ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: お悩み

「良いお直し屋さん見つけられてますね」

そちらの修理屋さんのお話聞いてると
すごく服の構造を分かってらしゃるように思います。
ポイントは
このバックラッシュのレザーパンツ
「これ以上すると形、変わるよ」

その加減、程度を分かってらっしゃるのは
凄腕のリフォーム屋さんです。
かなりご高齢、納得です。
いや新品よりいいんじゃないでしょうか。
基本、着倒した服は新品には戻りませんが
レザーは新品よりかっこよくなることも。

その人のものになり、もしくは他人から譲られたりした服
サイズ変化や経年、環境で破れたり
なんらかの不都合が起こった服をお直しする人 
それはどこの町にでもある「服のリフォーム屋さん」

リフォーム屋さんは数あれど
服を作った人のこだわりとシルエットを尊重しつつ
直しに来たお客様の理想との妥協点を見出す難しい作業

それに必要なのは「熟練 経験」
なのでお直し屋さんは経験で
良い服かそれなりの服か見抜く力があります。

よく混同されるのは、生産メーカーは
お直しやリフォーム も するのではなく
新品を均一に効率を考え、生産する人たちです
(新品に近い状態の不都合は直したりします。)

人手に渡り着つくされた服を修理する(場合によってはカスタムする)
リフォーム屋さんはプロの専門技術職で
それ(修理や矯正 サイズ直し)をやるとどうなるか
それをこうしたほうが良いのかそうしないほうが良いのか
その服のために総合的に判断しながら完成を目指し
ブランドに対し理解があれば良いお直しになります。
(素材適正も重要なisamukatayama backlash を出すなら
レザーに詳しいこことかデニムならあそことか。)

双方の誤解で「違うもの」になって修理から帰ってきたと
悲惨なことにもなりかねません。

デキるリフォーム屋さんを探し当てるには感覚に頼るしかなく
数件あたってまず相談してみてください。
あと例えば高級なブランドの服を
リフォームしているとかも参考になります。

技術やセンスは見えないので、なにか話の中で納得できない
信頼できないなと思えば
考えますと言って出さないほうが良いです。

今回、お客様は最近お痩せになられ
できる限り直したけれど
これ以上は詰めない(小さくしない)ほうがよいと言われました。

お直し屋さんの意見を尊重し、お考え抜いた結果
それならそこだけを部分的に洗ってみようと
場所を限定し、洗ってみたのです。

見事成功

シルエットの出っ張りもなくなり
洗ったところは油分が出てかさつきましたが
古Tシャツで磨くと革全体も復活し
艶出しも成功。
情熱と熟練と知恵のコラボレーションとなりました。

くれぐれもお直し屋さんとお直しを出す人は
じっくり話し合って納得された上が重要です。

パンツはお修理して一層気に入ってますとのことですが
バイクは相性が合う
これ!という修理屋さんがまだ見つけられてないとのこと。
「今から何軒か行くんですが」

良いお直し屋さんが見つかると良いですね。


貴重な成功体験をお聞かせいただきありがとうございました。

9204_3
(写真の商品は別のお客様からの引用です)
長年の愛着とメンテは正比例ですね。

コーリングバックラッシュはわりと長めの
バックラッシュ製品の販売経験がございます。


18_12_29
バックラッシュのコートを着てギャルソンのバッグを持ち横浜からご来店のお客さま。

コートをオーダーしたいんですけど。
色は下地が緑系に黄系チェック、または下地がベージュ系に赤系のチェック柄良いかなと考えています。

林檎のイメージ。

シルエットは柔らかく軽やかな感じで。

ダブルで生地もザラッとした感じだけど、それでもどこか余裕があるようなイメージ。

そんなイメージを持って生地をご覧になられていました。


イタリアンダブルショルダーのダブルを買いに
お越しいただいたけどサイズがハマらず
(ウエストが極端に細い方)

ヴィンテージレザーのダブルを買いに
お越しいただいたけどこれまたハマらず
(ほっそり長身で肩幅がかなり広い)

サイズは難しい
他のモデルにしたら可能性はやや広がる
どの部分かを妥協して(割り切って)選ぶしかない

最近の傾向でややゆったりで着こなしてみる。

これはこれでアリという先入観で見てみる。

全体の雰囲気で受け止める。


昨日は

DSC_0065
お目当てのこの財布
やや大きくビジネスユースでは難しそうと
断念された方がいらっしゃいました。

サイズ選びは実際にモノを見ても難しい。。


コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 


寒くなると革に浸透しているオイルが表面に浮いて来る時があります。
18_12_4
写真真ん中の白い粉が浮いているような状態です。
18_12_04_2
この白っぽいもを消すには、ブラシやウエスで擦ります。
18_12_04_3
簡単に消えます。

久しぶりにクローゼットから出して寒さで
白っぽくなっている場合をそこを、ブラシやウエス(手でもいいです)で
擦って下さいませ。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 


寒くなれば必ず
ライダースって寒いですよね?
みんなどうしてるんですか?とよく聞かれます。

上に重ねるか中に着るかですが、、。

ライダースの上に何か着ることが出来るなら
ダウンだとちょっと重いので
モッズコートやチェスター、ステンカラーのコート類
ウインドブレーカー的なもの
あと中では冬の定番ニット類でしょうか。。

いやいや細身のライダースの中にはあまり何も着れませんよ。
そうだとすれば
こんな厚手のものは無理ですよね
DSC_1778
だいぶきびしい

ではこの程度は
何とかなりそうかも
DSC_1779
まあなんとか

ではこの厚みはどうでしょう
これってメリノウールのハイゲージニットなので
結構暖かいですよ
DSC_1780 (1)
すんなり着れると思いますが薄手になるのでちょっと心配
しかし綿のロンTより暖かいです。
コットンはウールよりひんやりします。あとウールのニットは保温し発汗もします。
そうするとミドルゲージなら暑いくらいかもしれません。
袖がごわつくならニットベストでもいいかもです。

ニットは家で洗濯できませんよね?
そうですね
シーズンが終わったらクリーニングで。

パンツもウールで。
牛の革と羊の毛で寒い冬に備えましょう。




コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 



セングダボ?

は?
もう一度お願いします。

シングウゥゥダボオォウ?

あー了解。はいシングルで。
昔、ロンドンでジントニックを頼んだ時に
尋ねられたセリフ
ジンの量をシングルかダブルか
すなわち入れる量を倍にするか?でした。

最近のコーリングでは
シングルかダブル
どっちをお探しですか?と問うと

ダブルですかね。

そのあと逆に質問で
どっちが人気ですか?
そうですね、、。ここ最近は
ダブルをお求めの方が続いています。
IMG_7200
ちなみにハイペリオンのオーダージャケットもダブルがちらほらと、、。
(写真はバラの棘をも通さないハンティング用ヘヴィーツィード生地を使用)

大きな違いは襟が大きいとか見た目もあると思うのですが
あと身頃の部分の生地が重なるか重ならないか
生地の量が多く暖かいってこともあるのかもですね。

男の選択
「シングルかダブルか」

他にもパンツの仕上げやシャツのカフ等、色々ありそうです。




コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 




blog181110
去年お買い上げのイタショルのシングルライダース

イタショルの革は時間が経つとよりその良さが滲み出てきます。
お持ちのカバンの革も良さそうでした。

こちらのライダースが気になったようです。
blog181110_2
ちょっと着てみます。
blog110810_3
軽いアウターが欲しかったんですよ。
blog110810_4.jpg
Mサイズでも良さそうだけど、Sサイズも着てみたかったなぁ。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。


ライダースが欲しいなと思い、
インターネットで色々探し

『バックラッシュ』
を知った。

何となく雰囲気がいいなと思ったけど
着てみないと、わからないなと思ったので来ました。


お客さまに合うサイズのものを
バックラッシュ
4着、ご試着いただきました。

4着の内、いいなと思った2着を
もう一度ご試着されて、決められました。
ジャパンカーフ製品染めのダブルライダース

サイズや革の種類など
製品にまつわる話もありましたが
元々お持ちだったイメージに到着したようです。

タイトなボトムでWライダース
まさに「ロック」なイメージ。

今日から始まる季節、楽しみですね。
 

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア

http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。


※ ヨウジヤマモトとの熱いコラボレーション
そろそろサンプルが届きます。

↑このページのトップヘ