おりこう雀と自然の天使

放鳥スズメのピチュ(♀8歳半)夫婦や,ツバメのルリー夫婦ら,想いが通じる利口な野鳥や癒しの植物たち➕彼らを守る妖精たちの事をあれこれ綴っています。

こんにちは!ご訪問頂きありがとうございます。

他の種族と話すことによって癒される

ピチュが「自分は他のスズメと違うと感じている。それで(気を紛らすために)他の種、犬とか猫たちとも話している」と言う様な事を言っていたと「通訳を介してピチュと話してみた」の記事に書きました。
実はこれ、うちの息子にも同じ事を少し前に勧めました。自分は周りの学生たちとどこか違う、とずっと思ってきたそうで、それが今年に入り爆発して、それはあんたのせいだ!と私に散々文句を言いました。

私だって自分自身を内心どこか他の人とは違うと子どもの頃から無意識に感じていて、大人になって気づいてからは外国に行ったり、外国人の友達を作って気を紛らせていた時期があったので、息子にもそれを勧めてみたのです。そしてそれは正解でした。

続きを読む

掲示板2018

こんにちは!コメントやつぶやき用の掲示板です。今年に入ってからは各記事毎のコメント欄を開いたり閉じたりしていたのですが、それも何やらややこしいので又掲示板復活させました。
コメントの場合はどの記事へのものかお書き下さるとありがたいです。よろしくお願いします。 

PS  管理人名を「くりこ」にします。(krysta l+Kumikoの略ね。 )

PPS 内緒コメントやご連絡はPC 版左サイドバーにメッセージ欄を設置しています。

通訳を介してピチュと話してみた♫

私はピチュはまだ生きていて、いつも来るスズメがピチュだと90%以上ずっと信じてきました。でも後の数%は・・ひょっとしたら・・ピチュの子孫か、或いは生まれ変わりの子がピチュの影武者として来ている可能性もなくはないかも・・と疑っていました。
そこで兼ねてより関心を持っていたアニマルコミュニケーターの養成講座をやっと受けまして(まだ途中)先生にお願いしてピチュに直接確認して頂いたのです。
講座では時間をかけて心身の浄化などした後、私が先生のペットの猫ちゃんたちと(写真で)お話しました。(これについては許可を得て又の機会に書くかもしれないけど・・)ホントはここでその日のカリキュラムは終了、なのをご好意でして下さったのです。
一応以前プリントアウトしたピチュの写真を何枚か持参していました。(情報源はその写真だけ。このブログの存在も知らせていません。)
IMG_6972
うちにいた頃のピチュ(過去記事)

P1260006
放鳥後庭に来たピチュ

続きを読む
コメント欄について
勝手ながら2016年末よりコメント欄の各記事毎の設置を取りやめさせて頂いてます。m(__)m
(たまには開放しています。)

公開コメントはこの下の掲示板か関連過去記事へ、非公開コメントやご連絡は「メッセージ欄↓」へお寄せ頂けると嬉しいです。(^^♪

掲示板・コメント
メッセージ送信フォーム

こちらは内緒コメント,ご連絡用にご活用下さいね。

名前
本文
記事検索
プロフィール
管理人 くりこ

小鳥と歌と歴史系SFファンタジーが好きな主婦です。

かつては仕事や趣味で年中ツバメの様な渡り生活をしていましたが、現在は限られた地域でのスズメ生活を送っています。必然的に始めたアロマなどの自然療法で不調を乗り切っています。⤴

また鳥や妖精など,羽のあるものをモチーフにしたイラストや写真を,描いたり撮ったり,又テレパシー?で少し会話したりして楽しんでいます。

主な撮影地 岐阜県西濃~滋賀県湖北  
お知らせ
(2017)5月末でブログ村のランキングを不参加にしましたが籍は置かせて貰ってます。
カテゴリーは「野鳥5:ハーブ園芸3:妖精オーブ2」です。

こちらの↓管理人も続けますので宜しければご参加下さい。(^^♪
にほんブログ村テーマ オーブや光の写真・アートへ
オーブや光の写真・アート
ギャラリー
  • 通訳を介してピチュと話してみた♫
  • 通訳を介してピチュと話してみた♫
  • 通訳を介してピチュと話してみた♫
  • お帰り,ミリーちゃん
  • お帰り,ミリーちゃん
  • お帰り,ミリーちゃん
  • お帰り,ミリーちゃん
  • ハッサク食いおさめ(ヒヨドリ)
  • ハッサク食いおさめ(ヒヨドリ)
  • ハッサク食いおさめ(ヒヨドリ)
  • ハッサク食いおさめ(ヒヨドリ)
  • ハッサク食いおさめ(ヒヨドリ)
  • ハッサク食いおさめ(ヒヨドリ)
  • ルリー燕の帰巣・ピチュも餌台に
  • ルリー燕の帰巣・ピチュも餌台に
  • ルリー燕の帰巣・ピチュも餌台に
  • ルリー燕の帰巣・ピチュも餌台に
  • ルリー燕の帰巣・ピチュも餌台に
野鳥関連参考書籍
スズメはなぜ人里が好きなのか

スズメ-つかずはなれず二千年

ツバメのくらし百科

色や大きさでわかる野鳥観察図鑑(CD付)


その他のジャンルの書籍については各記事でご紹介しています。