ピーちゃんの通貨戦争と金融崩壊のブログ、金、銀の存在は? 旧名キャノン・ルミックス・シグマ などでの:ぴーの接写徒然blog

☆⌒(*^-゜)v 接写機材の紹介と撮った写真の掲載。 を当初やっておりましたが、あるサイトで 政治・経済のジャンルの削除がありましたので やむなくこちらにお世話になることとなりました。 では($・・)))/

今回、アメーXの政治、経済ジャンルの削除に伴い
こちらに引越します。

今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちは

いろいろな人がドルの崩壊について
現状をいろいろな表現を使って警告しています。
そのひとつが 米国債や金の先物などで
当局が印刷した闇の米ドルの総額は最低でも
21トリリオンドルとゆう数字です。
この紙幣の量では近じかハイパーインフレが
アメリカを襲うとゆう予想です。
https://usawatchdog.com/21-trillion-in-dark-money-will-cause-hyperinflation-rob-kirby/

またエリック・スプロットは長いトンネルの出口の
光が見えたと金価格について先週感想を述べています。
https://www.silverdoctors.com/gold/gold-news/light-at-the-end-of-the-tunnel-eric-sprott-on-the-week-behind-us/

ドルの崩壊は完全に水面下で進行しています。
中央銀行と大銀行間とマーケットの中で進行しています。
これがある日突然、リーマンショックのように
表に表れることは明らかです。
日本で言えば山一證券や拓銀のようにです。

皆様、ご安心ください。??!!
銀現物を持っていてよかったといえる日がちかづいています。
とはいえ日付けの特定は残念ながら不可能です。

仮にドルの崩壊と思われる第一報がはいったときは
ねんのためにスーパーに直行して食料品と当面の
生活必需品を購入してください。

では・・・・。

こんにちは


以下のサイトでスプロット氏がいっている

概略をお知らせします。
https://www.silverdoctors.com/headlines/world-news/try-to-stay-calm-eric-sprott-on-weathering-a-rough-market/


投資家で大金持ちのエリック・スプロット氏
は金銀価格の上昇を信じている人は
現状を静観する今の体制を維持して
ください。と述べています。

1.USミントの2018年分の金は売り切れ。

2.インド政府はいままで購入してこなっかった
  金の購入を始めた。

3. チャート的には金価格は完全に底を打っている。

1.  についてはだれかがインサイダー情報で
  大量の買いをいれ金をもっていった。

2.についてはインド政府はそうしなければいけない
  状況になっている。 さて、インドネシア、
  マレーシア、タイ、ベトナムなどの国々は
  どう行動するか??

3.チャートはおお底で、このチャートの状況を
  我々は待ち望んでいました。

多分金を安く手にいれるこれが最後の季節になるだろう。
ともいっています。

では・・・・。

こんにちは

銀価格はビックス氏のもくろみどうりには
動きませんでした。

小生、も価格の上昇を信じて1kgほど追加で
購入しましたが、価格は横ばいでした。

が、しかし、購入したことは後悔はしていません。

いずれ価格上昇はあるのでじっくり待ちます。
実際待ちくたびれた感はあります。

実際はどうだったか?
検証すべきですが、てだてがないので
お許しください。

では・・・・・。

↑このページのトップヘ