寒さが続いています。
でも、ここ一週間くらい
日差しが冬から春に変わってきましたね。

今は2月25日に行われるポジションコンサートに向け
移調奏&伴奏付けに必死な毎日です。

ポジション練習は同じ曲をたくさんの調に移調するため
練習量はとても増えます。

しかし、とても気を付けなければならないことがあります。
それは、「正しいフォームで弾く」ということです。
正しいフォームで練習を重ねるからこそ上達するのであって
誤ったフォームで行うと、悪い癖を強化するようなことになってしまいます。

ですから、指の置き方、手首の位置、姿勢、足の置き方など
うるさく、うるさく、ウルサク、
お伝えしています。

私が姿勢や、足の置き方をトヤカク言うのは
「お行儀よく」という、躾の意味からではありません。

美しい音を紡ぎだすために
正しいフォームが必要だからです。

正しいフォームは
身体に優しく、自然です。
長時間弾いていても疲れません。

無理なフォームは体を壊します。

是非、美しく自然なフォームで弾けるようになってもらいたいです。

数年前の発表会で
「ベストフォーム賞」の二人・・・なぜか男の子ばかり
005 (2)003
みんな可愛かったな・・・懐かしい写真を見つけました。

ランキングクリックお願いします。

     


ピアノサークル・ドルチェ ホームページへ