ピケルステーション ~遊戯王の情報や構築に関するブログ~




card100058107_1





お久しぶりです。ピケステです。



最近やっと多忙の日々が落ち着いた...のはいいんですけど、



じつはここしばらく遊戯王ロクにできてなくてですね。


一緒にやる相手もいないので、特にリンク召喚登場後はロクな試運転もできず、レシピがつくれてない状況です...。



それで、このブログの行先もどうしようかなーなんて考えてたんですけど、

せっかく更新を楽しみにしてくださってる方もいらっしゃるようですし、方向性を模索しつつもう少し頑張ってみることにします。



主人格さん、多忙の日々から一転して暇人になりそうですし。(笑)





ということで、今回は、


先日出掛けたついでにカード屋巡りして買ってきたパックの開封結果を載せますね。



(実は今まで他人のパック開封結果なんて誰も興味ねーわとか思ってたんですけど、あるカード屋の店員さんに「結構みんな気になるものですよ。ブログのネタにピッタリです。」みたいなこと言われたので。)




買ったパックは、

コード・オブ・ザ・デュエリスト×24
DPレジェンドデュエリスト編(城之内表紙のやつ)×5



配布のスペシャルパック×7
(↑が目当てです。)





まずはCOTDの光り物を。

【ウル】
トポロジック・ボマー・ドラゴン
トリックスター・ホーリーエンジェル

【スー】
電影の騎士ガイアセイバー
DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー
サイバース・ウィザード×2
キャッスル・リンク×2


まぁ、バラで買ったにしてはまともな光り物率かなと。

スー枠が微妙な気がしますけど。特にダブった2枚が。(笑)



城之内君のは光り物は黒刃竜1枚だけでした。
まぁ投げ売りで安く買えたパックですし文句は言わん。(ちょっと言いたいけど)



で、本命の配布パックですよ。


なかなか内容が豪華でして。


収録リスト(全10種)

ゲール・ドグラ
竜宮の白タウナギ
アマゾネス女王
時械神メタイオン
魔導書士バテル
轟雷帝ザボルグ
幻想の見習い魔導師
深淵に潜む者
ライトロード・セイントミネルバ
オーバーロード・フュージョン



ピケステさん的アタリはもちろん、バテルと見習いちゃんですよ。


で、7パックぶんの開封結果がこちら

【スー】
ライトロード・セイントミネルバ
アマゾネス女王
オーバーロード・フュージョン

【ノー】
轟雷帝ザボルグ
魔導書士バテル
幻想の見習い魔導師
ライトロード・セイントミネルバ



とりあえずヤッタネ!

ノーマルで1枚ずつとはいえアタリ両方ゲットです!(贅沢言っちゃイカン)


唯一ダブついたセイントミネルバも有能カードですしデッキによっては複数積みもアリなので許容範囲内ですし、

個人的にハズレらしいハズレはアマゾネス女王ぐらいで、まぁまぁ良い結果になりました。




次はデッキビルドパックでも買ってこようかな。



以上です。






card100057577_1





暑い...。



エリアに水ぶっかけてもらって涼しくなりたい。魔法使い族好き過ぎのピケステです。




シャイニート、アルケミックと関連する新たな魔法使い族アカシック・マジシャン。



素材指定緩すぎでしょ。


テキトーな☆4×2には破られなかった里スキドレをこんなに簡単に、かつ多くのデッキで突破されてしまう日が来るとは...。


これは少なくともサイドには必須、大暴騰不可避ですわ。


...というのは大袈裟過ぎるかもしれないですけど、少なくとも里ブラマジデッキあたりは若干肩身狭くなったのでは?(そうでもない?)



効果も今後のリンクモンスターの充実とインフレ次第では活躍を期待できますし、
なによりイラストアドが素晴らしいですね。(主観)





ところでピケステさんの主人格さんも発売日にパックを1箱買ったんですけど、

なんと魔法使い族リンクモンスターが2枚も当たったんですね。




オルターガイスト・プライムバンシーのウルとシクがね!





っちくしょーーーーこのやろぉーーーーーー!!!!!


テンションだだ下がりだったわー。(拮抗勝負とかヴァレルロードとか手に入れながら)




仕方がないのでとりあえずアライバルのイラストで我慢します。





はい次!




なんとなんと、霊使いデッキに新たな切り札候補登場ですよ!



それがこちら


card100057556_1




魔法使い族なので結束を阻害しない。合格。



憑依解放を使えば相手のデッキにあわせて不足属性ぶんをコンパクトに用意できるので、召喚条件との相性はよろしいのではと思います。



あとは②の効果を活かす場合にどう墓地を肥やすかのいわゆる専用構築練りですねー。

なるべく憑依解放を頼りにしたいので芝刈り(60枚デッキ)はうーんって感じですし、
あとモンスターを増やすとなるの魔法カード枚数的に魔導書を組み合わせるのが難しくなるのも悩みどころですね...。


ライトロードから援軍とライラとルミナス、ついでにシラユキあたりを連れてくるのが無難な落としどころですかねー。


それか勿体ないけど②の効果は連発は諦めるかですね。




墓地のモンスターを除外できるので、結束WW霊使いデッキにてクリスタルウィングを使えるようになったのは嬉しい、、、って思ったけどもうシラユキがいましたね。(笑)



霊使いは別にしても、

精霊神后ドリアード、魔法使い族好きとしてはいろいろ考えがいのある良いカードですね。



ちなみにドリアードは箱買いで当たりました。(喜)




以上で~す。

ノシ






card100055411_1






実はDMでは城之内君推しだったりするピケステです。



今回は、真紅眼デッキを紹介します。



DPで登場した黒刃竜の素材になり、デュアル真紅眼とサポートを共有できる戦士族デュアルモンスターを取り入れてみました。

融合、デュアル、装備と現時点で真紅眼カテゴリーにある特徴を幅広く活かすことができる構築になってます。




メインデッキ48枚



モンスター24枚

真紅眼の黒竜
真紅眼の黒炎竜 3
真紅眼の凶雷皇‐エビル・デーモン 2
真紅眼の凶星竜‐メテオ・ドラゴン
真紅眼の遡刻竜 2
真紅眼の幼竜 3
黒鋼竜 3
伝説の黒石 3
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
真紅眼の鉄騎士‐ギア・フリード
フェニックス・ギア・フリード 2
エヴォルテクター・シュバリエ 2


魔法20枚

レッドアイズ・インサイト 3
真紅眼融合 3
スーペルヴィス 3
化合電界 3
テラ・フォーミング 2
復活の福音 2
龍の鏡
ワン・フォー・ワン
ツインツイスター 2


罠4枚

真紅眼の鎧旋 2
レッドアイズ・スピリッツ
鎖付き真紅眼牙



エクストラ

悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン 2
真紅眼の黒刃竜 2
始祖竜ワイアーム
彼岸の巡礼者ダンテ
真紅眼の鋼炎竜 2
幻獣機ドラゴサック
迅雷の騎士ガイアドラグーン
No.11ビッグ・アイ
No.39希望皇ビヨンド・ザ・ホープ
セイクリッド・トレミスM7
永遠の淑女ベアトリーチェ






↓以前載せた記事です。参考までにどうぞ


簡単に言えば、上の記事のデッキに戦士族デュアルと新規真紅眼を入れた感じです。


デュアルモンスターはデッキ融合などで墓地に送れば(通常モンスターになるので)鎧旋で蘇生できます。

上級デュアルは手札に来ても化合電界の効果によりリリース無しで召喚できるので手札事故になりにくく、さらに言えば虚無魔人などにも対処できます。



融合モンスターは、
デッキ融合で流星竜と黒刃竜を、龍の鏡ならこれらに加えて悪魔竜、ワイアームを出せます。

黒刃竜の素材指定は「真紅眼の黒竜」+戦士族なので、バニラの黒竜もピン挿ししてます。(手札には来ないでね)



装備について

まず、自身が装備カードになるのは幼竜、黒鋼竜、スーペルヴィス、真紅眼牙。
装備カードを活用する効果を持つカードが真紅眼ギアフリ、フェニックスギアフリ、シュバリエ、黒刃竜です。
また、黒刃竜は墓地の戦士族を装備カードとして自身に装備する効果があります。

ここで重要になるのは、装備カードを活用するモンスターはいずれも「装備カードを墓地に送って発動する効果」を持っており、装備カードとなるカードは真紅眼牙を除いて「墓地に送られた場合に発動する効果」を持っているという点です。

戦士族デュアル2種類と黒刃竜は自身以外に装備されているカードを利用することもできるので、特にシュバリエなら黒鋼竜や幼竜も能動的かつ容易に墓地に送ることができます。

真紅眼ギアフリは幼竜の戦闘破壊(自爆特攻)から特殊召喚することで、場の魔法罠破壊or墓地の☆7以下真紅眼を蘇生に加えてデッキ・墓地から☆1ドラゴン族を手札に加えることができます。

黒刃竜は破壊されると装備されていたモンスターを可能な限り特殊召喚できるので(自身以外の効果で装備されていても良い)、黒鋼竜を装備しておくことで一度サーチ効果を使いつつ蘇生することで2回目のサーチ効果を狙うという動きもできます。

シュバリエとスーペルヴィスの相性の良さは説明要らないですね。



基本的な動きはそんな感じですかね。


あと、フェニックスギアフリはデュアル状態なら相手が魔法を発動する度に墓地のデュアルを蘇生できます。(ターン1などの回数制限なし)
魔法発動抑制になる可能性もありますし、相手が無視してぐるぐる回してきても少なからず高ステータスの壁確保にはなるはずです。たぶん。(汗)



エクストラについて

とりあえず必須は流星竜と黒刃竜1枚以上ずつと鋼炎竜がなるべく2枚以上ですかね。

あとは自由ですね。そもそもメインデッキのデュアル群が結構優秀なので、デッキ融合以外でエクストラに頼る場面がそこまで多くないです。(素材にしないほうが強いかも)

ビヨンドやドラゴサックあたりは、たまに状況打開策として役に立ちます。

あと、事故率は多少上がりますがヘルモスの爪系のカードを採用するのもアリですね。デッキの雰囲気的にもぴったりですし。






なかなかいい締めが思いつかないので、とりあえずこのコピペ載せときます。


やめて!ラーの翼神竜の特殊能力でギルフォード・ザ・ライトニングを焼き払われたら、闇のゲームでモンスターと繋がっている城之内の精神まで燃え尽きちゃう!
お願い死なないで城之内!あんたが今ここで倒れたら舞さんや遊戯との約束はどうなっちゃうの?
ライフはまだ残ってる。ここを耐えればマリクに勝てるんだから!



次回、城之内死す!!!デュエルスタンバイ!


なお、すぐに意識を取り戻す模様。



ギルフォード・ザ・ライトニングの強化やリメイクも待ってます。




興味があればぜひ組んでみてくださいね。



このページのトップヘ