East Asian Cafe


 〜長年のマンションでのベランダ園芸を卒業し 2012年初夏 ときどき潮風が吹く家で小さな庭のある暮らしが始まりました

IMG_0358_1 IMG_0889-1_1 IMG_0759_1 IMG_0398_1 IMG_0817_1 IMG_0517_1 IMG_0872-1_1 IMG_0890_1


仕事

オリンピック村建設中

早朝からの仕事で晴海埠頭へ行きました。
こんな青空は久しぶりでしたので、仕事のあと展望台に上ってみました。
朝は14度で、外仕事だったので、ヒートテックを着てちょうどでしたが、あ〜、暑い〜。

IMG_2124

改めて写真に撮ってみると、晴海埠頭の建物は良いデザインですね。
旅行者の「Best Date Spot」に選ばれているそうです。

IMG_2118

オリンピックの選手村が作られている方面。
昨年の写真と比べてみてください。(2017年10月「オリンピック1000日前」) 同じようにクレーンが目立ちますが、近くで見ると建物の完成が間近に感じられます。

IMG_2121

きょう、バスの中から見て気づいたのですが、この選手村は銀座や築地がある中央区の清掃工場のそばに作られているんです。

IMG_2128

拡張して開通する道路の全貌も見えてきました。

IMG_2130

でも、この再開発で築地市場は今月で終わり、豊洲へ移転します。
この後、人生初の築地場外市場へ。

山下埠頭から

横浜港は客船の寄港ラッシュでした。
28日の朝日新聞の夕刊にも載っていましたね。(こちら

KIMG0151

いつもは大桟橋に着く船も、何隻も重なるとコンテナターミナルである大黒埠頭や山下公園側の山下埠頭に停泊します。大桟橋以外は施設が客船用に作られていないので、お客様も働く方も普段は行かないような(過酷な)環境でひと時を過ごします。 狭くて暑い仮設トイレが海風で飛ばされそうでした! 
仕事の後、仲良しの同僚たちがすぐにいなくなり、私は置いてきぼりになりました。彼女たちは「人間界にあるトイレ」を捜して速攻で街に戻ったからでした(笑)

でも、ベイブリッジが(カメラの望遠を使わずに)こんなに間近に見えたのはうれしかった。

KIMG0150

残りのゴールデンウイークは少し休もうと思っていましたが、やはり実家へ行って印鑑証明書を新たにとってこなければならなくなりました。ゴールデンウイーク谷間の平日ねらいですが、母のデイサービスがない日となると日帰りになりそうです。
きょうは、鍼治療に行って実家帰省と後半の仕事に備えます。

銀座 ひかりみち

都内での仕事が、いつもより遅くに終わりました。
小雨が降り出した銀座4丁目から、晴海通りをJR有楽町方面へ歩いていくと、舗道のガードレールがイルミネーションで彩られていました。
あれ? 2週間前はなかったような? ガードレールに「ひかりみち」と書かれていました。

IMG_1266_1_1

「ひかりみち」は、つい最近11月25日から始まったばかりで、来年の1月8日まで点灯されるそうです。
このイルミネーションは、“光のアーティスト”として国際的に活躍中のフランスのクリエーションスタジオ“PITAYA(ピタヤ)”がプロデュースとのこと。ガードレールのイルミネーションの、光が流れていくようで、とてもきれいでした。

イルミネーションに負けていない、数寄屋橋交差点のTOKYU PLAZA

IMG_1267_1

銀座1丁目から有楽町へはグリーン・イルミネーション

IMG_1269_1

○l○l(丸井)店内から、溢れ出るクリスマス・イルミネーション

IMG_1270_1

交通会館は、ディズニー・イルミネーション

IMG_1271_1

いよいよやって来るクリスマス・シーズン、街が浮かれているようです
近年はLEDのおかげで節電にはなっていたけれど、今年はイルミネーション増加で消費電力も上がっているとか…

各地の原発再稼働が問題だと思いながらも、節電しなくなっている自分、光の洪水を享受している自分がいる、矛盾だらけで、今年も師走に向かいます


みなとみらい夕景

久しぶりに、横浜大桟橋で大型客船が出航するのを見送りました。

IMG_1223_1

「バイバーイ!」「バイバーイ!」と大きな声で、手を振ります。
4月まで日本には戻ってきません。

BlogPaint

船は動き出すと、あっという間に岸壁を離れていきます。

IMG_1225_1

外国客船が出ていったあと、みなとみらいの静かな夕景。

IMG_1230_1_1

山下側には、レストラン船ロイヤルウィングが入ってきました。
もうクリスマス仕様

IMG_1232_1_1

寒い日は温かいカフェで、ほっと一息。

IMG_1234_1_1

愛想のないバリスタさんでしたが、こんなカワイイ猫ちゃんを描いて喝采を浴びました。

IMG_1233_1_1


東京オリンピック 1000日前

東京オリンピックまで1000日ということで、NHKはもちろん民放でも、オリンピックを意識したCMが目立つようになりました。
きょう10月28日は、小雨の降る中、日本橋でオリンピックイベントが開かれたそうです。(写真はサンスポより)
小さい写真ですが、左側後列に海老蔵さん、小池都知事、右側前列に三宅選手、入江選手、わかります。

2020-2

2020-1


ところで、2020年東京オリンピックの際に利用される選手村は、豊洲移転で有名な築地からほど近い、公共交通機関はバスしかない、超不便な晴海埠頭の目の前に建設中です。
只今、道路の拡張…建物の建設…急ピッチで進んでいます。

IMG_20171028_151954_1

参考までに、2016年5月の写真。工事はしていましたが、まだクレーンの姿が見えませんでした。

mini_160507_1548_1_1

これから3年間で、どんなふうに変化していくのか興味津々です。
晴海に仕事に行く機会があったら、記録に写真を撮ってみようと思い立ちました。

銀座の街は、10月ですが、早くもクリスマスツリーが登場していました。

IMG_20171028_160844_1_1



雨の大桟橋

急に寒くなりました。
日も短くなって仕事が終わってちょっとグスグズしていると、みなとみらいの灯りが灯ってきます。
雨に煙るみなとみらい 〜ビルの灯りの中に、色がくるくると変化する観覧車のネオンが美しい

IMG_0933_1_1

この日出航したオランダの客船Volendam(フォーレンダム)

IMG_0931_1_1

多くの船は船内のインターネット接続は有料なので、一旦乗船した後で大桟橋内に戻ってきてフリーwifiを利用する人たちも多く見られます

IMG_0936_1_1

仕事仲間を待つ間、久しぶりに中を探訪してみました
そして、こんなガチャガチャを見つけました! ネコちゃんにかぶせる帽子!

IMG_0937_1

nshinoyamaさんという女性のインスタに(こちら)、時々出てくるので、どういうところにあるのかしらと思っていましたが、こんな身近に見つけ、ネコ飼っていないですが、ちょっと嬉しい (写真はインスタから拝借)

15802774_145222929302804_105467749496520704_a


そして、仕事仲間が来たところで、関内の串揚げ屋「ぎんざ 磯むら」で、女子会〜

P022985746_238

金曜日の夜ではありましたが、さすがにこの寒さもあって、人気店も空いており、ここぞとばかり4人で喋り続け、仕事のストレスを発散させて参りました〜
最近は仕事のことはブログに書かないですが、ちゃんと仕事しております



間違い電話

ゴールデンウィーク前のことです。突然、携帯電話に珍しい人から電話がかかりました。
電話の主は、2011年の震災の年に、以前住んでいたマンションの自治会で役員を一緒にしたKさんでした。
Kさんは5年前、ご主人の転勤で神戸に引っ越し、私も2ヶ月遅れてマンションを引っ越しました。以来、年賀状だけのおつきあいとなっていました。
Kさんのことは、2年前に「いかなごのくぎ煮の彼女」として、少し書いています。(2015年5月「日帰り出張」

あいにく私は仕事中で、すぐに電話に出ることができなかったのですが、留守電が入っていました。
でも伝言がガサガサしてよく聞き取れない…。
こんな昼間に電話…連休も近いから、埼玉のご主人の実家に来ているのかな…?
「もしかして、こちらにいらしているのでしょうか?」とショートメール。

BlogPaint

返って来た返事は、
「すみません。ヤンチャな息子がスマホをいたずらして、そちらにかけてしまったようで…」と平謝り。
どうりで留守電が聞き取れないわけだ(笑)
気にしないでください。名前が『あ行』なので、よくあります(⌒-⌒)
「えっ? よくあるんですか?」
その後は、近況を伝え合う嵐のようなショートメール。

「こんなこと言ってイケナイかもしれませんが、息子のいたずらのおかげで、こうしてお話することができて嬉しかったです」
そうそう、息子さんに大感謝。
つい最近、あの自治会報を見返す機会があって、懐かしく思っていたところです。
 

「あ、私も。役員時代のファイルを処分しようとして、あの自治会報だけは思い入れが強すぎて処分できず」
「また、こちら(神戸)にいらっしゃることがあったら、ご一報くださいね♪」
神戸、行きたいですね〜
 「ぜひ、機会作ってくださ〜い!!」

IMG_20170513_090829_1

こんなことがあった後の、急な神戸出張、気持ちが呼び寄せたような気がして…。
今回は同僚たちと一緒なのでKさんへの連絡は控えましたが、Kさんの間違い電話のあとで、Kさんが阪神淡路大震災当時、幼稚園の先生をしていて、担当していた園児を震災で亡くした話を聞いたことを改めて思い出しました。

阪神淡路大震災当時、私は福井に住んでいましたが、震度4ながら異常な揺れと恐怖を覚えています。(2009年8月「地震」) その恐怖は東日本大震災のときより大きく、10年以上身体の中に残りました。同じ時期に神戸に住んでいた大学時代の友人と会社時代の同僚は、私と同じように小さな子供をかかえて子育て中に被災しました。

阪神淡路大震災からすでに22年。
2度も大きな地震を経験したKさんは、今元気な男の子の子育てをしている。
東日本大震災では、阪神淡路大震災の後に建物の耐震基準が厳しくなったおかげで、建物の崩壊が少なかったと言われます。
目の前に広がる神戸の風景は、震災の跡はもう見られないように感じます。
そのことが、封印してきた私の神戸への想いを解き放ってくれたようです。

今度神戸に来ることがあったら、昔勤めていた会社の神戸支店があった場所を訪ねてみようと思います。
三宮の駅から10分もかからない神戸オリエンタルホテルの近くの江戸町へ、まったく新しくなったビルを見に。

おまけ。
仕事の後、みんなで南京町へ。
台湾料理の飲茶セットを注文してお疲れ様会〜
フカヒレ麺がおいしかったです。

IMG_0247_1

元町のアーケードに、朝ドラ「べっぴんさん」のモデルとなったファミリアの神戸本店が。

IMG_0251_1_1

さすが本店、思っっていた以上に大きかった〜!

強羅の「箱根彫刻の森美術館」

急な仕事を引き受けて、箱根の強羅へ。
お客様にともなって「箱根彫刻の森美術館」へ。実に26年ぶり!昔の記憶はほとんどないけれど、限られた時間で、まずは目玉の「ピカソ館」にお客様をご案内。東京の美術館と違って、中の作品もゆっくり鑑賞できますが、建物もアートです。かすかに人が写っていますので、建物の大きさがわかるかと思います。

IMG_1517-1_1_1

「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」

IMG_1520_1

中に入って上るのが楽しい。ここだけは、姉と写真を撮り合った記憶があります!

IMG_1522_1

カフェがある「緑陰ギャラリー」から見える足湯(左上)は、新しく作られたそうです。

IMG_1519_1_1

広大な丘に点在するモダン彫刻の数々。新緑の中のモダンアートは「芸術」と呼ぶに相応しく、気持よく散策できました。

IMG_1524_1

壁画を洗っているところ。

IMG_1525_1

入館料は大人1600円と高額ですが(ネット割引あり1500円)、ヘンリー・ムーアやロダン、高村光太郎もあり、強羅に来たら1度は見る価値があると思います。エントランスにある眺望の良いレストランもお値段高めですが、量も味も満足でした。

IMG_1508_1_1


ところで急な仕事を引き受けて、派遣会社の人にはとても感謝されたのですが、実はちょっとワケがあります。
昨年仕事で強羅に来た時(2015年4月「箱根の山は天下の険」)、大雨の日で、お客様と私が車に乗り込むまでホテルの巡業員の方々が傘をさしかけてくださっていたので、ホテルの玄関外の傘立てに入れたマイ傘を忘れてしまったのです。

IMG_1507_1

帰宅後すぐにホテルに電話したところ、「送りましょうか?」言ってくれたのですが、梱包して送ってもらうのは気が引けたので、「次回箱根に行ったときに取りに伺います」と言っていたのが、秋には大涌谷の噴火レベルが上がって強羅への仕事が激減した関係で、そのままになっていました。
前日問い合わせたところ、まだあるとのことで、今度は忘れず持ち帰りました。

IMG_1528_1


緑の中を駆け抜けて

日本国内では唯一の国際トライアスロン大会が今年も横浜で開かれました。(横浜トライアスロン
この大会にかかわる仕事をお手伝いするようになって、早くも4回目となりました。以前は興味がなかったトライアスロンでしたが、だんだんレース結果も気になるようになりました。

IMG_1494_1_1

1日目はプロのアスリートたちによるレースで、毎年NHKBS1でライブ中継します。今年はリオデジャネイロオリンピックの出場権がかかっている選手もいて、見ているこちらもドキドキしてしまいました。ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。
写真は2日目、一般の参加者とパラアスリートによるレースです。残念ながら放送はされません。

IMG_1497_1_1

私自身は紫外線アレルギーがひどくなって、外でのスポーツは諦めて久しいですが、選手たちに向けている声援とは違った家族や仲間の温かい声援を聞いていると、(日傘をさして)見ているこちらも楽しい気分になりました。やはり青空の下でのスポーツっていいですね。

BlogPaint

大会中はあちこち通行禁止があって、それはそれで不便なのですが、大会が終わったあとの通りは、少しさびしい。

IMG_1496_1_1

今年も、この若緑の中を駆け抜けた選手たちが、笑顔を残して自国へ、あるいは次の大会の国へと旅立っていきました。


緑の季節

桜が終わって今はツツジの季節。横浜美術館そばの「みなとみらい」の大通り。

IMG_1425_1_1

昨日仕事帰りに横浜公園を通ったら、海に向かって伸びている通り(通り名不明)を描いているおじさんがいました。
若い女の子たちが「おじさん、うまぃ」とキャーキャー言っているので私ものぞいてみたら、ほんとにすばらしく上手でした。そんな雑音には耳も貸さず、おじさんは一心不乱に筆を動かしていました。
若葉の並木道にチューリップ、そして、おじさんこそ絵になっていますね。

IMG_1440_1_1

そして今朝は、今季初めての箱根へ。(昨年の箱根の記事はこちら
小田原から箱根登山鉄道に乗り込むと、車窓からはツツジやノアザミと思われる紫の花がたくさん見えました。春のこんな時期からアザミが咲くのかと、ひたすら見入ってしまいました。
箱根湯本駅を出て橋をわたると、水のせせらぎとひんやりした空気に体じゅうが包まれて、超癒されました〜

IMG_1450_1_1

川にかかった橋から駅に向かって振り向くと、芽吹きの山〜
私の先を歩いていた70代くらいの女性3人が「緑がモコモコしてくるとね、木が独特のニオいを出すのよね。私、クサいから嫌いよ」と話していました。春の植物のアクが強いのは、芽吹いた弱い柔らかい芽を虫に食べられないように強いニオイやアクを出しているんだとか。それと同じでしょうか。

IMG_1451_1

家に帰って、BS1のお昼のニュースを見たら、忍者の格好をした女子がお茶摘みをしている画面が。
忍者の里で有名な滋賀県甲賀市の市の職員ですって。

IMG_1454_1

市のアピールとして愉快な企画

IMG_1455_1

緑の季節、毎年気持ちがはずみます

娘と一緒に出勤

義父が亡くなってからしばらく黄泉の国から気持ちが戻れない日々が続いて、仕事をしていても友人とお茶を飲んでいても心がどこか遠くにいる気がしていましたが、3週間あまり経ってようやく日常が戻ってきました。
人の生と死の重みを今更ながら感じています。

さて、今朝は娘と一緒に朝の通勤列車に乗りました。
本日の私の仕事の目的地が新宿駅から遠くてわかりにくいと言っていたら、娘が自分の会社と同じ方向にあるからということで、いつもより30分も早く起きてつきあってくれたのです。おかげで、最短距離で目的地に着くことができました

新宿の桜はまだそれほど咲いていませんでしたが、着いたホテルのロビーは桜色のウエルカムフラワー

IMG_1301_1

都庁前の舗道を歩いていたら、こんな電子案内板ができていました。去年まではなかった〜(2015年4月「久しぶりの新宿」
左側は日本や東京の宣伝ですが、右上の地図は手を近づけるだけで、地図が拡大縮小、移動するし、外国語も対応するすぐれもの。こういうの、横浜駅やみなとみらい、山下公園近くにもあるといいな〜

IMG_1299_1

仕事は成田空港でお客様をお見送りして終わり。
まだ午前中だったので、空港内にある「千葉マルシェ」の野菜もたくさん残っていました。
人参・里芋・ほうれん草、無農薬野菜なのに安い!!3袋で410円ですよ!!

IMG_1302_1

帰りは京成スカイライナーで終点上野まで行き、電車の乗り換えのついでに上野公園の桜をちょっと見てみました。

IMG_1306_1

西郷どんのまわりに桜はないけど…

IMG_1303_1

桜は2〜3分咲きですが、人・人・人…外国の方が多かったです。

IMG_1305_1

平日の昼間ですが、ブルーシート敷いてお花見していましたよ。

さて、千葉マルシェで買ったお野菜で夕食作ります

IMG_1307_1

初NEX

仕事の勉強会が続き、ちょっとお疲れ気味です。
勉強会は任意参加なので、成田空港でのワークショップも交通費は自費です。
どうせ自費ならばと、勉強を兼ねて往復割引切符があるJRの成田エクスプレス(通称NEX)を使ってみることにしました。

IMG_1101_1


JRの横浜〜成田空港駅間は、通常片道4290円なのですが、往復は6170円(特急料金・指定席券込み)なのです。
ちなみに京成スカイライナーを使った場合は横浜から片道3110円。スカイライナーには往復割引はないので、往復だと6220円かかります。往復ではJRが50円だけ安いということになります。

IMG_0353_1

切符は駅の自動券売機で「おトクなきっぷ」というボタンを押して、乗る前日までに購入有効期間は14日間
座席指定は当日でも良いし、指定しないまま乗った場合は空いている席に座ってよしとのこと。
座っている席の乗客が乗ってきたら、移動すれば良いとのことです。私は指定しないまま乗りました。

IMG_1097_1

シートはスカイライナーより少しだけクッションが効いて座り心地が良いですが、背もたれは硬めで高いような…乗っている人の頭部がほとんど見えない 折りたたみテーブルの位置も163cmの私には少し高かった。大柄の外国人サイズ? 

IMG_1099_1

車内の案内表示は文字は小さめですが、画面くっきり。
荷物置場もロックができる鎖でスーツケースを止めておけるのが良い。

IMG_1102_1

帰りも、空港から1本で横浜まで帰って来られたので、日暮里駅乗り換えのスカイライナーよりずっと楽でした。
あまり楽なのでずっと座ってしまい、トイレなどをチェックするのを忘れました。

NEXの横浜発は1時間に1本ほどしか運行していませんし(スカイライナーは40分に1本)、往路か復路はお客様と一緒に貸し切りバスやハイヤーに乗ることがほとんどなので、実際の仕事では往復で切符を買うことはありませんが、自分が海外旅行に行くときにはリムジンバスより良いかも、と思いました。

IMG_1100_1


余談ですが、往路のNEXで私の隣りに座ったのは、若き日のディカプリオ様を3割り増しで上回る美男のイタリア青年でした
「Did you enjoy Japan?」とお決まりの挨拶をすると、北海道のスキー場の素晴らしさをスマホ画面を見せてくれながら、興奮して話してくれました。「I will come back again!」 いつもはモンブラン付近の山でスキーのインストラクターをしているそうです。

romeo

英国航空(BA)に乗ってロンドン経由でミラノへ帰るという彼は、しきりと「第2ターミナルは最初に停まる駅だよね」と気にしていました。お疲れのようで何度もあくびをしていたので、おしゃべりを控えて私はワークショップの予習をしていましたら、寝込んで降り損なってはいけないと心配したのか途中から席を立っていたようでした。
「同じ2タミで降りるから、近くなったら起してあげるわ」とでも言えばよかったのですが、あまりの美男子ぶりにそんな言葉も飲み込んでしまった私でした(笑)

皇居を見下ろして

ユニクロの極暖を着て、寒波に耐えています(笑)

仕事で行った丸の内。お堀端の建物20階から、皇居を見下ろせる風景に出会いました。
ここで働いている方に「今でも見事ですが、桜の咲く頃は素晴らしいでしょうね」と言ったら、
「(桜の季節は)世界はわが物、という気持ちがします」と微笑んでいました。

IMG_1095_1_1


この日の夜、11年ぶりだというドラマ「大奥」を見ました。
昔も今も、庶民とは遠いけれど人間臭いドラマがここで繰り広げられている、そんなことを思いました。

地中海村に泊まる

今回の仕事で私が割り当てられた宿泊先は、なんと地中海ブルー満載の部屋でした。
こんな部屋に泊まれるのはスタッフの中で2人だけだったので、シティーホテル宿泊の若い女性スタッフからひどく羨ましがられ、みんなに部屋の様子を見せるためたくさん写真を撮りました(笑)

ギーギー音がする木の扉〜

IMG_0677_1

素敵なクローゼットなんですが…
下にコックローチが入っていたので、服はかけませんでした 

IMG_0676_1

ダブルベッドのツインの部屋〜これは嬉しい 掛け布団は羽布団だったので、手足を伸ばして眠れました〜 
シティーホテルのピンと張ったシーツに薄い毛布だと、眠りが浅くなりませんか?
シティーホテル組のスタッフもツインの部屋で一人宿泊だったそうで、クライアントさんの心遣いに感謝 この日は15時間勤務だったので、だれにも気を遣わないで眠りたい〜

IMG_0674_1

家具もブルー。一番上の引き出しに室内着が入っていました。室内着のズボンが八分丈だったので、持ってきたパジャマを着ました。テラコッタの床なので暖房を切るとヒタヒタと寒さが部屋に押し寄せてきます。
こんなおしゃれな部屋のお風呂は、残念ですが、とっても狭いユニットバスだったので写真には撮りませんでした〜

IMG_0675_1

前日は夜10時過ぎにチェックイン、翌朝は写真を撮るため6時に起きました。
仕事場所まで遠いので、早めにこのホテルを出発しなければならないのです。

こんな異国情緒ただようホテルがあるのは志摩地中海村

IMG_0699_1

あの「赤福」さんが出資して作ったリゾート地だそうです

IMG_0698_1

私が泊まった部屋は2階のバルコニーがある部屋〜1階はクラフト教室

IMG_0681_1

パティオ(中庭)〜左の青いドアは私が泊まった部屋

IMG_0678_1

建物全体〜本当に外観は外国に行ったみたいですね〜

IMG_0696_1

他にもホテルの部屋がたくさん

IMG_0686_1

英虞湾が地中海に見える

IMG_0682_1

朝の英虞湾

IMG_0688_1

こんな塔もあります
IMG_0654_1

ここが朝食をとるレストランなんですが…

BlogPaint

泊まっているところから、遠いの…

IMG_0658_1

レストランから見たところ

IMG_0664_1

ゆっくり英虞湾の朝焼けを見ながら朝食を…と言いたいところですが、レストランが7時30分に開くと、さっと10分で朝食をとり、この坂を駆け上がって共用トイレで歯磨きをして、45分には地中海村を後にしたのでした〜
人生はこのように甘くないのでした〜(笑)

ちょい見、伊勢志摩

仕事で伊勢志摩に行ってきました。最初は志摩へ。
東京から新幹線のぞみで名古屋へ。名古屋からは近鉄線に乗り換え特急しまかぜで2時間11分、終点の賢島(かしこじま)に到着。

IMG_0641-1_1IMG_0642_1

東京からおよそ4時間強でした。

IMG_0639_1

賢島島は、英虞(あご)湾にある島で、本州との間は10m。江戸時代は潮が引くと徒歩で渡れる島だったことから「かちこえ(徒歩越え)島」と呼ばれていたそうです。

IMG_0643_1

来年にサミットを控えて、島のあちこちでホテルや道路の整備が行われています。

IMG_0659_1

1946年(昭和21年)に伊勢志摩国立公園に指定されると私財による鉄道・伊勢志摩鉄道が敷かれました。その後1951年(昭和26年)の志摩観光ホテルの開業を期に、伊勢志摩鉄道は近鉄にまかされ、以降近鉄の資本を中心として観光地化が進み、現在はレジャーアイランドとなっています。
養殖の盛んな英虞湾らしく、あおさ海苔の養殖の杭があちこちで見られました。

IMG_0668_1

夕方のさざ波が漂う中を、お客様たちは英虞湾でのサンセットクルーズを楽しまれました。

IMG_0670_1

私たちは冷たくなってきた夕風の中、陸でじ〜っと待ちます(笑)

IMG_0669_1

翌日は、ミキモト真珠島へ。銅像は創業者御木本幸吉翁。

IMG_0704_1

お客様は、真珠博物館や海女さんの実演を見た後、ショッピングを楽しまれました。

IMG_0701_1IMG_0700_1

そして、次はバスでお伊勢さんへGO
この日は連休の初日とあって、おかげ横丁もお伊勢さんも大混雑でした。
通訳ガイドさんの説明では「伊勢参りの観光客の90%以上は日本人です」とのことでしたが、確かに日本人ばかり。最近外国人(特にC国の方)だらけの都内を見慣れていたので逆に新鮮でした。

IMG_0709_1

伊勢志摩は観光地でありますが、当然のことながら仕事ですと観光どころではなく、スタッフ8名かろうじて最後の最後にこのお土産を各自1つだけ買ったのでした。

IMG_0712_1

ベテラン通訳ガイドさんは「赤福餅」のことをrice cakeと説明していました。ガイドさんの説明が良かったのでしょうね、思いがけなくプレミアムシートにお座りのお客様(外国人)からスタッフへと「赤福餅」の差し入れが有りました。

photo01

まだサロンシート(写真は「はまかぜ」HPから拝借)で残りの仕事をしていた私たちでしたが、思いがけない「ご褒美」に箱からお餅をワイワイ分け合って、世代を超えてしばし修学旅行のようにはしゃいだのでした。

IMG_0711_1

「しまかぜ」の車窓から見えた暮れゆく風景もまた、時間に追われた仕事の締めくくりにふさわしい美しい夕焼けでした。

Instagram始めました
Instagram こちら
Seasonal Plants
IMG_0775_1
記事検索
Recent Comments
Seasonal Plants
IMG_1577-1_1
Archives アーカイブ
Profile

pigachulchul

Links
大谷先生のお菓子教室
オーストラリン・プランツの魅力あふれるAlexさんのブログ
祝100万ヒット!チャン・ドンゴンはじめ旬な話題満載miyukiさんの韓流ブログ
本文を超える絶妙なコメントに思わず笑っちゃう、れいちさんのブログ
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ