2007年04月16日

映画大帝の剣

先日、大帝の剣という邦画を見に行きました。


感想を一言でいうと、あいつら阿呆や…



大まかなストーリーは別に面白いも糞もない普通なんですが、細かい所で随所に笑わせ、登場人物の個性が、脇役まで光りまくっています。厳しい伊藤判定合格!

ただし、映画とはかくあるべきと考える人には駄目かも…ちなみに時代背景は江戸時代です。



登場人物について少し紹介しますと、主人公の巨漢の大剣使いに阿部寛。ちょっと清潔感ありすぎたかな…しかし回送シーンで出てくる子供は似ても似つかない黒人…おかしいだろ!

ヒロイン某姫に、長谷川京子。やんちゃなあんみつ姫ですが、宇宙人にのりうつられ、石を食ったり…よくこのオファー受けましたね…


姫のお付きの忍者に工藤官九郎。もの凄くたよんなかった…やぁ!やぁ!が笑


結構豪華キャストで、津川雅彦が渋く、敵の妖艶な女はやはり杉本彩だし、敵のズッコケ忍者の大倉孝二もいい味出してたし、黒木メイサは男性役やし、六平直政も当たり役、遠藤憲一はいつも通りのかませ役、ちょい脇役の忍者本田博太郎まで活躍する始末。


しかしながら、敵の大将の竹内力があまりぽくなく、残念だったなぁとは思います。



最後に、プロレスファンには嬉しい、船木誠勝が序盤に野盗の首領として登場!これもポイントアップでした!


pierochan110 at 12:34│Comments(0)映画・ドラマ・漫画 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔