プーケット交通

2007年04月20日

バンコク⇔プーケット 格安航空会社

ここ数年バンコク⇔プーケット間を運行する格安航空会社が増えている。
タイ航空では2500バーツ程度する航空運賃が1000バーツ前後と、文字通り格安でバンコク⇔プーケット間を運行している。(もちろん他のタイや近隣諸国の都市エリアへも運行している。)

格安航空を利用する際は、航空会社のウェブサイトを経由して予約する。ウェブサイトは英語なので若干の英語読解力が必要になるが、少しだけ努力すれば難しくは無い。家族連れや、グループでプーケットへ訪れる場合は、タイ航空等と比べると運賃に大きな差が生まれるので、利用価値はある。

それにしても片道1000バーツ(約3000円)でバンコクとプーケット(距離600キロ程度)を飛べるのは安い。一体どんな運営方法を取っているのか気になるが、今のところ問題なく運行しているようで、各社とも利用者は多いようだ。

便が予定した時刻を遅れることが良くあるようなので、その点は予め考慮したスケジュールを立てたい。

2006年08月01日

プーケット行き格安航空券代金比較 (お盆時期)

お盆、年末年始、それからゴールデンウィークは一年で最も航空券が高くなる期間。
近年、航空券やホテル予約の際に、インターネットを利用する人も多いだろう。
今日は、主要な航空券予約サイトで、一定の条件(目的地、出発日、帰着日)下、航空券を検索してみた。


日程:8月12日発−8月17日戻り
出発地:成田空港
目的地:プーケット
航空会社:指定なし
表示:最安値を表示

検索サイト:SKYGETE
ノースウエスト航空
正規割引航空券 《NRT・NGO》 ワールドバリュースーパー21 タイ 1ヶ月有効
¥96,000

検索サイト:travel.co.jp
コリアンエアー プーケット・ペナン
¥94,000

検索サイト:イーツアー
コリアンエアー ジャカルタ、ペナン、デンパサール、プーケット 往復
¥89,000
ノースウエスト航空 ワールドバリュー・スーパー21 チェンマイ、プーケット 往復
¥89,000


2006年07月02日

プーケット行き飛行機代の、季節変動

季節により、プーケットへの航空券の価格は、どのくらい変動するのだろうか?
下記の表は、今日ある旅行会社で調べた、全日空のプーケット便の料金だ。

チケット種類:全日空 エコ割21 プーケット、クラビ 他 往復 往路午後便利用
有効期間:1ヶ月FIXチケット

出発日  料金(大人1名) 料金(子供1名)
04/01〜04/25  55,000円 41,300円
04/26〜04/27  85,000円 63,800円
04/28〜05/05  125,000円 93,800円
05/06〜06/30  55,000円 41,300円
07/01〜07/13  75,000円 56,300円
07/14〜08/03  85,000円 63,800円
08/04〜08/13  125,000円 93,800円
08/14〜08/28  85,000円 63,800円
08/29〜09/25  75,000円 56,300円
09/26〜09/30  55,000円 41,300円

最も安い時期はの価格は、ゴールデンウィーク明けの55,000円
ゴールデンウィークに、価格は底をついて、その後は夏に向けて徐々に値段が上がって行く。
ピークはお盆の125,000円。価格はお盆に高値をつけた後は、徐々に下がってゆき、9月の後半に、安値55,000に戻る。

大人2名+子供2名のファミリーの、最安値と最高値のチケット代を比較してみると。
最安値=家族4名合計183,600円
最高値=家族4名合計437,600円

家族で旅行すると、かなりの額差になる。
最高値時期のチケット代金があれば、最安値の時期であれば、家族4人分の滞在費を加えても、おつりが来るくらい価格差がある。


2006年07月01日

プーケットへ飛ぶ航空会社

日本からプーケットへの所要時間は、日本のどの都市から飛び立つかによって若干異なるが、約6時間程度。さほど苦しさを感じない長さだ。全日空、日本航空、ノースウエスト航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、シンガポール航空等の航空会社がプーケット便を運航している。
バンコクで一旦飛行機を降りて、国内線を利用して、プーケットへ飛ぶこともできる。国内線は、タイ航空、バンコクエアウェイズ、オリエンタルタイ、ノックエアー、エアアジア等の航空会社が運行している。バンコク発、プーケット行きの国内線は、早朝から夜遅くまで、頻繁に飛んでいるので、プーケット行きの乗り継ぎ便を見つけることは難しくない。
夜遅くにバンコクに到着して、プーケットへの乗り継ぎ便が終了している場合は、バンコク空港周辺のホテルで一泊し、翌日プーケットへ飛ぶことになる。バンコク空港周辺には、数件のホテルがあり、日本から旅行代理店を介して手配するか、インターネットから予約することもできる。
ノックエアー[NOK AIR]→http://www.airasia.com
エアーアジア[Air Asia]→http://www.nokair.com

バンコク空港での乗り継ぎの際には、国際線ターミナルと国内線ターミナルが離れているので、時間に余裕を持った方が良いだろう。(時によってバンコクでの入国審査は混雑することがあり、1時間以上時間を使う場合もある。)日本からのパッケージツアーでは、ほとんどの場合に、バンコク到着時には入国審査をせず、プーケットに到着してから、入国審査をするので、この場合には、乗り継ぎ時間など既に考慮されているので、あまり時間を気にする必要はないだろう。
バンコクで一度入国審査をしてからプーケット行き国内線へ乗り継ぐ場合は、国際線と国内線の出発時間の間隔を最低2時間は見ておいた方が良いだろう。
バンコクの空港は『ドンムアン空港』と呼ばれる。バンコク空港は国際線と国内線の2つのターミナルに別れているが、それぞれのターミナルは、空港内の通路で繋がっている。国内線に乗り継ぐ際は、この通路を利用するのが便利だ。ターミナル間はバスも運行している。
バンコクからプーケットへの所要時間は約1時間。離陸してからアット言う間にプーケットに着く感じだ。東京、大阪、名古屋、福岡等からはタイ国際航空が、プーケット行きの直行便を運航している。直行便は航空運賃が若干割高になるが、時間を節約できる上に、乗り換えがないので便利だ。

2006年06月30日

メータータクシーって何?

メーター付きのタクシーは、黄色い車体で屋根の上にある「TAXI METER」が目印。 しかし、プーケットではまだあまり普及していない。というか、普及させようといった気持ちが感じられない。メータータクシーであれば最初の3キロまで35バーツ、そのご1キロごとに約5バーツの加算になる。 全てのタクシーがメーター付だと分かりやすいのだが、プーケットにはメーターのない交渉制タクシーの方が、メーター付きのタクシーよりもはるかに多い。交渉制タクシーってなんでしょう?簡単に言えば白タクですね。日本では白タクというと、立派な違法行為でイメージが悪いが、タイのリゾートでは白タクは当たり前、違法行為だという認識はほとんど無い。あまり真剣に取り合うと、貴重な時間が無駄になり、気分を害されることも少なくないので、もしメータータクシーに当たったら『ラッキー』くらいの感覚でいた方が良いだろう。( 交渉制のタクシー料金は1時間500〜700Bくらいが目安だ。もしメーターの付いているタクシーに当たったら(確立はかなり低いが・・)乗車の際にはメーターが倒れているか確認しよう。交通の便の悪いところへいく場合は、出発してから帰る時間まで を計算して、時間単位でチャーターしてしまうのもよいだろう。

2006年06月24日

プーケット島からピピ島へ

ピピ島の位置


ピピ島は、プーケットの南東48kmに位置する島で、プーケットから船で約2時間の所にあります。いくつかの小さい島が集まって形成されているピピ諸島ですが、観光で行くピピ島はピピ・ドン島とピピ・レ島を指します。滞在する場合はピピ・ドン島に泊まります。ピピ・レ島は無人島で、ピピ島1日ツアーなどでバイキングケーブや映画撮影のあったマヤベイなどへ行くことができます。

ピピ島の行き方


プーケットからピピ島へは定期船が出ている。飛行機は運航していない。船の種類などにもよるが、だいたい1時間半〜2時間で到着する。船は毎日プーケット東海岸、プーケットタウン近くの港から出航している。料金はホテルへの送迎込みで500〜600バーツ。

ピピ島のビーチ


港のあるトンサイ湾と、遠浅の海が続くローダラム湾のあるこのエリアは、ピピ島で最も賑やかなエリア。このエリアにはレストランやお土産屋さん、旅行会社やダイビングショップ、バーなどが軒を連ねている。バラエテぃーが多いので毎日違うレストランで食事もできるし、昼間は色々なお店を覗いて、夜はバーでお酒を飲むなど飽きることなく楽しむことがでる。ピピにはプーケットのような高級ホテルはありませんが、ピピでおそらく1番施設が整っているのはこのエリアにあるピピアイランド・カバナのようです。

ローバゴ湾はトンサイ湾からロングテールボートで約20〜30分北へ行った所にあります。静かなビーチで、海はかなり綺麗。周辺には海以外なにもないので、ひたすら海でのんびりするのが目的の人にお薦めです。
ローバゴ湾からさらにボートで10分ほど北に行くとラームトンビーチに着きます。トンサイ湾エリアよりも透明度の高い綺麗な海がありますが、お店の数などは少ない。ここにはピピナチュラルリゾートなどのホテルがあります。

トンサイ湾からロングテールボートで約10分の所にロングビーチがあります。ロングビーチ前の海はダイビングのポイントでもある。それなりにシュノーケリングも楽める。

ホテル予約