2006年01月

2006年01月11日

カタタニリゾート

カタビーチの人気ホテル、カタタニリゾート

ホテルがカタノイビーチのベストポジションに位置していて、敷地も広いので、評判が良い。
ホテルのプールからそのままプライベートビーチへ歩いていけます。
静かな環境が好きな方にお勧め。

カタビーチの繁華街までは、坂道を徒歩15〜20分くらい。
日本人スタッフ複数名常駐(インターンを含む)

夕方はホテルから毎日パトンビーチまで送迎がある

シーズン中(12月〜3月)海は透明度が高くキレイ。
ビーチの左右に岩場があり、シュノーケリングで
たくさんの魚がみれ、ビーチの砂がきれい。

部屋の種類によるが、部屋からの眺めも美しい。

毎晩パトンビーチへ出かける人は、タクシー代を計算に入れておこう。
カタタニリゾートから、パトンビーチまでは30分弱。ホテル前で客待ちしているタクシーの料金は交渉制で300バーツ〜400バーツ。(プーケットはタクシー代が高い!)
パトンからの復路のタクシーは、往路のタクシーよりも一般的に若干高くなる。

2006年01月05日

ホリデイイン ホテル 写真

ホリデイイン パトンビーチは、プーケットの繁華街、パトンビーチ、好立地ホテル。

ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



ホテル プーケット ホリデイイン



子連れお勧めホテル ホリデイイン パトンビーチ

2006年01月01日

サムイ島

タイで最大のリゾート地は、ここプーケット
では、タイでプーケットの次に大きなリゾート地はどこ?

それはマレー半島の東側、プーケットとはちょうど反対の位置、タイ湾に浮かぶサムイ島です。

ちなみにプーケットはタイ最大の島ですが、サムイ島はタイで3番目に大きな島です。

サムイ島もプーケットもバンコクからの距離はほぼ同じ。バンコクから飛行機を利用して約1時間。

サムイ島⇔バンコク間を運航しているのは、タイ第2の航空会社“バンコクエアウェイズ”。バンコクエアウェイズは、サムイ島以外にもプーケット便や、トラン便、中国や広島への航路を持つ会社。サムイ島の空港はバンコクエアウェイズの私有地であることは、地元の人々には有名な話。
バンコク⇔サムイ島間は、季節により若干変動するが、1日15便〜20便も飛んでいる。
サムイ島⇔バンコク間の航空運賃は、3500バーツ前後。サムイ行きのチケットは、バンコクエアウェイズのサイトで予約するのが便利だ。

サムイ島は周囲約80キロの南の島。1980年代までサムイ島を訪れる観光客の大多数はバックパーッカーだったが、サムイ島空港が開港してからは、一気に一般旅行者が訪れるようになり、ここ10年余りで急激に発展を遂げた。現在サムイ島には、高級リゾートホテルが立ち並び、世界中から旅行者がやってくる国際旧リゾート地となった。サムイ島は日本ではまだまだ知名度が低いが、ここ数年でサムイ島を訪れる日本人観光客の数も急上昇している。

サムイ島には、チャウエンビーチ、ラマイビーチ、ボプットビーチ、メナムビーチ等のホテルが立ち並ぶビーチがあるがい、その中でも最も栄えているのはチャウエンビーチだ。チャウエンビーチは丁度プーケットのパトンビーチに当たる。チャウエンビーチは全長5キロ程のビーチだが、チャウエンビーチ通りの両側には、ビッチリとレストランや、みやげ物屋が並ぶ。チャウエンビーチにある、有名なクラブ“グリーンマンゴ”周辺は、チャウエンビーチでも最も栄えたエリアで、人気の夜遊びスポットで、夜な夜なサムイ島中から観光客がグリーンマンゴ周辺に集まり、深夜遅くまで賑わう。

サムイ島の海は、プーケット比べると、海が浅い分透明度が落ちるが、海はプーケットよりも穏やかなので、子供でもホテル前のビーチで遊ぶことができる。(近年家族連れでサムイ島を訪れる旅行者が急増している。)

サムイ島の隣には、サムイ島以外に人気の島が2つある。パンガン島とタオ島だ。パンガン島は、サムイ島の隣の島。サムイ島とタオ島の間にある。パンガン島はまだまだ自然が多く残る素朴な島だが、毎月満月の夜に開催されるフルムーンパーティはあまりも有名だ。
タオ島は、サムイ島から50キロ程度北上した位置にある、ダイビングで有名な小さな島(周囲約25キロ)タオ島は透明度が高く周辺をサンゴ礁で囲まれていて、ダイビングには最適な環境なので、タオ島の海を求めて世界中からダイビング目的の旅行者が集まる。

>>サムイ島のダイビング情報

ホテル予約