ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: コーディネート

岩手県のお客様からパンツを買ったので
気晴らしにちょっとだけ出かけましたと
写メをいただきました。
バックラッシュコーディネート
バックラッシュのカンガルーレザーシャツに
クリステンセンのカットソー
ケーシーケーシーのリネンのパンツに1-100のバングル。
ニットキャップはキジマタカユキ。

関西だともうすっかり暑くて
レザーシャツでも昼間は暑くて着れない時期になりました。
(大阪は今日は29℃らしいです)

今でもレザーが着れるのはいいなと思います。


店舗もしくは通販で22,000円以上お買い上げのお客様に
ディアスキンレザーマスクをお付けしておりま
数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。

calling_4_11c

現在ご来店はアポイント制にさせていただいております。
ご来店ご希望のお客様はメールくださいませ。
お手数おかけしてすみませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

info@callingbacklash.com   


がんばってレザーを着てる感・・・

その感じを抑えるには?

ちらほら言われることがあります。


メンズファッションのムードが変わってきたこともありますが
季節的なことでもあったりします。


頑張ってる感はどこから来るのか
少し和らげるには?

それには3つくらい試せることがあります。


パンツや靴を見直す。


先日もブログにありましたが
どうしてもタイト&タイトになりがちな上下を
この際、おもいきって崩してみる。
試しにコンビニに履いていくスエット。それを合わせてみましょう。
はじめは違和感がありますが、そのシルエットに慣れるのが目的です。
ワイドパンツ、スニーカーどちらか、どちらも取り入れれば
どこか軽くなり新鮮な雰囲気になるかもしれません。


サイズ感を見直す。


少しだけ余裕があるサイズ、ワンサイズ上でも
着こなし方で今っぽい感じになります。
緊張感みなぎるキツめのレザーを着る
それもレザーの魅力でありますが
すこしサイズを上げるだけで動作や気持ちに余裕が出ます。


黒っぽくなりがちなコーディネートを見直す。


黒×黒のコーディネートは確固たるイメージを打ち出すには
便利ですが、反面カテゴライズされてしまいます。

一枚目のレザーは黒が圧倒的ですが
セカンドで注目されるカラー物のレザーアイテム
茶やグレー、ネイビー系のレザーでも効果ありです。
そしてボトムを白系くらいの明るめで、なおかつワイドで。
飛び色を入れても良いです。
例えばオレンジ色のスニーカーとか
ライトな色をインナーやソックス等どこかに。


これから春の日差しになってきます。


客観的に見て、重い感じになってる場合は
ある意味頑張ってない「ヌケ」感を出していきましょう。
DSC_2565
ヌケアイテム

カラー物のニット帽
デニムのキャップ
茶系のグラデーションマフラー
ボーダーとマルチカラーソックス
スエット地のジーンズ型パンツ
よれよれ感のあるシャツ


テンションをさげたリラックス感がいい感じになることがあります。

ライダースの中には何を着たらいいですか?

とお客さまから聞かれることがあります。

その時々の流行によって中に着る物も変わってきています。

5年ほど前ならカットソーが定番でしたが
今はカットソーよりシャツの方が多いです。
シャツ、セーター、タートル、その時の寒さによって
インナーを変えるとライダースでもある程度、冬を(暖冬なので)乗り切れます。
(お住いの地域により寒さも異なると思いますが、大阪ならということで)
calling_1_14
ライダースに合わせたシャツの素材はウール。
コットンよりやっぱり暖かい。
calling_1_14_2
ウールは生地がふわっとしています。
ネルシャツもふわっとしていますが、ネルシャツはコットンを起毛させた生地ですので
ウールの方が暖かいです。

首にマフラーなど巻物をすると、より暖かく過ごせます。









新春の話題がありました。

3月にある式があり、ライダースで出席しようと。

そして
イタショルのダブルをお買い上げいただきました。
(年末年始で4着連続でダブルが出てます)

そこで新たな議題が、、。

その式にあたり
中に着るものををどうしようかと思案中です。


晴れの日の装いなので
少しドレスっぽい感じで仕上げたらいかがでしょうと
タイドアップをお勧めさせていただきました。


大定番おなじみの黒の極細ニットタイ(ただいま欠品中)に
白無地のワイドスプレッドシャツ
DSC_2518
レスレストン ¥23000-

そして黒のレザーに対して
グレーの光沢感のあるサマーウールパンツ。
DSC_2520
PT 01 ¥35000ー

グレーもいろいろありますが春ということで
今回はミディアムグレーで。
DSC_2507

シックにモノトーンでまとめる作戦です。


春が来るのが楽しみです。


2ヶ月ほど前に1254-01 イタリアンショルダー製品染めのシングルライダース
お買い上げのお客さま

軽くて雰囲気の良いコートをあれから探したけど
なかなかなくて。
値段とのバランスも考えるとこれがいいかなと思いました。

コート
こちらハイペリオンのMOONの生地を使ったコート。

MOONは染色・紡績・仕上げまでの工程が一つの敷地内で一貫して生産する
世界でも数少ない(イギリスではMOONのみ)工場です。
一貫生産することで、安定してクオリティーの高い生地が出来ます。
コート
下にはライダースにニットタイ。

「ライダース買って良かったです。」と。


21日(土)フレンチショルダー製品染め ワックス仕上げ セミダブル入荷予定




寒くなってきました。

これからの季節
レザーだけで真冬を過ごせるか?

この時期、よくいただくご質問です。

程度にもよりますが
極寒は中々厳しいですね。

レザージャケット、ライダースはオーバー(外套)ではなくアウターです。
よって通年、出番が多いわけですが
しかし一枚物のレザージャケットは
防寒着ではありません。であれば何かしら上に着ないと、、、。

↓こちらは防寒が施されたレザー
ムートンジャケット 内側の毛が暖かい
DSC_0769
これなら大丈夫です。
そうでなければ何らかの防寒着と合わせないと真冬の時期は寒い。
中に分厚いセーターを着込むこともアリですが(しかしタイトめで着てる)

レザーの上に何かしら羽織りたい。少し無理があるのを承知で、、。
ではレザーを中に使ったコーデ、ご紹介します。


まずはコート
DSC_2427



ウールのコート
DSC_2429



マウンテンパーカー
DSC_2415
パラフィン加工やオイル度加工、ザックリしたツイードであったり
最近流行りのスポーティーなハイテクものではなく
ローテクな素材であればうまくまとまるでしょう。


ちなみに 、、
上記コーデには、ある法則があります。
そこをおさえると、ある程度インナーにレザー着てるぜ感を
やんわり中和してくれます。


それは

トーンオントーン(同じ色系)にすること。
20180224_3
この方、レザーではございませんが
すべて同系色でまとめています。

異素材、違う素材を合わせるなら、近い色、同じ色で。
差し色の小物を使うのもやや危険です。靴ぐらいにしておきましょう。
20180224_2
髪の色まで


20180224_1
お見事


寒いからとりあえず着込みましたではなく
「色コーデで合わせてるんだな」に持ち込みましょう。

レザーといえばやはり一番多いのが黒
アウター類は黒からグレイのグラデーションで。
さし色で黒のスニーカー白ソールもしくは白スニーカー
外しでカーキ辺りでコーディネイトしてみてください。


バックラッシュ コーディネート
2016年10月のブログに掲載のスナップ。

ライダースをがっつり着るとまだまだ暑いので
こういう着方だと、ちょうど今良さそうです。

前回のブログの写真もインナーは白Tシャツでした。
ライダースのインナーに白Tシャツを合わせると
ハードな印象のダブルライダースが中和され、すっきり見えます。

今週休業日のお知らせ
8日(火)9日(水)10日(木)
3日間休業いたします。
店舗、メールや発送業務も休業いたします。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

calling_10_5
流行りのキャップをかぶり今っぽく。

僕自身は15年ほど前は毎日のようにキャップをかぶっていました。
キャップ以外の帽子となると、ニット帽くらいしかかぶっていなかったです。

それがハットやキャスケット、ベレー帽をかぶるようになり
キャップはかぶることがなくなりました。

おもしろいもので近年の流行りにのり久しぶりにキャップをかぶってみると
いまいちしっくりこず、いまいちと言うか、もうまったくこれは自分には無理無理と
思ってしまいキャップはかぶっていません。

無理無理と思うのをこなすのがファッションのおもしろさだと思いますが
僕自身キャップをその域に持っていけてません。









↑このページのトップヘ