ピケルステーション ~遊戯王の情報や構築に関するブログ~




card100011458_1






どーも、征竜大好きピケステです。(この浮気者ぉ!by魔法使い族)



というわけで、今回は征竜(テンペストを全力で介護する)デッキです。


まさか君たちが……たちって言っても今回は1枚だけだけど、
帰ってくるとは思わなかったよ。


嬉しすぎて相性良さそうなドラゴン族を片っ端から詰め込み過ぎてなんかやべぇデッキになってしまいました。(笑)




※とっくに理解されているとは思いますけど一応、
10月からのリミットレギュレーションに対応です。




メインデッキ60枚



モンスター30枚

嵐征竜‐テンペスト
風征竜‐ライトニング 3
デブリ・ドラゴン 3
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
青眼の白龍 3
Sin青眼の白龍
青眼の亜白龍
白き霊龍
太古の白石 2
伝説の白石 2
銀河眼の光子竜
真紅眼の黒炎竜
混沌帝龍‐終焉の使者‐
終焉龍カオス・エンペラー 2
オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン 3
アモルファージ・イリテュム
巨神竜フェルグラント
アークブレイブドラゴン
ドラグニティ‐コルセスカ


魔法30枚

竜の渓谷 3
テラ・フォーミング
竜の霊廟 3
トレード・イン 3
調和の宝札 3
ドラゴン・目覚めの旋律 3
復活の福音 3
死者蘇生
手札抹殺
隣の芝刈り 2
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター 3
大欲な壺 3



エクストラ

えん魔竜レッド・デーモン
PSYフレームロード・Ω
ライフ・ストリーム・ドラゴン
ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
銀河眼の光波刃竜
ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン
銀河眼の光波竜
No.90銀河眼の光子卿
真紅眼の鋼炎竜
撃滅龍ダーク・アームド
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン
天球の聖刻印
水晶機巧‐ハリファイバー
リンクリボー





いわゆる青眼征竜をベースにいろいろ組み合わせた感じです。


とりあえず墓地肥やし、蘇生、除外回収で展開するって感じで、きっちり流れの決まったソリティア的な動きはないので、(基本その時の手札にあわせての行き当たりばったり)
細かいギミックとかシナジーとかについて、いくつかに分けて解説します。



青眼関係はトレイン、調和、旋律でデッキ圧縮&墓地肥やしですね。

Sinは闇属性、能動的に墓地以外からカードを除外できる(序盤とか除外が肥えてない状態で大欲ドローしたいときに便利)ってあたりが採用理由ですね。もちろん旋律トレイン対応です。

霊龍は魔法罠除外にも使いますね。


光子竜は、旋律トレイン対応のほか、先攻1ターン目とかにとりあえず光子卿で様子見する場合に、デッキから素材にすることで破壊耐性および無効効果に関してはさらに破壊といった2点を追加できます。


黒炎竜は、霊廟で通常モンスター扱い、☆7(テンペストとでランク7に)、鋼炎竜で蘇生できます。
黒竜(オリジナルの方)でもいいですけど、このデッキにおいてはとりあえず追加効果があるぶんこちらが上位互換になります。


終焉龍はテンペストとかで除外したカードの回収役です。旋律やレボリューションでサーチできてトレインにも対応してます。
ちなみにPゾーンから特殊召喚せずに放っておけば、アブソリュートからボルテックスを出した際に無効効果のエサにできます。
あと最近気づいたんですけど、手札・フィールドを使わずにPゾーンから効果外テキストの特殊召喚(チェーンに乗らない(発動ではない)特殊召喚効果)で出せるので、混沌帝龍の効果使用後に出せる貴重な存在なんですねコイツ。(これさらっと書いたけど結構デカい発見な気がする。)

イリテュムは初手のダークマター&アークブレイブとかで出して行動制限に。ちなみにこちらもレボリューションでサーチできるのでトレインのコストとかにもどうぞ。(特に墓地に闇を送りたい場合にありがたいです。)

レボリューションはサーチ効果のほか、P効果で墓地のドラゴン族シンクロ・エクシーズの蘇生もできます。エクシーズを蘇生する場合は素材がないですけど、銀河眼なら重ねることでうまみを出せます。こちらもP効果使用後はボルテックスのエサにどうぞ。


巨神竜ストラクの2種類は、まぁ蘇生多めのドラゴン族デッキの定番ですね。
アークブレイブは永続魔法罠やPゾーンを多用するデッキへのメタにもなります。


コルセスカは渓谷でサーチできて調和のコストに、もしくは召喚すれば☆7とで☆8シンクロに。(なので若干攻撃力は下がりますけどブランディストックでも可。)
これは征竜時代を経験した決闘者には懐かしい話なのではと思います。(ピケステさんもその一人です。)


大欲は、テンペストのコストとかで膨れ上がった除外カードの回収役です。終焉龍とかもありますけど、特にデッキ・EXデッキに戻したいカードはこちらでどうぞ。
ちなみにΩで除外した相手の手札を巻き込んでデッキに戻すことで擬似ハンデスできます。(Ωは巻き込まないように。帰ってこれなくなるので。)


芝刈りは、なんか相性いいカード集めてたらデッキ枚数が膨れ上がって絞り切れなくなったので思い切って60枚にしてみたって感じです。まぁ芝刈りに頼らなくてもデッキ圧縮・墓地肥やし手段はいくらでもあるので、芝は刈れればラッキー程度です。(準になってしまいましたし。)


羽根帚ツイツイフル投入は裂け目マクロとかの永続メタ対策です。



エクストラについて

入れたいカード多すぎて枠足りないすぎる……。

とりあえずコンパクトに収めてみました。

先攻1ターン目用の光子卿、および序盤のダークマター(→アークブレイブ→イリテュム)、
除外回収用のΩ、
妨害のアブソリュート→ボルテックス、
攻め(除去)のえん魔竜、銀河眼、撃滅龍、
展開もしくはトドメのバーンの鋼炎竜、
マーカー確保の天球ハリと、ハリから出せる☆8ドラゴン族のライフ・ストリーム、
白石を落とすリンクリ、

って感じですね。

(デブリ&ライトニングの☆7シンクロに関しては、リンクすればいいので必須ではないかな。)

まぁ他にも選択肢は多すぎるくらいあると思います。





いやー、あれですね。

そもそもドラゴン族自体がサポート充実しすぎて、テンペスト1枚だけどころかコイツが墓地に行く前からいろいろ動けてしまいます。(笑)


あと60枚だからかもしれないですけどライトニングの出番ほとんどないです。


1枚でこれなら、四征竜制限なら子供禁止でもめちゃくちゃ強いのでは……。

いや、インフレも考慮すると4種類制限で環境ワンチャンレベルかな?個人的な見解ですけど。

しかしやはりといいますか、固有効果も踏まえて考えると他3種類はヤバそうですね…。
タイダルはたぶん海皇が調子に乗りますし、レドックスは蘇生なのでソリティア要因に使われそうですし。
ブラスターは単純な除去効果なのでまだマシかな?、征竜デッキとしては虚無魔人とかのメタ割りのためにぜひ戻ってきてほしいですね。




なぜ風だけ、と思ったらテンペスト(アタック)とライトニング...、
なるほど主人公優遇かぁ。(どっちもヘイト多そうなヤツってのはさておき)



何はともあれ、征竜デッキは採用するカードの選択肢が多くて楽しいですね。個性も出やすいですし。



以上で~す。

ノシ






card1002195_1





サモソぉ…サモソぉ…



どーも、魔法使い族大好きピケステです。



ジャグラー復帰するにしてもサモソ禁止は代償がでか過ぎるぜ……。(魔導書デッキの話)


アレイスター解除は……あ、そうですかって感じです。そもそも暴走魔法陣ありますし。
超融合増えたのも嬉しいっちゃ嬉しいですけど、召喚獣はメルカバー少ないのが一番イタイですからねぇ。



で、ここから本題。



やっと、やっとここまで来たぜ…。


シャドール完全復活です!!!


ネフィリムおかえり。ミドラーシュもおかえり。


超融合も準に緩和で嬉しいです。ただこいつに関しては完全解除はないだろうなぁと思います。制限に戻るか、環境で使われなくてもしばらくは準のままかなと。



ということで、今回は、

数々の規制を乗り越えて完全復活を果たしたシャドールデッキを紹介します!


ピケステ流でメインのモンスターをほぼ全シャドールにしても良かったんですけど、今回は壊獣カグヤを入れた本気モードのシャドールデッキにしました。




※10月からのリミットレギュレーションに対応



メインデッキ41枚



モンスター24枚

シャドール・リザード 3
シャドール・ヘッジホッグ 3
シャドール・ビースト 2
シャドール・ファルコン 3
シャドール・ドラゴン 3
シャドール・ハウンド 2
妖精伝姫‐カグヤ 2
妖精伝姫‐シラユキ
妖精伝姫‐シンデレラ
雷撃壊獣サンダー・ザ・キング(壊星壊獣ジズキエルでも可)
海亀壊獣ガメシエル
粘糸壊獣クモグス
グローアップ・バルブ


魔法12枚

影依融合 3
神の写し身との接触 3
魂写しの同化
超融合 2
妨げられた壊獣の眠り
月鏡の盾
貪欲な壺


罠5枚

堕ち影の蠢き 2
影依の原核 3



エクストラ

エルシャドール・ミドラーシュ 3
エルシャドール・ネフィリム 3
エルシャドール・シェキナーガ 2
エルシャドール・アノマリリス
エルシャドール・エグリスタ
エルシャドール・ウェンディゴ
水晶機巧‐ハリファイバー 2
ライフ・ストリーム・ドラゴン
TGワンダー・マジシャン






ネフィリムが増えただけでまぁー回る回る。(笑)
あっという間に3枚使い切ることもしばしば。


デッキ融合も持ち味の1つではあるんですけど、相手ターンでの接触のほうを意識して動かすとより上手く動けるかもです。

ホーネットビットとかバルブ蘇生とかにチェーンしてミドラーシュ出すのマジ楽しいです。(ゲス顔)

あとはハウンドですね。ネフィリムとかリザードで墓地に送って(ハウンド自身を融合素材にするでもよし)、相手のモンスターを守備にして攻撃防ぐなり自分の裏守備のリザードとかドラゴンをめくって除去効果を使うなり。(リザードで墓地に送ったらリザードをめくっても除去効果を使えないので注意です。)



壊獣と妖精伝姫に関しては、

壊獣でデッキ融合での属性の選択肢が増える。
壊獣カグヤで召喚権使うかわりに消費無しのリリース除去。(シャドール側は融合召喚とかで召喚権を使わずに展開できる。)
シラユキはデッキ融合で墓地に送ってもよし、カグヤでサーチしてもよし。
シンデレラ&月鏡で不足しがちな打点の補強。

そんな感じですかね。

サンダー・ザ・キングとジズキエルに関しては、それぞれ機械族、雷族ということでもしも場に残った場合には、相手がサンダー・ドラゴンもしくはサイバー・ドラゴンのデッキならそれぞれで利用される可能性がある。ぐらいの違いです。あとはサンダー・ザ・キングのほうが守備力が低いのでシラユキとかハウンドを絡めた場合に処理しやすいです。



ネフィリムが増えたことでよりポンポン融合召喚ができるようになったので、融合モンスターを複数並べるためにもリンクを、ということでハリファイバーさん出番です。

リンクネフィリムとかマリス妖魔は、ある程度展開してからでないと出せないので融合召喚する前に出すのはキツいですし。しかも融合体は素材にできないですし。

ハリならファルコン&融合体でも出せますし、しかもマーカー確保に加えて次の融合素材用のファルコンまで出してくれるので。

バルブはデッキ融合とかでシェキナーガ出しつつ蘇生してハリに。シェキナーガは墓地に送られますけど効果で融合魔法とか回収できます。ついでにハリで次の素材用ファルコンの調達も。



そんなところですかね。


フェリスとかルドラとか、他にも採用したいカードはいくらでもあるんですけど、

接触ミドラーシュとかの理由でシャドールモンスターを一定数採用したいということもあり、今回はこのレシピに落ち着きました。

あとは各々の好みでいくらでも改築して下され。



以上で~す。

ノシ






card100125360_1





テキストに魔法使い族とあっては見逃すわけにはいかないですね。ピケステです。



今回は、EP18で登場したドラゴンの統制者と復活の狂奏を取り入れた、銀河眼青眼デッキを紹介します。


ドラゴン族が主役、通常モンスターを含む、サポート役に魔法使い族と、なんとこれら全部が青眼とギャラクシーで共通してます。

まぁ今回は青き眼達はお休みなんですけどね。(笑)



笛は採用してないけど銀河眼使いなら口笛吹けばいいよね。(笑)





メインデッキ41枚



モンスター23枚

ロード・オブ・ドラゴン‐ドラゴンの統制者‐ 2
青眼の白龍 3
青眼の亜白龍
白き霊龍
太古の白石 2
伝説の白石 2
銀河眼の光子竜 3
ギャラクシーサーペント
銀河の魔導師
銀河騎士
銀河戦士 3
デブリ・ドラゴン 2
ジェット・シンクロン


魔法18枚

ドラゴン・目覚めの旋律 3
ドラゴン・復活の狂奏 3
竜の霊廟 3
復活の福音 3
トレード・イン 3
調和の宝札 3



エクストラ

青眼の精霊龍
蒼眼の銀龍
ライフ・ストリーム・ドラゴン
銀河眼の光波刃竜
ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン
No.62銀河眼の光子竜皇
No.107銀河眼の時空竜
銀河眼の光波竜
No.90銀河眼の光子卿 2
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
銀河眼の煌星竜 2
水晶機巧‐ハリファイバー
サモン・ソーサレス





回し方について


狂奏はデメリットがあるので理想は先攻1ターン目での発動、そうでなくてもなるべく序盤に発動したいです。
ということもあって、サーチが効いたり発動条件があったりしますけど3積みしてます。

で、とりあえず一番シンプルな回し方がこちら↓
霊廟とかトレインとかで墓地肥やし→統制者召喚→狂奏でドラゴン族並べてエクシーズ(光子卿orタイタニック)


あとはデブリで伝説の白石蘇生とか、銀河戦士だの亜白龍だの&召喚権でチューナーをといった動きから、
ハリファ出してジェット出して機械族2体でサモン・ソーサレス(魔法使い族)を出せば、狂奏も使えますしもちろんサモソの効果でもモンスター出せますので、
墓地肥やしとか蘇生札とか、そこらへん含めて上手くいけばサモソの下に光子卿&精霊龍(orもっとうまくいけばタイタニック)までいけます。



エクストラは...足りない...仕方ないのでダークマター外しました。(苦渋の決断)

ハリorサモソが禁止になるようなことがあれば、そのあたり外して銀河眼を増やすか精霊龍関連を増やすかですね。サモソ(狂奏用の魔法使い族)の代わりはアカシックとかアニマ(矢印が...最悪自爆特攻で)あたり入れとけばとりあえずなんとかなりそうですかね。


てな感じです。



復活の狂奏、サーペント救済としてギャラクシーデッキでも使えるかもしれないですね。

銀河騎士との兼ね合いこそあるものの、他に召喚権をほとんど使わない(あとは魔導師ぐらい?)ので初手発動特化のための統制者も採用の余地がありますし。(ギャラクシーの魔法罠は強力である反面発動機会・回数に制限があり手札に余りやすいものも多いですし。)

あとは、蘇生したサーペントをどう使うかですね。ハリから汎用リンク展開にもっていくのはエクストラ枠が圧迫されますし、
まぁ煌星竜なりハイパースターなりの素材にするあたりが無難ですかね。




にしても、次の制限改定が気になる...。
ピケステさんは、YCSもあるのでいつも以上に待ちきれねぇモードになってます。

ジャグラー緩和で、魔導書使いに笑顔を...。



以上で~す。

ノシ



このページのトップヘ