ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:コーディネート

レザーアイテムは好きですけど
バックラッシュは知りませんでした。

レザーは他のブランドのもので結構持ってます。


、、、その知るきっかけは?

おばが、、、バックラッシュというブランドがいいよと。
 久しぶりに、ご出身の広島から連絡があったそうです。

(雑誌センスの表紙を偶然見て、記憶が、、)この人、私の同級生で
レザー製品が好きならいいと思うよと。
DSC_2307
現在大阪で(コーリングバックラッシュの近くで)お勤めされています。


広島と何かとご縁を感じる「コーリングバックラッシュ」

イタショルのシングルライダースに黒のニットタイも合わせて
お買い上げいただきました。

*イタショル、オリーチェ充実しております。

秋冬の色といえばダーク系

黒、こげ茶、ネイビー、グレーがメインになります。

そんな中
あえて明るめのカラーを着る人も。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH




イサムカタヤマ バックラッシュ




イサムカタヤマ バックラッシュ




バックラッシュ




ISAMU KATAYAMA BACKLASH







バックラッシュ シャツ


効いてますね 各カラー

アウターは面積が大きいので
インナーから始めてもいいかもしれません。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア

http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

ライダースにサングラス
ではなく眼鏡

最近はやりのセルフレームで
ウエリントン型やボストン型でライダースに合わせると
「ウエリントン アレン」の画像検索結果
ちょっとはずしのきいた雰囲気に。


色はフレームが黒なら黒系のレザー
茶系ならできれば茶系を。
いわゆる伊達メガネでも試してみましょう。

昨日
太めのセルフレームをかけてらっしゃる
お客様がシングルを試着した時
お!かっこいい キマッてますと。
DSC_1644
ちなみに
色はブルゴーニュが良い感じでした。

今日は
著名人が着てるモデルをお探しに。
実に雰囲気がおありで
まさにそれって眼鏡どころじゃない感じでキマってしまいました。

実はレザーってその人その人にやさしいんだなあ、、。
レザーの季節 秋がもうすぐ。



コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作予約はこちらからです。



接客時、無造作にハンガーにかけてたところをパチリ
DSC_1342
ワイドスプレッドのデニムシャツ
ペイズリーのプリントタイ
カーキのテーパードパンツ
赤のレザージャケット

赤いレザーにカーキのパンツで色合わせ。
サイドゴアブーツでコツコツ靴音はもちろん
ホワイトスニーカーでも行けそうです。

なんとなくハマらない、、、。

朝考えて着てみる。まあまあな感じ?
だけど上がらない
今日は久しぶりの奴と会うのに。

外出
自分にノレてないのがわかる
(しかしあまり真剣に考えてもな)

でも相手に会ったとき、自分はどう映るんだろう
マンネリ?ちょっと何処かを変えたいけどひらめかない
そして新しい自分は自分でなくテレクサイ
20180224_9
写真は引用(なんか新しめな話をしてそうじゃないか、、どこかこなれてるし。)
この写真の場合
古いのと新しいのをミックスしてるような感じがいい。

となると

オハコ(自分の絶対的定番)×サラ(新しい自分)の組み合わせか。

新しい服とホトホト飽きてる服のコーディネートは
精神的に一番安定するのか?
あと
昔に買ってしばらく着てなかったナシモノをサラモノに合わせると
大アリになって得した気分。
DSC_0172
あと一つ提案が、、、。

オハコ×サラ洗い

「買った!」はいいものの新品過ぎて眩しい時があります

そんなとき水洗いしてください(自己責任)
いい感じでなじみ感とよれしわが入り
こざっぱり気負いを消してくれます。

バックラッシュは製品洗いをしてたりします。
あらかじめ”サラピンを着てるぞ!!”感を消してくれています。
DSC_0655
このチノパンもいい感じ

バックラッシュは店頭で初めての試着でも
ハマる人は一発(ドンピシャ)でハマります。
昨日上海から来られた方もそんな感じでした。

春の日差しに追っかけられ
着回しアイテムを変えたとたん真冬のような寒さ、、。
これだから油断できません。

さてバックラッシュで
この変化に対応できそうなレザーアイテムは。

レザーでも薄手のレザーの ゴートダブルフェイスフーディ
ニベのライダースタイプ スエードレザーシャツ。

DSC_1180
いい感じです

DSC_1182
このあたりのさらっと羽織るように着れるレザーを。


あと
この温度差の落差に対応できる素材はずばりポリエステルやナイロン
イレギュラーで不安定な気候や気温には
ポリやナイロン製のコートなどおすすめです。

暑けりゃ脱いでカバンの中に
雨が降ればサッと羽織る

見てるほうも着てるほうも重さも感じさせない
レザーにウールのコートではなくポリエステルだと
レインコート感覚で気持ち的に割り切れます。

DSC_1181
レザーにポリのセッティング

この逆もしかり
冬から夏のような秋に逆戻りした場合も
薄手のナイロンコートがおすすめです。

またかまさかの変化に対応します。

冬にレザー

ライダースの着たくなる時期はやっぱり冬。
孤独な寒さに革と一緒に耐えてみたい。
しかし 寒い。

しかし そんな思いにかられます。
風の中襟を立てて、、。

その襟を立てることが出来るのは
ダブルライダースだけ、あとバンドカラーのシングルは
首元が寒々してどうしたものかと。

そんなときコートにライダースを
コートを着てコートの襟を立ててみる
もしくはフーデッドコートのフードを立てる


襟立てにまた襟立てて?と言われようと
寒いのだから重ねて立てれるものは徹底的に立てて首を守る。
もっと寒いにもっとライダースを。


シングルにフーデッドコート 
DSC_1047
(昨日財布をお買い上げいただいたお客様のパターンです)



ダブルにロングコート(古着)
DSC_1050
重ねると重くなります。




そして
DSC_1005

襟付きです。







なぜカンガルーダウンにされたのですか?

「今年買ったバックラッシュを着たいからです」。


寒くなるとライダースが着れないので

生かすためにダウンを。

今度は黒のスニーカーをぜひ仕入れてください。

DSC_0964
生かすために、、、。

少しだけファッション的じゃないけど
とてもバックラッシュ的でありました。

↑このページのトップヘ