ピーちゃんの通貨戦争と金融崩壊のブログ、金、銀の存在は?

☆⌒(*^-゜)v 危機が迫っています。世界中の通貨を巻き込みます。 つまり世界中の全ての人を巻き込む通貨危機です。 これで、大多数の人は被害をこうむるでしょう。 しかし、危機の裏側にはチャンスがあります。 この危機は数世紀に一度のでかいものですが、 やりようによっては人生で最大のチャンスです。 このブログは危機をチャンスに変えるブログです。 では($・・)))/

カテゴリ: 貨幣価値。

借金の重さは、グローバルな金融システムを完全に破壊します。
これは、人々がそれを理解するユーレカの瞬間です...

エゴン・フォン・Greyerzゴールドスイス

数年後には、市場で真のユーレカの瞬間が訪れるでしょう。
しかし、アルキメデスの場合と同じ満足のいく
性質のものである可能性は低いです。
ギリシアの数学者および科学者は、
彼の風呂で排水された水の量が彼の体の量に等しいことを発見したとき、
「ユーレカ、ユーレカ」(私はそれを見つけた)と伝えた。

興味深いことに、アルキメデスはこの原則を適用して、
シラキュースのヒエロ王の王冠の金含有量を評価しました。
金細工師は、王冠の金を同じ重量の銀と交換することで
王をだまそうとしました。
しかし、金の密度は銀の2倍であるため、
同じ体積でもかなりの重量があるため、
金細工師の欺ceが明らかになりました。
ユーリカの今後の市場については、
後ほど詳しく説明します。

世界中には、毎年何十億時間も投資のまともな利益を達成しようとして
何百万人もの投資家がいます。
今日人々が投資できる分野の数は気が遠くなるほどで​​す。
しかし、金融市場に関しては、大多数が株式に投資しています。
そして、それらのうち、非常に少数は、
さまざまな株式市場のインデックスよりも優れています。

投資管理–中世のシステム

そのため、世界中で数百万人の投資家、数十億時間、数十億ドル相当の
コンピュータープログラムが、インデックスファンドに劣る
リターンを達成しています。
時間とリソースの無駄。
さらに悪いことに、個々のマネジャーは投資銀行または
資産管理ビジネスから莫大なお金を稼ぎます。
しかし、代わりに、コンピューターですべての作業を行うことができ、
これらすべての大物投資マネージャーは冗長になります。

投資業界のほとんどは、平凡で、利己的で、へそを注視するだけの
巨大なシステムです。
そして、これは、非効率的で業績の悪い業界に多額の費用を
支払うことにより、潜在的なリターンまたは年金の大部分を
失う一般の人々および年金受給者を犠牲にして行われます。

そのため、すべての資産市場が記録を更新している時期に、
平均して低いリターンを達成している
平凡な資産管理業界があります。
その後、
株式市場が下落するとどうなりますか。
さらに悪いことに、今年または遅くとも2020年初頭に
発生する可能性が非常に高い市場が暴落したときに何が起こるか。

DIPSを購入すると、
今後のベアマーケットで失敗します

そして、数年にわたり弱気相場があり、
世界中の株が実質的に平均75-95%失われた場合、
資産管理業界はどうなりますか?
なぜなら、これは今後数年間で最も可能性の高いシナリオだからです。
最初の1〜2年で、すべての投資家が下落を買います。
これは何年も、あるいは何十年も機能していましたが、
なぜ今回は機能しないのでしょうか?
まあ、世界中の中央銀行が、派生バブルが崩壊するにつれて、
さらに数十兆兆、さらには数百兆兆円を印刷するとき、
それは非常に限られた時間で機能します。

EUREKA –印刷されたお金には、
すべての価値がありません!

しかし、今回の違いは、市場がトリックスターのブラフと呼ばれることです。
 
世界にとってのユーレカの瞬間は、来る「無制限のお金をどこでも作成できない」
トリックが機能しないときです。
 中央銀行家は何十年もの間、世界に真の価値があると言った
お金を印刷することで逃げてきました。
もちろん、
金は常に紙幣の価値を破壊することにより、
中央銀行家の欺ceを明らかにしてきました。
事実上、誰もが(世界的な金融資産の0.5%未満)金を所有していないので、
しかし、  
非常に少数のは、金は1971年以来の周りに98から99パーセントを失い、
2000年以来、75%-85%に対して、その紙幣を持っていることを理解し
  、
政府は全力を行っています国の財政を管理する上でこの無能さを隠すため。

今回は、ユーレカを叫ぶ人ではありません。
代わりに、世界が最も不快な方法で体験するイベントになります。
なぜなら
 、負債の重い重みが世界の金融システムを完全に破壊する
可能性が高いからです。
これは、すべての借金を含め、
印刷されたすべてのお金の価値が実際にはゼロであることを
人々が認識するユーレカの瞬間です。
 あなたが薄い空気から負債を発行するとき、
それはゼロ価値を持たなければならないからです。
何らかの理由で、過去数十年間、誰もこれに疑問を呈したことがありません。
優秀な数学者であるアルキメデスは、
数分でそれを証明したはずです(写真を参照)。

印刷されたお金が不毛である場合、
資産は債務により資金調達されます

しかし、問題はもっと深い。 借金と印刷されたお金に価値がない場合、
借金が融資した資産も価値がありません。
 借金または印刷されたお金に偽の値を付けると、株式、債券、資産など、
この借金で購入したすべての資産にも偽の値があります。
本当に簡単です。お金をゼロで印刷する場合、値はゼロでなければなりません。
さらに悪いことに、ゼロコストで貸し出す場合、
このお金が投資される資産の価値もゼロでなければなりません。
方程式は単純です:0値IN = 0値OUT。

債務に起因する価値がプラスである限り、債務によって融資された資産は
プラスの価値を持ちます。
 
しかし、ユーレカの瞬間が到来し、発行された膨大な価値のない
クレジットのために債務が破綻すると、債務が無価値になると、
債務によって資金調達された資産も無益になります。

幻想的な世界のほとんどの価値は間違っている

これは自明の概念であり、誰もが見るべきです。
しかし
 、幻想的な負債と幻想的な資産のある世界では、
人々はそれがすべて現実であるという幻想の下で生きています。い
資産価値と富の最も大規模な破壊が起こる次の数年で、
彼らはどれほど幻滅するでしょう。
 未来の歴史家だけがこれをはっきりと見るでしょう。
しかし、後知恵の恩恵を受ければ、もちろん簡単です。

今日、何が起こっているのかをはっきりと見ることができる人が
ほとんどいないのは本当に素晴らしいことです。
彼らがする必要があるのは、金を基準として資産を測定することです。
金は歴史上生き残った唯一のお金であり、
数千年にわたって購買力を維持してきた唯一のお金です。 
これは、金が真実を伝えるものであり、その結果、
政府および中央銀行の虚偽の金銭を生み出す
詐欺行為を明らかにすることを意味します。

1971年以降、紙幣がその価値の98-99%をどのように失ったかを上で示しました。
これは株式市場でも同じです。
 
架空の価値がある偽物または印刷されたお金の在庫を測定します。
代わりに金の株を測定すると、真実が見つかります。
 そして真実は、実際のお金または金でパフォーマンスを測定する場合、
株は非常に異なって見えるということです。

完璧な尺度はなく、金でもありません。特に、
金は地金銀行と一緒にバーゼル(国際決済銀行)の
BISによって操作されているためです。
それでも、これは株式を含むほとんどの資産のパフォーマンスを
測定するための最良の尺度です。

グローバル在庫は実際の条件で60%〜85%減少しています

次の表は、2000年以降、主要な株式市場の一部が実際の金または金で
どのように機能しているかを示しています。
2000年は、世紀の変わり目であるため、もちろん重要です。
開始日は、明らかにパフォーマンスチャートに違いをもたらします。
金の嫌いな人は、最悪の観点から金を示すため、常に1980を出発点とします。
金は1980年1月に850ドルに達し、その後20年間修正されました。
しかし、金は1971年8月に35ドルから来ていたことを理解することが重要です。
これは、ニクソンが金本位制を放棄したときです。

とにかく、2000年は論理的な出発点であり、
ほぼ20年間のデータを提供します。

下の表は、2000年以降、金がすべての株式市場を大きく上回っている
ことを示しています。
 最高の成績を収めたのは、金に対してそれぞれ「わずか」58%と63%を
失ったダウとダックスです。
日経とFTSEは金に対して80%と85%を失っており、
これは非常に注目に値します。

はい、Dax以外の配当は含まれていません。
しかし、これは株式の大幅な不振を補うものではありません。
もちろん、金を貸して、その金を返すこともできます。
しかし、資産保全の観点から、これはお勧めしません。

結論は非常に簡単です。世界には、年金基金、ミューチュアルファンド、
ETF、および個人向けだけでなく膨大な株式基金の管理のために
莫大な金額を費やしている広大な産業があります。
この業界は、パフォーマンスに関係なく専門家に大金を稼いでいます。

そして、どの経営者も金への大規模な投資を検討することはないと
確信できます。
彼らは金を決して見
  ずそれを理解せず、
たとえたとえそれを知っていたとしても、
金を保持するだけでは十分なお金を稼ぐことができません。
定期的に株式を売買することにより、手数料を解約するのがはるかに良い。

株式の管理者は、投資家の実際の収益にゼロ、nを加えました。
在庫を上回ったのは金ではないことを覚えておく必要がある  
からです。
代わりに、金の形での実際のお金の価値に遅れをとることすらしていないことにより、
大幅にパフォーマンスを低下させたのは株です。
リアルマネーまたは金で測定すると、株式は過去20年間、ひどい投資でした。

しかし、事実上誰もこれに気づいていません。
代わりに、人々は数十億を払って、完全に非効率的な資産管理業界に報いています。

さらに悪いことは、上記の傾向が加速することです。
 
株式はすぐに金に対して自由落下し、ここから75%から95%を失います。
 私は、資産運用業界がその予測をまったくばかげていると思うことを知っています。
しかし、彼らは誰もこれまでのところ実際にどれだけ失ったのかを知らないので、
次に何が起こるかについても全く無知です。

ゴールドの所有者はよく眠ります

株価の急落と金の急増の加速段階が迫っています。
10月に株式市場が暴落する可能性があります。
遅くとも2020年初頭に発生します。
同時に、すべての通貨の金は非常に高速で大幅に上昇します。

資産管理業界の大部分は長年悪夢を抱く可能性がありますが、
財産保護主義者の少数は物理的な金銀でよく眠ります

Egon von Greyerz
創設者兼マネージングパートナー
Matterhorn Asset Management
スイス、チューリッヒ
電話:+41 44 213 62 45

===================
こんにちは、
以下の記事を機械翻訳しました。
https://www.silverdoctors.com/gold/gold-news/egon-von-greyerz-gold-is-the-truth-teller-in-a-world-full-of-illusion/
つまり、我々は価値のないもののために
あくせく働いている、いた、とゆう事か!!
俺の人生を返せといっても遅すぎるかな??
せめて、銀の現物でいい思いでもしようかな??

では・・・・。

ほんとに銀がそんなレートになるんでしょうか…
銀の上昇=電気自動車の原価
結果的に電気自動車が生産不可能になるか、超高級車になるってこと??
結局需給バランス保たれて、また今の価格水準に押し戻されるんじゃないかな…


こんにちは、

まず、マイク・マロニー氏の以下の記事を読んでください。
さらに、このyoutubeも観てください。
今、ドルが崩壊しようとしています。
ドルは不換紙幣であるため、ドルの価値を
維持するためには金銀価格が低い価格で
なければなりません。

なので、ニクソンショック以降は金銀価格は
故意に低く抑えられています。
その方法は先物取引で故意に銀行が
売りの注文を出すことで価格は低く
抑える事ができます。
そのための原資はドルの印刷紙幣でその
原価はパソコンの電気代だけです。

今、ドルを中心とする基軸通貨制度は崩壊の
瀬戸際にあり、崩壊すると低く抑えられていた
金銀価格は本来の価値に戻ります。

今、金融崩壊を防ぐためにどれだけドルが
すられたか?とゆうと天文学的な量です。
すでに、ドルは無価値といっていいでしょう。

そしてドルが完全崩壊した時には金本位制に似た
システムになるでしょう。
そうなると、金価格はとんでもなく上昇します。
それにもまして、銀価格は上昇するでしょう。
どれくらい金にくらべて上昇するか
とゆう理由は以下の翻訳をご覧ください。

今の金銀価格は市場の需要と供給できまっているので
正しい価格だ、とゆう見方は違うのです。
先物市場で価格が決定されるので、売りで何ドルの札が
でているか? 買いで何ドルの札が出ているかで
決定されています。 どれだけの需給があるかでは
ないのです。 なので大資本が故意に売りの建玉を立てると
価格は下がります。

FRBと銀行とが組むことでそれが可能なのです。
市場操作は金銀市場だけではなく、REPOでも可能です。
だから上昇した金利が下がったのです。
FRBが資金を注入したのです。 そのままだと
下がるわけないのです。

今、米国債市場も金利操作されていますが、
うまくいっていません。それが逆イールドです。
あまりに米国債の売りが多量なためにFRBだけでは
支えきれないのです。
なので逆イールドが発生しているのです。

でその結果ですか??
リーマンショック2.0がおこるでしょう。

それはドルの崩壊になり、やがて金銀市場の
操作もできなくなり、価格が高騰するのです。

まだ操作されているので、低いですが、あまりに現物の需要が
多いために操作しきれていないのです。
価格が低いと大量の現物を放出しなければならないのです。

さて・・・・。

質問者の疑問はもっともですが、あまりにも現状の学校教育と
マスごみ報道と株、先物などの経済書に毒されており、
小生の解釈を理解していただくには不可能なのかな
とゆう感想をもちました。

学校、株、為替、先物の投資の指南書はすべて、
銀行やドル基軸通貨制度に都合よく書かれており、
本当の金融の基本を説明していません。

一番の問題は信用創造でしょう。
たとえば小生が銀行からお金を借りて車を購入したとします。
それをうった人は売ったお金を銀行に預けます。
そして今度は家を購入する人にお金を貸すのです。
その繰り返しは延々と続きます。この流れをよく見ると
ねずみ講の一種だとゆう事にきづきます。詐欺です。
さらに、そのやり取りをしている紙幣事体も紙です。
我々が一万円を稼ぐにはとんでもない労働をしますが、
日銀はいくらでも印刷できるのです。
現に、リーマンショック以降とんでもなく発行しています。
おかしいでしょう。
つまり、金融システムは詐欺なのです。
どこをどうみても詐欺のシステムなのです。

これを繰り返すことで千円で購入できる量が減るのです。
だから、百円のカップヌードルがいま200円なのです。

これが購買力の低下です。

この説明はどの投資指南書にも書いていません。
当然です。それを書くと儲けようとして参加するシステム
自体を否定する事になるからです。

では・・・・。






こんにちは、

ゼロ・ヘッジの記事を機械翻訳しました。
ご覧ください。
https://www.zerohedge.com/news/2019-08-12/doug-casey-why-gold-best-money

人々は財布の中の紙をお金と考えているのは残念な歴史的異常です。
 技術的には、ドルは通貨です。
 通貨は、政府がお金に代わるものです。 
しかし、金はお金です。
なぜ、私がそれをゆうのでしょうか?

歴史的に、多くのものがお金として使われてきました。
 牛はローマ社会を含む多くの社会でお金として使われてきました。 
そこから「金銭」という言葉が得られます。
1頭の牛のラテン語はpecusです。 
古代ローマでも、塩はお金として使用されてきました。
そこから「給与」という言葉が生まれました。
 塩のラテン語はsal (またはsalis )です。
 北米インディアンは貝殻を使用しました。
 第二次世界大戦中にタバコが使用されました。
 したがって、お金は単なる交換の媒体であり、価値のある貯蔵庫です。


その定義では、ほとんど何でもお金として使用できますが、
明らかに、いくつかのものは他のものよりうまく機能します。
 人々が望んでいないものを交換するのは難しく、
価値のないものもあります。
 数千年にわたって、貴金属は最高のお金の形として登場しました。
 主に金ですが、金と銀の両方。

金について魔法のようなものは何もありません。
 それは、お金として使用するために自然に発生する92個の要素のなかで唯一、
非常に適しています。同様に、アルミニウムは飛行機に、
ウランは原子力に適しています。

これには非常に良い理由があり、それらは新しい理由ではありません。
 アリストテレスは、紀元前4世紀に金が金になる理由を5つ定義しました
(紙に記されたのは初めてだったかもしれません)。
 これらの5つの理由は、当時と同じように今日でも有効です。

スピーチをするとき、金が最高のお金である5つの古典的な理由を
教えてくれる観客に賞を贈ることがよくあります。
 すぐに–それらは何ですか? それらを思い出せませんか?
 読んで、今度はそれらをあなたの記憶に焼き付けてください。

お金
単語を正確、明確、迅速に定義できない場合、
それはあなたが何について話しているのか理解できないかもしれない
という証拠です。 
お金の適切な定義は、価値の貯蔵と交換の媒体として機能するもの
としてのものです。

政府の不換通貨は、お金として機能することができ、現在も機能しています。
 しかし、彼らは理想からはほど遠い。
 それでは、良いお金の特徴は何ですか? 
アリストテレスは紀元前4世紀にそれらをリストしました。
 良いお金は次のすべてでなければなりません:

耐久性 :良いお金がポケットにバラバラになったり、
見ていなくても蒸発したりすることはありません。
 破壊できないはずです。 
これが、お金のために果物を使用しない理由です。
 腐ったり、昆虫に食べられたりすることがあります。
 それは長続きしません。

分割可能 :あらゆる規模のトランザクションに適合するために、
良いお金は価値を失うことなく、より大きな部分と小さな部分に
変換できる必要があります。 
これが、磁器のようなものをお金に使わない理由です。
明の花瓶の半分はあまり価値がありません。

一貫性のある :良いお金は常に同じように見えるものであるため
、次の作品と同じものを認識しやすくなっています。
 これが、私たちがお金のために油絵のようなものを使わない理由です。
 同じ絵を描いていても、同じサイズで同じ素材で構成されている絵は
それぞれユニークです。 
それは、不動産をお金として使わない理由でもあります。 
ある作品は常に別の作品とは異なります。

便利 :良いお金はたくさんの価値を小さなパッケージに詰め込み、
非常にポータブルです。 
これが私たちがお金のために水を使わない理由です
-エスクローに伴うすべての問題は言うまでもなく、
新しい家の代金を支払うためにどれだけのお金を払わなければならないか
想像してください。
 また、鉛や銅など他の金属を使用しない理由でもあります。
 コインは十分に価値があるために簡単に処理するには
大きすぎる必要があります。

本質的に価値のあるもの :良いお金とは、多くの人が望んでいるか
使用できるものです。 これは、交換手段として機能するお金にとって重要です。
たとえ私が宝石商でなくても、誰かがどこかで金を欲しがっていて、
私にとって価値のある何かと引き換えにそれを受け取ることを知っています。
これが、碑文がどれほど印象的であっても、お金のために紙くずのようなものを使用しない、
または使用すべきではない理由です。

実際、アリストテレスが言及すべき6番目の理由がありますが、
それは彼の年齢には関係がありませんでした、
誰もそれを考えなかったので... 
それは薄い空気から作成することはできません。

硬貨を切り取って希釈した王や皇帝でさえ、
お金として本質的に価値のないものを使おうとすることで
逃げることができるとは思いもしませんでした。

これらが金が最高のお金である理由です。
 それは金の虫の宗教でも、野barな迷信でもありません。 
それは単に常識です。 
金はお金としての使用に特に適しています。
アルミニウムが航空機の製造に特に適しているのと同じように、
鋼は建物の構造に適しています。
ウランは原子力発電所の燃料供給に適しています。 
お金じゃない。 飛行機を鉛から、またはお金を紙から作ろうとすると、
If落に陥ります。

金はお金であるということは、価値を保存し交換する最適な手段を
模索する市場プロセスの結果です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
金銀は本当は投資商品ではありません。
お金そのものなのです。
印刷紙幣をお金と誤解させて使わせられているのです。
なぜ、金銀の現物がお金となったのか??
物と物との交換手段として有効なのかは、
数千年の歴史の中で生まれたもので、
論理的にも実践的にも裏付けと実証があります。

逆に印刷紙幣は最後は必ず紙にもどるとゆう
前科があります。印刷紙幣の崩壊確率は100%です。
そして、今全世界の印刷紙幣が紙になろうと
しています。

では・・・・。
 

こんにちは

もうすぐ起きる金融崩壊では
参加、不参加の選択肢はありません。
本人の意思に関係なく人々の
財布とスーパーの食料品の価格を
直撃します。

資産と言われているものの価値
貯金や不動産、株式を直撃します。

貯金があっても無駄です。
通帳の数字など無意味になる
からです。

もちろん、せいぜい頑張ってと
いっている、大多数の、自分は無関係と
思っている人々の貯金や財布も
問答無用で、直撃するでしょう。

なので、小生は金銀の現物所持を
ピー、ピーと叫んでいるのです。

はっきりいいます。
自分には関係ないと達観するのは
不可能なのです。
他人事ではすまないのです。

この状況で自分と自分の家族を守る方法は
金銀の現物と食料品を手元に置いておく
以外に方法はありません。

地上にいる全ての人が強制参加になって
富の移転があるのです。
ドル基軸通貨金融詐欺のせいでそれが
起こるのです。
少なくとも小生は奴らのせいで
これからの人生を棒に振りたくありません。
日本のバブルの崩壊で少なくとも30年は
すでに無駄にしています。
必要な対策を取るのみです。

本人がどう思っていようと自分とは無関係とゆう
選択肢はないのです。

では・・・・。

こんにちは

おもしろいyoutubeがあったので、UPします。
https://www.youtube.com/watch?v=Qb8_SXIUIcs

で、このyoutubeで問題になっている
前沢社長の発言、”お金を使えば使うほどもうかる。”
ですが、このyoutubeの人は嘘だといっている
わけです。まあ普通の常識人で小生より知識も
行動力もあります。小生よりは優秀です。

でも小生、前沢社長は本当にそうおもっているし
実際そうだ、と思っています。
このブログを最初からずっと読んでいる人は
なるほど、と思いあたると思います。

そうです、原因は各国中央銀行の激しい札すりです。
前澤社長の購入品は高価な美術品です。 そして社長は
目利きでもあります。
なので、お金を払って購入した美術品が札すりに
よってどんどん価格が上昇するのです。

実際、美術品の価値は変わっていませんが、札すりのために
貨幣価値がどんどん下がっているので価値が同じな
高級美術品はビシビシ価格が上がるのです。

そしてそれを実感した社長はいったわけです。
”お金を使えば使うほど儲かる”と、でも本当は
儲かっているわけではなく、美術品の価値は同じで
貨幣の価値がどんどん下がっているのです。
なので実際は儲かっているように錯覚しているのです。

でも現金で銀行に置くよりは高級な美術品のほうが
いまは百倍も正しいでしょう。
なにしろいずれ印刷紙幣は紙クズになり、
高級美術品は今後ずうっと高級美術品としてあるの
ですから・・・・。

それにもまして恐ろしいのは彼の運とお金が集まる
流れです。 運が彼に向かってビシビシと流れています。
すごいです。

草々。

↑このページのトップヘ