ベストボディ・ジャパン2014日本大会レポート。

ガールズクラスに続きましては女子最多出場人数カテゴリーのレディースクラスの模様をお送り致します。

(記事内画像の無断転用は固くお断り致します)
DSC01923

 DSC01946
DSC01966

このクラスになると身体の完成度はもちろん、表現力もグンと平均値が高くなってくるのがわかります。
10877378_832843433438631_1885170202_n

DSC01938
DSC02004

1次審査ピックアップの模様です
 DSC02006
DSC02008


そして決勝審査に進んだのは以下の方々です


森川藍子選手(奈良)は今期神戸大会1位、大阪大会2位、名古屋大会4位と東海・関西エリアでその名を広く知らしめたレディースクラス最多入賞記録保持者です
 DSC02604


山下郁子選手(福岡)今期福岡大会1位
DSC02611
 

山田朋香選手(愛知)今期名古屋大会3位
DSC02616


志村陽香選手(東京)今期東京大会4位
DSC02618

 
福島麻里選手(大阪)今期大阪大会3位
DSC02624


水野絵梨花選手(愛知)今期名古屋大会1位
DSC02625


筒井美帆選手(東京)今期名古屋大会2位
DSC02630


高山真実選手(東京)今期関東オープン1位
DSC02635


鈴木セシリア選手(東京)今期横浜大会1位
DSC02641


土井千春選手(東京)今期関東オープン2位
DSC02643


岩本知宜選手(京都)今期関西オープン1位
DSC02653


植田理恵選手(東京)今期横浜大会2位
DSC02655

 
栗田あづみ選手(東京)今期東京大会2位
 DSC02659

植田早紀選手(東京)今期東京大会1位
DSC02660
 

では決勝進出者によるピックアップ審査の模様をご覧下さい。



ファーストコール右から山下・志村・筒井・鈴木・栗田 
DSC02662
DSC02663
 DSC02664


セカンドコールで志村が下がり、土井と植田(早)が入る
DSC02668

DSC02670

初めからここまで筒井選手と栗田選手、歯をしっかり見せてしっかりキープ・オン・スマイル。とても良いと思います。
DSC02671


土井・栗田が志村・そして関西オープンチャンプTEAMBOOTYの岩本と入れ替わり。
DSC02673
DSC02675
DSC02676


優勝は大会最南端エリア福岡チャンプの山下郁子選手。入賞5名の得点差にあまり大きな開きの無い、接戦のレディースクラスでした。
DSC01931
DSC02609

ベストボディ・ジャパン2014日本大会レディースクラス結果(敬称略)350点満点

 【グランプリ:ミス・ベストボディ・ジャパン】


山下 郁子(福岡県)【210点】


【準グランプリ:ミス・ベストスタイル・ジャパン】

鈴木 セシリア(東京都)【180点】


【第三位:ミス・ベストビューティー・ジャパン】

筒井 美帆(東京都)【140点】


【第四位:ミス・ベストシェイプ・ジャパン】

志村 陽香(東京都)【120点】


【第五位:ミス・ベストカーヴィー・ジャパン】

栗田 あづみ(東京都)【110点】


【ファイナリスト】

・森川 藍子

・山田 朋香

・福島 麻里

・水野 絵梨夏

・高山 真実

・土井 千春

・岩本 知宜

・植田 理恵

・植田 早紀