今日から
いつものレッスンに戻りました。

教室の掲示物も
発表会モードに替えて
出演日アンケート
演奏曲目の相談を
進めています。

今年の発表会は
足立区(多分)唯一のプライベートサロン
IMG_1753

教室や弾き合い会で
PTNAの課題曲を耳にしたせいでしょうか?

幼児から「魔女(B級課題)が弾きたい」
とリクエスト⇒指さえ届けば弾けますよ!

「ソナチネやソナタをきちんと弾きたい」
「モシュコフスキ(C級課題)が弾きたい」と小学生。

生徒たちの興味の範囲がどんどん広がっています。

もしもこの20年
コンペ指導をしていなかったら
私の守備範囲はどうなっていたのだろう。

モシュコフスキだの
ショパンの人知れない名曲だのに
巡り合うこともなく
超有名曲だけを
ぐるぐる回していたかもしれない。

またそれを弾かせる動機づけというのもなかなか難しい。

自分でない誰か
ほかの子供による
素晴らしい演奏に
子供は感銘を受けます。

子供による
完成度の高い演奏を聴くと
「自分にもできそうだ!」

レッスンの待合室や弾き合い会で
その様な演奏を聴くと
自分もやってみよう!
と思えるようです。

そうやって
私の教室では
子供たちの興味が広がっています。
それが私は一番嬉しいです。

ただ、指導者として
ダメダメ先生の私には
仕込みがキビシイのですが…

新曲、練習練習!!!
一日一曲が一気に伸びて
今145曲!!!
ランキングクリックお願いします。

     


ピアノサークル・ドルチェ ホームページへ