ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: 経年変化

イサムカタヤマバックラッシュ 318-03 ダブルショルダー製品染め 財布

お客さまが約2年お使いのダブルショルダー製品染め財布(318-03 BLK

イサムカタヤマバックラッシュ 318-03 ダブルショルダー製品染め 財布 経年変化
たまたまお店にいた他のお客さまも、
ダブルショルダー製品染めの財布を使われていたので
(こちらは色はカーキー
両者比較を。

写真左がカーキーの使って10年ほど。
右がブラックで使って2年ほど。

バックラッシュらしい財布で、
何より気を使わずに使えるところが素晴らしい財布です。






イサムカタヤマバックラッシュ 318-15 財布
お客様お使いの318-15(ダブルショルダー製品染め財布)
コンパクトな作りで使い勝手も良いと好評です。

写真手前が新品のカーキー、奥がお客様のカーキー。
イサムカタヤマバックラッシュ 318-15 財布
ツヤツヤになっていました。


ロングセラーアイテム
「イタリアンダブルショルダーライダース」
19_04_22

よくこの革についての質問を受けます。

「お手入れは?」

「基本的にお手入れは必要ありません。
頻繁に着て頂くのが最高のお手入れです」

意外な答えに戸惑われますが
これがまさにイタリアンダブルショルダーの特徴をよく表しています。
125402_3

その特徴

分厚い成牛の肩(ショルダー)の部分をふんだんに使い
首から肩はよく動かす部分であるため、密度が高くコシが非常に強いです。
その上ベジタブルタンニン鞣しの革は元来硬めに仕上がるので
オイルを多量にしみこませていもバキバキの状態です。
そのあと洗いをすることにより
なんとか着れる程度の”あの”状態です。

化粧っけ無しの天然の革ならではの革は
ここから使い着込み、日々なでることで
透明感のある光沢は更に艶を増し
徐々に馴染んで自分だけのものに変化していきます。
IMG_5826
(写真は新品)

そしてたっぷり中にしみ込んだそのオイルが
お手入を必要としないのです。
オイルは体温や摩擦で栄養が回るような効果を発揮します。
逆に放置するとオイルがかたまり硬くなります。

基本的にクリームを塗る必要はなく着るだけです。
乾いた柔らかい布や古新聞で力を入れずに
乾拭きのみを行ってください。

革が長年の使用で乾燥してきたらこの辺でやっとクリームを。
少量布に取り、良く馴染ませて伸ばしてください。
大量に塗るとオイル染みになったりもします。
125402b_2
着れば着るほどいいイタリアンダブルショルダーの革
着て触る回数を増やすと工芸品のような
ニュアンスになっていきます。

接客でよくご説明することの革のおさらいでした。
19_05_04c
19_05_04b




コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作や秋冬の予約はこちらからです。 

イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース
人気定番のイタリアンショルダー製品染めシングルライダース(1254-01)

写真の2着はバックラッシュスタッフ私物。
イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース

イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース


イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース

比べると、革の擦り切れ方や色の出方(抜け方)が違っています。

袖口が擦り切れている方ですが、こっちの方が着用頻度が高いのかなと思います。
袖口は、ポケットに手を入れたり、何かしら何かに当たるところで
その分革も痛みます。

こういうところには、手でクリームを揉み込んであげると
革が潤いひび割れしにくくなります。
(冬の手にハンドクリームを塗るとカサカサが治るのと同じ)


スタッフの私物を見ながら

艶が出なくて、、、。

このようなご意見をいただきます
レザーという素材の気まぐれさにどうしたものかと。

今回、私物を見て思ったのが
毎日着ること触ることはレザーに良いということです。

そんなに着れないという方は
出来れば少しでもブラッシングをかけてみてください
摩擦が意外と大事かもしれません。

毎日触り、後ろポケットに入れている財布は
艶の上がり方が段違いに違います。

バックラッシュのスタッフは毎日着てるので
このような上がりになってます。
DSC_1998
特にしわの山に注目

どんどん乱反射してアタリの部分はピカピカです。

やはり摩擦が大事ということでしょうか。
ぜひこまめにブラッシングを。



今日はダウンの予約が入りました。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア 予約ページ
http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/backlash_2019aw_order


経年変化したバックラッシュのライダースを見に来られたお客様。
イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース
ヴィンテージレザーのネイビー。
「これこんなに黒っぽくなるんですね」

お客様は2ヶ月ほど前に、ヴィンテージレザーのネイビーを買われました。

「僕のはほとんど着ていないので、そんなに変わっていないです。」
イサムカタヤマバックラッシュ 経年変化 ライダース
「革もすごく柔らかくなってますね。
アームのシワもいい入り方してますよね。
こんなにかっこよくなるなら、これからが楽しみです。」

4月27日(土)〜5月5日(日)
尚、5月1日(水)〜5月3日(金)は休日になります。
・カンガルーダウンジャケット全色見れて、Sサイズ〜XXLサイズまで着比べ。
・バックラッシュスタッフ私物を店頭に展示しております。

通常営業もしております。

イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
バックラッシュのスタッフ私物のライダース。
ゴールデンウィークイベントに向けて準備中。
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
ほぼ毎日(夏は見ませんが)お客様のライダースを見ますが
同じ品番のものを並べて見比べることは、僕もそんなにありません。

比べて見ると、艶の出方が違ったり、色の変化が違っていたり、
肩や肘の革の出方も違います。
革のくったり感も違っていました。

また革の持っているシボが1着1着異なるので、
それによりライダースの表情が違いました。

並べて見比べないとわからないことが見れて良かったと思います。
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
4月27日(土)〜5月5日(日)にコーリングバックラッシュ店頭にて2つのイベントを同時開催。
5月1日(水)〜5月3日(金)は休日になります。

イベント開催日
4月27日(土)〜4月30日(火)
5月4日(土)〜5月5日(日)
ひとつは秋冬の人気定番のカンガルーダウン各色、各サイズのサンプルをお試しいただけます。
カラー:ブラック、ブルー、レッド、グリーン、パープル、イエロー、ホワイト、オレンジ
形は定番のフードと去年出た着丈長めモデル

もうひとつがバックラッシュスタッフの私物を展示いたします。




イサムカタヤマバックラッシュ
来週末からご覧いただけるバックラッシュスタッフの私物に先立ち、
1年ちょっと着用のヴィンテージレザーシングルライダースのネイビーを
店頭にご用意しました。
イサムカタヤマバックラッシュ
ボディの色と袖、わき下の色が割とことなっています。
ボディは黒に近く、袖はネイビー。

元々どっちの色だったのかというと、見頃裏を見るとだいたいわかります。
イサムカタヤマバックラッシュ
緑の丸のところが元の色になります。
けっこうネイビーです。

逆に赤丸のところはかなり黒に近い色に変化してます。
イサムカタヤマバックラッシュ
ヴィンテージレザーもプルアップレザーなので、手でつまんでシワをつけてみました。
イサムカタヤマバックラッシュ
摘んだところに白っぽい折れ線が出来ました。
(赤丸のところ)
イサムカタヤマバックラッシュ
その折れ線を手で擦ると
イサムカタヤマバックラッシュ
折れシワはまだ残っていますが、白っぽい色はなくなりました。

クローム鞣しだと、動きや光による色の変化は少ないですが
タンニン鞣しは色が変化します。
着方、着用回数、体型やクセによって変化が変わります。
そのため着用後の変化は一つとして同じものがありません。





イベント開催日
4月27日(土)〜4月30日(火)
5月4日(土)〜5月5日(日)




1572-01 オリーチェ イサムカタヤマバックラッシュ
5ヶ月前にお買い上げいただいたオリーチェのシングルライダース

お客さま。
これ買ってから、酒の量が増えました。
眺めながら飲めるんですよね。

イタショルのシングルを買おうと思ってお店に行ったんですけど、
なぜかこっちを買ったんです。

新品と比べるとずいぶん変わっていました。
1572-01 オリーチェ イサムカタヤマバックラッシュ
左が新品、右が5ヶ月着用。



1367-12 ジャパンホース製品染め Gジャン型
お客様がお召しの春レザー。
こういう色はなかなか買いにくいのですが よく思い切って買われたなと思います。

「春になるとよく着ています」と。

僕もそう言えば思い切って買った服って、やっぱりそのシーズンよく着ているなと思います。
バックラッシュのレザーシャツ、トムブラウンのカーディガン、ケーシーケーシーのブルゾン、毎シーズン袖を通すのが今も楽しみな服です。



↑このページのトップヘ