ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: 着こなし

ISAMUKATAYAMA backlash 2019AW新作受注会がひと段落つきました。
その辺のお客様の声を含めたレポートはまだまだ続きます。

受注会中でも春に着るミッドナイトのダブルや
カンガルースエードニベそして
イタリアンダブルのベスト等の”今着る”アイテムが売れておりました。

これからの季節インナーが明るめなっていく春先に伴い
アウターも重厚な黒から
軽さを感じるカラー物のスエードレザーがメインに
他のブランドも(イタリアブランドも含め)スエードジャケットや
スエードのブルゾンを大量に出しています。

今のところ目に付くのは色は”キャメル”あと”マロン”。
(キャメルスエードという呼び名は素材と色が一体になってます。)
今日もレザースニーカーにスラックス、ブルーのストライプシャツに
キャメルのブルゾンを引っかけて歩く
王道コーディネートの男性とすれ違いました。
ちらほらと茶系が違和感なく街に溶け込んでいます。

茶系はちょっとおじさんコンサバカラーにどうしても見える方に
バックラッシュは色味を微妙にずらし
グレイとベージュの間のグレージュに染めました。

濃茶 赤茶 明るい茶の茶色のグラデーションではなく
グレイからベージュに来た微妙な何色的な色合い(グイディがよくやる手法)。
その色はバックラッシュらしく明るい茶が持つ陽気な感じから
少し退廃的な雰囲気を醸し出しています。

微妙な渋めのカラーのアウターにボーダーTやプリントのシャツ等
色や柄の入ったインナーにすることで春から初夏を楽しめそうです。

DSC_1863
バックラッシュの歴代の代表アイテム”ニベ加工” 
15年以上前小豆色のようなニベアイテムを初めてリリース。
その当時の写真を探していますがなかなか見つかりません。


コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash

引き続き
2019AW予約に興味のあるお客様はご連絡下さいませ。
info@callingbacklash.com
オーダー締め切りまでご対応させていただきます。

受注会に初めてお越しのお客様。

服は好きで、革も好きでいろいろ着てきたけど
僕らの時代は服と言えば、やっぱりイタリア製がよかったし
ステータスもあった。
当時のアルマーニがその代表ですよね。

日本製でいい革のライダースがあると聞いて
今日は来たんですよ。

本当いいレザーだね。
海外でも恥ずかしくないよ。
これを日本人が作っているんでしょ?
誇れるよね。と。

お話を伺っていると、65歳くらいの方かなと思います。
ジョルジオブラット
レザーにアロハシャツを合わせていました。

イタリアンショルダー製品染めシングルライダースのイエローと
イタリアンショルダー製品染めダブルライダースのダークブランを
オーダーして行かれました。


先日のブログ「シングルダブル どっち」にも
最近はダブルお求めの方が多い。と書いていますが
ライダースと言えば、ダブルライダースの形をイメージする方が多いです。
18_12_06
そのダブルライダースの顔、襟部分をどうするのがいいのでしょうか?
とご質問を受けました。
18_12_06_2
基本はスナップボタンを留めて着れば、過不足ないと思います。


18_12_06_3
スナップボタンを外して着ると、熟れた感じになります。
立体感も増します。
18_12_06_4
スナップボタンを停めている。
18_12_06_5
スナップボタンを外している。
横から見るとライダースに立体感が出るのがわかるかと思います。
18_12_06_6
ジップを上まで締めて着るのが好き。という方もおられます。
ビシッと決まる着方です。
18_12_06_7
ほんの少しジップを下げて着る方もおられます。
※個人的にはこの着方を割と好んでします。

正解も不正解もないので、着てみてやってみて自分がしっくりくるところで
ジップの位置を決めるのがいいと思います。
寒ければ締めて、暑ければ開けてもいいです。

これからの寒くなる季節はストールやマフラーをライダースに足すと
暖かく着れますし、おしゃれさも増します。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

寒くなれば必ず
ライダースって寒いですよね?
みんなどうしてるんですか?とよく聞かれます。

上に重ねるか中に着るかですが、、。

ライダースの上に何か着ることが出来るなら
ダウンだとちょっと重いので
モッズコートやチェスター、ステンカラーのコート類
ウインドブレーカー的なもの
あと中では冬の定番ニット類でしょうか。。

いやいや細身のライダースの中にはあまり何も着れませんよ。
そうだとすれば
こんな厚手のものは無理ですよね
DSC_1778
だいぶきびしい

ではこの程度は
何とかなりそうかも
DSC_1779
まあなんとか

ではこの厚みはどうでしょう
これってメリノウールのハイゲージニットなので
結構暖かいですよ
DSC_1780 (1)
すんなり着れると思いますが薄手になるのでちょっと心配
しかし綿のロンTより暖かいです。
コットンはウールよりひんやりします。あとウールのニットは保温し発汗もします。
そうするとミドルゲージなら暑いくらいかもしれません。
袖がごわつくならニットベストでもいいかもです。

ニットは家で洗濯できませんよね?
そうですね
シーズンが終わったらクリーニングで。

パンツもウールで。
牛の革と羊の毛で寒い冬に備えましょう。




コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 



一度買えばレザーは毎年着れます。
(古くてもお気に入りの時計のように)

ずっと着れる安心感

それも
いつまでも永遠に、、。


今古い時計を修理に出しています。
修理上がりを待ってる間
頭を巡らしています。

これが結構楽しく
忘れていた時計に合わようと上着をあれやこれやと
古い時計が呼びこんでくれる組み合わせを楽しみに感じてます。

昔の服と昔の時計じゃ物足りなく
最近買った服を試したいなと思っています。

レザーが古い愛着の時計だとしたら
何を変えればいいのだろう?

以外にキャップかもしれないし
ドレスシャツかもしれません。
それとも新しい巻物、、そして新しい車とか、、。

今年新鮮に感じる組み合わせなら着る回数も増えそうです。

isamu katayama backlash ライダース

最近ちらほら見かける英国調柄ニットと。




コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。



「コーデュロイ」
綿でありながらモッサリとした防寒性のある生地

モードっぽいつるりとしたシャープ感ある生地の対極ですね。
この生地の良さはカントリー(田舎)感にあります。
コーデュロイは元々、労働者の服地でした。

このジャケットはそんな雰囲気をレザーやペイズリーのトッポさを巧みに取り入れ
田舎の寒い冬に襟を立てて山道を歩く、、(いや都会のビルの隙間も歩く)
DSC_1763
そんな感じでデザインされました。

http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/backlash_1797-03-DKH
ボタン止めだけでなくその上ファスナー仕立てで
いい感じに中にも着込めそうです。

DSC_1764
背中のデザイン
寒い中、猫背気味に肩をすくめ歩く
バックラッシュならではのミックス感。

コーデュロイはすぐにあちこちアタリが出て
傷んだ感じになりますが
それも着古したゆえの雰囲気作りに一役買うでしょう。

冬の風物素材コーデュロイ、お勧めです。


コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

ライダースにサングラス
ではなく眼鏡

最近はやりのセルフレームで
ウエリントン型やボストン型でライダースに合わせると
「ウエリントン アレン」の画像検索結果
ちょっとはずしのきいた雰囲気に。


色はフレームが黒なら黒系のレザー
茶系ならできれば茶系を。
いわゆる伊達メガネでも試してみましょう。

昨日
太めのセルフレームをかけてらっしゃる
お客様がシングルを試着した時
お!かっこいい キマッてますと。
DSC_1644
ちなみに
色はブルゴーニュが良い感じでした。

今日は
著名人が着てるモデルをお探しに。
実に雰囲気がおありで
まさにそれって眼鏡どころじゃない感じでキマってしまいました。

実はレザーってその人その人にやさしいんだなあ、、。
レザーの季節 秋がもうすぐ。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作予約はこちらからです。



なんとなくハマらない、、、。

朝考えて着てみる。まあまあな感じ?
だけど上がらない
今日は久しぶりの奴と会うのに。

外出
自分にノレてないのがわかる
(しかしあまり真剣に考えてもな)

でも相手に会ったとき、自分はどう映るんだろう
マンネリ?ちょっと何処かを変えたいけどひらめかない
そして新しい自分は自分でなくテレクサイ
20180224_9
写真は引用(なんか新しめな話をしてそうじゃないか、、どこかこなれてるし。)
この写真の場合
古いのと新しいのをミックスしてるような感じがいい。

となると

オハコ(自分の絶対的定番)×サラ(新しい自分)の組み合わせか。

新しい服とホトホト飽きてる服のコーディネートは
精神的に一番安定するのか?
あと
昔に買ってしばらく着てなかったナシモノをサラモノに合わせると
大アリになって得した気分。
DSC_0172
あと一つ提案が、、、。

オハコ×サラ洗い

「買った!」はいいものの新品過ぎて眩しい時があります

そんなとき水洗いしてください(自己責任)
いい感じでなじみ感とよれしわが入り
こざっぱり気負いを消してくれます。

バックラッシュは製品洗いをしてたりします。
あらかじめ”サラピンを着てるぞ!!”感を消してくれています。
DSC_0655
このチノパンもいい感じ

バックラッシュは店頭で初めての試着でも
ハマる人は一発(ドンピシャ)でハマります。
昨日上海から来られた方もそんな感じでした。

人気の高いイタリアンダブルショルダーシリーズ

「ミッドナイトブラック」を発売をして何年かが経ち
今年の秋冬から加わる新色
「ブルゴーニュノアール」について

やっぱり、一見黒なんですが
赤っぽい黒?ワインっぽい黒?赤さびのような黒?
赤の革を使い込んで黒になった?
DSC_1264


ブラックレザーって
昼間は工場で働き
”オイルの匂いとデニムと黒い革ジャン”の世界が確かにある
すべてを覆いつくす黒の魅力

一方この新色
赤茶、こげ茶?には近いけどダークブラウンに見えない
このワインブラックレザーには
日常から一服
”週末都会で枯れた?斜に構える?大人感”
そんな印象をイメージしました

DSC_1272

黒とはちょっとだけ違う。

ドレスシューズやドレスシャツにも合わせてみたいような
ブルゴーニュノアールライダースです。


「サイズなあ、、。ホンマに悩む」


見た目はSだけど
着心地はMのほうがいい
ダブルライダースによく出てくる悩み
あとアウターなんかだとSでは中に何も着れない、、とか。


今回、MとSを悩まれSサイズにされました
ニベの黒のシングルライダース

薄手の革がぴったりフィット
すごく気に入っていただきました。

DSC_1203
革の表情が独特のこのモデル こちらはSサイズをお選び頂いたのですが
アウターはどちらにされるかお悩み中


たくさんのお客様がいつも葛藤するサイズ選び
見た目と着心地は反比例なんです。
90年代のDCブームの時はサイズ選びは楽でした。
常にみんな大き目で着る時代 大は小を兼ねる時代
FREE(!?)サイズというのも平気で存在していました。


↑このページのトップヘ