正月:<天>疫病が流行。
二月:<官>【禾中暠チュウコウ】が司徒に、【劉矩リュウキョ】が大尉に、【黄瓊】(元大尉)が司空に就く

<人>※曹操の祖父(養祖父)にあたる宦官の曹騰は、禾中暠によって断罪されそうになった事があったが、禾中暠を称えていた。禾中暠チュウコウが司徒に成ると、「自分が三公になれたのは曹常侍(曹騰)のお陰である」と語った。
八月:<政>財政難解消のため、関内侯 等の官位が売りに出される。
九月:<官>【劉寵リュウチョウ】が司空に。
十月:<使>天竺国より使者がくる。

<乱>『南陽』『襄城』『昆陽』の民衆が反乱。首謀者達は殺害される。
11月:<侵>姜族が『并洲』・『涼洲』に侵攻する。涼洲刺史【郭閎カクコウ】は、責任逃れの為に【段熲】を捕らえ、獄に下す。後に釈放?

<軍>太山太守【皇甫規】(※皇甫嵩の父)が願い出て姜族討伐にあたり、これを破る。
12月:<使>夫余の王からの使者が来朝する。



《この年の生誕者》【劉備 玄徳~223】/【呂岱】