ピロム☆小林の三国志

三国志にまつわる事項を、主に正史『三国志』の記述に基づいて年表にまとめました。 【曹操】が誕生した西暦155年からはじまり、赤壁の戦い頃までです。 実際の年が分からない者に関しては、推測を交えて載せています。

西暦163年(延熹六年)

三月:<官>【許栩キョク】が司徒に就く
五月:<侵>鮮卑族 (幽洲)『遼東』の属国へ侵攻。
七月:<乱>『桂陽』の【李研】が反乱を起こす。これにより『武陵』の異民族の情勢が不穏になる。
十月:<諫>【桓帝】が『広成』で巻狩りを行い、函谷関・上林苑へ御行する。【陳蕃チンバン】がこれを諌めたが、【桓帝】は聞き入れなかった。
11月:<乱>『南海』郡でも反乱あり。
12月:<官>【周景】が司空に就任。   清流派軍閥による反撃開始か?
<政>司空【周景】・大尉【楊秉ヨウヘイ】らが、宦官一味の無能役人の淘汰を上訴。五十余人が死刑 又は免職になる。
<官>【皇甫規】が匈奴中郎将に【張奐】が度遼将軍に【段熲】護姜校尉に復帰した。
<政>尚書【朱穆シュボク】(155年に劉陶により一度推挙された人物)が宦官を政治の中枢より遠ざけるよう上訴するが、宦官勢力の圧迫に遭い憤死する。


《この年の生誕者》【荀彧 文若~212】※荀攸157~の叔父にあたる(正確には、荀彧の祖父と荀攸の曾祖父が兄弟にあたる)荀彧の父は荀氏八龍の一人、荀緄。

《この年の死没者》【朱穆】尚書

西暦162年(延熹五年)《主な出来事:荊洲の反乱》

三月:<政>【皇甫規】は沈氏姜族を破ったが、宦官の讒言により捕縛される。【皇甫規】は後に釈放されるがそのまま引退する。
四月:<乱>荊洲『長沙』『零陵』『豫章』の不服住民らが蜂起。
五月:<乱>荊洲『長沙』『零陵』『豫章』の反乱軍が『桂陽』・『蒼梧』・『南海』諸郡を攻める。刺史・太守らは逃亡する。
八月:<乱>荊洲『艾県』不服住民が『長沙』に侵攻し、『零陵』・『武陵』の異民族も反乱を起こす。
十月:<軍>【馮緄フウコン】が車騎将軍に任ぜられ、荊洲の混乱の鎮圧。
11月:<官>【楊秉ヨウヘイ】(楊震の子)が大尉に就く。



《この年の生誕者》 【胡昭】
《この年の生誕者?》【関羽 雲長?~219】

西暦161年(延熹四年)

正月:<天>疫病が流行。
二月:<官>【禾中暠チュウコウ】が司徒に、【劉矩リュウキョ】が大尉に、【黄瓊】(元大尉)が司空に就く

<人>※曹操の祖父(養祖父)にあたる宦官の曹騰は、禾中暠によって断罪されそうになった事があったが、禾中暠を称えていた。禾中暠チュウコウが司徒に成ると、「自分が三公になれたのは曹常侍(曹騰)のお陰である」と語った。
八月:<政>財政難解消のため、関内侯 等の官位が売りに出される。
九月:<官>【劉寵リュウチョウ】が司空に。
十月:<使>天竺国より使者がくる。

<乱>『南陽』『襄城』『昆陽』の民衆が反乱。首謀者達は殺害される。
11月:<侵>姜族が『并洲』・『涼洲』に侵攻する。涼洲刺史【郭閎カクコウ】は、責任逃れの為に【段熲】を捕らえ、獄に下す。後に釈放?

<軍>太山太守【皇甫規】(※皇甫嵩の父)が願い出て姜族討伐にあたり、これを破る。
12月:<使>夫余の王からの使者が来朝する。



《この年の生誕者》【劉備 玄徳~223】/【呂岱】

西暦160年(延熹三年)

正月:<人>新豊公【単超】が死去。
閏正月:<乱>西姜族 及び焼何の実力者達が『張掖(涼洲)』に侵攻し、【段熲】がこれを打ち破る。
七月:<官>【盛允】が司空から司徒に昇進し、【虞放】が司空の座に就く。
九月:<乱>『泰山』・『瑯邪』の民衆が反乱。
<乱>『長沙』・『零陵』の蛮民が蜂起し、荊洲刺史【度尚】が鎮定。



《この年の生誕者》【下ベン皇后】※曹操の正妻(魏・文帝 曹丕の生母。皇后位は尊号)
《この年の死没者》【単超】新豊公・宦官

西暦159年(延熹二年)《主な出来事:桓帝・宦官によるクーデター。宦官による専横政治始まる。》

二月:<侵>鮮卑【檀石槐ダンセキカイ】が『雁門』に侵入。
六月:<侵>鮮卑【檀石槐ダンセキカイ】が『遼東』に侵入。
七月:<宮>【梁皇后】の逝去。
八月:<事>【桓帝】は宦官【左忄官サカン】・【単超】らの力を借りてクーデターを発動する。大将軍【梁冀】は自殺し、梁一族は棄市。
   
<政>三公の地位にあった、司徒【韓縯】・司空【孫朗】・大尉【胡広】は失脚する。
<宮>新しい皇后に【鄧氏トウシ】が立てられ【鄧皇后】となる。
<官>新たな三公に宦官の三名が就任する。大尉【黄瓊コウケイ】・司徒【祝恬シュクテン】・司空【盛允】。
     
これ以後、宦官の専横がつのる。

12月:<乱>姜族が隴西の全城塞に攻撃を仕掛けてくる。(雍洲)【段熲ダンケイ】がこれを打ち破る。
<使>この年、天竺国より使者がくる。仏教伝来??


《この年の死没者》【梁皇后】/【梁冀】梁皇后の外戚・大将軍

西暦158年(延熹元年 ※永寿四年:六月に改元)

五月:<天>日食
<政>太史令【陳授】が 大将軍【梁冀】の専横を非難する上陳を行い、【梁冀】に捕らえられる。【陳授】はその後 獄死。
六月:<政>改元。永寿→延熹
七月:<官>【胡広】大尉に就任。
12月:<乱>南匈奴(涼洲)の諸部がそろって反乱し、烏丸・鮮卑の縁辺諸郡(幽洲・雍洲・并洲)に侵入し、護匈奴中郎将【張奐】がこれを鎮める。



《この年の生誕者》【管寧】
《この年の死没者》【陳授】太史令

西暦158年(延熹元年 ※永寿四年:六月に改元)

五月:<天>日食
<政>太史令【陳授】が 大将軍【梁冀】の専横を非難する上陳を行い、【梁冀】に捕らえられる。【陳授】はその後 獄死。
六月:<政>改元。永寿→延熹
七月:<官>【胡広】大尉に就任。
12月:<乱>南匈奴(涼洲)の諸部がそろって反乱し、烏丸・鮮卑の縁辺諸郡(幽洲・雍洲・并洲)に侵入し、護匈奴中郎将【張奐】がこれを鎮める。



《この年の生誕者》【管寧】
《この年の死没者》【陳授】太史令

ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ