ピカパウのねぐら~FX自動売買ロボット開発部~ ENAtop

9月2週

20120914G大人の夏休みも終了したのかようやく相場も動き出しました。しかしホント動かなかったもんなあ。8月のコメント見返しても無気力感が漂っているw
ユーロは上スタートのようで、木金の値幅が300pips以上となかなかのもの。極端なんだよ~まったく。

9月1週

20120908G重要指標が終わってようやくユロドルが動き出したので、来週からはトレードが増えそうです。

8月5週

20120901Gいやーゴールデンウィーク以来の完封試合でしたorz

8月4週

  • 2012年08月27日
20120824G夏枯れでございます。

8月3週

  • 2012年08月18日
20120818G夏枯れ相場でしょうか、8月に入ってからボラ低いですね。今週は4トレードしているのでロボットの動き自体は悪くはありませんが、煮え切らない動きが続いてます。

MosliとAsli

さてさて今週月曜から試作6号機と7号機の実装を行っていました。共通モジュールにコピペするだけで済むと思っていましたが、実際組み込むとなると細かいとこで不整合が出て、セコセコとバグ取りをしていたらもう木曜とか!
名前はMosliとAsliにしました。
2つのとも割と限定された状況で出動する感じで作ったのですが、ここ2か月だとMosliが予想外に動くんですよねえ。ちょっと想定外。Asliは予想通りで週1動くかどうかといったところ。
これでENA、Higekoと合わせて、ねぐらファミリーは4体となりました。
頑張っておくれよ~~。

8月2週

20120811Gボラ小さいですのお。
ロンドンが下げてNYが上げるというのを一週間繰り返してました。
ヽ(`Д´)ノ

子供二人

  • 2012年08月04日
さてさて、GWからこっそりデータ取りしていた試作5,6,7号機ですが、6と7の調子がいいのでお盆休みを利用して実装しちゃおうかなと思っています。5はもうちょい改良が必要なのでとりあえずお蔵入り。データ取り期間がちょっと短いですが、ロットを極小にして実践の中で調整していこうかなと思っています。試作データ取りを別PCでやってていろいろメンドイので1つのPCで管理したいんですよね。Higekoのときのように、基本はENAの共通モジュールにコピペするだけなので手間は大したことないです。
ねぐらも大分にぎやかになりそうです。もう名前は考えてあったりw

8月1週

20120804Gボス連戦の週でしたが、ドル円はいつものやつ、ユロドルは見事な逝って来いでした。ドル円77円台、ユロドル1.2000は過去さんざん戦場となったとこなので簡単にはいきませんね。

てくにかる(3)

しかしこの後出しジャンケン、待ったうえに更に待つ必要があるので、私のようなポジポジ病の人や欲望ギラギラな人にはキツイですね。それと後出しジャンケンできる状況ってそんなにないので、エントリー回数が少ないんですよね。そうすると利回りは低めになるので、これも大きく儲けたい人には味気ない。つまり手っ取り早く大きく儲けたいという、ギャンブラーとしての欲求を満たせませんので万人向けではないのです。しかし逆に言えば、万人向けでないからこそ優位性があるのかな、とも思います。相場なんて結局己の欲望との戦いですもんね。
しかし、こんなストレスが溜まる手法を長時間人間が手動でやっていたらおかしくなってしまいますので、監視する負担を軽減するために取引を自動化するのが現実的だと思います。となるとプログラミングの知識も身に着けないといけない訳で・・・やることが多くて大変ですね。

てくにかる(2)

と言っても、楽しいランダムウォークで手の打ちようがないのかと言うとそうでもありません。手っ取り早く大きく儲けたいというのは人間の本性ですが、この本性こそ確率的な偏りをもたらしてくれます。ポジポジ病の人はもちろんですが、テクニカルやファンダに従ってトレードしている人達も、儲けることばかり考えて狩られるという意識が希薄なことが多いので、当人は素晴らしいテクニカルで今日こそ大儲け♪と思っているんでしょうが、ポジションを取るということは、大人に「私はここまで来るとストップにかかって燃料となるのでよろしくね♡」とアピールしている面があることを忘れがちです。そして大人はストップがある程度溜め込まれた段階でひょこっと現れて、ちょいちょいっとつつけば燃料の方たちのおかげで大きく動くので、好き勝手に上下に振って大儲け。素晴らしいテクニカルを駆使したはずの当人達は破産と。ここで当人達というのは零細個人というよりも弱小HFですね。
相場はテクニカルなんていう抽象論や理想論で動くのではありません。燃料となるストップがそこにあるかないかです。長い間ずっと探していたものは、決してきらびやかなテクニカルなどではなく、不必要に手の内を晒さないこと。リバモアよろしく、誰かがストップを晒け出すのをひたすら待てる、後出しジャンケン能力でございました。

てくにかる(1)

FXを始めてから一体どのくらいの数のテクニカルを試してきたでしょうか?裁量時代に試したやつなんて覚えてもいませんし、検証するのにも数が多過ぎてゲンナリしてしまいますねえ。それでも有効な手法が見つかればいいですが、さんざん苦労した揚句見つからないなんてオチもあるわけで。
ええ、見つかりませんでしたよ。。。世間一般で名の通っている手法をそれなりに検証してみましたが、顕著な優位性なんて見つかりませんでした。ホンマに優位性なんかあるんかいよ・・テクニカルとか考えた奴出てこいや!!
・・・というわけで、私的には、いわゆるテクニカル本に載っているような手法なぞに優位性はない!ランダムウォーク楽しいですね!ということになっております。さんざん惑わせやがってええちくしょおおおおおお!!!
ま、そんな儲かる方法が本屋で2980円で売っている訳がありませんがな。

だいじなもの

しかし、ブログタイトルで自動売買をうたっておきながら、どーでもいいチラ裏メンタル論の話しかない。わはは!
ブログやってて一つ再認識しました。人間、当人が本気なほど、大事だと思っていることほど表に出さないもんですね。自動売買を始めたきっかけはメンタルの改善目的で、機械に任せれば一貫性が出せるんじゃないかと思いましたが、現実はそんなに甘くはなく、今やメンタルの問題は有効な手法を生み出すしことでしか解決しないという、身も蓋もない結論に至っているので、そうなると、有効な手法をひらめくために必要な地道なデータ収集を容易に行えることこそ自動化の大きなメリットであり、しかし蓄積したデータは重要がゆえにこのブログには一切出ていないということですネ。蓄積されたデータはそれなりに分析されてはいるんですが、出せるのはどーでもいいデータだとすると、そんなん出して何の意味があるのかという。ゆえにチャート分析もデータテーブルも一切ない根性論ブログの出来上がり!ということになります。わっはははっははー!
・・・・・・ま、誰も見てないんで、出そうが出すまいがどうでもいいんですが。。。
しかしネットでも本屋でも必勝法とか溢れかえってますよねえ。なぜ大事な手法をあんな簡単に公にできるんでしょう?これはまったく理解できませんね。もしかしてそんなに重要じゃな・・

7月4週

20120728Gユロドルのランコルゲが結構凄かったですね。月足での強いサポートだったので、待ち構えていた大人が結構いたみたいです。しかし今回3回目のアタックなので、下のストップ狙っている大人もいるでしょうし、さてさてどうなることやら。

緑のやつ(2)

xenogears2まあ、それがきっかけでネットでプレイ動画とか見直しちゃって、ロボットを擬人化したいなあ、と思うようになっていろいろやっています。
作中で主人公は「何か・・・呪われていない、真っ白な命を・・・」とつぶやいていました。今私も全く同じ思いです。果たしてロボット達は欲望で真っ黒な私を救ってくれる天使となりうるんでしょうか。

緑のやつ(1)

一昔前にゲーム会社のスクウェアから出た「ゼノギアス」というゲームがありました。プレステの時代のゲームなのでもう15年くらい前ですかねえ。その中で主人公の過去生で、先天的な遺伝子障害によって子供を生めなくなった人類を描写したものがあって、分子工学の科学者であった主人公は、滅びゆく危機にあっても争いを止めない人々に憤りを感じながら、自分達が果たせない夢や希望を、ナノテクノロジーによって形成された人工生命体に託して死んでいくというシーンがあります。
当時は作品としての面白さ以外はこれといった印象はなかったんですが、ここ数年ロボット使いになり、またギャンブル依存症で破綻するかも、なんて危機感を感じていたこともあって、去年たまたまネット上でこのエメラダという人口生命体の画像を見かけたときに、こんなんあったなあ、と懐かしく感じると同時に、ふと「あれ?なんか似ているな・・」と思ったんですよね。動機が不純なのは大きく違いますが、私もこのままでは破滅すると感じてロボットの開発を始めたのは以前にも書いた通りです。

7月3週

20120721Gユロドルの上下動がえげつなかったですねえ。某グロ子さん使いの悲鳴があちこちの掲示板で見受けられました。順張り損小利大EAは長期で見ると勝てるのでしょうが、実際運用するときに精神的に耐えられるのでしょうかねえ。私には無理っぽいです・・・。

完敗!乾杯!!(2)

金銭的には大負けの週でしたが、心は静かで落ち着いていました。特に力む必要もなくロボットを信頼して任せようという気持ちになったからです。手法もメンタルもボロボロだった試行錯誤の時期は別にして、ロボットが収支トントンなレベルになった後も、頭ではロボットに任せたほうがマシだということがわかっていても、早く大きく儲けたいという欲望をコントロールできないことに悩み、このままでは破綻するという危機感を感じていました。しかしこのコントロールのきかない最悪の自分が、ついにロボットとの実力差が大きく開いていることを認めたのです。早く大きく儲けたいという自分の本性は、大した実力もないロボットに従おうとはしません。本能の赴くままにトレードしたがります。こいつを制御するためには、明確な実力差を見せつけてやる必要があったわけですね。そのためにはロボットがある程度長期的によい成績をあげるまで待たねばならなかったのです。

完敗!乾杯!!(1)

よくマンガとかで、それまで主人公を苦しめてきた悪役が激闘の末ついに倒されて、「ぐぬう、まさかこの俺様が、、、しかし、これでやっとこの苦しみから解放される・・・(安らかな顔)」なんて言葉を残しながら死んでいき、「こいつも内心は苦しんでいたんだなあ」とちょっと感傷に浸るシーンとかあるんですが、この悪役の「やっと打ち負かしてくれた」って感覚、自分にもありましたねえ。本気でロボット開発に取り組んでいるのにうまくいかない、ロボットを信頼したくても出来ない、信頼できないからロボットの負けが込んだとき裁量で取り戻そうとして自爆するという流れに長いこと苦しんでいましたが、ようやく割と良いFTデータが数ヶ月続いたとある週に、ロボットが4勝1分け、欲望に負けて取った裁量ポジが3連敗したことがあったのです。このときふと「やっと完敗できたな」との思いがわきました。「やっと打ち負かしてくれたか」という安堵感を得たのです。

7月2週

20120714Gユロドルがなかなか下げずエントリー機会も少なめでしたが、後半になって動いてくれました。
何か最近金曜にカチ上げてそのままはりついて終わるパターンが多い気がするなあ。はめられた方は週末を不安で過ごし、週明け窓開けで昇天してしまうという悲しい結末ですねん。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
ピカパウのねぐら~FX自動売買ロボット開発部~