card100040098_1




いよいよ今日はエクストラパックの発売日ですね。


ということで、今回は壊獣のデッキレシピを紹介します。


名付けて、シン・ゴジラデッキ!(安易な発想)


壊獣デッキにsinモンスターを取り入れてみました。


ちゃんと噛み合ってるんで安心してくださいね(笑)


※ちなみにピケステさんは映画シン・ゴジラに関する知識は皆無です。



メインデッキ43枚



モンスター22枚

壊星壊獣ジズキエル 3
雷撃壊獣サンダー・ザ・キング
怒炎壊獣ドゴラン 3
怪粉壊獣ガダーラ 2
海亀壊獣ガメシエル 3
多次元壊獣ラディアン 2
粘糸壊獣クモグス
Sinサイバー・エンド・ドラゴン 2
Sinスターダスト・ドラゴン 3
N・グラン・モール 2


魔法17枚

KYOUTOUウォーターフロント 3
テラ・フォーミング 3
妨げられた壊獣の眠り 3
トレード・イン 3
貪欲な壺
死者蘇生
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター 2


罠4枚

壊獣捕獲大作戦 2
スキルドレイン 2


エクストラ

サイバー・エンド・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン 2
No.77ザ・セブン・シンズ
No.84ペイン・ゲイナー
No.35ラベノス・タランチュラ
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
No.95ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
銀河眼の光波刃竜 2
ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン
No.62銀河眼の光子竜皇
銀河眼の光波竜 2
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー




壊獣モンスターは、
・それぞれの場に「壊獣」モンスターは1枚ずつまでしか出せない。
・相手のモンスター1枚をリリースして相手の場に特殊召喚できる。
・相手の場に壊獣がいる場合に手札から特殊召喚できる。
・場の壊獣カウンターを消費して使える固有効果。
の4つの効果を持っているのが特徴です。


相手の場に(弱小)壊獣を出して、自分の場に(それを倒すための)壊獣を出すのが、壊獣デッキの基本戦術になります。



相手の場には攻撃力の低いガダーラやラディアン、ガメシエルやクモグスあたりを、自分の場には攻撃力の高いジズキエルやサンダー・ザ・キングを出すことが多いです。

ただし相手がこちら側の壊獣カウンターを消費して効果を使うこともできるので、特に相手ターンでも効果を発動できるガメシエルやガダーラを送りつける際には注意が必要です。


また、ガメシエルやガダーラ、ジズキエルやクモグスは相手ターンでの妨害役として自分の場に出すこともあります。



ウォーターフロントは壊獣サーチおよびカウンターを貯める役としてかなり重要なカードになります。
なるべく早い段階で発動しておきたいのでテラフォも3積みしました。



Sinを組み合わせる利点について


まず、ウォーターフロントが場持ちの良いフィールド魔法なので、Sinが自壊されにくいです。

Sinサイエンとジズキエルが☆10、Sinスタダとドゴラン、ガダーラ、ガメシエルが☆8なのでエクシーズ召喚もしやすくなります。

さらに壊獣もSinもスキルドレインと相性が良いという共通点もあります。



グラン・モールは、送りつけた壊獣に攻撃することでその壊獣(&グラン・モール)を使いまわすことができるので、手札消費を抑えることができます。


スキルドレインは、Sinの自壊や他のモンスターが攻撃できなくなる効果を無効化できます。
さらに相手が壊獣の効果を無効化することもできます。(発動自体はできるのでカウンターを減らされる可能性はあります。)
ただし、Sinと壊獣の双方で場以外での効果は適用されているため、2枚目のSinや壊獣を出すことはできないので注意です。




エクストラについて


Sinの特殊召喚のコストのためのサイエンとスタダの採用はお忘れなく。

あとはランク8,10から各々の好みにあわせて採用すると良いと思います。

手札に余裕がある場合は、
それぞれの場に壊獣を出してさらにSinスタダを特殊召喚
→スタダと壊獣で光波竜をエクシーズ召喚
→新たなSinを出せるので相手の場の壊獣と同じレベルのSinを特殊召喚
→光波竜で壊獣をコントロール奪取してSinとあわせてエクシーズ召喚
なんていう動きもできます。
まぁそのターンは光波竜しか直接攻撃できないんですけどね(笑)




相手の場の厄介なモンスターを壊獣のリリースでどかしつつ、こちら側の壊獣およびエクシーズモンスターで攻めるのが基本戦術になります。




いやぁ、壊獣って思ったより頭使いますね。

効果を利用される点を考慮しないといけないので。

スキドレに特化して思考停止殴りゲーにするか...でもそうするとモグラが使いづらくなるんですよね...。

壊獣自体の枚数調整もあわせてデッキ組むの大変です(汗)


今回のレシピが、これから壊獣を組もうと思っている方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。
(Sinとの混合デッキではありますけど)


興味があればぜひ組んでみてくださいね。