ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: THE LINE

ご予約いただいていたTHE LINEが出来上がったのでお引き取りに。
ISAMU KATAYAMA BACKLASH THE LINE
GUIDIオイルカーフの革を使った、シンプルなシングルライダース。

THELINEの受注会の時に、イタリアンカーフでオーダーしようと思って決めていたけど
サンプル見たらこっちを着たくなったんですよね。
イタリアンカーフもすごく好きな革なので、あれも欲しいです。
着丈を63cmにするか65cmにするか迷ったけど、63cmでちょうどいい長さでした。

黒コーディネートの中にポップなカラーのポンプフューリー。


「ザ ライン」
内覧会が終わりました。
何着もバックラッシュをお持ちのお客様でもザラインは別格

「格が二枚くらい上だね」

今季冬物を引き取りに来た人も、見に来た人も
夢のような商品に

「やっはりすごいよな」「革ええよね」「欲しなるなあ」
「恐るべし」、、、。
あるお客様から印象的な言葉が出ました。
「いつかはザ ライン」


オーダー受注生産、究極が形になった「ザ ライン」

次は一線を越えて
ぜひ手に入れていただきたいです。
DSC_1755

ご予約は5名様でした。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。


「今回何かいいよねぇ」

コートの赤もかっこいいと思うけど
革の面積が多いから、やっぱり黒でいこうかな。

DSC_0274
広島からお越しのお客さまでした。

THE LINEサンプル受注会
10月27日(土)28日(日)
場所 コーリングバックラッシュ
12時~19時
06-6281-8758
info@callingbacklash.com

THE LINEの商品はいつでもお店に在庫があるものと違い
ほぼ受注生産になっております。
そのため現物を見れる機会がかなり少ない商品です。
今週末は、実際に見て着て確かめれますのでこの機会をご利用下さいませ。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH THE LINE
女性のお客さまがTHE LINEのバッグをお持ちでした。

バックラッシュのことは知らず

「お店で一目惚れしたので、買ってしまいました」と。

こちらのバッグを持っている方も少ないですが
なかでも女性がお持ちなのは初めて見ました。

メンズのバッグですが、女性が持ってもかっこよかったです。

今週末はいよいよ
THE LINEサンプル受注会
10月27日(土)28日(日)
場所 コーリングバックラッシュ
12時~19時
06-6281-8758
info@callingbacklash.com

THE LINEの商品はいつでもお店に在庫があるものと違い
ほぼ受注生産になっております。
そのため現物を見れる機会がかなり少ない商品です。
今週末は、実際に見て着て確かめれますのでこの機会をご利用下さいませ。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。



ISAMU KATAYAMA BACKLASH THE LINE
2年前のTHE LINEの商品。

すごいものを作っているなと思った商品でした。

今年は大胆に新しいものがあるのではなく
バックラッシュのイメージのまま、さらに奥行きが出た商品たちでした。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH THE LINE
3,300,000円 ASK

「ソフトクロコ」と呼ばれているオイルでしっとり柔らかくなった革。

ダブルライダースで赤な上に、素材がクロコ。


なかなか着る方がいない製品ではあると思いますが
こちらを赤一色で展開するところがバックラッシュ
らしいなと思います。

赤と言えば、オリーチェのシングルライダース
着るかなと迷われていましたが、着たときの上がる気持ちが
他のものと全然違うので
(着るとなんかにこにこしてしまう)
黒もいいんですが、こちらにします。と。
嫁には、なんでその色にしたん?と言われそうですけど。

18_09_29



↑このページのトップヘ