ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:接客

今年こそ本格的なライダースをとご来店

周りの人がバックラッシュを着ていて
ずっと気になってます。

まず、これは外せませんと
イタリアンダブルショルダー「イタショル」をご提案
かなりのしっくりきた感、、これ良いですよね!。
これで決まりかと。

次に
まさに最新に入荷したのがコレです。

ここでコーリング別注のイタリアンショルダー(オリーチェ)をご紹介

ご試着してすぐに「うぉっ、カッコいいですね」と思わず声が両方から。
DSC_2304
製品洗いのイタショルと対照的な雰囲気
汗感のないクールな印象です。

丈も少しイタショルより長く、
今風な太目のパンツにもよく合います。

その後、イタショルには戻らず、サイズで悩まれました。

まさに出来立てほやほやでいいタイミングでした。

Bestのお買物に立ち会えると同じように嬉しいです。


キャスケットに太目のデニム
そしてスニーカー
アメカジのエッセンスをたたえご来店

この先のライダースは
少々高いほうが、、と後々のことを考えると。
ブコかルイスかバックラッシュで
今年こそは気に入ったライダースを。

バックラッシュはコナレてる感じがいいですね。
ファスナーがよれてる感じも好きです。
あと、丈が短いのはきびしい。

それならジャパンカーフかジャパンホースのダブルがおすすめです。


ちょうど良い丈感ですね。

これは迷う。

明日は営業してますか?

はい しております。ご検討ください。

じっくり考えます。

はい では
よろしくお願いします。


今日は月曜日
店に入ると
DSC_1797
売れなかったライダースが。

昨日この商品は熱かった

けれど売れずに店にある

なぜ売れなかったのだろう

ウエスト周りが緩かった

XLが無かった

時間がなかった

良いのはわかった

欲しいのはやまやま

気に入ってもらった感触は充分に。

また来てくれると思う

それまで

このライダースはひっそりと出番を待っています

そうしこうしてると

これポン、と買っていくこともあります。




コーリングバックラッシュ公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 

昨日は19歳のお客様 初めてのご来店です


普通に生活していれば
出会っていなかった出会い
お店があることで会話が始まりました

店のドアの前に無事到着し、しかし様子が
あれ?ここは服屋じゃなかったのか?と
もう一度検索し
セレクトショップと書いてあったのでドアが開きました。

そして40分

その時の会話の内容を要約すると

ファッションに大変興味があり特にヨージヤマモトが好き 

揺らぎのあるシルエットに惹かれる

ファッションを職業にするつもりはない
あくまでも好きな趣味と仕事は違うような気がするから

Tシャツに(プレミアがついて)何十万は理解できない

社会人になると高価で好きな服が自由に買えなくなる(買えるではなく)

かなりの服好きは一般には理解されがたく、そしてモテない

人もブランドも新たな出会いがあるのは服屋さん、、。


ファッションに対し純粋で正直な言葉がずんずん響きました。
18_12_08_02
 これからもよろしくお願いします。


レザーフェア
12月10日(月)〜12月20日(木)


コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 
 


寒くなるから買う

行事があるから買う

生きていくうえで必要だから買う

お得で安いから買う

ある人物が着ているから買う

買う楽しみがあるから買う

人目が気になるから買う

高価でいい服だから買う

行きつけのお店の薦めるものだから買う

イメージを変えたいから買う

その服が好きだから買う

、、、


バックラッシュを買いたいと思う心の在り処はどこに??
少し考えてみました

一般人から見ると
個性的でかなり高価で強靭で永遠のアイテム
しかし、だから、それが必要
そこには何か着る人と服の関係性の中にあるのかも


見る人が見なくてもすごいねと思っちゃう存在感
そういう圧倒的なカッコいいものと自分
合体した時のバックラッシュを含めた自分のイメージ。
イメージの所有者それとも単に服の所有者に。



あるお客様の話


昨日コンサートに行ったんよ 

高校の時好きやったバンド

あれから30年以上経って初めて行った

普通のカッコで行ったけど

そこでね

ダブルのライダースをおっさんおばさんがカッコよく着てた

シングルライダースの人はほとんどいない

みんなダボっとした大き目のダブル着てんねんけど

カッコよかってん  

終わりのほうで横の人が肩組んできて一緒に歌った

久しぶりに歌った

自分はいつもさりげないのが好きでシングル一筋やったけど

ダブルもええなあと、、

なんかよかったな 

みんなカッコよかったよ
image3
今度はこの新しいダブル着て
また行ってもええかなあと思ってるねん。

でも
汚れたりしそうやしなあ。




コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
新作の予約はこちらからです。 




昨日の接客でのエピソード

三年前買ったミッドナイトのシングルを持っています
今回はダブルの黒がいいかなと。


「気に入りました」
同じサイズ同じ色の二着で着比べ
お客様の決め手は「堅さ」でした。
DSC_1629
見た感じからひしひしと伝わります。
上がりたては一番硬い状態です。

コーリングバックラッシュ 公式オンラインストア
http://http://www.madrigalyourline.jp/fs/madrigal/c/isamu_katayama_backlash
予約はこちらからです。

夏気配ですね。
レザーウェアになかなか手が伸びなくなるこの時期
思い出話を交えながら
革を買うときにおこるよくある話を。

「革を買うって難しいですよね
その時買わないとそれは二度と手に入らない」
この言葉はベテランのお客様からよく出る言葉です。

昔々
ビッグなレザーデザイナーが
「革はその場で、その物ズバリを(直感で)買うのが一番ですよ
たとえ大きな傷がついてても」

そうですか、、  そうですね
まさにそう思うんですけども
あれやこれや複雑(サイズやら形やら)
いろいろな適性がありまして、、、。
その上で素材感を生かしながらの加工を交えた
ベジタブルタンニンレザー製品を買うのは難しい です。

まず形
どの形がいいのか?
長く着たいと思えばやっぱり定番になるのか
一着目は定番の形で、じゃあその次は?
DSC_0769
そしてサイズ
自分にぴったりのサイズとは?
丈が長いような気もするし
空気が入って浮いてるような感じも嫌だし
でも最近の流行は大き目になってると聞くし
DSC_0583
そして色
黒は絶対安心だけど
ほかの色は果たして自分が着こなせるのか、それも長年
sold_now149501

買い物フラッシュバック現象
今まさに買おうとしているブツの前で
ちらりとよぎる「前に着たアレのほうがなんか良かったな、、、。」
初恋の恋人は今どこに?
051916-karlie-kloss
写真は引用 

ズバッと来たのはどのポイントか
サイズ、色、感触、勢い、自分の見た目、変化、違う土地での出会い、、、。

しかし 買いの苦しみは今日も尽きない 
DSC_0634

全体になんとなく良くても決め手に欠けば買わない 
マイナスだらけでも、これや!と決め手になるものがあれば買う
その確信がいい買い物になる確率大です。
ご自身で「ここが気に入った!」があればよき相棒となります
sold_now1703
最優先は自身の感覚

あと探しているご自身の嗜好やポイントを深ーく理解してる店員は
ソレを探せるお手伝いが出来るかもしれません。


最後にもう一回 
レザーデザイナーの大昔の言葉

「傷が付いたのって敬遠されがちでしょ
だから店にずっとあってみんな触ってるからいい味が出てる」

日に日に変化していく素材に乾杯。


「長い間バックラッシュを離れてました」


シルエットの好みが変わり、そして年齢も。

また革が欲しいと思い
いろんなブランドの革を見てみました。

「見れば見るほどバックラッシュがいいと思いました
他のブランドでは何か満足できない、何かが足りない」

こんなお話をいただき光栄です

一つ言えるのは、、
極端に突き詰めて考えると
素材はいま流行の革でという動機だけで落とし込んだブランドと
革ありきのバックラッシュは違うのだと感じました。


DSC_1218
久々のご試着


当時買っていたサイズはどれもМ。
今回は少し大きめで。

かれこれ7,8年くらい前になりますか。


再びのご来店本当にありがとうございます。





ここで買ったんですけど
「最近丈がほんのちょっと短く感じてきて、、。」
すごく気に入ってるんですけどね。


開けて着ることが多いので
「腰回りについているベルトがちょっと」


「閉めるとちょうどで
開けると大きく感じるなあ。」

「パンツや靴ですごく変わりますよね。」

ダブルライダース
この着こなし一つで不思議なバリエーションを持つアイテム
開け閉めでサイズの印象が変わり
シックにもワイルドにも、セクシーにも。
こちらを立てればこちらが立たずで悩みながら
ご検討が進んでます。

以前見た脳裏に鮮明に残ってるアレを追いかけ
なおかつ着方や年齢のことも考え
今持ってるダブルとダブらないように
探求のお手伝いできればと思ってます。
DSC_1120

意外に着るとしっくりくるタイプです。





財布にて


(お店に)
「来る前の印象でブルーをメインで考えてて」

一応チェックのグリーン現る。


ここに来てこれは迷う!迷った!。

あ これは難しい選択ですね
その苦しさ解かります。


どちらもいい色ですねぇ。

黒はいかがでしょう?
黒は無いなぁ。普通ですし。


ブルーのつもりで来たのだけれど。



その場のアドリブでグリーンで!お願いします。

DSC_0963


確かに最終の二者選択は苦しい、、、。


↑このページのトップヘ