先日「お母さんも譜読みの習得を始めましょう!」
という記事を書いた影響でしょうか?
あるお母さんが譜読みについて質問を投げかけてくださいました。

ト音記号、ヘ音記号という名前の意味は、何か?というご質問でした。
これは貴重な問いかけです。

このような根源的な質問というのは
なかなかできそうで、できないものです。

ヘ音記号の「へ」とは日本語で「ファ」の音(英語でF)をあらわしています。
ト音記号の「ト」は「ソ」の音(英語でG)のことです。
(日本音名イロハニホヘトに準拠しています)
BlogPaint
ヘ音記号の目玉(赤丸)がある青い線の上に音符があると「へ音」=「ファ]になります。
ト音記号の渦巻(赤丸)がある青い線の上に音符があると「ト音」=「ソ」になります。

つまり
この記号が乗っかっている位置が重要なのです。
ヘ音記号では上から2番目の線が「ファ」(英語でF)
ト音記号では下から2番目の線が「ソ」(英語でG)
と定めているのがこれらの音部記号です。

先ほどから(英語でF)(英語でG)としつこく書いているのには訳があります。
ヘ音記号を左右裏返してみてください。アルファベットのFに似ていませんか?
ト音記号を上下逆さまにひっくり返してみてください。Gの小文字に似ていませんか?
gosen

BlogPaint
(注:画像検索でお借りしました。著作権侵害していたらお知らせください)
ちなみに「ハ音記号」というのもあります。
この線(青い線)が「ハ音」=「ド」ですよ!!
と表す記号で
図のようにこの記号が上下に動きます。
ビオラやチェロの楽譜で使われ、
「アルト記号」「テノール記号」という呼び方もあります。
ハ音記号はCの裏返し&デフォルメですね!!

面白いでしょう!!

お母さん!貴重な質問、ありがとう!!

ランキングクリックお願いします。

     


ピアノサークル・ドルチェ ホームページへ