card100037183_1




今回は、ブラマジデッキを紹介します。



レシピ見ればわかると思いますけどかなりブラマジデッキしてます。(笑)



ちなみに、下のリンクは今年4月のTDIL発売の頃の記事です。ブラマジデッキの基本事項の確認や、どう変化したか(強化されたか)の比較にどうぞ。




ここから今回のレシピです。




メインデッキ40枚



モンスター20枚

ブラック・マジシャン 3
ブラック・マジシャン・ガール 2
幻想の見習い魔導師 3
マジシャンズ・ロッド 3
守護神官マハード 3
マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン 3
チョコ・マジシャン・ガール 3


魔法15枚

黒の魔導陣 3
黒・魔・導
黒魔術の継承 2
イリュージョン・マジック
黒魔導強化 2
魔術の呪文書 2
ティマイオスの眼
ディメンション・マジック 2
ハーピィの羽根帚


罠5枚

マジシャンズ・ナビゲート 3
永遠の魂 2


エクストラ

超魔導剣士‐ブラック・パラディン
呪符竜
竜騎士ブラック・マジシャン・ガール
彼岸の巡礼者ダンテ
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン
真紅眼の鋼炎竜
幻獣機ドラゴサック
迅雷の騎士ガイアドラグーン
No.11ビッグ・アイ
幻想の黒魔導師
No.39希望皇ビヨンド・ザ・ホープ
風紀宮司ノリト
永遠の淑女ベアトリーチェ
マジマジ☆マジシャンギャル




最も改善されたのは、やっぱり下級、というかポンと出せるモンスターが増えたことですね。

4月の時点ではブラマジサポートとは関係が薄い下級魔法使い族も採用していたんですけど、

ロッドのほかにチョコと、簡単に特殊召喚できる見習いが登場したことにより、よりシナジー面での無駄を省けるようになりました。




黒魔導の継承は、便利ではあるんですけど序盤に複数枚手札に来ると困るので1枚か2枚ぐらいで良いかと思います。



見習いちゃんはかなり便利な娘ですね。というかこの娘のおかげでブラマジデッキは飛躍的に強化されたのではと思います。

特にナビゲートとの相性がバツグンで、
ナビゲートの発動条件を満たすためのブラマジを見習いでサーチできるのはもちろんのこと、
ナビゲートで見習いをデッキから特殊召喚でき、さらに特殊召喚した場合にブラマジをサーチできるので、実質ナビゲートでデッキからブラマジ&見習い特殊召喚なんていう動きもできます。


ちなみに見習いでブラマジをサーチできるのでイリュージョン・マジックの採用枚数は減らしました。でもまぁ、ロッドや魔導陣でサーチできたり墓地からもブラマジを回収できたりと、まだまだイリュージョン・マジックにしかできない役割もきちんとあります。



あとはこの期間での強化ではないですけど、再構築の際に意識した点について。


見習いの存在もあるかもしれませんがナビゲートはかなり強いと思ったので3積みです。
それに対して、永遠の魂は破壊された時のデメリットもあるので採用枚数を減らしました。こちらは、終盤にジリ貧気味になって相手が除去札を握りにくくなってから、永続的にブラマジを場に出す(&魔導陣での除外)手段として意識して使ってみると良いかもしれません。



あと、魔術の呪文書は意外と使えるのではと思って採用してみました。
攻700の強化とはいえ微妙な攻撃力の差で勝敗がわかれることもありますし、なにより黒の魔導陣に対応しているのがポイントです。

ちなみに魔導陣やロッドに対応していないティマイオスは外そうかとも考えたんですけど、ブラパラの魅力に負けて1枚だけ採用しました。



BMGは黒魔導強化と魔術の呪文書の存在、そして見習いとでランク6を出せることから思い切って2枚に増やしてみました。
手札で余ったら見習いやチョコのコストにすれば良いですし、墓地に送れば黒魔導強化の効果も増えるので2枚でもアリかなと思います。



エクストラに関しては、ランク7はもちろんランク6も採用できるようになりました。




いやぁ、魔法使い族いいっすねぇ~。

ピケステさんはここしばらく魔法使い族の中でも魔導書とシャドールを気に入って使ってたんですけど、
(マジェはユニコーンが嫌われてるのでしばらく封印)

最近ブラマジだったり、あと魔術師Pあたりもまた頻繁に使うようになりました。


...墓守新規来ないかなぁ。(ボソッ)



興味があればぜひ組んでみてくださいね。