2005年05月17日

オンリーワン戦略

 このブログの最初の記事で紹介しました「ブログで始める超速起業入門」の著者の中野てるひこさんのブログ「週末起業家がひろがる!つながる! 一生サラリーマンで終われますか? オンリーワンの専門家になり起業しよう! 」を見つけました。 著書の中でも書かれている通りオンリーワン戦略を力説されております。

 さて、私自身が持つオンリーワンは何かなあと考えております。 Googleで本ブログのタイトルのキーワードである「バイオ研究者」と「週末企業」で検索してみても、ほとんどそれらしいHPは引っかかってきません。

 ということは、企業に勤めるバイオの研究者が週末起業しようという行為が私のオンリーワンになるのかな。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by amevansclapton   2005年05月18日 23:33
週末起業の本いろいろ読んでます。やはりオンリーワンは重要ですね。
2. Posted by かろりん   2005年05月18日 23:59
はじめまして。オンリーワンって難しい言葉ですね。
私のやっているオペラの世界では人間の声そのものが、世界に一つしかないけれども、その中でも才能と努力で優劣がついてしまい、きついものがあります。どの仕事でもそうですが、やはりプロとなると個性的であることプラス「レベル」を要求されますね。
要は「自分とは何か」をよく吟味して方向性をしぼれ、と言うことなんでしょう。バイオと週末起業、がんばってくださいね。私なら「オペラと法律(法学部卒なので)と笛とビジネス」かしら?
また遊びに来ます。
3. Posted by ぴちき   2005年05月19日 01:03
カロリンさん。 コメントいただきましてありがとうございます。

オンリーワンって難しい反面、私自身が生きてきた時間、そのものがオンリーワンなんだろうなー思っています。 案外、簡単なのではと楽観的に考えています。

 カロリンさんは芸術の分野に生きていらっしゃるのですね。 サイエンスと芸術とは離れているようで、案外近いのではと思っています。 サイエンスは論理で自然現象を明らかにしますが、その根底にあるのは研究者の思いであったり、情熱であったりするのであろうと私は思っています。 きっと、芸術もその人の「これを表現したい!」という思いの結果であろうと思っています(勝手な議論ですが、この解釈あっていますか?)

 是非、芸術とサイエンスの共通点について議論させて下さい。 楽しみにしております。 
4. Posted by ぴちき   2005年05月19日 01:09
 amevansclapton さん。 コメントいただきましてありがとうございます。

 amevansclapton さんの「社長を目指すぞ!」という意気込み、私も同じに持っています。 大いに励みになります。

 これからも、ブログ読ませていただきます。 お互いに切磋琢磨できるブログを続けられたら幸せです。 

 
5. Posted by 高橋いらすとるうむ   2005年05月19日 14:25
大阪のセミナー行ってきたんですよー

かろりんさに同感します。一人一人オンリーワンだけど、それだけでは?

個性的と言われても、ビジネスマネジメントは?

でも、オンリーワンをうまく表現できる言葉を探すことは重要ではありますよね。

今ランキングに参加していて、フリー素材提供してますので、ぜひ!!
6. Posted by ぴちき   2005年05月20日 07:24
 高橋いらすとるうむ さん。 コメントありがとうございます。
大阪のセミナーに行かれたとの事。 内容はどうでしたか?

 自分の「オンリーワン」については、これからも考えていくつもりです。 
 
 既に起業されている高橋さんのコメントをお待ちしております。

追伸、高橋さんのブログのランキングアップに協力いたしました...。

7. Posted by 高橋いらすとるうむ   2005年05月21日 02:17
びちきさんありがとう/(^^)

中野さんの本は読んでいて、やっぱり直接話ができるっていいですよー。
ボチボチブログで書きますから、見てみて下さい。
8. Posted by ぴちき   2005年05月21日 11:05
 高橋いらすとるうむ さん。

 高橋いらすとるうむ さんのオンリーワンについてのお考えを拝見できるのを楽しみにしております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔