2018年01月13日

Network of the body

redbloodcells-2

 “Human body is controlled by network of the body in which composing elements such as organs, muscles and bones are communicating with others.”
 
The fact introduced in NHK TV program “Human’s mysterious huge network series” was very interesting and it encouraged the hypothesis I have been brewing for long time.
Of course NHK program is not always 100% true and recognized internationally either
I believe a certain amount of credibility should be given hopefully.

In therapeutic Thai massage as one of Thai traditional medical affairs we press specific lines and points with appropriate pressure and time length depending on the patient's situation.
In therapeutic Chinese reflexology we press specific areas with appropriate pressure, time length and the order depending on the symptoms.

Without regard to my poor knowledge I started an approach to this broad theme not suitable to me like followings.
Why have people been doing therapeutic massage like that since several thousand years ago?
Under the finger we use to press there will be muscles, nerve lines, blood vessels and bones, how are they systematically related to brain? Or is there some sort of communication in between them without involving the brain?
Continuing to followings,..

Can we explain the network of the body by biomedical approach or western medicine with more detailed analyses of brain, cranial nerves, spinal nerves, sympathetic nerves and parasympathetic nerves?

In craniosacral therapy we now know the fact that an increase or decrease of the cerebrospinal fluid in between cranial and sacral bone causes dura mater fluctuation (bloat & relax) in a rhythmic way. And this therapy can normalize the disordered rhythm.
Is there any hint in this holistic remedy? And so forth.

Though I have tried to look for the positive answer for that I could not find it from anywhere for several years. 

According to said TV program broadcast from 2017 to the beginning of 2018, it looks like the latest medical research has found out that the substance coming out of specific organ or part of our body can affect to other organs or parts of the body and it is related to staying young and some diseases occurring in old age.
For example the altitude training athletes often adopt is actually not for the strengthening of heart and lung but it is done expecting the substance produced in the kidney.
In the training at an altitude where oxygen is tenuous,..
1) the kidney recognizes that the oxygen required for the body is not enough.
2) the kidney produces Erythropoietin (hematopoietin) and secretes it into the blood.
(Erythropoietin is a glycoprotein cytokine secreted by the kidney in response to cellular hypoxia; it stimulates red blood cell production (erythropoiesis) in the bone marrow.
3) The Erythropoietin is brought to the bone marrow through blood vessels and it increases red blood cell production.
Consequently more oxygen is provided to the muscles to resolve the lack of oxygen.
It seems that the real role of kidney is not production of urine but the administrator of blood to receive the information from various organs and maintain the blood component blood pressure strictly and properly.

I felt 2 possibilities immediately like below.
1) The possibility of dramatic medical advances in the near future.
2) The possibility to explain traditional medicines with biomedical data.
And I could have a new year 2018 with this exciting information.
This TV program will be continued to total 8 series.
I hope you can come to Japan to see this.




  

人体のネットワーク

redbloodcells-2

「人体はネットワークで制御されていて、各器官や筋肉・骨などの構成要素は連絡を取り合っている」

NHKスペシャル人体 神秘の巨大ネットワーク 第1〜3集の番組で紹介された事実は、大変興味深く、私が今まで温めて来た仮説を勇気づけるものでした。
もちろんNHKの番組が100%世界的に認められた正しい情報とは言えない部分もありますが、希望的には一定の信ぴょう性は与えられるものと考えます。

タイ方医事のタイ式マッサージで言えば、症状軽減マッサージは、特定のセン、ツボを患者の状況に合わせて定められた圧力と時間の長さで、押します。
中国式症状軽減リフレクソロジーでは、その症状に合った複数の特定の足裏区域(ツボではない)を、経験的に得た、圧力・時間の長さ・順序で押して症状軽減を試みます。

自己の見識も顧みず、自分にふさわしくないほど壮大なテーマに対する私のアプローチは、次のように始まりました。
何故人々は数千年前からその方法で症状軽減マッサージを行って来たのか?
指で押した下には、筋肉、神経、血管、骨などがありそれらのものは、脳とどのように関わっているのか? あるいは脳を介さず何らかの交信があるのか?
などから始まって、

生物医学(西洋医学)的なアプローチの、脳や脳神経・脊髄神経、交感神経・副交感神経などでの“人体のネットワーク”を説明できないか?
クラニオセイクラル・セラピー(CranioSacral therapy、頭蓋仙骨療法)では、頭蓋骨と仙骨間の
脳脊髄液の循環過程における増減が、硬膜をリズミカルに膨張弛緩させている事実を使って、そのリズムの乱れを正常化するが、そのホリスティックな治療の中に何かヒントはないか?
など、日常の教育・施術活動の中でその答えを探して来ました。
しかしながら、すっきりとした答えをどこからも得られないまま数年が経ちました。

昨年から今年にかけて放送されたNHKの番組によると、特定の臓器や体の部分から出る物質が他の臓器や体の部分に影響を与え、時には若さや、様々な人生後半に起こる病気と関連があることを、最新の医学が突き止めたらしいのです。
例えば、運動選手がよく行う高地トレーニングは、実は心臓や肺の強化ではなく、腎臓から出る物質を期待して行われるというのです。
酸素の薄い高地でのトレーニングは、
1)体の必要な酸素が足りないことを腎臓が認識して、
2)骨に対して“赤血球を増産する”命令であるある物質エリスロポイエティン(Erythropoietin、EPO)を血液の中に分泌し、
3)それが血管を通じて骨髄に届けられ骨髄は赤血球を増産し、
結果多くの酸素を運べるようになり、酸素不足を解消しようとするとのことです。腎臓の本当の役割は、尿をつくることではなく、さまざまな臓器から情報を受け取って、血液の成分や血圧を厳密に適正に維持する、「血液の管理者」のようです。

これには、
1)今後の医学の飛躍的発展の可能性と、
2)“伝統医学を生物医学(西洋医学)的にデータと共に証明できる可能性” 
2つの可能性を感じ、わくわく感で2018年を迎えました。
その番組は今後も何回か続くようですから、注目していきたいと思います。
どうか皆さんも参考にされてください。

<参考>
NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク (全8回)
プロローグ 2017年9月30日(土)  午後9時00分〜9時59分
第1集 “腎臓”が寿命を決める 2017年10月1日(日)  午後9時00分〜9時49分
第2集 驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る 2017年11月5日(日) 午後9時00分〜9時49分
第3集 “骨”が出す!最高の若返り物質 2018年1月7日(日) 21時15分 〜 (49分)
第4集 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった 2018年1月14日(日) 21時 〜 (49分)





  

2017年12月11日

年末の贈り物 Seasonal gift

basictextbook1-340_450-2

教師の端くれとして、今まで17年間、いつも自問して考えて来ました。
熟慮して作られた教科書でも、各クラスで、
”この教える内容は適切で正しいだろうか?”
”この教え方でいいだろうか?”

最近入手した嬉しいニュースがあり、卒業生の皆様にお知らせしたいと思います。
2015年に、タイ方医事国家試験 筆記試験委員会が、受験者向けに指定した21冊の教科書中の17冊目の教科書に、次のような記載がありました。

タイ国で最初となる、タイ国伝統医学協会をはじめとする多くの伝統医学協会で継承されて来たタイ式マッサージは、いろいろな型があるが、重要なものは、
1.タイ国伝統医学協会(ワット・テープティダー寺院*1伝統医学協会、1932年設立)
2.タイ国タイ方医薬及びアユルベーダ医薬協会 (ワット・サムプラヤー寺院*2伝統医学協会、1952年設立)
3.ワット・プラチェトゥポン(ワット・ポー)*3 伝統医学学校(1957年、1967年マッサージ課程開始)
のタイ式マッサージである。
<参照:タイ伝統医学、タイ式マッサージ教育施設の歴史

プッサパータイ式マッサージ専門学校では、このタイ国タイ方医薬及びアユルベーダ医薬協会の教科書を中心に教えて来たことを皆様には教科書の表紙でご紹介してきました。(タイ式マッサージ基礎コースの教科書表紙をご覧ください)
これらのタイ式マッサージが、国家試験に当たって履修すべき実習科目の1つに推奨されたのです。
タイ式マッサージを目指す方で、まだ履修してない方も、大事な指標が示されたわけですから、是非このうちの1つを履修されてください。

18年前、ワット・サムプラヤー寺院・伝統医学協会の伝統あるタイ式マッサージに出会えてラッキーでした。
年末には少し早いですが、これが私から皆様への年末の贈り物です。

*1: Wat ThepthidaRamworawihan วัดเทพธิดารามวรวิหาร
*2 Wat Samphrayaa วัดสามพระยา
*3 Wat Phrachetupon (Pho) วัดพระเชตุพน(โพธิ์ )



I, as a bit of a teacher, have been asking to myself for 17 years.
Even if the textbooks had made with careful consideration,..
For each class,..
"Are these contents of the teachings suitable and correct?"
"Is this method of teaching right?"

I've got a great news for all graduates to inform here in my hand.
I found the article stated in 17th textbook of 21 textbooks that the committee of written examination of Thai traditional medicine designated for national exam examinee in 2015 as follows.

Although there are many types of Thai massage which many associations of Thai traditional medicine handed down, the most important Thai massages are Thai massages taught in,..
1. The association of Thai traditional medicine (Wat ThepthidaRamworawihan, established in 1932)
2. The association of Thai traditional and Ayurveda medicine (Wat Samphrayaa, established in 1952)
3. Traditional medicine school of Wat Phrachetupon (Pho, established in 1957)

Phussapa Thai massage school has been introducing that most of our textbooks are supported by the association of Thai traditional and Ayurveda medicine. (You can see it on the cover of basic Thai massage textbook.)
These Thai massages have been recommended for national practice exam by the committee of Thai traditional medicine.
I hope all of Thai massage practice trainee studies one of these Thai massages since an accurate index has been given.

I was lucky that I met Thai massage of the association of Thai traditional and Ayurveda medicine (Wat Samphrayaa) 18 years ago.
This is my seasonal gift for everybody.




  

2017年10月30日

タイ方医事に関する新法施行のお知らせ The new law related to Thai traditional medical affairs

タイ方医事に関する新法律 「タイ方医事業務法(พ.ร.บ.วิชาชีพการแพทย์แผนไทย พ.ศ.๒๕๕๖)」が、2013年2月2日施行されました。今回の改正はタイ方医事の歴史上たいへん大きな変化がありました。そこで、その新法をできるだけ原文に忠実に日本語に翻訳して、プッサパーHPに公開しました。
http://www.thaimassage-bangkok.com/law.html

その最重要項目としては、次の2点です。
1)“医療業務従事法の下にあったタイ方医事部とタイ方応用医事部”を廃止し、タイ方医事業務従事とタイ方応用医事業務従事を、この新法中に持つこと

2)今まで、”タイ方医療”、”タイ方薬事”、”タイ方助産”、”タイ式マッサージ”の4つだったタイ方医事業務は、”タイ地域医療”が加わって5つになったこと

つまり、タイ方医事は今まで西洋医学中心の法律(医療業務従事法)から独立して、タイ方医事だけに関する法律(タイ方医事業務法)下で管理されること、そして”タイ地域医療”が加わったことで今までタイ政府によって認められていなかった、地方の例えばトークセンなどがタイ方医事に加わる可能性が出たことです。
現在、北部医事連盟がトークセンをタイ地域医療の中に入れてもらうように交渉中で、厚生省のタイ方医事局が審査をして規定に沿えば認可されますが、少し時間がかかるようです。


"Thai traditional medical law (พ.ร.บ.วิชาชีพการแพทย์แผนไทย พ.ศ.๒๕๕๖) became effective on 2 Feb 2013.
This new law brought a huge change in the history of Thai traditional medicine. I have translated into Japanese and put a summary on our website.
http://www.thaimassage-bangkok.com/law.html (Sorry only in Japanese.)

The centerpiece of the law is as follows.
1) Thai traditional medical affairs are now under the "Thai medical practice law" in stead of "Medical practice law" basically made for western medicine.

2) "Thai regional medicine" has been added on 4 Thai traditional medical affairs which are "Thai traditional treatment by doctor", "Thai pharmaceutical affairs", "Midwifery" and "Thai massage".

In other words Thai traditional medical affairs has become independent from western medical affairs and are controlled by the new law.
As for the new category "Thai regional medicine" it will take time to select and authorize among folk medicines in all over Thailand. The federation of Thai medical affairs northern branch is now negotiating with ministry of public health so that "Tohk sen" can be recognized.





  

2017年02月26日

タイ方医学の一部、タイ式マッサージの原点に戻ろう Let us return to the original position of Thai massage as a part of Thai traditional medicine.


img001-1000w_580jpg
<薬膳やハーブボールと共に行われていた古き良き時代のタイ式マッサージの様子>
<Good old days where Thai massage was given to people with medicinal food and herbal balls.>
 
最近、「カルサイネイザン、ヌアットカルサイ」と称して、子宮など生殖器への手による施術を行っているタイマッサージ店が日本にあることをご存知でしょうか。
民間療法と伝統医学を間違った解釈でごっちゃにしたケースで、タイ方医師のスームサック元校長とも打ち合わせた結果、医学的にも危険で、法的にも問題があり、昨日次のようにメディアに投稿しました。 
インフォシーク、 グノシー 、ニフティ、エキサイトへも配信され、刻々とランクを上げています。

このように、未だにタイの伝統医学やその一部であるタイ式マッサージの日本における理解が、あまり良好とは言えず、タイ国特にタイ方医学にお世話になった身として、何かできることを一から始めてみようと思います。
手始めに、上級なタイ式マッサージ師とはどんな人なんだろうと、今までしっかりうたって来なかったのでプッサパーのHP
に、新たに 「タイ国における”上級タイ式マッサージ師”10の条件」 をアップしました。
そこに出てくる、サムッターン(病気の起源)やトリトーサ、その他の知るべき重要なことを、今後教えて行きたいと思っています。
そして、
タイ方医学とはいったい何だろう?
その中に入るものは何か、タイ政府がタイ国民の健康と安全のために、法律できちっと規定しています。
それ以外のものは民間療法で、タイ政府が規定しているタイ方医学ではありません。
プッサパーHPにその詳細をアップしました。
タイ国におけるタイ方医学関連法律