ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

カテゴリ: お買い物

calling_19_06_08_blog
ブーツをお買い上げのお客様。

これから暑くなりますし、革靴よりもスニーカーが流行りの今、
なぜ今ブーツなんですか?と聞いてみると

前からブーツが欲しかったんです。
ゴツゴツしたブーツじゃなくて、セミドレス的なものを。
でもなかなかなくて、これを見つけた時は、これだ!と思いました。

608-01
ポーランドショルダー製品手染め レースアップブーツ

18_12_28
ウォレットチェーンに合う財布が欲しいんです。

ウォレットチェーンがシルバーなので、
Dカンがシルバーのものの方が合うかなと思っていて。

そうなるとクロコかパイソンですよね。
クロコはまだ自分には早いかなと。

シルバーじゃないけど、この2つ折り長財布もスマートで気になります。

風水的に蛇革って金運良さそうなので、パイソンの財布にします。


コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 



今日は月曜日
店に入ると
DSC_1797
売れなかったライダースが。

昨日この商品は熱かった

けれど売れずに店にある

なぜ売れなかったのだろう

ウエスト周りが緩かった

XLが無かった

時間がなかった

良いのはわかった

欲しいのはやまやま

気に入ってもらった感触は充分に。

また来てくれると思う

それまで

このライダースはひっそりと出番を待っています

そうしこうしてると

これポン、と買っていくこともあります。




コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 

ご来店のお客さま。

イタショルをご試着し、欲しいなぁ欲しいなぁ
どうしようか?と迷っておりましたが、

あっ!
これあるんですか?!

と、ある商品に気持ちがシフト。

今日はこっち買って帰ります!
前にこれ欲しかったんですけど
買おうと思った時は、どこも売り切れだったんですよ。
DSC_0142
705-02 BLACK イタリアンショルダースマホカバー

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。





ライダース見に雨の中ご来店

「今日は休みで早めに来ようと思ってたんですが
雨で電車が見合わせて夕方になり、、でも行くしかないなと」

ジャパンカーフかイタリアンで。
形はシングルです。

サイズですがMサイズを選択されました。
DSC_1401

豪雨の日にレザーを。

「そういえば以前カンガルーのダウンも買っていただきましたよね?」

入荷後
はやくもライダースに動きが

去年買いそびれたシングルライダースが気になって。

サイズのあるうちに見に来ました。
しばしサイズ感のチェック
МとLのはざまで

次はLでいこうかな。
しかしあの未だ見ぬ新色はまだ入っていない、、、。
DSC_1387
お買い上げは
黒カーデと軍パンとレザーサンダル

軍パン 39,000円+tax

KHAKI
XS
S
M
L
数量


ちなみにダブルライダースはMサイズをお持ちです。

別のお客様は
財布、ベルトをセットでお買い上げされました。

ダブルショルダー35mm巾ベルト
318-27 BK 27,000円+tax
カラー
BLACK
数量

夏気配ですね。
レザーウェアになかなか手が伸びなくなるこの時期
思い出話を交えながら
革を買うときにおこるよくある話を。

「革を買うって難しいですよね
その時買わないとそれは二度と手に入らない」
この言葉はベテランのお客様からよく出る言葉です。

昔々
ビッグなレザーデザイナーが
「革はその場で、その物ズバリを(直感で)買うのが一番ですよ
たとえ大きな傷がついてても」

そうですか、、  そうですね
まさにそう思うんですけども
あれやこれや複雑(サイズやら形やら)
いろいろな適性がありまして、、、。
その上で素材感を生かしながらの加工を交えた
ベジタブルタンニンレザー製品を買うのは難しい です。

まず形
どの形がいいのか?
長く着たいと思えばやっぱり定番になるのか
一着目は定番の形で、じゃあその次は?
DSC_0769
そしてサイズ
自分にぴったりのサイズとは?
丈が長いような気もするし
空気が入って浮いてるような感じも嫌だし
でも最近の流行は大き目になってると聞くし
DSC_0583
そして色
黒は絶対安心だけど
ほかの色は果たして自分が着こなせるのか、それも長年
sold_now149501

買い物フラッシュバック現象
今まさに買おうとしているブツの前で
ちらりとよぎる「前に着たアレのほうがなんか良かったな、、、。」
初恋の恋人は今どこに?
051916-karlie-kloss
写真は引用 

ズバッと来たのはどのポイントか
サイズ、色、感触、勢い、自分の見た目、変化、違う土地での出会い、、、。

しかし 買いの苦しみは今日も尽きない 
DSC_0634

全体になんとなく良くても決め手に欠けば買わない 
マイナスだらけでも、これや!と決め手になるものがあれば買う
その確信がいい買い物になる確率大です。
ご自身で「ここが気に入った!」があればよき相棒となります
sold_now1703
最優先は自身の感覚

あと探しているご自身の嗜好やポイントを深ーく理解してる店員は
ソレを探せるお手伝いが出来るかもしれません。


最後にもう一回 
レザーデザイナーの大昔の言葉

「傷が付いたのって敬遠されがちでしょ
だから店にずっとあってみんな触ってるからいい味が出てる」

日に日に変化していく素材に乾杯。

ようやく出来上がりました。
お待たせしました。

(同じものをお持ちのお客様がたまたまおられ、、)
その中で

ご試着

いいですね。

< うなるしかないよね 
「ザ これ!」って感じ、これにしかない >

このサイズ感、この感触。このマットな艶。
モードっぽいコーディネートでも
馴染みそうで、、、楽しみです。


これが欲しいと思って二年
予約して半年
コツコツお金を貯めた甲斐が。

DSC_1212

月日とともに思いを乗せた
「これ」とのご対面でした。



ISAMU KATAYAMA BACKLASH
名古屋からお越しのお客さま。

このブーツがいいなと思って来たんですけど、このシャツもいいですね。

う~ん、どっちもいいけど両方買うのは....

う~ん、お昼食べながら考えてきます。

ヴィンテージレザー着ておられ、
肘のあたりやポケットまわりいい感じになってきていました。


アンティーク仕上げのボストン
非常に軽いです。
細部まで丁寧に仕上げられ
随所に温かみが感じられます。

昔の駅の長椅子に置かれていそうな鞄です。

売れると少し寂しく感じられました。







↑このページのトップヘ