体験レッスンの詳細はHPをご覧ください。
無題
昨日、三連休ラストの日に
体験レッスンをさせて頂きました。

年少さんの女の子、Sちゃん!

玄関できちんとお靴を揃えて
大きな声で「こんにちわ!」ってご挨拶!
素晴らしいです。

当教室の体験レッスンでは
1回目のレッスンの内容を
そっくりそのまま20分間行います。
(有料=¥1000)
その後、お母様と面談。
教室の決まりや指導方針について
詳しくご説明いたします。

ベラベラしゃべり続けていて
ふと、脳裏をよぎった
コーチングのプロ、M先生のブログの文言!

その方の想いを聴くこと!

「ピアノを習って、どんな夢を描きますか?」
「何か心配なことはありますか?」

お母さんは口ごもりながら言ってくださいました。

「あの~生徒さんのお母さんたちってみんなピアノが弾けるんですか?
私弾けないんですけど大丈夫ですか?」

よくぞ言ってくださいました!
この点こそ、私がお母さん方に求めている核心的ポイントです。

私はお答えしました。

ピアノは弾けなくて大丈夫です。
でもお子さんが習っていることに最大の関心を持ってください。

特に音符読みやリズムの理解など
理屈を習えばわかることは
お母さんも一緒に学んでくだされば嬉しいです。

そしてお子さんがピアノを習ったら
母も音符が読めるようになっちゃって、
お得!!

と思ってくれたら最高に嬉しいです。

母はできないし、今更やる気もないけど
子供にはピアノ弾けるようになってほしいから
先生にお任せします・・・というのでは
お子さんはなかなかピアノと仲良くなれません。

ぜひ積極的に関わってください。
そして家庭の中に
音楽を楽しむ雰囲気を作ってください。

と、答えもベラベラ長くなりましたが
お母さん、ホッと安堵の表情!

「私もこの子と一緒に学びたいと思ってたんです!」
とおっしゃってくださいました。

この方の想いを少し引き出すことができて
よかったと思いました。

M先生のブログのおかげです。
M先生の爪の垢を頂いた気持ちで
感激!!


ランキングクリックお願いします。

     


ピアノサークル・ドルチェ ホームページへ