昨日NHKで学生と社会人が就活難・早期化について話し合う番組を見た。


「学生が焦るのがいけない」という社長がいた。


彼によると、「一人焦るからみんな焦る。結果、早期化」というバカげた話。

こういう社会を作ってきて、就職がなくなるとあせるなというのは無責任にもほどがある。問題は政府の施策だろう。


そして、中小企業には求人があふれているという話。

そんなのは当たり前ではないか。

求人がどれだけあふれていようが、大企業なみに給与をくれて、自分に投資してくれる中小企業がどれくらいあろうか。

安月給でこき使われて、おまけに研修、教育もなし、福利厚生も悪い中小企業がほとんどの中、そんなところにだれが好き好んでいこうか。

いい環境求めて大企業を受けようとする学生が多いのは当たり前の話だ。

他人の置かれている境遇もわからないまま、逆なでするような発言を繰り返す人間がトップをやっている企業など今に潰れる。

自分の受ける会社にはバカな経営者がいないことを願う。