今日の「徹子の部屋」
2101191
指揮者の佐渡裕さんと
ピアニストの反田恭平さんの出演でした

思わず釘付け!!

佐渡氏が振る
ラフマニノフ
ピアノコンチェルト第3番の映像が流れました。

ピアノはもちろん
反田氏

え?
これって、早回しじゃないの?
て言うくらいの左右の連打!!

知らないうちに
血が出ていたそうです

爪と肉の間が剥がれて・・・
わ~~~
怖!!

その後
パガニーニの変奏曲
ヴァリエーション18を
さら~~
しれ~~っと弾いて

徹子さんは
「こんな綺麗な音聴いたことがない!!」
と言っておられました。

そして
反田氏の手
大写しになりました。

そこの画像は撮れなかったのですが
すごい筋肉!!

徹子さんが
「親指の根元と手首の間に力こぶが凄い!!
エンピツが挟めそう!!
とおっしゃっていました。

また、反田氏は
ピアノの屋根蓋が落ちて来て(!!)
両手を骨折
その上、指の腱も切ってしまったのですが
そのおかげ(??)で
すごく指が拡がるようになったそうです。

実際、4と5の指の間がすごく拡がっていました。

ピアニストの手を
間近で見ることが出来て
大いにモチベーションUP

才能は変えられないけど
筋肉なら付けられるかもしれない
なんで字が小さくなるの?

よ~~し
筋肉つけるぞ!!

ランキングクリックお願いします。

     


ピアノサークル・ドルチェ ホームページへ