えるのは、、
極端に突き詰めて考えると
素材はいま流行の革でという動機だけで落とし込んだブランドと
革ありきのバックラッシュは違うのだと感じました。


DSC_1218
久々のご試着


当時買っていたサイズはどれもМ。
今回は少し大きめで。

かれこれ7,8年くらい前になりますか。


再びのご来店本当にありがとうございます。





ダブルライダースを見にコーリングに。

3点ほどご試着いただきました。

「バックラッシュらしいのは?」

とご質問に
やはりこのイタリアンダブルショルダーのタイプでしょうか。

「これから馴染みますか?」

そうですね
長年着ていただいてる方々を見ると
その都度いいなと感じております。

とやり取りしてるうちに
ふと、、あれ?これイタリアン?と
ちょっとした違和感を感じたので写真を撮りました。

DSC_1195 (1)

この感じです。

いい感じの別の表情を見ました。

「これ 気持ちいいですね!」

カンガルースエードのジャケットのご感想

「脱ぎたくない、、。」

天候も気温もいいし
そのまま着ていきましょう

「そうします」

アウターだけどインナーのようなジャケット

肌感覚もレザーにとって一つの魅力です

DSC_1187


今日の昼の食事はカレーライス

今からライブに向かいます。

↑このページのトップヘ