10月は「道徳は教えることができるの?」
初めての会場の市役所の向かいにある、市民センター2階の会議室で開催しました。 

駅から10分くらいでしたが、迷ったという声は聞こえなかったので、駅から10分くらいなら使えそう。

会議室というのは、なかなか味気ない面もありますが、逆に言えば工夫のしがいもあるかと思ったりしています。いつものように、座る席のレイアウトや、飲み物の位置やデコレーション、音楽などリラックスできるようなデザインをこの部屋なりにしてみました。

ただ、会議室でやる場合は、1つのグループでならいいのですが、2つ以上のグループに分けてやる場合は、隣の声が結構聞こえてきたりするので、できるだけ、離さないと集中できないという印象があり、そこが課題。
対話をするうえであまり多い人数だと1人ひとりの話しにくさはあると言われていて、デモクラカフェもそのように考え、5、6名の人数が適正かなと考えています。
デモクラカフェでは、
そのような訳で人数の制限をしているのですが、この日は間違えて予約なしで当日参加される方がおられましたが、今回は特別に受け入れて始めました。(次回以降、ご注意ください)。

今回は、女性が少なく、少し社会的なテーマになると男性と年配の方の比率が高くなるという傾向を感じられ、他の対話の会や哲学カフェで聞いても同じような声を聞くので、テーマや問いと年層や性別の関係が感じられるように思います。 
しかし、一番の問題は、哲学カフェ等でも、政治的なテーマや社会的なトピックを敬遠されることが多いようですが、これにはどうも共通した課題が起きているようです。

今回の対話では、最初から2つのグループに分かれました。

1540616455397

1540616462158

それぞれの道徳の印象、捉え方を話してもらい、どう違いがあるのか、それぞれの捉え方の説明等をしてもらいました。
道徳という言葉について、どれだけ認識に違いがあるのかを知れればというものでした。

1540616473625

そのうえで、今月の道徳は教えることができるのか?を話し合いましたが、だれが教えるのか、どこで教えるのか、はそれぞれ違いがあるのではないかということで、だれがの種類や、どこでの種類を出し合い、それぞれどうなのかを話し合っていきました。