フィドロサミル Top Page

ブログは最新ブログにほぼ完全に移行しました。

フィドロサミル Top Page はこちらです。

HP以外の各ページは以下のリンクから。

twitter(←ふぉろーみー!)    audioleaf
YouTube(←おすすめ!最近のメイン)
ニコニコ動画
初音ミク×フィドロサミル
Ryuの好きなものライブラリー

YouTubeの再生リスト
フィドロサミル  初音ミク☓フィドロサミル  (オリジナルの)合唱曲

[活動テーマ]
みながもっと住みやすい素敵な地球(ほし)にしていくために
音楽を通してメッセージを発信することで
世界がより良くなっていくことに寄与する。

[目標]
城ホールでライブをする。

最新ブログ運用開始のお知らせ

最新ブログの運用を開始しました。

こちらが最新ブログになります。

落ち着くまでは、このブログと最新ブログを並行運用したいと思っています。(2015/04/26追記:最新ブログにほぼ完全に移行しました。)

みなさま、これからもご愛読よろしくお願いいたします。

合唱曲「COSMOS(コスモス)」 VOCALOIDコーラス部

水面下で温めて(?)いた合唱曲「COSMOS(コスモス)」 VOCALOIDコーラス部!ようやくアップロードできました!

https://www.youtube.com/watch?v=kAKWFyPvD5M

アクアマリンのミマスさんが作詞作曲された曲で、もともとは合唱曲ではないんですよね。でも中学校などでものすごくたくさん歌われる合唱曲になりました。すでにボーカロイドに歌ってもらっている作品もあったのですが、私もあえて同じ曲で参入いたしました。今回のVOCALOIDコーラス部もいままでと同様に、各パート別の音源とピアノ伴奏も用意しました。

☆ソプラノパート

https://www.youtube.com/watch?v=GRxBhcDFrHA

☆アルトパート

https://www.youtube.com/watch?v=r3yYwBmLwHw

☆男声パート

https://www.youtube.com/watch?v=XxVmG9LJ7zA

☆ピアノ伴奏

https://www.youtube.com/watch?v=AC-pZPh5u7Q

ぜひにぜひに、各パート音源のほうもお聴きいただければと思います。 背景も綺麗ですね〜。こんな星空が見たいなぁ。

この曲は夏の曲なんですね。「夏の草原に 銀河は高く歌う」と。詩の意味もとても深いです。「君は宇宙」と言っています。僕らはみんなつながっている、みんなひとつなんだ、ということを詩っているんですね。宇宙の百億年の歴史に、思いを馳せてみては。

☆この曲のYouTubeへのリンク集

全体  ソプラノ  アルト  男声  ピアノ伴奏

長門有希ちゃんの消失 2話感想

今回は文芸部でクリスマスパーティーをする話でしたね。有希ちゃんがキョンのこと好きなのが、なんだかいいですね。ニセコイと一緒で、淡い恋の気持ちが、なんだか優しく心を揺さぶります。

文芸部存続の危機。朝倉さんやキョンが入部することで、なんとか文芸部が存続できることになって、有希ちゃんの念願の部室でのクリスマスパーティーも開けて、よかったね。

今回は涼宮ハルヒが登場しましたね。相変わらずの強烈なキャラクター。でも「涼宮ハルヒ」本編ほどは強烈じゃなかったかな。「長門有希ちゃんの消失」まだ2話だけど、私は「涼宮ハルヒ」よりも「長門有希ちゃんの消失」のほうが好きですね。やっぱりアニメで恋愛の要素って、少なくとも私にとっては大切なんですよ。

今回、クリスマスパーティーの最中、有希ちゃんが外でいろいろな思いを馳せているところに、キョンが有希を探しにやってくる。キョンが彼女にささやかなプレゼントを渡す。きゃー。きゅんきゅんしちゃう。雪も降ってきていい感じに(ホワイトクリスマス)。有希ちゃんが思い切ってキョンに告白しようとするも、部室からの朝倉さんの声で心折れてしまう有希ちゃん。うんうん、わかるよその気持ち。でも、そのあと、キョンがサンタのジャケットを有希ちゃんにかけてあげて、有希ちゃんが、キョンも寒いだろうということでジャケットを共有してよりそう(くっつく)ところはまたキャータマリマセンナァ。こういう淡い恋っていいですなぁ。

これからにも期待してますよ「長門有希ちゃんの消失」!

ニセコイ: 2期 1話感想

いやー、1話見ました。今回は完全に桐崎千棘回でしたね。完全に恋する女の子になってましたね。顔芸が相変わらずすごかったけど(笑)そうそう、冴えカノに比べて顔芸度が半端なく高いですよね、ニセコイは。

ちょっと話がそれちゃったね。とにかく、1話は桐崎千棘がメイン、一条楽に対して抱いた初めての恋心、リップやネイルに気付いてもらおうとがんばっちゃう、いろいろ悩んじゃう千棘ちゃん可愛い。ついには、トレードマークの赤いリボンをオシャレチェックのリボンに変えちゃう。チェックのリボン似合ってたなぁ。今回の話で、千棘のことけっこう好きになりましたね。もともと好きだけど。あ、でもいちおしは小野寺小咲だよ。(笑)小咲ちゃんの顔芸もひどかったなぁ(いい意味で)。

橘万里花も、性格明るくっていいよね。がんばってるというよりも、根っからの明るさなんだろうなぁ。万里花みたいな人になりたいな(笑)あれくらいストレートに思いをぶつけられるって、いいよね。

2話も楽しみだ。小野寺小咲回キボンヌ。

週休3日制について

最近、ごく一部の企業で「週休3日制」を導入し始めたようです。なんと素晴らしいことでしょう!今日はこの週休3日制について考察したいと思います。

まず、働く側からしますと、これは歓迎すべき事態です。だって、週に3日も休みがあるんですよ?最高じゃないですか!「働くのが趣味」というごく一部の方を除いて、ほとんどの方は「休みた〜い」というのが本音ではないでしょうか?少なくとも私や私の周りの人はそうです。あ、でも仕事にやりがいはありましたよ。やりがいはあるけど、やっぱり仕事ばっかりじゃ面白くないんです。オンとオフがあって良い人生です。今はふつうの人は週に5日かそれ以上働いているわけですから、仕事の比率のほうが高いですよね。それがプライベートと半々近くになる。いい時代の到来です。

次に、「本当に週休3日なんてできるの?」という疑問について、私なりの見解を述べたいと思います。私の見解は、「できる」です。なぜなら、あと10年もすれば多くの仕事は機械(コンピュータ)に取って代わられると言われているからです。機械が仕事をしてくれる分、人間は仕事をしなくてよくなるはずですよね、理論的には。

今は失業者がたくさんいます(ただ、他の国に比べると失業率は格段に小さいらしいですよ)。仕事の総量が機械の活躍により減ります。今週5で働いている人を週4で働くようにします。賄えない仕事を今の失業者に割り当てます。ほら、みんなハッピーになるじゃないですか。

あとは仕事上の問題とか(毎日来ることで把握できることも多い)、いろいろクリアすべき点はあると思うんですけど、絶対に「週休3日」実現できると思います!できると思えばできる!工夫すればいいんです。昔は週6で働いてたんですよ。今は週5が基本です。週4にもできるはずです。いえ、もっと進んで、週3勤務にしちゃいましょう(笑)

6時間正社員とか、いろんな新しい働き方もありますよね。週に40時間「働かなきゃいけない」という法律はない(なかったと思う、40時間まで働かせていいという法律ならたしかあるけど。)ので、もっと少ない時間の仕事を応援します。週休3日制を導入している企業を応援します。短時間勤務を認めてる会社を応援します。もっとゆっくり生きましょうよ。私も生き急いでしまう性格なのですが、もっとゆっくり生きていきたいと思います。適切なワークライフバランスを取りましょうよ。

以上、週休3日制に対する考察でした。ちゃんちゃん。

競技かるた漫画「ちはやふる」実写映画化が決定!だそうです

ついに実写映画化ですか。私はアニメで見て、とってもお気に入りのうちの作品のひとつです。

ただ、実写化については嬉しいような嬉しくないような、というのが正直な感想です。「君に届け」とかも、アニメのほうがキュンキュンしてよかったなぁ、と思います。つくえ君とか、にくまん君とか、誰がやるんでしょうか(笑)あと、実写化するとかなり短く編集されるので、なんだかなぁ、になってしまうんですよね。連続ドラマにしてくれるなら期待できると思うんだけど。

私は映画は映画館に見に行くタイプではないので、DVDが出たらツタヤで借りたいと思います。それまでは遠くで見物してます。CMとか見てニヤニヤしておきます。

入間に居る間にいるまんじゅう(いるまにいるまにいるまんじゅう)

入間市を愛する全ての生物に捧ぐ・・・そんなまんじゅう「いるまんじゅう」

image


ちょっとした用事があって、入間に行ってきましたよ!そして見つけたのが、この旗です。入間に居る間に撮っておかねばと思い、激写してきました。入間に居る間に記事を書き終わりたかったのですが、それはできませんでした(笑)

でも、このキャッチコピーはいいですね。とても頭に残ります。私はこの旗を見た瞬間にやられてました。殺せんせーのイラストも付いています。もう一つのマンガはよく知りません。いえ、暗殺教室もよく知りません。暗殺教室はよくCMをやっているよね。どんなマンガなんでしょうか。

「いるまんじゅう」結局買うことはなかったのですが、また入間に行く機会はあると思うので、そのときは買う・・・かもしれません(笑)買ったらみなさんに報告したいと思います。

最後にもう一枚。

image

西日本の旅

筆者は旅行に行ったことがある。当たり前である。ときどき旅行に行ったことのないという人もいるが、ほとんどの人は旅行に行ったことがあるだろう。

では、どんなところに旅行に行ったのか。

私はいろいろなところ(というほど多いわけでもないが)に一人旅に行ったことがある。

今回は西日本の旅について話したい。ずいぶんと昔の話になってしまうが、私が京都に住んでいた頃、京都から西へ電車で少しずつ進むという旅をしたのである。

まず、神戸。神戸は京都からそれほど遠くないので、京都から日帰りで遊びに行ったことのある場所だ。北野異人館が好きで、山手のあたりをよく回ったように記憶している。

次に行ったのは岡山だ。岡山ではどこかお店に入ったおぼろげな記憶があるのだが、思い出せない。私は昔のことはすぐに忘れてしまうのだ。

その次は倉敷だ。倉敷はいいところだった。昔ながらの「蔵」があって、日本的な良さを残した地域であった。また、昔ならではの看板、たとえば、「アヴェニュウ」といった表記があったりして、「今どきこんな看板ないやろ!」と思わず突っ込みたくなるようなものであった。観光地として良いところだ。

その次は尾道だ。尾道は坂道が多く、映画のロケ地として使われることも非常に多いところだ。たしかに、坂道がなんとも言えぬノスタルジックな昭和の雰囲気を感じさせる。きれいな町ではないが、古き良き(?)日本を感じさせてくれる場所なのだ。私の大好きな場所のうちの一つである。

次に訪れたのは広島だ。広島焼きを食べたのは覚えている。平和公園にも行っただろうか。原爆ドームはたしか見たと思う。

その次は下関だ。下関は港町なので、たしかフグが美味しいことで有名である。というわけで、フグを美味しくいただいた記憶がある。

そのまま海峡を渡り、門司に着く。門司にはたしかタワーがあって(おそらく門司港レトロ展望室)、そこに上って夜景を見ながら夕飯を食べたはずだ。きれいな夜景だった。

最終地は博多だ。九州大学に通っていた友達の寮に泊めてもらった。彼は自由を満喫して生活していた。彼の部屋でマンガ(たしか二十世紀少年)を読んだ思い出がある。彼は今どうしているだろうか。

ずいぶん長いエントリーになってしまったが、最後まで読んでくれてありがとう。神戸、倉敷、尾道は特におすすめなので、みなさんも機会があればぜひ行ってみてほしい。

フィドロサミルのテーマ決定!?

今後、私たちの制作した動画の最初に「フィドロサミルのテーマ」を導入することになりました(ぱちぱちぱち)。

「ヒカキンTV、エブリデー♪」的なアレですね(笑)

ヒカキンのドラゲナイの動画を見たんだけど、いろいろ(いい意味で)バカだったので面白かったです(笑)私がもし顔出しをすることがあったら、ああいうこともやってみたいなぁと思います。まぁ、当分の間は顔出しするつもりはないのでやらないでしょうけど。

というわけで、たぶん次の動画から「フィドサミのテーマ」を導入するので、それも楽しみにしていてくださいね。
  • ライブドアブログ