East Asian Cafe


 〜長年のマンションでのベランダ園芸を卒業し 2012年初夏 ときどき潮風が吹く家で小さな庭のある暮らしが始まりました

IMG_2955 IMG_2929 IMG_2927 IMG_2898 IMG_2819 IMG_2771 IMG_2743 IMG_3014

緊急事態宣言は解除になりましたが…

6月になって、今週から学校が再開し、通学路から子供たちの声が聞こえるようになりました。
分散登校の高校や午前中だけだった小学校など、それぞれの学校で模索しているようです。

週末は実家へ行き、母の薬を処方してもらってきました。緊急事態宣言は解除されたので母を連れていくべきなのでしょうが、当日の朝私が仏壇に線香をあげたところ、その煙で母が咳込んでいるのを見て、やはり高齢者は呼吸器も弱いのだと思い、私だけで行くことにしました。

病院は3月に行った時より検温・消毒がよりシステム化されていました。消毒薬は病院入口の外で、手をかざすとシュッと消毒薬が出てきました。プッシュしなくて良いので清潔で便利。検温は係員が来院者の額近くに体温計をかざすと瞬時に体温が出ました。その2つをすませると黄緑色の検温済みのカードをもらいました。このカードは精算を済ませるまで必要でした。

BlogPaint

いつもは専門外来の窓口で予約票をクリアファイルに入れてくれますが、感染予防のためファイルはなしとのことでした。土曜日とあって各診療科で待っている患者さんがたくさんいましたが、私の目的地である精神神経科は待合室にほとんど人がいませんでした。この科は急を要さない人が多いということなのだと思います。

柏の繁華街はそこそこ人が出てにぎわっていましたが、窓から見える病院の駐車場はかなり空いていました。

KIMG1321

この話題だけでは寂しいので、実家の庭の花を。
実家の花の中では、少ない洋風の花、フランネルソウ(=リクニス・コロナリア・スイセンノウなどとも)。

KIMG1313 (2)

初夏を告げるキリンソウ。

KIMG1315 (2)

昔はたくさんあったのにだいぶなくなってしまったムラサキツユクサが柘植の木の間で咲いていました。
自分の庭にもムラサキツユクサがほしいのですが、なぜか花苗が売られているのを見たことはありません。

BlogPaint


今回の帰省は、母が季節のせいか朗らかだったので、安堵して実家をあとにすることができました。
先日市役所で手続きした給付金も、無事5月22日に振り込まれていました。

帰りの乗り換えの上野駅で、久しぶりに一人カフェしました。緊急事態宣言中改装していたカフェがリニューアルして開店していたのですが、人がほとんどいなかったのです。

KIMG1324

カフェラテとレモンタルト。
カフェラテは美味しかったのですが、レモンタルトは乾燥してカピカピでした
ニュースでは首都圏に人が出ていると言われていますが、上野のエキナカに関してはガラガラだという証拠ですね。東海道線も緊急事態宣言と変わらず空いていました。
県外への移動が安心してできる日は、まだまだです。

野草の恵み

神奈川も緊急事態宣言は解除されましたが、娘の会社は当分の間、時間差通勤や在宅勤務を続けていくそうです。息子の会社も徐々に通常に戻るだろうということですが、6月はまだまだ自宅待機も続くとのこと。先日私、うっかりマスクを忘れて近所のコンビニに行ってしまいましたが、韓国や北九州のニュースを見ると、またいつどこで感染者が増えるかわからないなあと、襟を正す思いです。

五月も後半、この時期日本の古い暦では七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」にあたるそうです。お隣さんとの境にある法面に生えている麦もちゃんと色づき始めました。お隣さんもわが家もここは刈らずにおります。きれいなので。暗黙の了解でございます。

KIMG1309

さて奥さん、突然ですが今年は私、自宅の野草を食べる、にチャレンジしてみることにしました。
思い立ったのが遅くて、ちょっとクサソテツの若芽である「こごみ」は出遅れて葉が出てしまいましたが、4月にヨモギ(写真左)とヤブカンゾウ(右)の若芽を天ぷらにして食べてみました。見た目でおわかりいただけると思いますが、土がやせているので茎が細く繊維がいっぱい。それでも、ヨモギの天ぷらはヨモギの香り良くイケましたが、ヤブカンゾウは味に個性がないのでお浸しや酢味噌和えの方がよかったようです。

IMG_3569

次にトライしたのは、麦のそばに繁茂していたカラスノエンドウの実でした。写真は3月に花盛りの頃のカラスノエンドウ。ものすごい繁殖力で困っていましたが、たまたまネットで食べられるという記事をみつけたのです。

IMG_3484 (2)

花が鞘になるのはゴールデンウイークの頃だったと思います。見た目の鞘がぷっくりしたカラスノエンドウの実を選んで採取しました。麦の穂は大きさの比較と活けるために一緒に撮ってみました。

KIMG1285

鞘を開けてみます。小さいながらも、きっちりと豆が並んでいます。豆は硬いです。

IMG_3628

ひたすら皮をむいて分別。
もう少し入れたいところですが、あまり大量にやらないのが家族に受けれ入れてもらうコツでしょうか?

IMG_3629

炊飯している最中は、えんどう豆をゆでたような匂いがほのかにします。
炊きあがりは色が変わっているので、色良くしたいからと塩ゆでしたものを混ぜるというのには硬いので向かないようです。

IMG_3645

カラスノエンドウのお味、思いがけず美味しかったのです! えんどう豆のような「臭い」感じではなく、ご飯に梅酢をちょっと入れたような香りがして、小さいながらも豆のみで良い味が出ていました。

IMG_3646


さらにさらに最近試してみたのが、ユキノシタの葉っぱです。実家から持ち帰ったユキノシタ、日陰の中庭で増殖しているので草取りついでにだいぶ抜きました。

KIMG1311

形の整った大きなものを選んで。

IMG_3668

これも天ぷらで。あっという間に揚がるので焦げないように。揚げ足りないないかなと裏返しにしたものは、油切れが悪くなりました。裏側に盛り付けた方が白く仕上がって、見た目はいいようです。癖がなく、塩をつけて美味しくいただきました。

IMG_3670

ヤブカンゾウ、ユキノシタを食べてみて、野草はちょっとえぐみがある方が食べ甲斐があるかもしれないなあと思ったチャレンジでした。


ブラシノキ満開

少し前に屋根裏にしまった羽根布団のことを後悔するくらい寒い日が続いていますが、パジャマを冬仕様のまま夏掛けを重ねることでしのいでします。昨日娘は暖房をつけながら部屋で在宅勤務していました。
同じ昨日夕方、郵便局に通帳の記帳頁が残り少なくなったので新通帳にしてもらおうと3時すぎに行ったのですが、出ている人も少なく、すれ違った女性が皮手袋をしていました。これくらい寒いと外出自粛にはいいかもしれませんね。ちなみに窓口は閉まっていました。時短営業で3時までだったのですね。うっかりしていました。

きょうは久しぶりに昼間雨が降っていませんので、洗濯物を外に干しました。
と思ったら、遅れていた道路工事をガンガンやっており、家まで揺れています 終日かかるそうです。

ブログへの園芸の記録はずいぶんと溜まっています。
インスタにはすでにアップしましたが、せっかくの曇りの日なので、盛りが少し過ぎたブラシノキを写真に撮りました。オーストラリア原産の樹木らしく、葉っぱはどことなく揮発性の良い匂いがします。

IMG_3666

ブラシノキは金宝樹またはボトルブラシと覚えていましたが、花槙、カリステモンなど、様々な名前があるそうです。「カリステモン」とはギリシャ語で「美しい雄しべ」という意味だそうですが、その通りだと思います。また、葉っぱは槙の木に似ているので「花槙」なのかなと思います。

IMG_3653

咲くと華やかな樹に惹かれて小さな苗木を植えましたが、成長の勢いがものすごく、一昨年の秋に大きく伸びすぎた枝を強剪定したら、昨年は一枝しか咲きませんでした。剪定した枝のほとんどが花芽の枝だったのですね。
日向にあるブルーベリーは少ないながらも実がついています。

IMG_3665

日陰では、そろそろアジサイの姿が。その間を縫うように、昨年実家から移植したホタルブクロがまるで最初から生えていましたという様子で花穂を伸ばしてきていました。

IMG_3660

アマドコロが終わった後には、ユキノシタの花が咲き始めていました。

IMG_3662

そして、雨が続いていてしばらく見回りしていなかった裏庭には雑草がしっかり大きく育っていました。
これくらい大きくなっていると逆に抜きやすかったのです。蚊がまだいないのがありがたい。

IMG_3663

今週はわが家にもアベノマスクが届きました。しかし、元町ではドラッグストアにはなくても、洋服店やレストラン前などあちこちでマスクが売られています。お値段は50枚で1980円〜3500円。まだまだ安くなりそうです。そして、ないないと言われていたお手製マスクを作るためのゴムも売っていました。
それでもずっと必要になるマスク。これからは夏に向かって、フィルター効果があって涼しいマスクが必要とされるでしょうね。

庭と雑草、いろいろ

1週間前の母の日、「モノはいらない、労働で」とリクエストしていたのですが、特に何にもありませんでした。B男くんは雨の中、ちょっと遠いスーパーのお寿司を歩いて買ってきてくれましたが、出かけた時間が遅かったので売れ残ったものばかりとなりました 一応記録のために書いておきますね

夜遅くなって、娘からLINEでこんな画像(笑) 拙庭にいるピカチュウ!でごまかされました。とりあえず昼間AR写真を撮っておいたようです。ちゃっかり自分が以前母の日にプレゼントしたクレマチスを写真に入れています(笑)

1589115549648

手入れが行き届かないながらも、拙庭も次々と花が咲いては散っております。
冬に生協の個配で注文したナデシコの苗は大当たりでした。生協が提携しているアタリア農園の花苗は街の花やさんにある苗よりお値段高めですが、その後の成長が良く最近は愛用しています。

IMG_3637

法面は雑草との闘いとなっており、増えてしまったポリゴナムに交じってワイルドストロベリーは野生化して実をつけています。

IMG_3643

実家の芝生に生えていたタチイヌフグリ、わが家の法面の柔らかい土の場所に繁茂しています。

IMG_3642

先週は、法面の麦の穂を活けてみたり

IMG_3644

今週は、法面で咲き始めたメドーセージにボトルブラシとマーガレットで。

IMG_3654 (2)

若葉の季節はきれいですが、雑草の勢いはすごいですね。

IMG_3652


マイナンバーカードのことで市役所に行ってみた。

KIMG1288

新型コロナウィルスの緊急事態宣言を受け、政府や自治体が決定した給付金や補償金の支払いですが、「マイナンバーカードを利用してオンライン申請にすれば、速く給付される」という情報があったせいか、手続きの窓口となる各自治体の混雑ぶりはニュースにもなりました。

000379918

ですから、この時期、できれば市役所には行きたくなかったのです。
2015年に導入されたマイナンバーカード、カードの有効期限は10年間なのですが、電子証明書の有効期限は5年間、2015年に作った人は今年2020年が更新の年にあたります。有効期限は自分の誕生日までです。(市役所にて赤丸の部分を書き直してもらいます)
5月生まれの母、2015年にさっさと作っていました。更新の知らせは1月に届いていたようですが、1月下旬に帰省した姉はまったく気づかず、私がその封筒に気づいたのは3月半ば、ご近所のお通夜に参列した時でした。

BlogPaint

案内文書ではオンライン申請できそうなふうに書かれていましたので、マイナンバーカードを私に預けようとしない母の疑いに満ちた表情もあって、文書と母のマイナンバーカードなどすべて写真に撮り、横浜の自宅からPCで手続きしようと思いました。
その時驚いたのは、母が5年前に設定したパスワードを覚えていたことです! カードを作ってから、自分では1度も使ったことはないのですが、認知症になる前の記憶は残っているのですね!

ところがですね、横浜の自宅で何度も更新申請を試してみましたが、できませんでした。
(これ、給付金のオンライン申請にも言えることですが、日本ではマイナンバーカードによるIT化は全然進んでいないことがよ〜くわかりました!!)

そんなことをしていたら、外出自粛やら、ゴールデンウイークで役所がお休み、期限はどんどん迫っている。先日帰省した折、母に「更新しなくていいかな?」と聞いたら、「更新する」といいます。
母に私を代理人とする委任状を書いてもらい、今度はすんなりマイナンバーカードを預かることができました。

やっと今週、片道2時間半かけて故郷の市役所に行ってきました。マイナンバーカードの窓口、空いてましたのよ、奥さん! 一人も待っていませんでした(笑) 
窓口の貼り紙は、マイナンバーカードのオンライン申請が混雑していていつになるかわからないので、文書での申請を勧めていました。なんのためにオンライン申請を作ったのかな、の政府です

KIMG1289

市役所のHPを見ていたら、こちらの市では10万円の給付金の申請受付がすでに5月1日から始まっており、申請書が自宅に郵送されるのを待たなくても、申請書をダウンロードして印刷すればできるとわかりました。せっかく遠くから市役所に行くのですから、ついでにと母の申請書を代理作成して提出してきました。待ち人数は2人のみ。三密、ありません。

KIMG1290

私の提出した文書が、ビニールシートのカーテンの向こうの職員の人の汗がしたたり落ちて滲みました。「大丈夫です」とは言ってくれましたが、「できるだけ郵送でお願いしたい」とも言われました
なんだか責められているようで悲しくなりました。

市役所では他に2つの課に寄り、全ての用事を済ませました。故郷の滞在時間は50分余り。駅前の飲食店も市役所内のカフェも休業中、お昼も食べずに帰途につきました。

帰り道、仕事がない今春ですらこんなに慌ただしい思いをしている私、昨年までは仕事もあって、母のアパートの管理もして、どうやってやってきたのだろうか…頑張ってきたよね、私。
矢切、新柴又、スカイツリーがある曳舟…窓の外を流れていく風景が小旅行のようで、外出自粛の中、こうして外出できる理由があることに癒されてもいるんだなあとも思いました。

気分を変えたくて、京急品川駅で降り、JRのエキナカのサザコーヒーを目指しました。
エキナカのお店もほとんどが閉まっており迷ってしまいましたが、やっとたどり着いて、店員さんには申し訳ないけれどカウンター席で注文しました。

KIMG1293

壁のメニューにはなかったのですが、カウンター席にあったスイーツ「村田いちごのムースシフォン 1000円」に目が留まりました。ちょっと高いけれど、自分へ「お疲れ様!」

KIMG1295

新型コロナウィルス対策のため、コーヒーは使い捨て紙コップです。
ウィルスの影響は続きます。陶器のカップで飲める日は当分来ないのでしょうね。

KIMG1292

品川から横浜に向かう電車の中は、ゴールデンウイーク中よりずいぶんと人が増えたようでした。

KIMG1296

神奈川の緊急事態宣言はまだま終わりませんが、新しい生活スタイルを身に着けなくてはなりませんね。




ビバ! 人海戦術!

ちょうど1週間前、記事を投稿し終えた午前10時、携帯が激しく鳴りましたのよ、奥さん。
これが県民から避難轟轟の神奈川県知事からの外出自粛の緊急メールでした!! 午前10時では配信は遅すぎますよ、黒岩知事。

「緊急速報 神奈川県知事 緊急メッセージ 
 GWはがまんのウイークです。今日から大型連休後半の5連休。
 ふるさとへの帰省をはじめ、家族や友人と観光やレジャーなどを楽しむ絶好の季節ですが、
 今年だけは違います。
 今は神奈川に来ないでください。今は神奈川から出ないでください。
 そして、今はできるだけ家にいてください。外出自粛の徹底をお願いします。
 神奈川県知事 黒岩祐治(神奈川県)」

出ないで済むなら、そうしたいです、と私はスーツケースをガラガラ引いて実家に向かったのでした。
前の週に姉が行っているにもかかわらず、急に初夏の陽気になってきたせいか、実家は家の外も内も落ち葉だらけ、庭の芝生はタチイヌフグリが伸び放題で「故郷の廃家」に成り果てていました。あまりのひどさに、腰痛を気にしながら、夕方6時半まで一輪車6杯分の落ち葉掃きや雑草を抜きましたが、ほとんど見栄えは変わらずでした。(タチイヌフグリの写真はウィキペディアより拝借)

Veronica_arvensis_detail
 
翌日娘から、(新型コロナウィルス感染のことが心配なので)迷っているんだけど、行った方がいい?とのLINEに、横浜まで帰れるか心配なくらい痛みで疲弊していた私、天の助けと甘えました。
午後に到着してすぐに2時間作業してくれたB男くんと娘のおかげで、やっと人の住む庭らしくなりました。ビバ!! 人海戦術!!

BlogPaint

姉に報告するため作業中の二人を写真を撮りました。田舎なのに何気に背景にご近所の家3件も映っているのでモザイク。
要らないと言ったのに、母は珍しくお茶を煎れてくれましたが、可哀そうですが席はともにしませんでした。

夕方、横浜に帰ろうと準備している頃、はとこのお嫁さんのMさんから「じーちゃんの古い写真整理してたら、こんなん出てきました〜!」と写真が送られてきました。「結納って書いてありますぅ♪」「これは保存しておきますね」
奥さん、笑ってください! 昭和感満載の私とB男くんの結納の写真です。

BlogPaint

結婚前のアルバムは実家に置いたきりなので、私も何十年ぶりに写真を見ました。
着物を着る予定は全くなかったのですが、仙台から来てくれた仲人さんの奥様に言われて、急遽手持ちの小紋を着ました。着付けてくれたのは母だったのか姉だったのか、記憶にありません。衿合わせがきちんとしているから、当時海外赴任のために着付けを習っていた姉かもしれません。

写真もやはり仲人さんの奥様に言われて、義父母を車で送迎していた義弟が急遽撮ってくれました。だから、母も姉も割烹着やエプロン姿 今はこんなふうに結納に近所の人は呼ばないと思います。

母50歳、私26歳、二人とも頭が昭和!! みんな若かった〜  義母の口元、笑顔がわかりますね。
この中の男性陣で存命なのは真ん中のはとこのお父さん=「じーちゃん」だけ。
時は過ぎゆく〜
母を介護していると腹の立つことが多いのですが、こうして古い記憶をたどれば、母が精いっぱい私の家族にしてくれたことに感謝しなければと思い直すのでした。

青モミジ

五月になりましたので、小さな床の間に明るい色の青モミジと黄色いアイリスを活けました。
暗い四畳半の和室、冬の間は開け放すこともないので物置状態になっていましたが、徐々にお片付けをしています。空いている息子の部屋に移動しているだけなんですけど

IMG_3625 (2)

何度か登場している俳画も端午の節句仕様に。
床の間が半間と狭いので、どうしても掛物が窮屈そうになります。
今更ですが、思ったような家を建てるって予算次第なんですねえ

IMG_3624

きょうはこれから実家です。

皆様、良き休日を!!

君子蘭とアイリス

すべての学校が休みのこともあり、いつもの年より朝のウグイスの鳴き声が辺りに響き渡ります🎵 今朝は2羽のウグイスがまるで相聞歌のように交互に「ホーホケキョ」と鳴き合っていました。(無料画像より拝借)

animal-uguisu

玄関前の半日陰のスペースを意を決して大改造を試みています。長い間ほったらかしで伸びた水仙の葉っぱが毎年見苦しくなっていました。
まずは花が終わった水仙を掘り上げて移動または処分し、難関だった大きくなりすぎた君子蘭もステンレスの重いシャベルでぐいぐいと掘り上げて、空いたスペースに。雨がよく降ってくれるおかげで、枯れることなく根付いたようです。ちょうど咲き出したダッチアイリスと華やかなコラボとなりました。

KIMG1263 (2)

君子蘭は昨年より花の数が増えていますね。
(去年の君子蘭の写真は上の拙ブログのタイトル写真に入っています♪)

IMG_3616 (2)

車庫で園芸用品の整理をしていたら、花の名前を書いた古いラベルが出てきて黄色いダッチアイリスはゴールデン・ビューティという品種だと書いてありました。

IMG_3614

黄色いアイリスも花が終わったら、少し奥へ移動しましょう。

KIMG1261

もっと早くから咲いている紫のダッチアイリスは、パープルセンセーションという品種だそうです。
本当に花が大きくて名前にたがわず見事! 
花壇の小路の敷板がすっかり朽ちて見苦しくなっていて、ここも要改造。園芸に終わりなしです。

KIMG1230 (2)

今年も菖蒲の代わりに五月人形とともに玄関に飾っています。

IMG_3596


どこもなんとなく混みあっていますよね。

緊急事態宣言と外出自粛が5月6日以降も続きそうな気配が濃厚になりました。
政府の施策が後手後手だと批判してみても、残念ながらこういう政治家たちを選んでしまったのは私たちであるのだと思うと(私は自民党に投票したことはここ何十年ありませんが)、なんともやり切れませんが、北海道知事や大阪府知事の若い政治家の姿に力をもらっています。

先週、B男くんに誘われて五つの丘がある起伏に富んだ大きな公園に散歩に出ました。
穏やかな午後だったので、思った以上に公園に多くの人が出ていました。多くは適度な距離を保って、犬の散歩やランニングする人、子供と遊ぶ人、私たちのようにただ歩く人たちですが、中にはマスクをしないで大声で叫びながら遊具で遊ぶ子どもをほったらかしにする親の姿も見られ、来たことを少し後悔しました。

KIMG1234

それでも自然の中を歩くのは気持ちがリフレッシュします。
桜は若葉の季節になっていましたが、かろうじて遅く咲く八重桜を見ることができました。

別の丘に上ると、遠く海が見える風景も広がります。
クレーンが見えるあたりに客船らしいものが見えるとB男くんが言いました。

KIMG1237

位置的に三菱重工業本牧工場ですので、ダイヤモンドプリンセスかもしれないと携帯のカメラで拡大してみましたが、わかりませんでした。

KIMG1232 (1)

思えば、2月の初旬にダイヤモンドプリンセス船内で次から次へと感染者が増えている頃に、日本での感染ピークは4月下旬になるだろうとすでに言われていました。本当にその通りになりましたし、首都圏に関して言えば、今感染したら入院できる病院はないという恐ろしい状態です。

陽性でも症状が出なくて、みなとみらいのオーシャンビューのアパホテルの部屋に隔離され、日々シモンズベッドで眠るというような「不幸中の幸い」など、間違っても自分には来ないと思った方がいいのです(笑)

48fc12c23ad4d43a36f9551fe0fd53bb

日本の感染症対策が十分でないことが露呈した新型コロナウイルス。このような脆弱な対策のもとでオリンピックがが開かれなかったことをむしろ幸いと思えてきました。来年のオリンピックも開催できるとは思えません。

新型コロナウィルスのパンデミックで世界は変わってしまいましたが、この困難から世界がどのように変わるのか、しっかりと見届けたいと思っています。

ブログのカテゴリーに「災害」というのを作りました。2011年の東日本大震災関連の記事も移動中です。


5年ぶりのキャロットケーキ

あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
外出自粛ではありますが、わたくし、昨年末から自主的おこもり状態ですので、それほど苦痛を感じません。ブログでは日常生活ができているように見えるかと思いますが、あくまでもゆるりゆるり。未だ片足で靴下も履けず脱げずではありますが、立って作業する料理はなんとかこなしております。

久しぶりにキャロットケーキを焼きました。

IMG_3611

昨年夏に、本牧通りのアンダーブラフコーヒーでキャロットケーキを食べて以来(2019年7月「スイーツ、スイーツ!!」)、また作りたいと思い材料のクルミは昨年中に富澤商店でお徳用を購入していました。

IMG_3604

新しい電子レンジでのオーブン使用は初めて。以前よりひとつ下位機種にしたところ、家族から温め機能が不十分なところがあると不満が出ていますが、オーブンの方は大丈夫なようです。

IMG_3608IMG_3609

冷めてからクリームチーズとバターと粉砂糖を混ぜたクリームを塗ってデコレーション。
午後5時すぎ、在宅勤務が終わった娘と遅いおやつとしていだたきました。

IMG_3613

この前はいつ作ったのかと自分のブログを検索してみたら、なんと5年前、2015年10月「キャロットケーキ」でした。(レシピもそちらに) B男くんが単身赴任した年、当時大学生だった息子と食べたのでした。

近況をほとんど何にも知らせてこない息子に、家族LINEでこのケーキの画像を送りました。
翌日、息子が3か月ぶりに仕事帰りに帰宅し、わしわしと食べていました。
残念ながら、泊まらずに帰るそうです。

IMG_3612

余談ではありますが、Instagramに#carrotcake #キャロットケーキを投稿したところ、外国の方のいいねがつきました。#carrotcakeで検索すると、このケーキがバターでなくサラダオイルを入れて焼くことに言及している投稿が目に付きました。世界の色々な写真をを気軽に見られるInstagramは21世紀の画期的な発明ですね。

理由はわかりませんが、私のInstagramをパソコンで見ようとすると、拙ブログをInternet Exploreで開いた場合にはブログの右上にある「こちら」から飛んでも表示されず、Microsoft Edgeでブログを開いた場合は「こちら」から飛ぶと表示されるようです。Windows10のPCにしてから1年になりますが、まだまだわからないことがあります。

コデマリにアマドコロなど

娘が週に2日、在宅勤務となりました。
勤務中にあまり音を立ててはいけないと、きょうは外で先延ばしにしていた水仙の植え替えなどをしていました。ついつい欲張ってしまうので、明日は寝て曜日かも

さて、花の咲き具合を見ていると、暖かいといっていたわりには冬のような寒さもあり、結局例年並みのような気がします。昨年に比べて(2019年4月「スパラキスっていうのね」花数が増えたコデマリの花。

IMG_3565

なかなか見栄えよく同じ方向へは垂れてくれませんが。

BlogPaint

日陰ではアマドコロが開花。風に揺れるのでなかなかマクロで写しにくい。

IMG_3563

日向であっという間に終わってしまったスパラキス。

IMG_3558 (2)

南アフリカ原産だそうですが、アメリカなどでは野生化しているとか。
鮮やかなオレンジ色の花々が野原に咲いていたらきれいでしょうね。

IMG_3559


きょうのおまけ:友人が教えてくれた「ボヘミアンラプソディー」の替え歌。レベル高い歌に感心しました。



2020年のチューリップの記録

この春は自宅にいる方たちが増えたので、庭の手入れをする人が多いそうですが、自宅で外に出られる場があるのは幸せですね。ただ春の風は意外に強くて冷たい。せっかく咲いたチューリップも雨と風であっという間に傷んで散ってしまいましたが、今年はチューリップの盛花時の写真をアップしていないことに気づきました。記録のために、3月下旬のものを。

IMG_3466

去年の球根を掘り上げて植えたものでは赤が一番多く咲き、次が白、わずかに黄色が咲きました。おそらく古くからある球根なんでしょうね。

IMG_3474

花が閉じた姿が赤く、開くとレモン色のチューリップ。花が閉じた姿を撮ろうと思ったら、曇った日や夕方しかないのですちょっと暗い画像。昨年より増えています。球根の増殖率が良い品種のようです。

IMG_3495

こちらは似ていますが、つぼみも黄色い小さなチューリップ。

IMG_3489


ところで、マンション住まいの頃買った簡易ビニールハウス、使わないときは小さくたためるのが魅力で、戸建てに引っ越してからも冬の多肉の越冬などに活躍してきました。

IMG_3570

広げるのは簡単ですが、実はたたむのははね返るワイヤー部分を丸めるのにかなり力が要り、なかなか大変。

IMG_3572

もう10年くらいは使っているので劣化も進み、ワイヤーが一部切れてしまっていて、今年は娘に手伝ってもらっても容易には小さくなりませんでした。それで、思い切って処分することに。

IMG_3571

小さな断捨離ですが、解体も大変でした。
買うは易し、捨てるは難し、ですね。

IMG_3575

反対に、こちらの花入れは拾ったもの。花がちょっとショボいですが、法面の菜の花、ヤマブキ、チェリーセージ。チューリップの頃に活けたら素敵だったでしょうに。

近所のどなたかが引っ越しされたのか、先週のある夜、わが家の前にあるゴミ集積所に大量のゴミが出されていました。一応、不燃ごみ、可燃ごみ、資源ごみを分別はしてありましたが、収集日は無視です。収集する担当者によっては可燃ごみとして回収してくれる場合もありますが、現在こちらのごみ収集車の担当者はけっこう厳しく、収集日でないものは分別シール付けられ集積所に残されました。

家の前が汚いのが嫌で、臭わない資源ごみはいったん私、庭にお預かりしましたのよ、奥さん。
大量の傘はまた回収されないと困るので、ちゃんと骨とビニール部分をはずしてあげるという親切(苦笑)。

そして傘とともにあったのが、レジ袋に入れられた、ちょっと素敵な白いホーローの薬缶。ちゃんと火にかけて使ったあとがありました。この形の薬缶、昔学生時代の絵のサークルで静物画を描くためにわざわざ部費で購入していたなあと思い出し、捨てるのはもったいないわと台所で飛んだらしい油を洗い、花入れにさせてもらいました。全然、断捨離になっていないですが、これからも頻繁に登場する花入れになる予定です(笑)

情けは人の為ならず

今やマスク不足は日常となりました。
4月1日に世界から失笑された「アベノマスク」が届き始めた介護施設では、マスクが小さすぎて鼻をおおうと顎が隠れず、顎をおおうと鼻が出るとのこと。なんとも中途半端な結果となりそうです。

cats-300x166 cats-5-300x169

東京都知事の小池さんが、手作り感満載の巨大マスクで会見する様子がテレビ映し出された7日、そのマスクのガーランド柄がかわいい(「マスクの柄からすると付け方逆」)と評判になり、売れ残り品だったこの布地は即日売り切れになったそうです。
あれからたった1週間、手作り布マスクもあっという間に普通のことになり、私が訪問させていただくブログのブロガーさんたちが好みの布地で作ったマスクをブログに次々とアップされています。

2020-04-07-20_19_21

そんな中、申し訳なくて書けなかったのですが、私、新しい不織布マスクをゲットしましたのよ、奥さん!
先週実家に帰省した折、実家のお墓の掃除やお寺のことなど任せきりになっている本家の「はとこ」のお嫁さんMさんにご挨拶に行きました。その翌日、Mさんが訪ねてきてマスクをくださったのです。

KIMG1212

こんな入手が難しい時期に…とビックリしていると、Mさんの友人のお母さんが最近亡くなり、納屋を整理していたら、段ボールの中に大量のマスクが入っていた。それこそ何万枚も。かつて酪農をしていたことと関係あったのかもしれないが、この時期に見つけた偶然に感謝し、Mさんの友人は「何年経っているかわからないけれど、それで構わなければ使ってください」と転売しないような職場や友人に配ったとのことでした。

はとこのお嫁さんのMさんとは葬祭で顔を合わせてはいますが、とりわけ親しいわけでもないにもかかわらず、私がまだ腰痛で自家用車に乗れないのでバスと電車で帰ると聞いて「少しだけど、役立てて」と持ってきてくれたのでした。収束には長引きそうな新型ウイルス、自分の子供や親たちのことを考えれば、予備はいくらあってもいいものなのに…と感動しました。

わが家はまだ娘もB男くんもテレワークはしておりません。自宅にマスクの備蓄は5月いっぱいくらいはしのげそうなくらいありますが、どれも小顔の娘と私用で(笑)、「小は大を兼ねない」B男くん向けの普通サイズのマスクは4月分がなんとか…というくらいしか残っていませんでした。残り少ないマスクをB男くんは毎日エタノールで消毒しながら何日かに1枚使っていたのです。

体調が回復してきてるとはいえ、朝早くからマスクが入荷するとは限らない隣り町のドラッグストアに並ぶ気力も体力もない私、思いがけず10枚のマスクをいただいたことが、どんなにか気持ちを軽くしたことか想像以上でした。

そんなことがあった数日後のこと、B男くんは偶然通りかかった新橋の健康食品のお店で、マスクが売られているのに出会ったのでした。「マスク、50枚4800円(税込み)で売っているけど、これって高い?」と家族LINEをしてきましたが、私も娘も1時間以上も気づかず、「ちょっと高い」と返信したときにはすでに購入したあとでした。

KIMG1200

マスクの値段など今まで気にしたこともなかったB男くん、私たちの返信を見て、同じマスクがどれくらいで売られているのかググったようで、それがどれも5000円を超えていたことから、ちょっと安心したようでした。

マスクの原料の高騰や欧米の「マスク戦争」やらの海外ニュースを見ていると、ネットでもっと安い値段で予約購入もできることは調べてはみましたが、「4/19から随時発送」と書いてあっても本当に届くかは実のところ信じられません。また義母が入所している介護施設では通常の面会時でも(現在は面会禁止)、全員マスクをつけることになっていて、持参していない場合は1枚100円で買わなければなりませんから、値段が少々高くても、やはり母や姉の分までいきわたる現物としてマスクの予備があるという安心感は私には大きいものでした。

そんな気持ちでしたから、「もし、またマスクが売っているようだったら、買ってきてくれる?」とB男くんにお願いしたところ、同じお店で並ぶことなく入手できたと買ってきてくれました。(周辺のお店でもみかけるそうです)

KIMG1211

そして、マスクが入手できずに洗って何度も使っていた私の友人たちに送ることができました。
スマートレターだと20枚ほど入りました。友人たちは「本当に助かる!」と喜んでくれました。早速、病院に行くときに使うそうです。
そんな喜びのメールを読みながら「情けは人の為ならず」という言葉を思い出しました。

「人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる」という意味ですが、Mさんの友人の親切は、巡り巡って私にもたらされ、分かち合うことの人の優しさを思い出させてくれました。B男くんにも友人たちの感謝の言葉を伝えると満足そうでした。
Mさんと、Mさんの友人に幸多くあれと祈る気持ちでいっぱいです。

追伸:自分でマスクをつけるワンちゃん




緊急事態宣言が出て

緊急事態宣言が出たということで、きょうはケアマネさんから電話がありました。
母の通っているデイサービスの介護施設から 〆までと変わらず通いたい 回数を減らしたい D冥蠅鯏分やめる のどれにするか意向を伺いたいとのことでしたので、今までと同じように、と答えました。
またヘルパーさんを派遣している介護事務所からは、これからは訪問の際は、使い捨て手袋とエプロンをつけて作業し、作業後は伺った家でそれらを処分することになるそうです。

実家のある市内や周辺の市からも数人ずつですが感染者が出ているそうです。
感染者の詳細は伏せられているそうで、ニュースにはなっていないのでクラスター感染ではないようですが、じわじわと危険が迫っているのを感じ、緊張感を覚えました。

姉と交代で実家に通うのは今までと変わりませんが、柏駅前で何か買おうと思って行ったら、しばらくはコンビニくらいしか開いていなくなるのだと思います。

ふるさとの桜、今年は少し早く散り始めていました。

KIMG1197

久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ  紀友則

KIMG1195 (2)

来年の桜は、ゆっくりと眺められるといいですね。


IMG_3556

実家の庭、レンギョウやヤマザクラ、シダレザクラの盛りは過ぎて、荒れたところばかりが目立っていましたが、姫リンゴの花が満開でした。
ヘルパーさんが残した前の週のメモに「お庭きれいですね」とあって、まだそんなことを言ってもらえるのだと、心が和みました。母にそれを伝えると嬉しそうでした。



法面の春

新年度が始まったというのに、良いニュースがありませんね。
せめて春らしい写真をアップしたいと思います。
本日の庭の写真は、アジサイの若葉、房咲き水仙のゼラニューム、ピンクのフリージア、チューリップで春爛漫。

IMG_3553

このあたりでは市所有の法面がたくさんあります。たくさんありすぎて公費での手入れは行き届きません。放っておいたら藪になり、ゴミを不法投棄されるばかり。そんな法面に隣接する家々では自宅の敷地並みに手を入れるしかなく、わが家も例外ではありません。
引っ越してきたばかりの頃、笹だらけの法面で偶然桜の幼苗を見つけた私は、もっと陽射しが届く場所にと移植して7年経ちました。昨年初めて咲いた花は数輪だった(2019年3月「今年の花粉症は」)わが家の桜、今年は思った以上にたくさん咲きました。

IMG_3532 (2)

まだ咲き始めの頃の写真です。花が咲くのと同時に葉っぱが出てきているので、どうやらヤマザクラの一種のようです。

IMG_3533 (2)

先日の花散らしの雨にもそれほど散りませんでした。

IMG_3550

昨日、駅まで行くのに花のきれいな小路を遠回りしたら、同じようなヤマザクラがご近所の法面に咲いていたので、そちらから種が運ばれたのかなあと思いました。

IMG_3547

少し前のことですが、東側の法面にも今年はモクレンがたくさん咲きました。

IMG_3421

昨夏モクレンのそばにあるタブの大木を、区の土木事務所が剪定してくれたので、モクレンによく陽が当たるようになったからに違いありません。

KIMG1164

6年前の春だったか、わが家の焦げ茶色の壁に映えるようにとモクレンの苗をホームセンターで探した際、ハクモクレンは大きくなるとあったので、それより大きさが抑えられる淡いピンク色のメリルという品種のモクレンを買ったのです。十分大きくなりましたね

BlogPaint

写真を撮ってみたら、そばにハゼノキの木の枝が邪魔なことに気づき、翌日頑張って小さなノコギリでギーコギーコと切りました。ハゼノキはそれこそすぐに大木になってしまうんですよ。

IMG_3497

休み休みですが、また園芸に精を出せるまで回復したのが嘘のようです。
久しぶりに法面の手入れをしたら、菜の花が咲いていました。毎年この場所に咲くのですが…。

BlogPaint

おや? この菜の花、脇の若い花芽を何ヶ所か切った痕跡がある!?
ここを通るどなたかが、お浸しにして食べたのかなと思います。
法面の植物、見ていないようで見られているんですね。



Instagramは
Seasonal Plants
IMG_2957
記事検索
Recent Comments
Seasonal Plants
IMG_2683
Archives アーカイブ
Profile

pigachulchul

Links
大谷先生のお菓子教室
オーストラリン・プランツの魅力あふれるAlexさんのブログ
祝100万ヒット!チャン・ドンゴンはじめ旬な話題満載miyukiさんの韓流ブログ
本文を超える絶妙なコメントに思わず笑っちゃう、れいちさんのブログ
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ