ぴあの日記

つくばみらい市谷井田、取手市宮和田にてピアノ教室を開いているwakakoのブログ。 日々のつぶやきを記しています。 コメントもお待ちしておりま〜す。

風邪の季節

本日レッスン開始が14時半からでしたが、14時半からの方、15時からの方が立て続けに体調不良の為、お休みに。

だんだん咳をしている子も増えてきました。
皆さま、どうぞお大事にしてください。

私はここぞとばかりに練習に励みます

芸術の秋

いよいよ本番ラッシュ、突入です

10/28は守谷中央公民館にて、音の泉オータムコンサートに出演してきました。
今年は2年ぶり2回目の参加でしたが、出演者の方々も、お客様も温かく、打ち上げ会も楽しく、有意義な1日でした。
そして、今週は一昨日に教室にてピアノステップに参加する生徒さんを集めてリハーサルを行いました。
いつも通っている教室ですが、譜面台を外し、ピアノの反響板になる蓋もあけると、忽ち緊張感溢れる雰囲気になります。

そんな中で、みんなしっかり弾いていたので、大丈夫
11/3は聖徳高校の音楽室(話によると2000万円のスタインウェイが置いてあるとかないとか…)
で、本番です。先生よりも生徒の方が高級なピアノに触れる機会があるのね苦笑

そして同じ11/3は利根町公民館にて、コーラスの発表があります。
私はピアノ伴奏、そしてテノールデビューしますと、言っても殆ど声の出ない音域で困ってますがっ。

まだまだ本番が続きます^_^

学校のコーラス伴奏

季節柄、近隣の小中学校でも音楽会があるようで、生徒さんが何人も合唱の伴奏を頼まれて、レッスンの中で練習しています。

学校の先生も忙しいようで、直前になって伴奏譜をもらう子もいて、内心「もう少し早く渡してくれれば良いのに…」と思ったりしています。

その中で、中学校進学のためピアノを辞めたkちゃん。ピアノを弾く事は好きだったらしく、辞めた後も独学でピアノを弾いていたそうです。

そして、中3の現在。合唱の伴奏者に立候補したらしく、10月の短期間だけレッスンに復活しました。
久しぶりに会ったkちゃんは体も心も大きく成長していて、指導者として嬉しい思いでした。

レッスン

来月予定している大学門下卒業生のコンサートに向けて、大学恩師のご自宅へレッスンを受けに行ってきました。

流石に仰る事は的確でとても深い。
自分の技術の至らなさを今更ながらまざまざと見せつけられてきた感じです。

さて、落ち込んでる場合じゃないです。
家に帰ってから頑張ろう


テノールデビュー

11/3に予定している利根町の文化祭で、コーラスの伴奏をします。
今日は、その初合わせの日。
本番前だけ呼ばれるので…。

でも、今回はアカペラの曲が多く、ピアニストが暇なので笑、無伴奏曲は団員に混じって歌います。
手薄なテノール担当になりましました。
男声パートって音域大丈夫なのかな?
これから練習です

宿題

10月末に予定している、コンサートのプログラムに載せる、曲紹介、プロフィールの文章提出日が迫っていました。

凄く苦手な分野でして、予想以上に時間がかかった。そんな紹介できるような自己紹介も無いしさー

やっと完成したので、メールで担当の方に送信。これで一安心だわ
あとは練習するだけだ

バッハの勉強会

この3連休は通常営業の仕事です。

先週の金曜日に水戸にあるヤマハのお店でバッハコンクールの課題曲講座があり、聴講をしてきました。

高速道路に不慣れで、常磐道と言えども緊張しながら運転してきました。

今年はバッハコンクールに参加する生徒がいないのですが、自分の中でもっとバッハを勉強したい欲求があり、何か収穫はないかと出向いたのですが、とても勉強になる講座でした。
むしろ、課題曲を掘り下げていく講座よりも、バロックの舞曲全般の性格の違い、発祥国、時代によっての弾き方の違いなど、知らなかった事を沢山聞けて良かったです。


クラシックの国際コンクールにおいても、日本人は日本人訛りがあり、世界中の国々でやはりその国の訛りがあるそうです。その点、中国人はとても超越している、と中国の音楽教育を絶賛していましたね。

帰りの高速は乗ったは良いけど、分岐を間違えて水戸に逆戻りする珍事件を起こしましたが、無事帰ってこれました。

午後からの息子の授業参観も見れたし、万事オッケー!

ご無沙汰していました

ご無沙汰していました。

随分とブログの更新が遅れてしまいましたが、特に大事件があった訳ではなく、いつも通りの生活を送っています。

最大の原因は、こちらのブログの機能が変更され、携帯メールからのブログ投稿ができなくなってしまった事です。まあ、livedoorのアプリから投稿可能なんですが、、、ね。

さて、夏休みも終わり、息子の宿題もどうにか終わり、9月初旬は一つコンサートがあったのですが、それも終わり、比較的のんびりとしている現在です。

9月からリトミックの個人レッスンで入ってきた生徒さんがいるので、(最近リトミックとご無沙汰だった為)色々と新鮮な気持ちでレッスンをしています。

来年の春に予定していたピアノの発表会ですが、なんといつもの会場が工事のため使用不可になり、悩んだ挙句、来年はなんとノバホール(多分茨城県南地区ではベスト3に入る音響の良いホールだと思います)開催を予定しています。
すでに会場もおさえました。
このステキなホールでどんな悪巧み(構想)をしようか考え中です。

ホール関係でもう一つ。
ただ今、趣味で所属しているコーラスグループが来年秋に単独コンサートを予定していまして、なんと私がコンサート実行委員長になっています笑笑

こちらも悪巧みの最中ですが、会場が未だ決まっていません。
色々調査しているところなのですが、音楽とホールの関係ってホント大事だなー。近隣に音響の良いホールができてくれないかと切に願っているこの頃です。

練習中

コーラス伴奏合わせをしていて、指導の先生から「もう少し、歌と一緒に動いて欲しい」という指摘を受けました。

ソロの伴奏の時は勿論そうするのだけど、コーラスの時は歌よりも指揮に合わせる、もしくは、メトロノーム的にきっちり弾くイメージを持っていたので、ちょっと目から鱗。

自宅での練習をしながらその指摘をどうクリア出来るのか試行錯誤しています。
一つ解決策を見つけたのは、自分で歌いながら弾く事。
歌がどう歌いたいか、どこで相手的なピアノを目立たせて欲しいか、歌い手の立場からピアノを弾くと見えてくるものがあるなと。。。

それから拍子の最後(4拍子の曲なら4拍目)を少し長めに取る事。アウフタクトならなおさら、歌い手はちょっと引き伸ばしたくなるみたいです。


それから、ソロ曲を練習していて思ったこと。
今回弾く予定の曲は大学時代の学内試験で一度弾いたものでした。
その時に感じたことと今曲作りで感じることが、全然違う。というか、学生時代ってこんなにも頭使わずに弾いていたのかーと思う。
気づく事が沢山あって(それが弾きこなせるかどうかは別)、楽しいなーと感じてます。

うー。もう少し時間が欲しい

レッスン中止

台風が来ましたね

つくばみらい市に大雨警報が出ていますので、夕方からのレッスンは中止にしました。

これから片付けをして、私も自宅に帰ります。

日本各地で大きな被害がありませんように。
Profile

wakako

Archives
訪問者数

    カテゴリ別アーカイブ
    Recent Comments
    • ライブドアブログ