口笛奏者・柴田晶子 くちぶえ徒然日記

カテゴリ: 日々のブログ

IMG_9227

またしても、お声かけ頂きました!
TBSラジオ 「安住紳一郎の日曜天国」!!

初出演の2010年、2013年、2015年
に続いて、今回で4回目となりました。

繰り返しお誘い頂けて、、、
本当ーーに有り難い限りです。

恒例行事、手回しオルゴール伴奏での一緒に口笛コーナーは、「ジングルベル 」に致しました。

急いでオルゴール編曲をしてくれた、手回しオルゴールといえばこの方、宮本由利子さん、本当にありがとうございます!
宮本さんのオルゴール編曲は本当に秀逸です


安住さんは口笛お上手ですので主旋律をお願いし、中澤さんは一つの音が吹けるようになった段階なので、鈴の音的な、リズムに合わせて出せる音を吹いてもらう係、私はオルゴール回しながらハモるパートを吹きました。


なんか、テンポがどんどん早くなっちゃったみたい・・・私も必死で、、余裕なくて、すみませーーーん!!!(まだ録音聴いていなくてわからないのですが)


トーク内容は、
「口笛は続くよどこまでも」というテーマで、
大きく3つ。

小笠原に行った船の上で口笛を吹いた話、
北大の100年以上続く寮歌を口笛で吹いた話、
そして、大友良英さんが音楽を担当される来年の大河ドラマ「いだてん」に少し口笛を使って頂いた話、をいたしました。

最初かなり緊張しましたが、相変わらず話しやすい雰囲気を作ってくださり、後半はリラックスしてお話しできたかな、と思います。


そして、最後の生演奏は、
年末だし、平成も終わるし、ということで、平成元年に大ヒットした美空ひばりさんの「川の流れのように」を、長尾有紀さんのピアノ伴奏で、演奏させて頂きました。


IMG_9229
長尾さんありがとーーーーー!
(放送終了後の写真)


ちなみに、にちてんファンの姉が、付き人についてきてくれました。私にとっては何よりの精神安定剤。


最後、安住さんから「心療内科になってほしい」とのコメントを頂きました(笑)
口笛吹いてリラックスさせる、ていいかもなぁーー


いやー、緊張したけど、いつもながら楽しい時間でした!!!また何年か後にでも呼ばれるといいなぁ。。

年に一度の秋の恒例行事、“北秋田ツアー”
今年も本当にお世話になりました!

今年で5回目となりました。
こうして毎年声をかけてもらえる、て
最高に嬉しいです。ありがとうございます!

さて、振り返りますと、、

今年は11/23に福島市からの演奏依頼も重なったので、北秋田に向かう途中、同じメンバー(ピアノ松田光弘さん・パーカッションKAKUEIさん)で福島市でも演奏してきました。

IMG_8930
会場は福島テルサ。いつもお世話になっております!


IMG_8931 
どーん!垂れ幕・・・!!


FullSizeRender
福島の演奏を終えて、無事、秋田に到着したので、秋田の繁華街・川反に三人で飲みに行ってみました。
 

FullSizeRender
なまはげが席まで来てくれるサービス!
お酒をついでくれる優しいなまはげ


IMG_8962
友人の本間さん(ギタリスト)に会いに、本間さんが勤めているバーへ。団体様帰宅後で空いてたので自由に演奏させてもらえました。


翌日は、毎年恒例、藤里町へ!!
白神山地の南側、「南白神」エリアです。

IMG_8974


毎年かわいいポスターを作ってくれます!
IMG_8975


「さとやまコンサート」は、地元のコーラスグループと大正琴グループの皆さまの発表会を兼ねて、二部のゲスト演奏コーナーにて演奏させて頂いております。最後にはコラボもあり!
IMG_8977

そして、、
コンサートが終わると大宴会。コンサート同様、こちらもメイン級の恒例イベント。
IMG_8978

今年は、地元の農家さんに民泊させて頂きました!私がお邪魔したのは、お話好きのノリコさんがお世話をしてくれる「ノッコの家」。まるで親戚宅に遊びに来たような、楽しい一日でした!またお邪魔したいです!
IMG_8986

絶品朝ごはん!
「なーんも特別なもんでねよ。いつも食べてるものだけど〜」と出してくれたものがどれも美味しくて感動でした。民泊オススメです!

藤里元気塾(コンサートの主催もこちら)

IMG_8994

翌日は三種町に移動。
三種といえば、この風景。
IMG_8995

「この流木、都内のオシャレな家具屋とかで高く売られてそうだよね〜」と呟くカクさん。
IMG_8996

目的地はこちら。レストラン『ハーベリー』。私は演奏以外でも、秋田帰省時に家族親族と食べに来るくらい、お客さんとしても常連のお店です。北秋田ツアーのきっかけをくれたはじまりの場所。
IMG_9002


ハーベリーといえば、ヤギファミリー。
オーナー山本さんからの「ハイジのテーマ曲をうちのヤギ達のいる庭で口笛吹いてくれない?」という面白いリクエストが、こうして毎年の北秋田ツアーの全ての発端でした(笑)
IMG_8999


ハーベリーコンサートも5回目。
いつも応援してくれるお馴染みさんも多くて、まさに「ホームグラウンド」のような気持ちで演奏させてもらっています。
IMG_9009

山本さんの娘、サキちゃんがお世話をしている猫のキキちゃん。(2人はなんとなく似ている)キキちゃんにジローくんを紹介してみました。
IMG_9006


そんなこんなで、今年も大変楽しかったーーーーー!!!お世話になった皆様、どうもありがとうございました(^^)

また来年、お会いしましょう〜

2日間続けて、口笛サークルを開いている茨城県日立市と、福島県郡山市にてコンサートがありました。

初日は日立。会場はサークルの活動拠でもある県北生涯学習センター。こちらはセンター主催の「講師養成講座」に講師として招かれた形です。

日立のサークルは9年も続いており、私にとって初めての口笛教室の開講でしたし、メンバーのなかでは今年の世界大会に出場して好成績を収めた方も誕生した、ということで、「どうして講師になったか」「どうやって続けているのか」などを話す会でした。

★2018年口笛世界大会シニア部門
優勝・阿部洋子さん
3位・大嶽克基さん


いや〜、しかし「話す」のは難しい。。
しどろもどろのスピーチですみませんでした。。でも、続く大嶽さんが、口笛サークルの誕生から現在までの活動報告を細かく説明してくださり、阿部さんは世界大会にチャレンジするまでと優勝してからの変化を話してくださって、どちらもとても聞き応えがある面白い内容でした。大嶽さん、阿部さん、ありがとうございました!

それぞれのソロ演奏に加えてサークルメンバーとのアンサンブルも演奏し、さらにはスペシャルゲストとしてジュニアチャンピオンの伊藤心くんにも出演してもらい、華を添えて頂きました!心くんの真っ直ぐな音色は、いつも胸を打ちます。。(T-T) 

しかし、心くんに最初に会ったときは小学3年生だったけど、今や中学2年生。身長も私と同じくらいに大きくなって。。月日の経過を感じます。


さて、翌日は郡山。こちらは結成してまだ間もない口笛サークルなので、同じ会場で練習しているオカリナ隊の皆さまと、共同発表会という形で開催しました。前日出てもらった阿部洋子さん、伊藤心くんにも引き続き、登場してもらいました。

参加してくれた皆さま、
聴きに来てくださった皆さま、
企画してくれた茨城県北生涯学習センター&グッドホーム郡山さん、本当にありがとうございました!!

IMG_9114
IMG_9172
IMG_9173
IMG_9182

乗ってきました〜

やっぱり船旅は最高!!

FullSizeRender
ぱしふぃっくびぃなす常連(?)の、ピアノ飯田俊明さんと、バイオリン高木弾さんとのトリオ。


IMG_8548
会場のル・パシフィーク
円形ステージです


IMG_8466
今回のクルーズは、家族が乗船してくれました〜 最前列で応援!ありがと!


IMG_8271
食事が常に美味しいーー


IMG_8334
家族旅行も満喫(^^) 母と叔母、そして姉夫妻。


IMG_8547
憧れの熊野古道!


IMG_8512
レアキャラ。旦那です。


IMG_8492
那智の滝!


IMG_8502
落差133メートルの迫力!


IMG_8514
那智駅。海と山に囲まれた素晴らしいロケーション。マネージャー代わりの姉です。


IMG_8515
反対ホームの向こうはすぐ海。ダンさん隠し撮り。


IMG_8489
ダンさん、写真映えするなぁ。。抹茶アイス食べてるだけなのに。。


IMG_8490
お茶目な飯田さん。良い顔が撮れたなー


IMG_8539
新宮港を出港!紙テープの波!クルーズならでは


IMG_8332
最終夜はカジノでパーっと遊んでみました。


IMG_8331
いやー、負けた負けた。ルーレットとブラックジャック。


IMG_8329
ものすごい強風で揺れたけど、デッキからは満点の星空が見えました。飛ばされないようにメガネを押さえつつ、星を眺めるうちのレアキャラ。

IMG_8616

IMG_8615
(ラスト2枚は高木さんの写真拝借)


とにもかくにも、クルーズ最高です!
未体験の方には是非お勧めしたいです!

船旅はとにかく高い、と思っている方、確かにそんなイメージがありますが、今回のような二泊三日のショートクルーズもあるし、そもそも移動・ホテル・豪華な食事・各種エンターテイメント・丁寧な接客、全てのサービスが入っての価格だと思うと、実は決して高過ぎることはないのです。

ああ、素晴らしい日々でした。
また乗船できるように、頑張るぞー





このページのトップヘ