2019年10月19日

やっと秋らしくなり

 去る922日の定期演奏会にはたくさんの方々にお越しいただきましてまことにありがとうございました。

また、台風19号の被害に会われた方々には心よりお見舞い申し上げます。そして一刻も早い復旧をお祈りいたします。

 

 ということで、先月の予告を裏切ってオーボエより図体の大きなファゴットがブログを更新します。

やっと秋らしくなったのに、ファゴットパートは当面の間一人になってしまいます。淋しい限りです。筆者が以前に所属していたオケでは何年間も一人でした。

募集をかけても滅多に応募は来ません。きっとファゴット吹きが少ないためでしょう。

 

そこで、なぜファゴット吹きが少ないか考えてみました。

●楽器が身近にない

 松村楽器(仮名)や佐藤楽器(仮名)の店頭に飾ってあったとか、家の物置で埃を被っていたとか、聞かないものなあ。

●値段が高い

 オーナーになるためには、かなりのローンを覚悟しなければいけません。

●重い

 筆者の楽器はケース込みで8kgあります。筋トレにはいいけど。

●組み立て・分解に時間がかかる

 練習場で、最後まで椅子の撤収を妨げているのは、たいていファゴット吹きです。

●リードという消耗品が必要

 市販品を選ぶのも、自分で作るのもめんどくさい。買うとピアチェーレの団費ぐらいはする。

●運指が複雑というか不合理

 歴史が古い楽器にありがち。ミがこうなのに、どうしてファがこうなの...みたいな。しかも、左手親指をめちゃくちゃ酷使。

●聞こえない

 チャイ5の4楽章もそうだけど、難しいのをがんばって練習して吹けるようになっても、みんなが大暴れしているところはほとんど聞こえません。悲しい...

 

ここまで読んでいただたあなた、金輪際ファゴットなんてやらないと思うでしょう?無理もありません。

 

でも、世の中からファゴットやファゴット吹きが絶滅しないのはそれなりの理由があるからだと思います。

 

そこで、なぜファゴット吹きが絶滅しないか考えてみました。

 

おっと、長くなりすぎましたので、それは次回のブログ当番の時に......



piacereorchestra at 21:45|PermalinkComments(0)

2019年10月03日

第8回定期演奏会!

ピアチェの第8回目の定期演奏会が、9月22日に無事終了いたしました
楽しかった日から、もう10日も経ってしまったなんて、うそのようです。

今年は700名を超えるお客様にお越しいただきました
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました
皆様をスペイン、モロッコの砂漠、魔王の宮殿、ロシアと、いろんな世界に
お連れした・・・つもりです。
楽しんでいただけたでしょうか?
そして、一緒に演奏してくださったエキストラの方々、スタッフとして演奏会を支えてくださった方々、ありがとうございました
たくさんの方のおかげさまで毎回の演奏会ができていることに、あらためて
感謝いたします。

今回演奏した曲、どれも大好きなのですが、その中でも私が一番気に入っていたのは・・・ジャーン「ペールギュント」の「アニトラの踊り」でした
弦楽器大活躍、というか、管楽器はお休みなので、フルートの私は聴いているだけなのですが、幸せな時間
和田先生の素敵な指揮で弦楽器の美しさが引き出されて、色っぽいアニトラが見えるようでした。

もちろん、華やかなスペイン、みんなで頑張ったチャイコフスキー交響曲第5番(ホルンの美しいソロ!)など、全部が幸せな時間でした。
最後には和田先生によるサプライズも

楽しい充実した演奏会のあとは、もちろん美味しく楽しいお酒
だったのですが、その様子は次のブログ当番のオーボエさん、ぜひお願いします~

さて、これから今回の演奏会の反省会、そして来年にむけての練習に入ります。
団員の皆さん、よい演奏会を目指して、楽しく頑張りましょう!!

そして!当団では団員を募集しています!!!
詳しくは団員募集ページをご覧ください。
ぜひ、ご一緒に楽しく演奏しましょう
入団希望のかた、お待ちしています

以上、個人的な反省点は棚に上げて、ややハイテンションにお送りしました
ホントは9月のブログ当番、フルートのがりちゃんでした。

SnapShot


piacereorchestra at 00:42|PermalinkComments(0)

2019年09月21日

いよいよ明日は本番です!

明日はとうとう本番です
こんばんは、フルートのそねっちです

今日は16:30から打ち合わせ(遅刻したけど…)をし、受付・舞台設営、練習をこなしました

エキストラさんもご参加くださり、迫力のある演奏に仕上がってきたと思いますご来場くださる皆様に感動していただけるよう、団員一同、精一杯気持ちを込めて演奏します

さて、ここからは小言です。
ピアチェは自給自足のオケですので、様々な物が手作り!業者さんに頼むのはパンフレットくらいで、そのほかは団員の手によって作られます。
私は看板を作成して3年目になりました。昨年から助手もついてくれるようになり、雨でも耐えられるビニール付きの看板を作れるようになりました
C7B4F8DB-266A-4D56-A540-25D6277D773C


年を重ねるごとに、この仕事に熱が入っていきます。
看板に愛着さえ湧いてきます。
どんなふうにしたら、ピン!となるか、ワクワクさんになった気分で作っているのです。
明日は1番にご来場者様の目に入るわけですから、きちんと迎えられる看板を作りたい!熱い思いで迎えたい!笑
そして看板係は思うのです。

.....いつか、「看板が良かった」とアンケートに書かれる日が、日の目を浴びるときがきますように!!…と……


看板係の思いは置いておいて…


今年も自然災害が多かった日本ですが、最近では千葉県に大きな被害をもたらした台風15号の爪痕が未だ消えません。皆さまのご家庭、ご親族、お知り合いの方はご無事でしたでしょうか?
明日の演奏会では、こんな取り組みもしています。

A3FE9A1D-5280-4E8E-A329-E0F9A7770D7B


当日お配りするパンフレットには別の募金先を記載していますが、私たちが活動する千葉県が多くの被害にあい、音楽を通じて復興ができればという思いから、募金先を赤十字に変更することにいたしました。
被災者の方に心を寄り添い、復興の一歩を是非皆さまと共に歩んでいけたらと思います

明日は少し天気が悪い予報ですので、お気をつけてご来場ください


そねっち


piacereorchestra at 23:00|PermalinkComments(0)

2019年09月20日

あと2日!

こんばんは☆
フルートパートのえりりんです。

さて、本番まであと2日。
団員の皆さんはそろそろソワソワし始めてるのかな?
順調に(ほんと???)リハーサルも進んでおります。
76F5E8E9-CBCE-401B-B6AC-B3A6EFB324C0


直前ではありますが、えりりん的プログラム紹介

前プロはシャブリエのスペイン狂詩曲。
キラキラした楽しい曲です。ハープが2台も入ります!ゴージャス
様々なパートが主旋律を代わる代わる担当していくので、色んな楽器の音色が楽しめます。
拍が取りにくく、練習ではみんなで苦戦しましたが、ハマると気持ちいい
本番でもキラキラ感を表現できるように頑張ります!

中プロはペールギュント第1組曲!
美しい「朝」や、CMでもお馴染みの「山の魔王」といったメジャーな曲も聴き応えありますが、「オーセの死」や「アニトラの踊り」も美しく楽しい曲です
特にアニトラの踊りは弦楽器のピチカートが満載なので弦楽器の持つ表現の豊かさを楽しめる一曲だと思います

メインはチャイコフスキー交響曲5番!チャイ5という愛称で親しまれている、あの大曲です!!
ピアチェからしたら大チャレンジです
フルートからすると、運指もタンギングも音の表現も非常に難しいし、長いから体力が必要!!!
そして舞台上にいつつも、他のパートのソロを聴くのがとても楽しいのです
特に2楽章のホルン!大好きなんです!聴き過ぎて落ちないように気をつけます!笑

残すところ、前日と当日のリハーサルのみ!
合奏や、パート練、合宿練習、個人練、、、皆が積み重ねた努力が実ることを切に願っています
そしてこのブログを読んでくださった方のご来場を団員一同お待ちしております。
2C724845-359C-4423-B8C2-A07089FE4DCB


piacereorchestra at 20:38|PermalinkComments(0)練習風景 

2019年08月31日

ピアチェーレ初の試み

こんにちは!
ヴァイオリンパートです。
8月も終わりに近づき、
ついに定期演奏会本番まで1ヶ月を切りました。
そろそろ追い込みで練習をしないと…
ということで、
ピアチェーレで初となる『合宿』を行いました!

ここで、合宿の中身を少しご紹介します。
南房総市の海から近いところに宿をお借りして、
海を観たりバーベキューや花火をして、
夏らしさを満喫…

もちろん練習も欠かさず、しっかり取り組みましたよ(^ ^)
パート練習からセクション練習、そして合奏練習まで、じっくりと時間をかけて取り組みました。

中でも合奏練習では管楽器と弦楽器が向かい合って練習をするという、珍しい光景もありました。
曲の中で他のパートの楽器が何をしているかを目で見ながら演奏できるのは、合わせ練習をするには良かったようで、
短い時間でも上達を感じることができました!

残り1ヶ月もこの調子で練習出来ますように。。。

piacereorchestra at 23:08|PermalinkComments(0)