ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:バッグ

バッグの購入依頼がありました。

本日
二つ目のバッグの接客

「トラがたくさん入っているほうで」

トラは使われる革の面の大きさで印象が変わる

DSC_2071


大きい面に入っていれば目立つけど
DSC_2073


しかし
小さな部分
DSC_2072
パーツで切り取られると
そんなに目立たない


なかなかむつかしい判断です。

接客していると
あらためてそのよさに気づくことがよくあります。

バッグ類や財布
よく作られてるなあって感じがします。

売れてしまったのですが
2wayのバッグ

手提げで持ててショルダーにもなる
結構な大きさで一泊ぐらいなら余裕

ショルダーバッグから手提げにした場合
かぶせの蓋が中にしまい込める
かぶせが中に入り本体の身頃が見えるので
真ん中に飾りのシームが入れてある(おしゃれ!)
身頃の下の留め具も取れる(ナルホド!)

ショルダーにした場合でも手で提げれる。
(バイクで自転車で)ショルダーにしたときのアクティブ感と
街で手で持つときの洒落感の二面性

売れてしまって誰かの手に渡ったけど
あれはよくできていたな。


コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。

アンティーク仕上げのボストン
非常に軽いです。
細部まで丁寧に仕上げられ
随所に温かみが感じられます。

昔の駅の長椅子に置かれていそうな鞄です。

売れると少し寂しく感じられました。







男が持つカバン、、。


とくに
普段着のときのカバン
社用でないときに持つカバン

それはちょっとした小さめバッグで
セカンドバック?ウエストポーチ、ミニショルダー
トートか、、あれ だんだん大きくなってきた。

できれば

それは大げさに積極的に持つものでもない(なにか用でもない限り。)
しかし最近、最低限の持ち物がやたら多くなり
女性にとってのシャネルや何々のバックとは違った意味合いの
最低限のデイリー使いのバッグ


そんなときに
重宝しそうな (実際しているそうです)
ロングセラーなバッグが入荷しています。

使い方は簡単 
DSC_1035
実際の写真


持ってるような持ってないような
存在感がありげでなさげで馴染んでて、とりあえずは「さりげなく。」

男の「邪魔にならないカバン」。




あと姉妹店 ピープルハブザ・パワーにて

男の重要アイテム ドレスシャツ フルオーダー会が今年もあります。

既成のシャツがしっくりこないという方
自分だけのシャツを作りたい方

「レスレストン ビスポークシャツ オーダー会」

http://blog.livedoor.jp/phtp/archives/52125036.html

来週末開催です。

バッグ選び

IMG-0149
この前から気になってました。
シンプルなレザートート

お持ちのカバンと持ったときのシルエットがほぼ同じです。

大きめサイズも試してみましたが
普段使い、デイリーユースならやはりこっちで。

まずはネイビーに注目いただきましたがやはり色はblack。

↑このページのトップヘ