2007年06月23日

生姜焼きとジャド(6月23日昼)5

豚生姜焼きとワイン













いつものようにワインを買い、荷物を預けてモリタ屋で買い物。
お昼をどうしようと考えるうちに、豚生姜焼きにしようと思いついた。
そうだ!ハーフサイズの白を買って帰らなくちゃ。
一週間ちょっと前に、あるブログで読んで、久しぶりに飲もうとコメントまで書いたんだから。

ジャド・クーヴァン・デ・ジャコバン












ルイ・ジャドの最もベーシックな白、ブルゴーニュ クーヴァン・デ・ジャコバン04年
実際にジャド本社に行き、ジャコバン派教会も見たから尚更ってとこもあるけれど、このシャルドネはいつどこで飲んでも、よく出来ていると感心する。
フルーティで妙な主張がなく、実にバランスが良くて安心させてくれる。
ミネラルもしっかり持っているし、基準にしたいワインなんだけど、だいぶ値が上がって来てるねえ(>_<)

玉ねぎ










豚生姜焼きに玉ねぎは入れないのが普通?
入れても量は控えめ。
大概どこで食べても、キャベツの千切りが一般的だ。
それが関西風なのかもね。

子供の頃、晩ご飯が生姜焼きだと憂鬱だった。
なぜなら玉ねぎたっぷり。
今では大好きなこの食材も、高校生ぐらいまで、大嫌いの三乗くらい嫌だったんだ(笑)
玉ねぎを避ければ、父の叱責と手が飛んでくるので、目をつぶって飲み込んだものだ。
ところが、今やダ〜イスキ(笑)
だから、生姜焼きには玉ねぎたっぷりが当然。
なぜみんな入れないのかなあ

豚肉投入










豚肉を入れ、一緒についていたタレを絡めて出来上がり。
これは超簡単料理だな。
もっと色々工夫して、時々作ることにしよう。

豚生姜焼き













サッパリとしたジャドの白ともピッタリで、なかなかこいつはいいなあ。
豚肉は夏のスタミナ料理でもあるし、この前の茄子同様、使い勝手がありそう。

ところで、ワイングロッサリーの店の前にはデラウェアが植わっていたんだけど、全然気付かず、まさきこさんに言われて、あ!って感じ。
生食可能ながら、四条堀川ぶどうだからなあ(笑)
もうひとつ、これはすぐに気が付いた。

レジスター













おニューのレジスター
撮った写真をアップにしてよく見ると、清酒、合成酒、焼酎甲類、焼酎乙類、麦芽発泡酒、ビール、みりん、果実酒などとボタンが並んでるねえ(笑)

ハーフにしたから、軽く酔っただけで、お腹も空いてきた。
さあ、いつものように、バーに出かけよう。

生産:ルイ・ジャド
地域;フランス ブルゴーニュ地方
名称:ブルゴーニュ クーヴァン・デ・ジャコバン
年度:2004
品種:シャルドネ
輸入:日本リカー
購入:2007年6月23日 ワイングロッサリー

ジャド・クーヴァン・デ・ジャコバン コルク

Posted by picarle at 23:45│Comments(11)TrackBack(0)ワイン ブルゴーニュ 白 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/picarle/51003988
この記事へのコメント
> なぜみんな入れないのかなあ

それは
関西では昆布の旨みを使うからじゃないかなぁ
たまねぎの甘味と同じ旨みだから

と、言ってもしょうが焼きに昆布は入れないけど
Posted by 好青年F at 2007年06月24日 00:53
> なぜみんな入れないのかなあ

入れへんのですか?
僕は同じくらい入れてます
ショウガ焼きにキャベツは入れまへん。



Posted by 大将 at 2007年06月24日 03:08
 ショウガ焼きには玉ねぎでは?

 キャベツは千切りにしておいて、しょうが焼きのお汁を絡めて食べるのが好きです。
Posted by ごうやん at 2007年06月24日 06:08
わたしはシンプルにお肉だけです。キャベツはごうやんさんとおんなじです。

クーヴァン・デ・ジャコバンも、思えば師匠に教えていただいたのだった・・・。ありがとうございます(^^)。

葡萄の木は葉陰も涼やかに、美しかったですねぇ。
Posted by はたこ at 2007年06月24日 07:36
大将!

色々聞いてる中で、玉ねぎ派は初めて!
同志(笑)

こういうのは聞いてみると面白いですねえ。
Posted by PICARLE at 2007年06月24日 09:39
おっと、ごうやんさんも玉ねぎ派ですか!

実は別のとこで、もっと詳しい作り方を募集してるのですが、ごうやんさんはあっちは参加してないのですかねえ。。。

わかりにくい表現ですみません。
はたこさんに聞いてください。
Posted by PICARLE at 2007年06月24日 09:42
はたこさん

キャベツは甘味を加えるものだと思う。
玉ねぎも甘さだけど、シャキっと焼くと辛味も出るとこが好きなんだ。

あまりよく知らない店で、クーヴァン・デ・ジャコバンが置いてあれば、まずそれを注文する手だ。
最も信頼でき、間違いのないベーシックワインだと思うな。
Posted by PICARLE at 2007年06月24日 09:47
好青年

うるさいから、無視しようと思ったけど(笑)

同じ種類の旨味かなあ。。。
とかって書くと、またうるさいしなあ(笑)

僕は玉ねぎが好きなのさ。
Posted by PICARLE at 2007年06月24日 09:52
たまねぎを入れると料理の名前が変わる。ポークチャップだ。

豚丼や生姜焼き丼には玉ねぎが入る。
そりゃその方が美味しいから。

でも、生姜焼きなおで入らない。
豚の味噌汁と豚汁が違うみたいなもんだ。
Posted by 好青年F at 2007年06月24日 14:34
おニューのレジスター
撮った写真をアップにしてよく見ると、清酒、合成酒、焼酎甲類、焼酎乙類、麦芽発泡酒、ビール、みりん、果実酒などとボタンが並んでるねえ〜

ははは、
お酒屋さん向けのPCなので、どうしてもこういうのがついてくるんですね。使っていて気がつきませんでした。画面から削除します。
Posted by WG社長 at 2007年06月24日 16:35
シャチョー

気がつかなかったんですかあ。
サスガ、WGの社長だなあ(笑)
Posted by PICARLE at 2007年06月24日 20:24

コメントする

名前
URL
 
  絵文字