SEはSigur Rosだった。

ピアノが鳴り響いて、姿を表したSilicons。

あんびるさんは息を飲むほど綺麗だった。

最後のライブに臨む彼らにあったのは、戦いに赴く戦士のような美しさと何かふっきれたような楽しそうな笑顔。


きっとまだしばらく上手く気持ちの整理が出来ないと思うんです。

「終わりは始まり」とか、「ありがとう」とか、まだ言えない。

付き合ってた恋人と別れを迎えるような、そんな傷ついたような心境。

「好きなのに、大好きでずっと大好きだったその姿をまだこれからもずっと見ていたいのに離れなきゃいけないなんて苦しいよ」とか、そんな気持ち。


でも素晴らしいイベントだったし、素晴らしいライブだった。

それは間違いない。

会場には懐かしい人がたくさん集まっていて、つまりそれはSiliconsが長く長く愛されてきたってことだねって海斗と話していました。

出演したバンドは皆、全力で素晴らしいライブをしていまして。

愛に溢れた時間でした。


MCをやっていた運河トオルJr.のフロアライブからイベントスタート。



新潟帰りでHP0だったけど、やっぱり【Mogeha-e.p.Factory- 】は楽し過ぎて踊った。大好き。




会場がモゲの風船でひとつに。

【One Small Step】久しぶりに見れた。

この前マスキーさんもいっしょにやってたし見たかった【H.EAT】は、好きにならずにはいられないよあれは。ズルいなー。

【after the greenroom】はあんびるさんが好きなのがよくわかる。

会場をぐっと掴んでた【eleki】が終わって、Siliconsだった。


新曲、とてもよかったな。

私の心にちゃんと 刻まれたかな。

なんにも わすれませんように。


展示した、Siliconsのために書き下ろした絵はそのまま彼らに贈りました。




ありがとう。

心が 泣く場所 還る場所。