1: 2017/11/14(火) 01:57:36.99
『電影少女』ビデオガール・アイに西野七瀬が決定! 衣装姿がかわいすぎ 

テレビ東京系ドラマ『電影少女』に乃木坂46・西野七瀬が出演! 野村周平とのW主演に期待の声も。 

テレビ東京で 2018年1月クールに放送されるドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』に乃木坂46のメンバー・西野七瀬が出演することがわかった。 

本作は『週刊少年ジャンプ』で連載されていた桂正和の恋愛SF漫画の傑作『電影少女』の映像化作品。時代設定を現代に移し替え、原作の続編という立ち位置で制作される。 

西野が演じるのはビデオガールのアイ。すでに発表済みの主人公・弄内翔役の野村周平に加えて、もう一人の主人公を演じる。今回の出演に際し、西野は以下のようにコメント。 

「嬉しいです。乃木坂46を離れて一人でドラマに出るのは久しぶりです。今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。 

まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします。大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデユーサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」 

■役作りのために20センチバッサリ! 

アイを演じるにあたり、西野は役作りのために髪をバッサリ切ったそう。 

「元々、いつかは切りたいなと思っていました。乃木坂卒業したらきろうかなって感じで。 

乃木坂にいる間は、切りたいけど、長い方がアレンジできるし制服とかも着るので似合いやすいから切らないかなと思っていたんですけど、この役に挑戦するために20cmくらい切りました。良い機会でした。切ってよかったなって。 

学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。ここまで、首が出てるのは初めてなのでスースーするから皆に風邪ひかないでねって言われました。ひく人いるみたいです。ここが冷えて(首を押さえながら)」 

髪型も衣装もかわいすぎやしないか……アイドルファンも、『電影少女』をリアルタイムで読んでいた世代の必見の作品になりそうだ。 

■『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』あらすじ 

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太の空き家で一人暮らしを始める。学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くという一方通行状態。 

そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて…!? ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる! 


no title


『電影少女』
no title

no title

no title

no title


続きを読む
広告を宣伝して報酬ゲット!