East Asian Cafe


 〜長年のマンションでのベランダ園芸を卒業し 2012年初夏 ときどき潮風が吹く新居で小さな庭のある暮らしが始まりました

IMG_0358_1 IMG_0889-1_1 IMG_0759_1 IMG_0398_1 IMG_0817_1 IMG_0517_1 IMG_0872-1_1 IMG_0890_1


もう啓蟄だってさ〜(わが家だけ)

いくらヨーロッパ向けの放送があるからと、夜の十時から競技って、どうよ、とだれもが思う平昌オリンピックでございますが、ついつい見てしまうんですよ、奥さん。

さて、先日東京で仕事関係の集まりがあったんです。会社のトップの方から「東京オリンピックまであと2年。今年も来日外国人の数は4000万人を超えるだろう」というお話に、まだ腰痛が完治でしていない私は、せっせと治療しなくっちゃと思ったんです。写真は有楽町駅前のITOCiA(イトシア)。

IMG_1470_1

集まりの後、久しぶりの仕事仲間とお茶でもしましょうと銀座の街に繰り出しましたが、連休ということで、カフェ通のKさんが案内してくれるところはどこも2時間待ち。
結局、少し裏通りにあるカフェ・ベローチェに落ち着きました。ベローチェのコーヒーはなんと1杯200円ですよ。その上、ドリンクを注文した人はソフトクリームが100円ということで、1人300円で2時間余りを喋り倒しました。
ところで今ベローチェでは、ドリンクのレシート3枚で「ふちねこ」なるものをもらえるんです。

40587_01

この企画、おそらくはガチャガチャの「コップのフチ子」さんの人気にヒントを得たと思われますが、先日浅草橋で入ったベローチェで知って、ワタシ的には人間のフチ子さんより、こちらの「ふちねこ」の方がツボでした。

IMG_20180208_160102_1

この日、レシートが6枚そろったので交換しました。
ねこちゃんは袋に入っているので、袋を開けるまではどの形が入っているかわかりません。

IMG_1473_1

わたしには、こちらが当たりましたよ。
ねこが毛づくろいする時の姿勢で、よく見られますが、一番複雑な形でコップのふちにどう掛けたらいいのか、悪戦苦闘しました(笑) 多肉の鉢に掛けておこうと思います。

IMG_1477_1

もう一人の友人は、ぶら下がるねこちゃんでした。
あとでベローチェのHPを見たら、それぞれの形に名前がついていて、私のは「お腹なめ」、友人のは「ジャンボ」ということでした。
どれも細かいところまで精巧に造られていて、オス猫であることもわかります(笑)
なくなり次第終了です。

40587_04


この日はとても暖かい日で、夜になっても暖房をつけなくていいくらいでした。
そのせいか、リビングにこんなものが出てきていました。(この先、虫嫌いの人は要注意)

コガネムシの幼虫〜

IMG_1472_1

これで2匹めです
ゴミかと思ったら、動くじゃないですか!
ゴムの木かウンベラータのどちらかの鉢から生まれたと思うのです。
夏の間、ベタンダの半日陰に置いている時に卵を産み付けられたと思われます。

IMG_20180214_161017_1

もう少し暖かくなったら、土替えをしなくてはと思っています。



浅草橋へ

実家の確定申告のために帰省していたら、義母がインフルエンザB型にかかり、水も口にしない、起き上がれない、立てない…と義弟から連絡がきて焦りました。風邪をひいて元気がない母に夕食を作り置きし、後ろ髪引かれながら横浜に戻りました。
ありがたいことに、その後義母は食事をすることができるようになったとのことで、ひとまずほっとしました。
実母の方も、休んでいたデイサービスにきょうは行けたようです。

ほっとしたこともあって、きょうは浅草橋まで行ってきました。
浅草橋は台東区にあり、地理的には上野や秋葉原に近い場所にあります。横浜からはなかなか遠いですのですが、使わなくなった帯を使ってバッグを作ってくれる「池田工芸」さんがあるとのことで、締めるには傷んでしまった帯を直接持ち込んで利休バッグなどに仕立てをお願いしてきました。直接伺ってよかったです。具体的に相談もできますし、ネット注文より3割近く割引きになりました。1ヶ月ほどでできるそうですので、できあがったらアップしたいと思います。
浅草橋は家内工業でものを作っているところが、あちこちにあるのです。

IMG_20180208_152126_1

大通りには、様々な問屋さんがあり、あの「人形の久月」も。

IMG_20180208_155625_1

昔、会社のクリスマスパーティーの担当になったときに、浅草橋へサンタの衣装を買いにきたお店は、ここだったような…。シモジマ。

IMG_20180208_155450_1

造花ばかりの問屋さんも。

IMG_20180208_155307_1


実家の確定申告、今年は書類をバッチリそろえて税理士さんに渡せた!と、肩の荷をおろした気持ちでいたののに、浅草橋から帰ってくるなり税理士さんから電話。「書類が出来上がりました〜」の電話ではなく、「デイサービスの利用料の中には医療費に組み入れられるものがあるので、領収書を提出してください」だそうです。知らなかった〜
ちなみに実家の申告書は青色申告、白色申告の他に通常の申告書と3種類あり、今年も1回では終わらなかった私でした(涙)
ちなみに力尽きて、自分の確定申告の書類はまったく手を付けていません。

肉マイレージをためる

きょうは朝から雪が降っていたこともあり、予定していた実家への帰省を延期しました。
ヘルパーさんが来ている時間帯に母に電話をかけたら、横浜より千葉の実家の方が雪が多く降っているようでした。
千葉県というと房総のイメージで温暖なところと思う方もいるようですが、北総と呼ばれる千葉県の北の地域は、東京よりも寒暖の差が大きく冬はけっこう冷え込むのです。

私はみぞれの中、また整体治療に。まだ腰に張りがありますが、かなり回復してきたので、予約がとりにくい鍼治療でなく整体のみにしてもらったら、やはり鍼治療をプラスした方が深部の血流が良くなるようです。
きょうは若い女性整体師さんが担当でしたが、カイロプラティック系のマッサージでかなり痛かった エステやフットケア、マッサージ、改めて施術する人によって差があると感じます。

最近はインフルエンザが猛威をふるっているので、極力人混みに出ないようにしていますが、きょうは治療に出たついでに「いきなりステーキ」へ。
「いきなりステーキ」、ものすごく美味しいというわけではないけれど、時々猛烈に食べたくなります。今回は3ヶ月ぶり。
関内店は平日のランチにハンバーグとステーキの半々で300gというメニューがあり、それが私のお気に入りです。このメニュー、関内店のみだそうです。

IMG_20180202_130124_1

ステーキのみだと、カットしながら食べていると最後の方が焼きすぎになったり冷えてしまいますが、このランチではステーキはカットしてあるので食べやすく、さらにハンバーグが入ると顎が疲れません(笑)
柏店でステーキのみ300gやハンバーグのみ300gを食べてみましたが、どちらも最後の方は同じ食感に飽きてしまいました。(私の隣りの男性は500g食べていましたが!)

IMG_20180202_130129_1

ところで、「いきなりステーキ」には「肉マイレージカード」という食べた肉の量だけポイントがたまるというカードを作ることができます。毎月特定の日にチャージするとチャージ金額が少し多くチャージされるほかは、最初に作ったカードは(肉マイレージが2999gまで)特典はありません。
肉マイレージが3000gを超えるとカードのランクが上がり、毎回特典が受けられるようになります。

IMG_20171022_224812

そんなに食べられるかな〜と思い、最初は作っていなかったのですが、娘につられて私も作ってしまいました。
今ちょうど肉マイレージは半分くらい。
ここで300gのステーキを食べられるうちは、まだまだ元気というバロメーターになっている気がします。
本当に疲れている時は、おうちご飯が一番ですが。

月食、見えましたか?

昨夜の皆既月食、皆様の住んでいる場所ではご覧になれましたか?
横浜は「曇っていて見えない」という予報でしたが、試しにとベランダに出てみたら、幸運なことに、月が欠け始めてから雲がなくなって見えるようになりました。

IMG_1448_1

こういう時は一眼レフカメラがほしいですね〜

IMG_1450_1

赤い月〜

IMG_1458_1

月が満ちてくる時間帯は、残念ながら曇が多くなりましたが、しばし天体ショーを楽しみました。

スノードロップ

冷蔵庫のような寒さが続いていますが、スノードロップが咲いているのを発見しました。
10cmくらいの高さなので、うっかり見落としてしまうところでした。

IMG_1445_1

今月はお茶のお稽古はお休みとなりました。
みんな介護疲れが出てきているのです。

IMG_1444_1

思いがけず見つけた、小さな花も癒やしです。




降って、融けて、

昨日は、予報より早く雪が降り始めましたのよ、奥さん。
あっという間に雪景色になったのは、皆様ニュースでご存知のとおりです。
こんな日でも、腰痛の鍼治療の予約がとれているのはこの日だけなので、これを逃しては再発してしまうと、みぞれの中を治療に行きました。

IMG_1412_1

出たついでにと、いくつかの用事を済ませるため元町へ。
元々月曜日は、元町のメインストリートは定休日のお店が多いので、人が少ない中、サラサラと音を立てて雪が降っていました。

IMG_1416_1

メインストリートの道路は雪が融けやすいようで、あまり積もっていませんが、この後雪が激しくなるのでした。
夕方4時過ぎには帰宅命令が出た会社も多かったようで、遅延した電車がやっと駅に入ってくると、朝の通勤ラッシュ並の混みようでした。

IMG_1417_1
こんな日ですが、息子は私が雪かきしておいた玄関から夜勤に出ていきましたが、娘はめったにないくらい早く帰宅しました。

さて、午後8時過ぎ、わが家のエアコンがおかしな音を立てたのでベランダを見ると…
サッシを開けたら30cm以上吹き溜まっていたので、娘と交代で雪かきしました。

    IMG_1423_1  IMG_1424_1


一夜明けて、今朝は晴天。

IMG_1430_1

風は冷たいですが、あっという間に融けています。

IMG_1431_1

朝はこんなにあった雪が、夕方には姿もなくなってしまいました。

   IMG_1425_1 ⇒ IMG_1434_1



今年の紅梅は蕾が多い

昨夜も雨が降り、ようやく庭の土が全体的にしっとりとしてきました。

寂しかった玄関前の植え込みの紅梅が咲き出しました。

IMG_1407_1

この紅梅の樹、2012年の年の暮れにケーヨーデイツーで半額セールで980円だった盆栽ですが(2012年1月「春告花」)、その後の管理がなかなか難しく、地植にしたもののカイガラムシがついて一時は枯れそうになったりしました。

最終的に玄関前の半日陰に植え替えてみましたが、西風が吹きすさぶ環境にもかかわらず、この場所は気に入ったようで、今年は蕾が多くつきました。寒肥と夏の間の強すぎない陽射しがよかったようです。
 
IMG_1409_1

盆栽用に育てられたものなので大きくはなりませんが、5年も経つと愛着がわいてきます。
月曜日には雪の予報が出ていますが、しっかり残りの蕾も花を咲かせてほしいもの。

厳寒期はこれからですが、ガーデンシクラメンのそばにはヒヤシンスの芽も出てきており、春の花の気配がしています。

IMG_1400_1

カメラを地面につけなければ、人にも鳥にもまったく見えませんが、万両はちゃんと色づいていました。

IMG_1399_1


ところで、ぎっくり腰から半月、仕事に復帰しました。
仕事は迷惑をかけずに終えることができましたが、ああ、次の日の朝、ちょっと家の外の落ち葉掃除していたら、突然グキッという痛み 壁伝いに歩いて家の中に戻り、コルセットをして横になりました。どうやら、仕事用のパンプスが腰に負担をかけていたようです。

坂の途中で一休みしていた杖をついた老齢の女性が壁伝いにそろりそろりと歩く私をじぃ〜と見ていて、「大丈夫ですか?」と声をかけてきました。

完治まではまだかかりそうです。



春が待ち遠しい

腰が回復してきたので、昨日は少しだけ狭い庭の手入れをしました。
寒波で蕾をたくさんつけたまま枯れてしまった皇帝ダリアをバッサリ切りました。

今冬は雨が降らないので、庭の植物もいまひとつ元気がなく、ブログに残したいような写真も撮れず。
かろうじて、冬の方が葉の色が美しくなる多肉植物の黒法師、すっかり地植えでも馴染んできています。

IMG_1401_1

八重咲き水仙だけはあちこち花盛りです。

IMG_1404_1

午後から降り出した雨が恵みの雨となればいいのですが、やはり陽射しがない日はエアコン付けていても部屋の中が寒い。掃除でもして身体を動かせばいいのですが、息子が本日の夜勤のため寝ているので、静か〜にしています。

きょうは、仕事復帰に備えて、夕方から鍼治療してもらいます。

雨の音を聞きながら、春が待ち遠しです。

雲隠れした社長はどこに…

実家から横浜へ戻る途中、桜木町の駅近くにあるコレットマーレという商業ビルに用事があって途中下車しました。
コレットマーレの5Fに用事があったのです。

同じ5Fに、成人式の振袖事件で報道されている着物レンタル店の本店があります。
おそらくテナント料も払ってもらえないままでしょうが、
一時は取材陣が殺到したこの場所も、現在はこのように閉鎖中。

IMG_20180115_130935_1

昨年の秋くらいから、華やかな振袖が並んでいる割には、人気(ひとけ)・活気がないお店でした。
12月に、このお店の前を通りすぎる時、クリスマスセールの周囲とは違って暗く沈んだ雰囲気にちょっとぎょっとしたのを思い出します。

なぜ、そんなことを覚えているかというと、12月にお隣りの着物店でセミオーダー草履を見に来たからです。
本日は仕上がった草履を受け取りにきました。


旅行代理店て○るみくらぶのときは、身近な友人が被害を受けました。
それでも、社長は顔を出し、謝罪しています。

が、今回の事件はひどすぎる。
雲隠れしている社長がどう落とし前をつけるのか、今後も注視したいと思います。


初めての鍼治療

年明け早々に、実家で重いもの(=6人用家具調コタツ2台&曾祖母の桐箪笥)を片付けたためにぎっくり腰になった私、横浜の自宅に帰った翌朝から痛みがピーク!!

寝込んだまま、娘が出勤し、しばらくすると飲み会でオールした息子が帰宅したので、ベッドから洗濯を頼むと、これから東京へ初詣に行くという。バタバタ支度して「夕方には帰るから」と出ていきました。(冷たいヤツ!)
と、息子すぐに戻ってきて、冷蔵庫からジュースを1本持ってきて私の寝室に置いていきました。少しは悪いと思った? (しかし、息子よ! 人はジュースのみで生きるにあらず)

息子に病院に付き添ってもらえなければ、この日は動けない痛さ。タクシー呼べても、玄関まで行けない(苦笑) そういうことならと、久しぶりに惰眠をむさぼりました じ〜っと安静にしていました。さすがに午後になると、来週の仕事はキャンセルしなければと、会社に電話をかけたり(元気すぎる新年の挨拶が痛い)、返信メール打ったり(はかどらない、はかどらない)…。 寝ながらこういうことをしていると、首筋の凝りも半端なく、頭痛もしてくるし、毛布も羽布団も重くて寝返りも打てない…。

ここに住んで5年も経つのに、まだ馴染みの病院や接骨院がなく、とりあえず西洋医学
226132_1翌日、土曜日、娘を叩き起こして に付き添ってもらい、近所では大きめの整形外科に受付時間ギリギリにすべりこみました。長い待ち時間に耐えられず座った待合室のソファーが柔らかすぎ、自分の名前を呼ばれた時には立ち上がれず、歩行器を貸してもらうはめに。(娘、連れてきてよかった!)


歩行器に支えられて、レントゲン撮影
歩行器で立ったまま、電気刺激治療
歩行器で寄りかかって、医師の診断を聞く
「第四頚椎が羽布団だとすると、第五はせんべい布団になっているでしょ?!」とわかりやすい説明。「第五頚椎が肉離れした状態」とのことでした。

湿布と服薬の鎮痛剤、コルセットの使用が処方。
即効性がある痛み止めの神経ブロック注射も勧められましたが断りました。
電気刺激の効果があって、帰りは歩いて自宅に帰れましたが、効果は翌日には薄れました。


東洋医学
また週末には実家に行かねばならないし、さらに先の仕事を取り消すべきか期日も迫っているので、前から気になっていた近くの中国気功整体治療院に思い切って電話してみました。中国語訛りの日本語で応対してくれたのが医院長で、鍼治療をやっているとわかりました。
予約がとれただけで、なんだか少し良くなった気がしたくらい期待大〜(笑)

成人の日の朝、鎮痛剤を飲んでコルセットをして、予約時間5分前に行くと、すぐに問診開始。
両手首の脈診。脈診しながら、舌を見せました。「チャングムの誓い」の世界ね。
「悪いね。腎臓が弱いね。脈に現れているね」と先生が言って、自分のピンク色の舌と私の舌を鏡に写して見せてくれました。先生は血色がよく健康的で30代にも見えましたが、なんと55才とのことでした。

問診後、ベッドにうつ伏せに横たわり、丁寧に身体の揉みほぐし。
こちらの先生、今までに受けたどの整体師さんより上手い!!
十分な揉みほぐしの後に、いよいよ鍼治療。

OMG0I9A9242280133659_TP_V1


ちょっとチクッチクッとしましたが、韓国や中国で使う鍼ではなく、日本で使うより細い鍼を使っているのが、うつぶせでもわかりました。(写真はフリー素材から)
鍼を抜いて、また揉みほぐし。
「歩いてみて」と先生に言われ、指先と足先の鍼2本だけは残したまま、室内を歩きました。
軽い! まだ腰に痛みは少しあるけれど、首筋から肩まで、と〜っても軽くなりました。

OMG0I9A9238280133641_TP_V1

翌日も治療していただきました。
「今度来る時は、鎮痛剤は飲まないで来てね」と言われていたので、薬は飲まずに行きました。
今回の治療は、鍼が1回ですーっと入っていくのがよくわかりました。

先生は、「入りがいいね。薬飲んでないでしょ」と。
さらに、今回は「吸玉」を4箇所しました。
これは、以前接骨院で受けたシリコン製のと違ってガラスらしく、けっこう痛かった。
今、私の背中には温泉に行けないくらいの紫の丸いアザが4個あります。

suidama

でも施術後は、前日にもまして、身体が軽やかになり、帰宅した自分の顔が明るい
私の回復の様子に、肩こりがひどいという息子や、顎関節症ぎみの娘も、鍼治療に興味を持ち始めました。


そして、本日、最初の鍼治療から3日め、
なんということでしょう〜
連日寝ているしかなかったのに、1度も痛みで寝込まずに1日を過ごせました。
念のため朝からコルセットはしているものの、洗い物もできるし、洗濯物も。

何よりも、椅子に座れなくてパソコンも触れなかったのに、きょうが締め切りの生協のネット注文も無事でき、ブログ更新までできているのです!

西洋医学は、たくさんの患者を安い金額で救う方向で発展してきたと思いますが、
患者一人ひとりと向き合う中医学は、やはり素晴らしいなあと感じているところなのです。

2018年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます

IMG_1207_1

年末年始、皆様お忙しくお過ごしだったことと思います。

わが家は、年末年始が仕事だった息子に気遣いしながらも、元日は義母の家で義妹の準備してくれたおせち料理でまったりと。
2日は箱根駅伝を見ながら、自宅でゆっくり。
3日にB男が赴任先へ戻る際、一緒に横浜のデパートにお年賀を選びに行ったら、お年賀や福袋を求める人たちで、けっこうな混雑でした。

一気にお正月気分が抜けたきょう4日は、きょうまで休みの娘と一緒に千葉の実家に日帰りで行ってきました。わずか3時間半ほどの滞在時間に、帰省中の姉と娘を促し気になっていた粗大ごみの片付けを3人でやったら、奥さん、私がぎっくり腰になってしまいましたのよ  

言い出しっぺだからと年齢を考えずに張り切ったせいだとか、寒い中、準備運動もせずに重いものを持ち上げたからだと娘に言われました。
横浜への帰りは電車もずっと座席にすわれたのですが、その座席から立ち上がるのにも痛みが…娘に荷物を持ってもらって、やっと帰宅しました。

コルセットをつけたら何とか動けますが、先程までは落としたものを拾うことさえできませんでした。
明日の燃えるゴミは出勤する娘に出してもらい、洗濯はやっと休みになった息子を当てにしていたら、今夜はオールで飲むそうです。

というわけで、トホホな年明けとなりました。

こんな私ですが、2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も拙ブログご訪問ありがとうございました。

2017年も、拙ブログをご訪問くださり、ありがとうございました。

今年は実家の母の介護が始まり、ブログも重めになりましたが、コメントはいただかなくとも、毎日訪問してくださる方がいらっしゃること、更新の励みになっております。
来たる年も、自然体で更新していくつもりでおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


年末は単身赴任中のB男も帰宅し、娘も今年は休みがとれたので、30日には無事大掃除を済ませられホッとしました。
大晦日は、午前中にお煮しめを作り、午後は中華街の重慶飯店に焼豚を買いに行きました。
B男家にとって焼豚とは、外に食紅が塗られた五香粉の香りがするのが本来の焼豚のようです。
元日、義母の家にも持っていきます。

メイン通り以外のお店には、大量の中華おせちの材料が並んでいるのを見るのも楽しい。羊肉、鴨肉、アヒル肉。

IMG_1384_1

メインの通りは、上野アメ横には及びませんが、けっこうな人出でした。

IMG_1385_1

お正月飾りも中華街ならではですね。

IMG_1387_1

毎年、テレビのニュースに出てくるお店は老舗の「聘珍樓(へいちんろう)」。
今年はプロレスラーの藤波辰爾さんが店頭に立っていて、カメラや握手に快く応えていました。

IMG_1393_1

私は藤浪さんからコラーゲンたっぷりの豚の耳を購入しました。
大晦日の中華街、なかなか面白いです。

では、皆様、良い年をおむかえください。

変わらぬクリスマス、変わるクリスマス

予約投稿です。

横浜元町のイルミネーション、今年も変わらず。

IMG_1282_1

半ドーム型のイルミネーションは、人が入って写真を撮れるようにこの形になっているようです。

IMG_1286_1

横浜の老舗のベイカリーの「ポンパドール」は、ここが本店。赤とオレンジの光が温かい。

IMG_1288_1

今年のわが家のクリスマスは、みんなバラバラで過ごします。
私は実家へ、息子は仕事。娘はひとりクリスマスかな?
自分のブログで、昨年、一昨年のクリスマスの頃を振り返ってみたら、ここ数年クリスマスのケーキすら作っていなかった! 
ケーキがあればあるで喜ぶ娘のために、レアチーズケーキをクリスマス仕様にアレンジしました。

IMG_1379_1

生のローズマリーをもみの木に見立てて粉砂糖をふりかけるのは、先日NHKで男性の料理研究家が教えてくれたもの。彩りは、自宅で摘んで冷凍にしておいたブルーベリーとワイルドストロベリー。

IMG_1381_1

私も味見しちゃいました! さっぱりして、いけます

皆様が、穏やかで温かいクリスマスを過ごされますよう!

追加
母と食べたクリスマス・ティラミス
白い丸いものはキノコらしい

IMG_20171224_152457_1


「池田重子 横浜スタイル展」と留袖羽織

横浜そごう美術館で開かれている「池田重子 横浜スタイル展」へ行ってきました。
2年前に亡くなられた池田重子さんはアンティーク着物を平成流にアレンジした「昔きもの」ブームを作った人と言われています。
横浜生まれで、幼い頃はホテル・ニューグランドに度々食事に行く裕福な家庭で育ったそうです。横浜での展覧会の開催を強く望んでいらしたということですが、念願がかなって関係者の方々も喜んでおられることでしょう。

BlogPaint

亡くなられてまもなく銀座松屋で開かれた「日本のおしゃれ展」のときは、その美意識と充実したコレクションに感嘆しましたが(2016年1月「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」)、今回は港町横浜にちなんだ着物や帯、帯留のコレクションで、これもまた見ごたえがありました。

入ってすぐの展示のみ撮影が許されています。

IMG_1368_1

古いものを活用した現代風のコーディネートのセンスが素晴らしく、中には「冬のソナタ」に触発されてデザインしたという着物・帯・帯留がありました。
灰青地に雪を思わせる白い丸い飛び柄の小紋に、帯のお太鼓には雪景色のメタセコイアの並木、前柄はピアノの鍵盤を描いたもの…上品なコーディネートでした。
全体がご紹介できないのが残念ですが、前帯の一部を写した画像がありました。(minatomirai21より拝借)

3ccc898a191b23df6268f534c0b479b9

ふだんは展覧会のカタログを買わないのですが、熱烈に欲しくなりましたが、「横浜スタイル展」のカタログはないとのことです。その代わり、コーディネートを紹介した書籍がすでに何冊も出版されているのを見つけました。
全ページカラーで4冊そろえたら15000円超え…1ヶ月に1冊そろえる? 着物の関係の本を夜ベッドで見るのがこよなく幸せなのです。 (写真はアマゾンより拝借)

51yi2GOBtTL__AC_US160_ 513gSjmZkRL__AC_US160_ 51Z5fRjcB8L__AC_US160_ 51viaRZrT5L__AC_US160_

この日は池田さんに敬意を表して着物で行きました。
紺地に丸紋更紗の着物に博多帯、羽織紐は自作の銀粘土細工のブレスレットを解体し転用。あれやこれやリサイクル品活用しています。

IMG_1364_1IMG_1374_1

羽織は、嫁入りにもたせてもらった留袖の仕立て直しです。
クリーニングでもとれない茶色のシミが目立つところにでき、子供たちの結婚式ではもう着られないなあと思い切って着付け教室の練習用にし、これで修了テストも合格しました。
箪笥の肥やし決定だったところ、いつもお世話になっている呉服屋さんの美大出身の担当女性に話したところ、羽織にすることを提案してくれました。

BlogPaint

しかし、仕立て代が最安値のセールの時にお願いしたので、家紋の部分をなくすためハギを入れたり柄を選んだり作業が多くなるわりに実入りの良い仕事ではなかったのに、京都の職人さんも「是非やらせてくれ」と何度も問い合わせをして時間をかけて仕上げてくれ、会心の出来となったと思います。
      IMG_1375-1_1IMG_1377_1

残念ながら身内の結婚式には1度も来る機会がない留袖でしたが(姉独身のまま、義弟のときは出産後で母乳が滲み出て着られなかった)、これからはヘビロテ間違いなしです。
お母さん、ありがとう。

キムチ教室

年下の同僚に誘われて、久しぶりに料理教室に参加してきました。
料理上手と評判の彼女とは住んでいるところが近く、ご近所の人気の先生がキムチ作りを教えてくれるので、ご一緒しませんか?と、いうことでした。

私もキムチを漬け始めて6年ほど経ちますが(2011年3月「はるかなるキムチ道」、おさらいしてみたかったので即答し、この日を楽しみにしていました。
参加者は6人、都内や千葉県の市川から2度めの参加という方もいました。

まずは、ヤンニョム(薬味)作り。
ミョンちゃんのニラキムチのヤンニョムとそれほど大きな違いはありませんが、細ねぎでなく長ネギを使うこと、セリの茎を必ず入れることが大きな違い。

IMG_1341_1

発酵の手助けとなる米粉は、加熱して糊にしていくときに、本だしとコブだしも入れました。また、アミの塩辛以外に市販のイカの塩辛を入れたりもしました。

IMG_1343_1

こうしてすべてまぜたヤンニョムは、すでに美味しい
先生が丁寧に塩漬けして、塩抜き&水切りした4つ割り白菜に、各自ヤンニョムを詰めて、白菜の一番外側の葉でぐるりと巻けば終了。

先生の準備と皆さんのテキパキした動きで、キムチはたちまちできあがりました。
昨年参加した方が「早すぎて、あっという間に終わっていたので、工程がすべては把握できなかった」と言っていた意味がわかりました。

BlogPaint

そして、お楽しみの食事。
雑穀ご飯、先生の自宅で採れた野菜のピリ辛の味噌汁(エゴマ粉入り)に、豚肉のポッサム(=ゆで豚をレタスで包むこと)。

IMG_1357_1

紅茶で煮たという皮付きの豚肉は、皮に紅茶の香りがほのかに移って、その上柔らか〜

IMG_1356_1

豚肉にヤンニョムやアミの塩辛を載せて、いただきま〜す!!

IMG_1359_1

先生の漬けたキムチも加わって、野菜がいっぱいの料理をお腹がはちきれるほどいただきました。
ナツメと生姜とシナモンを煮出した韓国伝統茶は、ほのかな甘さで、生姜の香りが辛い料理をいただいた後のお口直しにピッタリでした。

ソウル出身の先生は、ご主人の転勤で日本に来られたそうですが、お子様も成人し、お孫さんも日本にいる今、もうソウルには帰らないそうです。
「自分の手の届くところに生活するものがある、それが家よ。10年住んだら外国でも自分の家になりますよ」とおっしゃっていました。

こちらの教室は「外国人の自宅で料理を習う」という主旨の教室で、会員登録して申し込むそうです。
とても楽しい料理教室でした。興味のある方はのぞいてみてください。
外国人の自宅で習う料理教室 ニキズキッチン
外国人が教える家庭料理教室 tadaku

Seasonal Plants
IMG_0775_1
記事検索
Recent Comments
Seasonal Plants
IMG_1577-1_1
Archives アーカイブ
Profile
Links
大谷先生のお菓子教室
オーストラリン・プランツの魅力あふれるAlexさんのブログ
祝100万ヒット!チャン・ドンゴンはじめ旬な話題満載miyukiさんの韓流ブログ
本文を超える絶妙なコメントに思わず笑っちゃう、れいちさんのブログ
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ