2010年04月20日

ようこそ ぴあの×ぴあの のページへ♪


音楽を愛するみなさま、ピアノ好きのみなさま、
そして、アンサンブルを愛するみなさま…!

  2台ピアノのコンサート
  「ぴあの×ぴあの」のページへようこそ!




「ぴあの×ぴあの」コンサートは、その名の通り
2台のピアノによる演奏をお届けするコンサートです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
                              
今年の
「ぴあの×ぴあの」2台のピアノによるコンサート 
つぼみの会 Selection vol.2
は…!

2010年12月19日(日)
14時開演(13時30分開場)

 熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール


【プログラム】

2台4手:
■チャイコフスキー/ 「くるみ割り人形」より 
  小序曲・行進曲・こんぺい糖の踊り・ロシアの踊り・花のワルツ

■ブラームス/ 2台のピアノのためのソナタ へ短調 Op.34b


2台4手と打楽器:
■バルトーク/ 2台のピアノと打楽器のためのソナタ 第1楽章


2台8手:
■スメタナ/ 「わが祖国」より モルダウ

2台12手:
■サン=サーンス/ 「動物の謝肉祭」より 
      序曲と堂々たるライオンの行進、 フィナーレ



【出演者】

ピアノ:
 新井陽子×川田千晶、  田中利枝×田中芳枝
 二宮万莉×宮本慧理子、 香取あさ×栗栖麻衣子
 長田香保里、 須藤美幸

打楽器:
 高岡志帆、倉永淳

【入場料】
全席自由
一般 2,000円、高校生以下1,500円、未就学児 無料(要整理券)

託児サービスあり(2歳児以上、要予約)

送迎バスあり(籠原駅-さくらめいと間 シャトルバス)



【チケット前売り販売】
2010年6月2日(水)より


【主催・問い合わせ】
つぼみの会「ぴあの×ぴあの」事務局
piano_piano_vol2@yahoo.co.jp 


【後援】
熊谷市、熊谷市教育委員会、熊谷市文化連合
熊谷市音楽連絡協議会、日本音楽舞踊会議、
毎日新聞社熊谷支局、(株)和幸楽器、(株)タニタ楽器、
えびすいピアノ調律販売、ピアノフレンド竹田



++++++++++++++++++++++++++++++++++++


「ぴあの×ぴあの」2台のピアノによるコンサートは、
埼玉県立熊谷女子高校を卒業後、音楽を専門に活動するメンバーから成る
「つぼみの会」が、企画・運営・主催しています。

つぼみの会HPはこちらです!
http://www.green.dti.ne.jp/tsubomi/

つぼみの会は、今年で結成24年を迎えました。
これまでの数々の演奏会企画・運営・そして演奏の経験を活かしつつ、
これからもますますメンバー一同切磋琢磨し合い、
応援くださるみなさまとの交流を大切にしつつ、
地元熊谷市を中心に音楽活動を続けて参りたいと思います!


**************************************************

「ぴあの×ぴあの」2台ピアノによるコンサート vol.1は、
2009年6月28日、熊谷文化創造館さくらめいと太陽のホールにて開催いたしました。
おかげさまでたくさんのお客様のご来場、ご好評をいただくことができました。さくらめいと、熊谷市文化振興財団、後援・ご協力くださった関係者のみなさま、ご指導いただいた先生方、そしてご来場くださいましたすべてのみなさまに、心より感謝申し上げます。


**************************************************


さて、ブログの最初は、2台ピアノのコンサートのおもしろさについて書いてみたいと思います。


コンサートで使われるフルコンサートグランドピアノは、
(さくらめいとのピアノ:スタインウェイフルコンサートグランドの場合)
2メートル74センチの全長がありますので、

2台のピアノを相向かいに並べたとき、
下手側の第1ピアノを弾く演奏者と、上手側の第2ピアノを弾く演奏者の距離は、3メートルほど離れることになります。

ステージを観ただけでも、迫力があります。

そして、2台の楽器が共振し合い、より豊かで多彩な響きが生まれます。

さらに、舞台の両端にいる演奏者から、一糸違わぬ呼吸で音楽が紡ぎだされるときの感動は、格別なものがあります。

2つのピアノは、ときには闘い、ときには寄り添い優しくハモり、
リードし、リードされ…
ピアノソロとひと味違った「アンサンブルの感動」がある。
これは2台ピアノの最大の魅力のひとつではないかと思います。



客席にいると、
まるで、広く大きな空間が伸縮し、うねり、飛び立ち、響きがこちらに迫ってくるような、そんな感覚を味わうこともしばしばです。
不思議です。
( …当記事筆者談です☆ さまざまな感じ方、楽しみ方があると思いますので、これはぜひみなさまにご検証いただきたいと思います!)



2台のピアノのためにオリジナルに書かれたステキな作品は、本当にたくさんあります。

そして、管弦楽や室内楽による作品を、「2台ピアノのために編曲した作品」もまた、たくさんあります。
そうした編曲作品を2台ピアノで聴くのもまた、おもしろいものです
ピアノという楽器ならではの
「音の瞬発力や、粒だちの良さ」といった特徴から、
より音楽の「輪郭」がつかみやすい、など、
オーケストラ演奏とはまた違った楽しみ方ができる…、
そうした点でも、2台ピアノは、興味深いジャンルではないでしょうか。

近年2台ピアノによる演奏会が増えつつありますが、
こうしたおもしろさが、徐々に広がってきているのだろうと思います。


「ぴあの×ぴあの」コンサートでは、
さまざまな作品をご紹介しながら、
2台のピアノを通して、よりたくさんの方々と感動を分かち合えるようなコンサートを、心をこめてつくっていきたいと思っています。


当ブログでは、「ぴあの×ぴあの」vol.2の公演情報をはじめ、
リハーサルのこと、勉強会のこと、写真や、メンバーのエピソードなどをまじえながら、楽しく情報を発信していきたいと思います!


どうぞお楽しみに…!!


banner_br_tulip


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

↑ クリックお願いします♪

**************************************************


「ぴあの×ぴあの」2台のピアノによるコンサート 
  つぼみの会Selection   vol.2

 2010年12月19日(日)
14時開演予定
 
熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール


第1回ぴあの×ぴあの ホールリハーサル風景


**************************************************

「ぴあの×ぴあの」は、埼玉県立熊谷女子高校を卒業後、音楽を専門に活動するメンバーから成る「つぼみの会」が、企画・運営・主催しています。

つぼみの会HPはこちらです!
http://www.green.dti.ne.jp/tsubomi/


*************************************************



piano_piano_tsubomi at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)ぴあの×ぴあの コンサート案内 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字