ぴあの日記

つくばみらい市谷井田、取手市宮和田にてピアノ教室を開いているwakakoのブログ。 日々のつぶやきを記しています。 コメントもお待ちしておりま〜す。

まだか。

昨年の本屋大賞になった「羊と鋼の森」を図書館でずっと予約しています。
昨年の夏に予約をして、もうそろそろかしら。。。と図書館で予約検索をしたら、まだ私の前に91名も予約者が。。。
買った方が早いけど、もうここまで来ると意地でも図書館で借りてやるーと気長に待つ事にしました。

そして、息子と一緒に虫のDVDを観て帰ってきました。
外国産のクワガタとカブトムシの名前に私も詳しくなったもんだ。

楽譜

8e3f56ba.jpg伴奏をしているコーラスグループの次年度に発表するであろう曲が決まりました。

やなせたかしさん作詞、木下牧子さん作曲の「さみしいかしの木」

前から取り組みたかった(個人的に)けど、なかなか機会がなく残念に思っていたのですが、今回ついに巡り会う事が出来ました。

どちらかと言うと歌いたかったのだけど笑、伴奏でも満足です。

壊したい

ピアノを教えるようになって今年で20年。
ベテランの域に入っているはずなのに、毎日試行錯誤が続いています。


そんな中でも、だんだん教え方のパターンが決まってきていて、それがむしろ最近窮屈に感じるようになってきました。

色々と壊したい(広げたい)願望を持ちつつ、保守してる毎日です。


新しい事ってドキドキワクワクしますよね。
そんな新鮮な気持ちに戻したい気分でいます。

本日、体験レッスンを行なった子の入会が決まりました。
小学校高学年の未経験者の体験だったので、(普段はもう少し歳の低い子が多いので)体験終了後、楽しく感じてくれたか心配してたのですが、無事入会が決まり、安心しました。

6月から楽しみにしていますね。

課題曲公開レッスン

29f5b618.jpg昨日はピティナピアノコンペティションの課題曲公開レッスンでした。
私もスタッフも兼ねて1日聴講してきました。
うちの生徒さんも1名参加。指使いを一から変更するという大変な事になりました。まだ予選まで2ヶ月あるので、頑張ってもらいましょう。

終わったら母の日のギフトを買って、それぞれの実家に持って行かなくちゃーと思っていたのだけど、うちの留守番メンズが二人で持っていっているみたい。

痒いところに手の届く家族で良かった。感謝。

楽譜

昨日の午前は急遽仕事がなくなったので、今度の日曜日に行われる、ピティナの課題曲公開レッスンの下準備をしていました。

公開レッスンには、教室から1名参加するのですが、当日はスタッフとして1日聴講する予定でいます。

折角だから、他の生徒さんの課題曲も一緒に勉強したいので、手元にある楽譜を探してコピーをとっていました。


にしても片付け下手な私は、実家と自宅、合わせて4箇所に楽譜を収納(それぞれ2部屋ずつ)していて、こちらに無ければあちら、あちらに無ければこちら、実家と自宅を往復したりして、無駄な時間を費やしてしまう。
あー。これどうにかしたい。

GW終了

息子、9連休が終わり、やっと通常の生活が戻ってきました。宿題はなんと昨夜11時半までかかり(小2でこれってどうなの?)、付き合った私も寝不足気味

今日は午前中に声楽のレッスンを受けてきました。

イタリア語の歌詞なのですが、言葉を良く読むと言うご指導を受けました。

何と無くは読んでいたのですが、言葉に感情を持ってという話。

ここはどうしてこう言う言葉なの?どういう感情なの?貴方ならどう思う?

ピアノのレッスンでは皆無な言葉を読み解くという作業。
でも言葉があるからこそ、音楽の解釈がしやすいという事もあると思います。

そして高らかに「自由を!」と歌い上げる部分。高いソの音が、私には全く出ず、自分に不甲斐なさを感じる。
気持ちはあるのに出せない。
もどかしい。

私も宿題

3e088269.jpg息子、宿題中につき、私も隣りで作成に入ります。
レッスンで使用するリズムカード。
前から作りたいと思ってたの。
すべて1拍で収まるリズムですよ。

GW終了

3〜5日までの私のGW終了です。
昨日から通常生活。

土曜日のレッスンは諸事情で2週間ぶりだったのだけど、お休みの間、結構みなノンビリしてしまったみたい。
やっぱり毎週レッスンがあるって気も引き締まるのだよね。

今日は午前のみお仕事。
午後は9連休だった息子の宿題に付き合わないといけません

作成

7747d85f.jpg息子に手伝ってもらいながら作成終了。
臨時記号の勉強として、レッスン時に使用します。

悲愴

レッスンに行ってきました。今年はベートーヴェンのソナタ悲愴の全楽章を取り組みたく、自分の中である程度の内容を練ってレッスンに挑んでみたのだけど、やっぱりベートーヴェンの壁にぶち当たる。

音の出し方から再構築です。
Profile
Archives
訪問者数

    カテゴリ別アーカイブ
    Recent Comments
    • ライブドアブログ