ISAMU KATAYAMA BACKLASH Official Only Shop OSAKA

タグ:ISAMUKATAYAMABACKLASH

「イタリアンカーフ」

ザラインの中でも揺るぎないものの一つ



今日は
ダブルをお考えにご来店いただきました。


「まあ歳的に、これ一着で、がポイントです」


胸囲が100越えで身長が170センチくらいの方です

では色々お試しください。


まずはフレンチ
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
そしてイタリアンダブルショルダー
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース
オリーチェ
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース


最後に

ジャパンカーフ
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース


胸囲についてはXL相当の体型ですが
既成サイズだと微妙につじつまが合わない

先程、某有名レザーブランドでもご試着
ご検討されたとのこと

そして

ザラインのダブルを。
イサムカタヤマバックラッシュ ライダース


サンプルサイズはM
まったく前は閉めることは出来ません

「丈の感じはこれくらいがいいかも」

「革の厚みはもう少しあるほうが好みです」

イタリアンカーフは長く着ていただけるよう
それほど厚くしていないんです。
ショルダー革やステア革の
フレンチやオリーチェの方が骨っぽい重厚な感じがありますよね

バックラッシュのライダースを複数お客様に
ラインのイタリアンカーフは
何処も無理がない着心地とよく言われることがあります。

一長一短を熟考の末
ザラインのイタリアンカーフダブルをオーダーされました。

出来上がる前ですが、少し達成感。

きっと
吸い付くような着心地が病みつきになります。
期待してお待ちくださいませ。


THE LINE イタリアンカーフ

お客様がご来店

一見、
バックラッシュ的ではないような
雰囲気をお持ちのお客様

ライダースをお探しに。

どのようなモデルですか?

ネットに乗ってた、、んですが。

うちのページでしょうか?

そうだと思いますが。

これです。

ご指定の画面を拝見
ダブル?ですね

はい、ございます。

ファスナー変更で別注して少し値段が上がりましたが。


バックラッシュは初めてですか?

そうです。


2着ほど淡々とご試着いただき

やはりしわが入ってないほうが好きですね。


光沢感のある表革が気に入っていただけた感じです。


さり気なく着こなしの大人ライダース
DSC_2443
良い感じにスムースレザーと個性が調和されていました。



calling backlash best riders





寒くなってきました。

これからの季節
レザーだけで真冬を過ごせるか?

この時期、よくいただくご質問です。

程度にもよりますが
極寒は中々厳しいですね。

レザージャケット、ライダースはオーバー(外套)ではなくアウターです。
よって通年、出番が多いわけですが
しかし一枚物のレザージャケットは
防寒着ではありません。であれば何かしら上に着ないと、、、。

↓こちらは防寒が施されたレザー
ムートンジャケット 内側の毛が暖かい
DSC_0769
これなら大丈夫です。
そうでなければ何らかの防寒着と合わせないと真冬の時期は寒い。
中に分厚いセーターを着込むこともアリですが(しかしタイトめで着てる)

レザーの上に何かしら羽織りたい。少し無理があるのを承知で、、。
ではレザーを中に使ったコーデ、ご紹介します。


まずはコート
DSC_2427



ウールのコート
DSC_2429



マウンテンパーカー
DSC_2415
パラフィン加工やオイル度加工、ザックリしたツイードであったり
最近流行りのスポーティーなハイテクものではなく
ローテクな素材であればうまくまとまるでしょう。


ちなみに 、、
上記コーデには、ある法則があります。
そこをおさえると、ある程度インナーにレザー着てるぜ感を
やんわり中和してくれます。


それは

トーンオントーン(同じ色系)にすること。
20180224_3
この方、レザーではございませんが
すべて同系色でまとめています。

異素材、違う素材を合わせるなら、近い色、同じ色で。
差し色の小物を使うのもやや危険です。靴ぐらいにしておきましょう。
20180224_2
髪の色まで


20180224_1
お見事


寒いからとりあえず着込みましたではなく
「色コーデで合わせてるんだな」に持ち込みましょう。

レザーといえばやはり一番多いのが黒
アウター類は黒からグレイのグラデーションで。
さし色で黒のスニーカー白ソールもしくは白スニーカー
外しでカーキ辺りでコーディネイトしてみてください。


ここ連日
ライダースメインでのご来店が多く
別注アイテムや定番アイテムとも
充実していたのですが、ここにきて
サイズ切れの品番やカラーも出ています。

お目当てモデルが別の色、別の形
特に別のサイズにすることが難しい
ライダースアイテム。
DSC_2378
遠方から来ていただいて
該当のサイズが売り切れだったり
特に小さめサイズの方に
フォローできずにいます。すいません。

じゃあ「次で」と待っていただける方もいて
少し助かってる次第です。

それに伴い
遠方の方からの問い合わせも増えています。
DSC_2369
サイズ感はどうしても一大事なので
そのものズバリを着用して写真を送ったり
電話で体型をヒアリングさせて頂いたりしています。

品番でシルエット、パターンが違ってきますので
ご心配な方はできるだけ
こちらに情報をいただければと思っています。


昨日、
ご来店のお客様で話題になったのは

脇の下
腕の筋肉(特に上腕)
胸の圧迫
座るとどうか
袖の長さ
腕の上げ下げ
重さ 硬さ
丈の印象(ベルトが見える丈、見えない丈)
腰回り
後ろ姿
いろいろと試着の段階でお話が出た箇所です。

そして
バックラッシュの場合、出来立て新品は手ごわい状態です。

お客様は実際、新品の試着してみると見えてなかったものが
見えてくるものがあるようで、こちらとしても新たな発見があります。

では
私も試着してみます。
DSC_2397
鎧のような雰囲気

(ヨッコラショ)
DSC_2398
よく試着の時右腕を通し左腕を通すとき「マジ?」という声があがります。
「、、きつい かも、、。」
こちらから「手伝いましょうか?」と完全着用まで
お手伝いすることがありますが、その感じが解ります。

着るって感じより装着するって感じです。

着れました。
DSC_2381
通常Sサイズを着ることが多いですが、こちらはMサイズで試着。
これでつり革持ったり、ラーメン食ったりすることを考えました。。

DSC_2399
※自力で立ってます

しかし、、、やがて革は馴染む。

バックラッシュの新品は
見るのと着るのとは大違い
これが率直な感想です。


calling backlash best riders

calling11_16
1254-02 イタリアンショルダーダブルライダース

こちらは今は生産されていないブラウンカラー。
現在生産のダークブラウンよりワントーン明るいカラーです。

艶々、で思わず撮らせてください!とお願いしました。

バナナバッグもブラウンです。
革はGUIDIのオイルカーフ
こちらも現在は生産していないカラーです。

ブラックも良いですが、ブラウンの渋みというか
奥深い味わいもまた良いなぁと思わせてくれる1着でした。



↑このページのトップヘ