ピーちゃんの通貨戦争と金融崩壊のブログ、金、銀の存在は?

☆⌒(*^-゜)v 危機が迫っています。世界中の通貨を巻き込みます。 つまり世界中の全ての人を巻き込む通貨危機です。 これで、大多数の人は被害をこうむるでしょう。 しかし、危機の裏側にはチャンスがあります。 この危機は数世紀に一度のでかいものですが、 やりようによっては人生で最大のチャンスです。 このブログは危機をチャンスに変えるブログです。 では($・・)))/

☆⌒(*^-゜)v
危機が迫っています。世界中の通貨を巻き込みます。
つまり世界中の全ての人を巻き込む通貨危機です。
これで、大多数の人は被害をこうむるでしょう。
しかし、危機の裏側にはチャンスがあります。
この危機は数世紀に一度のでかいものですが、
やりようによっては人生で最大のチャンスです。
このブログは危機をチャンスに変えるブログです。
まず、マイク・マロニー氏の講演の翻訳を読んで
頂き、その後講演の映像にアクセスしてチャートと
各種の図を確認ください。
http://blog.livedoor.jp/picachu4567/archives/15498931.html
当ブログの一番最初になります。
追伸: 当ブログの記事はすべてなぜ金銀現物が重要か
    なぜ、金銀現物投資なのか?を説明しています。
    故に、最新の記事だけ見ただけのコメントはひかえてください。
    特に否定的なコメントは当ブログの最初の
    マイク・マロニー氏の講演内容を論理的に否定できる
    内容を掲載してください。
    そうするには一行や二行では無理なはづです。
    最新記事をさらっと見ただけで気軽に否定的なコメントする
    行為は迷惑ですので、削除します。

では($・・)))/

ほんとに銀がそんなレートになるんでしょうか…
銀の上昇=電気自動車の原価
結果的に電気自動車が生産不可能になるか、超高級車になるってこと??
結局需給バランス保たれて、また今の価格水準に押し戻されるんじゃないかな…


こんにちは、

まず、マイク・マロニー氏の以下の記事を読んでください。
さらに、このyoutubeも観てください。
今、ドルが崩壊しようとしています。
ドルは不換紙幣であるため、ドルの価値を
維持するためには金銀価格が低い価格で
なければなりません。

なので、ニクソンショック以降は金銀価格は
故意に低く抑えられています。
その方法は先物取引で故意に銀行が
売りの注文を出すことで価格は低く
抑える事ができます。
そのための原資はドルの印刷紙幣でその
原価はパソコンの電気代だけです。

今、ドルを中心とする基軸通貨制度は崩壊の
瀬戸際にあり、崩壊すると低く抑えられていた
金銀価格は本来の価値に戻ります。

今、金融崩壊を防ぐためにどれだけドルが
すられたか?とゆうと天文学的な量です。
すでに、ドルは無価値といっていいでしょう。

そしてドルが完全崩壊した時には金本位制に似た
システムになるでしょう。
そうなると、金価格はとんでもなく上昇します。
それにもまして、銀価格は上昇するでしょう。
どれくらい金にくらべて上昇するか
とゆう理由は以下の翻訳をご覧ください。

今の金銀価格は市場の需要と供給できまっているので
正しい価格だ、とゆう見方は違うのです。
先物市場で価格が決定されるので、売りで何ドルの札が
でているか? 買いで何ドルの札が出ているかで
決定されています。 どれだけの需給があるかでは
ないのです。 なので大資本が故意に売りの建玉を立てると
価格は下がります。

FRBと銀行とが組むことでそれが可能なのです。
市場操作は金銀市場だけではなく、REPOでも可能です。
だから上昇した金利が下がったのです。
FRBが資金を注入したのです。 そのままだと
下がるわけないのです。

今、米国債市場も金利操作されていますが、
うまくいっていません。それが逆イールドです。
あまりに米国債の売りが多量なためにFRBだけでは
支えきれないのです。
なので逆イールドが発生しているのです。

でその結果ですか??
リーマンショック2.0がおこるでしょう。

それはドルの崩壊になり、やがて金銀市場の
操作もできなくなり、価格が高騰するのです。

まだ操作されているので、低いですが、あまりに現物の需要が
多いために操作しきれていないのです。
価格が低いと大量の現物を放出しなければならないのです。

さて・・・・。

質問者の疑問はもっともですが、あまりにも現状の学校教育と
マスごみ報道と株、先物などの経済書に毒されており、
小生の解釈を理解していただくには不可能なのかな
とゆう感想をもちました。

学校、株、為替、先物の投資の指南書はすべて、
銀行やドル基軸通貨制度に都合よく書かれており、
本当の金融の基本を説明していません。

一番の問題は信用創造でしょう。
たとえば小生が銀行からお金を借りて車を購入したとします。
それをうった人は売ったお金を銀行に預けます。
そして今度は家を購入する人にお金を貸すのです。
その繰り返しは延々と続きます。この流れをよく見ると
ねずみ講の一種だとゆう事にきづきます。詐欺です。
さらに、そのやり取りをしている紙幣事体も紙です。
我々が一万円を稼ぐにはとんでもない労働をしますが、
日銀はいくらでも印刷できるのです。
現に、リーマンショック以降とんでもなく発行しています。
おかしいでしょう。
つまり、金融システムは詐欺なのです。
どこをどうみても詐欺のシステムなのです。

これを繰り返すことで千円で購入できる量が減るのです。
だから、百円のカップヌードルがいま200円なのです。

これが購買力の低下です。

この説明はどの投資指南書にも書いていません。
当然です。それを書くと儲けようとして参加するシステム
事態を否定する事になるからです。

では・・・・。






こんにちは、

アマゾン、アマゾン、アマゾン、
我、銀市場奇襲に成功せり、

音楽youtube: https://www.youtube.com/watch?v=4latS1QitYM&list=RD4latS1QitYM&start_radio=1&t=58

皆さま、お待たせいたしました。
当機は間もなく月に向かって
離陸いたします。
離陸の際はシートベルトを着用の上、
先物市場などにお立ちにならないよう
お願いいたします。

当機は途中、金銀レイト30:1に立ち寄り、
当面の鉱山レイト9:1に向かう予定です。
なを、メキシコの大型鉱山閉鎖の影響で、
別レイトになる可能性をあらかじめ
ご了承ください。

では、銀投資の旅をお楽しみください。

アマゾンは10万台の電気自動車を発注しました。


電気自動車は一台一kg以上の銀を使用します。
さらに、この発表は電気自動車の発注を
促すものになるでしょう。

では・・・・・。



こんにちは
以下の記事を機械翻訳しました。
https://www.zerohedge.com/commodities/rothschild-emerges-shadows-centenary-london-gold-fixing
ーーーーーーーーーーーーーー
ロスチャイルドがロンドンの金創立100周年に向けて影から出現


ロンドンの今月は、最初の「 ロンドンゴールドフィクシング 」の100周年を迎えます。
これは、1919年以来、国際金市場全体で使用されるベンチマーク金価格を
設定するために会った地金銀行の秘密のカルテルの悪名高い毎日の会議です。
薄く変装した後継者であるLBMA Gold Priceオークションを通じて、今日に至ります。


ロンドンの金価格ベンチマークは、ISDAの金金利スワップ契約から金で
裏付けられた取引所ファンド(ETF)まで、またOTCの金契約から取引参照価格までの
すべての評価ソースとして使用されるため、世界の金市場にとって
非常に重要です製錬所やサプライヤーから金地金や金貨を購入する際に、
地金のディーラーが使用します。


2015年以来、ロンドンゴールドフィクシングは、 ロンドン地金市場協会(LBMA)
地金銀行によるラッシュ後のLBMAゴールド価格として知られており、
煙と鏡のスキャンダル化された「修正」にパッチを当て、
ワゴンを再起動して名前を変更します運動。
 ゴールドフィックスは、1919年9月12日、
イングランド銀行がお気に入りの銀行家であるNMロスチャイルド&サンズを指名して、
デイリーフィッシングの常任会長に就任したことをきっかけに正式に誕生しました。
 ロスチャイルドとイングランド銀行は、1800年代初期から流行に加わっており、
次の世紀を通してゴールドフィクシングに参加し続けていました。


イングランド銀行とロスチャイルド銀行による1919年のゴールドフィクシングの開始は、
1914年の第一次世界大戦の勃発まで存在していたロンドンの
4つのゴールドブローカーモカッタ& Goldsmid、Samuel Montagu、Sharps&Wilkins、
およびPixley&Abellは、両者の間でSharps&Wilkinsのオフィスで毎日金価格を
設定しました。


1919年9月の創立から次の85年間、ゴールドフィクシングは、
イングランド銀行の向かいにあるセントスウィジンズレーンのニューコートにある
ロスチャイルドの本部で毎日行われました。
毎朝午前30時。 1968年のロンドンゴールドプールの崩壊後、
ゴールドフィクシングは1日2回の価格設定に移行し、
フィクサーによって午後3時の会議が追加され、
米国の朝時間のゴールドマーケットを監視しました。


ロスチャイルドは、2004年5月までゴールドフィクシングの常任会長として留まり、
その時点で、伝説の投資銀行は 、ゴールドフィックスを不思議なほどに出発し
、ロンドンゴールドマーケットで200年後に影に戻りました。
 今までは、珍しい再登場の1つで、今週、ゴールドフィッシングの100周年を
祝うLBMAのセミナーとカクテルレセプションが、
NMスロスインズレーンのNMロスチャイルド本部で開催されました。
 LBMAの言葉では、100周年のお祝いの「瞬間」は次のとおりです。


「最初の金価格の100周年を迎え、最初の金価格が設定された(2番目の)
ニューコート、セントスウィジンズレーンの敷地に
建てられた現在のロスチャイルドの建物で開催されました。 
Rothschild&CoがこのイベントをLBMAと共催するサポートを
してくれたことに感謝しています。」

ゴールドフィクシングの100周年は、LBMAが主張する「 重大な機会 」ですか、
それともLBMAキャンプからのチアリーディングハルバラを相殺するために
より現実的な視点が必要ですか?

このウェブサイトや、最近のLBMA Gold Priceを調べた記事を含む、
その存在の過程で悪名高い金修正の側面をカバーした他の場所にある多く
の記事のいくつかを見てみましょう。
 結局、LBMA Gold PriceはGold Fixingの単なる別の名前であり、
今月LBMAプレスオフィスが窓からふりをしたときにそのように認められました。
「 2019年9月12日は最初の百周年ロンドンの金価格、
 または現在LBMA金価格として知られているもの


1919年から2019年をカバーするという100周年のまさにその定義は、
「 ロンドンゴールドフィクシング-LBMAゴールド価格 」の
継続性を強調するものであり、LBMAゴールド価格は、
ゴールドフィッシングの偽装されたより魅力的なバージョンです。
新しいボトルに入れた同じ古いワインの古典的なケースであり、
価格設定プロセスはイングランド銀行と地金銀行によってまだ制御されています。

恒久的な備品–ロスチャイルドとイングランド銀行
Mocatta&Goldsmid、Samuel Montagu、Sharps&Wilkins、Pixley&Abell、
そしてもちろんNM Rothschildの古い5人の金のフィクサーは、
HSBC、Deustsche Bank、Barclays、Scotia、SocGenの
現代の5つの金のフィクサーでした。 
2014年から2015年の期間までにFixingのみを実行していた5つの銀行 
簡単に要約すると、次のとおりです。

1957年、シャープス&ウィルキンスはピクスリー&エイベルと合併して
シャープス・ピクスリーになりました。 
1966年、「 イングランド銀行の要請 」で、クラインウォートベンソン投資銀行は
シャープスピクスリーを買収しました。
 1993年、 ドイツ銀行がクラインウォートベンソンを買収し、
その際にゴールドフィクシングの座席の1つを取得しました。

1957年、Mocatta&GoldsmidはHambros Bankに買収され、
1973年にMocattaがStandard Chartered Bankに売却されました。
1997年、ScotiabankはStandard CharteredからMocatta Bullionを購入して
ScotiaMoca​​ttaを設立しました 。 
それは金固定座席番号2を説明しています。

1967年、ミッドランド銀行はサミュエル・モンタギューの支配権を握り
、1974年までに完全子会社となりました。
1992年、香港と上海銀行公司( HSBC )はミッドランド銀行を完全に買収し
、ゴールドフィクシングの5議席のうち3分の1を買収しました。


主要な金精錬業者として、ジョンソン・マッセイ(JM)は1920年代から
金の固定に関与していましたが、1960年代初頭に
ジョン・マッセイバンカーズリミテッド(JMB)が設立されました。
 1984年、JMBはロンドンで最も記憶に残る金融および金市場の
スキャンダルの1つで崩壊し、イングランド銀行はJMBを買収し、
オーストラリアの銀行Westpacの金取引部門であるMase Westpacに売却しました。 
1993年、ニューヨーク共和国国立銀行はMase Westpacの固定席を購入しました。

2000年に、HSBCはニューヨーク共和国銀行も買収しました。
 HSBCは既にゴールドフィクシングの5つの座席のうちの1つを持ち
、共和国も(Mase Westpacの購入による)座席を持っているので、
HSBCは固定の2つの座席を持っているので、
これらの座席の1つをクレディスイスに売却しました。
 2002年、クレディスイスはこの席でソシエテジェネラル( SocGen )に売却しました。
 これは、Gold Fixingの座席番号4について説明しています。


NMロスチャイルドの? さて、これらのすべてにおいて、
その歴史のほとんどを通じて金の定着について永続的な唯一のものは、
すべての投資銀行の中で最も強力なNMロスチャイルドと、
カーテンの後ろで動作するその旧友であるイングランド銀行でした。
 。 しかし2004年、ロスチャイルドは神秘的にゴールドフィクシングから撤退しました。
 銀行に「深aをじっと見つめ、物理的な金が不足している市場を救済するために
英国の金準備を売却することを強いたのはイングランド銀行からのre責だったのか
、それとも陰に隠れたロスチャイルドの特徴的な習慣でしたか?」
 理由が何であれ、2004年にイングランド銀行は、
より柔軟なバークレイズ銀行がロスチャイルドの金固定シートを
購入するように組織しました。

特に、ロスチャイルドの影響は、2006年から2012年まで、
バークレイズのゴールドフィクシングで生き続けました。
これとその真実を信じることができれば、バークレイズの議長は、
元NMロスチャイルド議長の義理の息子であるマルクスアギウスだったからです。
エドモンド・ド・ロスチャイルド。


ロスチャイルドの5つの家の形の5番とその5本の矢の象徴性に精通している
ロスチャイルドにとって、ゴールド・フィクシングには
5つの席しかなかったという事実は、偶然ではなく、おそらく象徴的です。 
しかし、ロンドンゴールドマーケット、ロスチャイルド
、またはイングランド銀行の本物の操り人形マスターについては、
それが常に問題でした。

イングランド銀行のそれほど隠されていない手
NMロスチャイルドを除いて、ゴールドフィクシングの最初から一貫していたのは、
もちろんロンドンゴールドマーケットを管理し、常に管理してきた中央銀行である
イングランド銀行です。


たとえば、1954年から1968年にかけて、イングランド銀行や
他の中央銀行による金の市場価格を1オンスあたり35ドルに制限する
無数の試みが行われ、1961年から1968年の有名な崩壊は、
1968年3月、イギリス銀行が1967年後半と1968年初頭に金の備品に
数千トンの金を売った代理人としてイングランド銀行が
グッドデリバリの金の延べ棒を使い果たしたときです。

しかし、イングランド銀行は、ロンドンの金プールの前でさえ、
金価格に「 緩やかな影響 」と呼ばれるものを行使するために、
金の固定に定期的に介入していました。
 これは、1964年に記述されたイングランド銀行の
季刊報告からの次の文章にはっきりと示されています(16ページ)。



「 イングランド銀行は、フィクスチャーで物理的に代表されていません。
 しかし 、彼らは、他のオペレーターと同様に、
地金ブローカーを介して電話で注文を渡すことで固定に
効果的に参加することができ、固定では市場の会長、
すなわちロスチャイルドのサービスのみを使用します。

...、銀行は、外国為替および金持ちの市場の場合のように
、価格の暴力的で不必要な変動を回避するために、
可能な限り市場に緩やかな影響を行使することを目指しています
したがって、市場でのビジネスの継続を支援するためです。」

1968年3月にロンドンゴールドプールが崩壊した後、2週間後に、
中央銀行は1オンスあたり35ドルに固定された公式の金価格と、
他のすべての人にとっては「自由市場」の金価格の2層アプローチを使用して
金市場が再開しました 特に、再開時に、ロスチャイルドと
友人の毎日のゴールドフィクシングは米ドルでの価格に切り替わり、
午後の午後のミーティングが午後3時に追加され、
イングランド銀行と5人のフィクサーが午前中にさらにコントロールできるように
なりました。ニューヨークの取引時間。

しかし、イングランド銀行が1968年に金価格を操作する方法について
考えることを辞退したと思うなら、あなたは間違っているでしょう。
 それどころか、1979年と1980年にスイスのバーゼルにある国際決済銀行(BIS)で
、他のG10中央銀行総裁との議論を含め、現代まで秘密裏に秘密の方法で
計画を続けました。 
「 市場の心理を打破 」 し、「ターゲット地域内でそれを保持する重要な時期に 」
金価格を保持するための新しい介入主義者の金プール
(「 BISバーゼルの新しい金プール:パート1 」
および「 新しい金 」を参照)
 BISバーゼルでのプール:パート2 –石油のプール対金 '')。



イングランド銀行は、ロンドンの金貸出市場も考案しました。
1980年代に登場した秘密の不透明な市場で、
中央銀行はLBMA地金銀行を通じて金を貸し出しました。
価格に対する抑制効果。 LBMAとイングランド銀行に、
未払いの金融資または貸付市場の規模に関するデータを求めてください
。回答は得られません。 また、イングランド銀行は
、本物の金の裏付けがほとんどないかまったくないが、
依然として逆に巨大な紙の金地金の地位(地金銀行の約束の形での単なる信用)
であるロンドンでの未割り当て金地位取引の開発を許可しました
金価格の発見に影響を与える。

また、イングランド銀行の金の固定に対する「緩和的な影響」も継続しました。
 これは、1980年代にイングランド銀行の外国為替および金のテリースミートンの
頭が金の固定に介入したという驚くべき事例によって示されています:
「 テリーの金の活動は、しばしばロンドン市場の毎日の金の修正を支援することを
目的としており、利益。 これが何を指しているのかを正確に確認するには、 
「 1980年代のイングランド銀行とロンドンの金の固定 」を参照してください。



ロンドンゴールドフィクシングがどのように金価格を抑制してきたか
について疑問がある人は、1970トロイあたり35ドルの金価格の3つの価格ラインを
示すニックレアードのwww.goldchartsrus.comウェブサイトから
次のチャートを見てください。
赤は実際の米ドルの金価格、青は理論上の金価格で、
午後にロンドンで金を買い、翌日午前中に金を買い、
翌日の朝に金を売った場合、黒は理論上の金価格です。
午前中にゴールドフィックスを購入し、
同日午後にゴールドフィックスを販売した場合。


金の価格が1オンスあたり35ドルだった1970年から、
毎日午後の金の価格で購入し、翌日の朝の金の価格で19.5時間後に売った場合、
35ドルは15,843ドルの価値があります。 
これがオーバーナイト戦略の累積値です。 
一方、1970年以降の取引日ごとに午前中に金の固定価格で購入し、
4.5時間後に午後の金の固定価格で販売した場合、
あなたの35ドルは価値があります。 これが日中戦略の累積値です。
 重要な点は、ロンドンの金価格が日中の金価格を抑制し
、現在の金価格約1500ドルがこれらの金価格の価格のために
あるはずであるよりもはるかに低いことです。
 LBMAが今月ロンドンで開催されたGold Fixingの100周年記念の
解説で言及しているものはありません。



ロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッド
また、今月のLBMAの100周年記念式典で言及されていないのは、
信じられないほど名付けられたThe Gold Gold Market Fixing Limited(LGMFL)
 、Gold Fixingの5つのメンバー銀行(Barclays bank Plc、HSBC Bank USA、
ノバスコシア銀行、ドイツ銀行、およびソシエテジェネラル)は、
英国の企業家登記簿上の活発な企業です。 
そして、それはそれが錫で言うことを正確に行います。
 1994年1月に設立された同社の口座は、現在進行中の懸念に基づいて準備されている。
同社は現在、金価格操作への関与をLGMFLを非難する集団訴訟で
ニューヨークの裁判所で訴えられているため、会社を解雇できないためである。

たとえば、2019年9月4日に提出されたばかりの会社登記簿に関する最新の活動は、
SocGenのFrancois Combesが2019年8月30日にLGMFLディレクターに任命されたこと、
SocGenのVincent Domienが同じ日にLGMFLディレクターに解任されたことを示しています、
および2018年8月のスコシアのスティーブン・ロウの終了。

SocGenのFrancois Combesに加えて、現在LGMFLの他のディレクターは、
ScotiaのSimon Weeks 、 SocGenのXavier Lannegrace 、HSBCのPaul Voller 、
およびBarclaysのJerzy Burmiczです。 
ドイツ銀行は、現時点でLGMFLからの自己抽出に成功しています。
 最近の提出では、2018年12月までのロンドンゴールドマーケット
フィクシングリミテッドの最新の年次勘定も示されており
、次のような重要な解説があります。


“ London Gold Market Fixing Limitedの4つの加盟銀行は、
ニューヨーク州南部地区連邦裁判所で係属中の集団訴訟の被告として指名されています。
その最初の銀行は、2014年3月3日に、ロンドンのベンチマーク金価格を設定します。
 苦情は、とりわけ、ロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドと
その加盟銀行が、シャーマン法、商品取引法、商品先物取引委員会(CFTC)
規則180.1(a)およびさまざまな州法の規定をまとめて違反したことを
主張していますロンドンのベンチマーク金価格。 」

上記のロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドが言及している
米国の集団訴訟は、 
「 Spoofing Futures and Banging Fixes :Same Banks、Same Trading Desks 」などの
BullionStarウェブサイトの投稿や、 
ここで彼のブログサイトでアランフリンによる集団訴訟法廷書類。


そして、投資家が金市場詐欺の犠牲者であると考えるニューヨークだけではありません。
 投資家グループは、カナダの裁判所を使用して
、ロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドおよび
オンタリオ高等裁判所を使用する5つの金の固定銀行に対する集団訴訟を追求しています。 上記のLGMFLアカウントは、カナダの集団訴訟が次のように述べていると述べています。

「 ロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドとメンバー銀行は、
ロンドンのベンチマーク金価格を操作し、競争法の下で民衆の陰謀、
不当な富裕化および権利放棄のために10億カナダドルの損害賠償を求めるために、
互いに共謀、合意、および/または取り決めました不法行為。」


詳細については、 こちらとこちらをご覧ください。 
9月12日のLBMAの重要な100周年の更新から欠落しているのは
、ロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドが
まだ非常に活発で活発な会社であるという言及、
またはロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドと
5つのフィクサーのうち4人が現在被告であるという事実
ニューヨークとカナダの集団訴訟。

また、ロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドの
5つの金価格フィクサーの大半が、ロンドンの貴金属市場全体から撤退したことも
興味深いことです。 これには、 ドイツ銀行 、 バークレイズ 、
さらに最近のSocGenが含まれます。 カルテルの別のメンバーである
スコシアモカッタは、貴金属事業の売却を試みましたが失敗しましたが、
その事業の再編成を実行しました。 
これにより、HSBCはロンドンのゴールドマーケットで
引き続き完全にアクティブなままになります。


「現在も活動中のロンドンゴールドマーケットフィクシングリミテッドの
死傷者は非常に深刻であるため、以前のゴールドフィッティングピット全体が
呪われているようです。
悪名高いシンジケートの5番目のメンバーである
HSBCが何らかのタイプに陥るのは時間の問題ですトラブル?」

するのが一番いいのはそれを引っ張ることでした」
しかし、2015年にGold Fixingが撤回された理由は何ですか
(実際には同じ名前のものに新しい名前で置き換えられています)?
 英国のFCAやドイツのBaFinなどの金融規制当局が
金の固定の調査と5つの金の固定銀行の精査を開始した
LIBORスキャンダルをきっかけに、ロンドンの金の固定の解体は
おそらく2013年後半に始まりました。
 ドイツの金融規制当局BaFinは、ドイツ銀行の金修正活動の調査において
特に効率的であるように見え、2013年後半にBafinがドイツに要求した
文書に含まれていたものがあれば、ドイツ銀行は2014年1月に
ロンドンの金銀市場の出口に走り 、 Gold FixingシートとSilver Fixingシートの
両方を放棄します。

他の銀行が規制調査のために固定具に触れないため、
ゴールド固定またはシルバー固定シートのいずれかを販売することができなかったため、
ドイツ銀行は2週間前に通知し、 2014年5月13日に立ち去り 、
4つの銀行をゴールド固定に残しました(バークレイズ、スコシア、HSBCおよびSocGen)、
およびシルバーフィクシングの2つの銀行のみ(スコシアおよびHSBC)。

これにより、残りのフィクサーが船を放棄するための洪水ゲートが開かれましたが、
2014年5月15日にZeroHedgeの優れた記事「 ロスチャイルドからコッホ産業へ: 
「金の価格を「修正」する人々 」、これらの監督の名前は、
ドイツ銀行のマシュー・キーンとジェームズ・ヴォーリー、
サイモン・ウィークとスティーブン・ロウまたは
スコシア、バークレイズのジョナサン・スポールと
マーティン・ホワイトヘッド、HSBCのピーター・ドラブウェルと
デイヴィッド・ローズでした、SocGenのVincent DomienとXavier Lannegraceです。

1週間も経たない2014年5月20日、Baclaysはその後、
ゴールドトレーディングマークブッカーのヘッドが銀行を退職したことを発表しました。
 3日後の2014年5月23日、英国の金融規制当局である金融行為監督機構(FCA)は、
ロンドンのバークレイズ貴金属デスクのディレクターであり、
トレーディングフロアのブッカー、スポール、ホワイトヘッドの
同僚であるダニエルプランケットを発表しましたカナリーワーフでは、
午後のゴールドフィクシングの金価格の操作で起訴され、
金銭的なペナルティと取引の禁止が課せられていました。 
これは同じ「ダニエル・プランケット」が彼の「 私はミニ・プークを望んでいる 」
という声明で悪名をもち、ミニ・プークはより低い金価格でした。

同時に、 FCAはバークレイズ銀行Plc(バークレイズ)に26,033,500ポンドの
罰金を科しました。

「 ゴールドフィクシングに関連して、システムとコントロールの障害だけでなく、
自身と顧客との間の利益相反を適切に管理できない。
 これらの失敗は2004年から2013年まで続きました。 」

はい、あなたはそれを正しく読みました。
 バークレイズは、2004年から2013年までの10年間 、
つまりバークレイズが修正に取り組んでいた全期間にわたって
金の価格を操作したことで罰金を科されました。 2004年も興味深いものです。
2004年以降、5人のフィクサーが毎日顔を合わせて会うのではなく、
Webベースのアプリケーションと電子チャットアプリを使用して
リモートで会ったからです。
 詳細については、記事「 The pre-2015 London Gold Fixings –
報告よりも技術的に進んでいる 」を参照してください。 
これらのネットワークアプリとチャットアプリは、
結託をはるかに容易にしますが、証拠の痕跡も残します。

結論
ロンドンのゴールドマーケットの良さと良さが今年9月にゴールドフィクシングの
100周年を祝うと同時に、「新しい」LBMAゴールド価格を称賛しながら、
 口紅をつけることができるという古いフレーズを念頭に置いておく
とよいでしょう豚に、しかしそれはまだ豚 」。

LBMAは最近、「 金価格が1,000ドルの障壁を突破し、
2008年3月17日に史上最高の1,023.50ドルに達するには89年かかった」
 と 断言しました 。 悪名高いロンドンの金相場がない場合、
金価格はどうなるでしょうか?

この記事は、BullionStar.comのWebサイトに
「 ロスチャイルドがロンドンゴールドフィクシング100周年の影から現れる 」
というタイトルで最初に公開された記事の要約版です。

企業財務

=================
では・・・。








↑このページのトップヘ