June 21, 2007

William D.Smith

元MotherlodeのWilliam D.Smithの78年の一枚。A-2“Where Did You Come From”を聴いて、とくにJazz/Fusionファンは、おッと思うはず。Larry Carltonのアルバム「夜の彷徨」でおなじみのはず。あの曲「彼女はミステリー」はWilliam D.Smithのペンになる曲ですな。
A-5“Right Feeling At The Wrong Time”はHOTという女性3人組の77年のヒット曲。サザン・フィーリングあふれるいい曲ですね。この曲、他にもいろんな人がカバーしてますね、ソウル系では、Manhattans、Peggy Scott&Jo Jo Bensonとか。
B-1“Girl of A 1,000Dreams”とB-4“Special Person”はNancy Shanxとの共作(Nancy Shanxって一枚アルバム出してたよね?)。
個人的お気に入りはA-3“Midnight Eyes”、A-4“Genevieve”の2曲、ひじょうに心温まるバラードナンバーで、どちらもおススメです。


(23:59)

この記事へのコメント

1. Posted by ocean   June 17, 2007 13:58
こんにちは。

僕はスミッティの存在を、リア・カンケルや、ジョーイ・スキャベリーが歌っていた「Down The Backstairs (Of My Life)」で知りました。この曲のオリジナルは、スミッティの『A Good Feelin'』に収録されていましたね。

声を聴いているだけで、人柄の良さがわかってしまう人だと思いました♪
2. Posted by masato   June 17, 2007 21:43
>oceanさん
おひさしぶりです。
“Down The Backstairs〜”、うろ覚えですが、その他にもYvonne Elliman、Kenny Rankinなんかもカバーしてたと思います(間違ってたらゴメンなさい。)。
Joey Scarburyは意外ですね(“America's Greatest Hero”に収録)。
3. Posted by ocean   June 17, 2007 22:15
>Kenny Rankin
そうでしたっ!『After The Roses』で演ってました。
思い出させてくれて有り難うございます♪
4. Posted by HEKA   June 18, 2007 21:34
これは懐かしい。。。
Larry Carltonをコピーしていたギター少年だった私は、やはり「Where Did You Come From」のオリジナルという線からこの人を知りました。当時は(と言ってもリアル・タイムじゃなく、数年遅れですが・・・)、AORとして楽しんで聴いてたなあ・・・A-1(Sweetie Pieでしたっけ?)なんか好きでした。。。
AOR的洗練ではこの「Smitty」に軍配が上がるでしょうけど、私的にはAllen Toussaintプロデュースの「A Good Feelin'」も捨て難い。。。
5. Posted by masato   June 19, 2007 05:59
>HEKAさん
「I Apologize」も彼のペンになるナンバーですよね。
6. Posted by HEKA   June 19, 2007 07:30
>「I Apologize」も彼のペンになるナンバーですよね。
そうでしたか。William D. Smith自身も歌ってましたっけ、「I Apologize」?
masatoさんの紹介文を読むと、結構色んな人に取り上げられてたんですね、この人の曲は。。。
7. Posted by masato   June 19, 2007 20:44
>HEKAさん
「A Good Feelin'」の7曲目ですよ、“I Apologize”。
8. Posted by HEKA   June 20, 2007 08:56
ありゃりゃ、そうでしたっけ。
なにぶん、最後に聴いたのも多分十数年前なので・・・^^;)
今度ちゃんと聴いてみます。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字