「マグマと海水の出会い」
ヘビーメタルビーバップギターと千手のタブラが国、文化を超越した「地球音楽空間」を創り上げる。限りなく熱く、やさしい音の洪水。再現不能な即興の一夜をお楽しみください。

yoshizawa&yoshimi-sepia










日時 : 10月20日(土)19:00 開演 〜 21:00 終演

出演 : 吉澤洋治(ギター)
     吉見征樹(タブラ)

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
     〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 4,000円 (会場内 飲食OK! 持ち込み自由!)
     宿泊パック 7,000円 ( ライブチャージ + 宿泊 )

※ 終演後に打ち上げ(参加費無料。出演者への差し入れ大歓迎!)
※ お一人でのご宿泊は相部屋をお願いする場合もございます。

予約 : ☎ 0266-67-4150

吉澤洋治(ギター)
ギタリスト、作編曲家。ゴダイゴのギタリスト、ベーシスト。1976年、マンハッタンのグレゴリーズにて、スタン・ケントン楽団の編曲者、ジーン・ローランド(tp、s)氏のカルテットに参加し、ジャズ奏者として初舞台を踏む。同時期にジョー・ピューマ(g)、チャック・ウェイン(g)、アル・ヘイグ(p)、エリス・ラーキンズ(p)らに学ぶ。1980年、ミュージカルHAIRでギターを担当後、ゴダイゴに参加。ゴダイゴの活動と並行し、自身のジャズユニットで活動。また、ポール・ジャクソン(b、ハービー・ハンコックのヘッドハンターズ)のバンドなどに参加。現在はゴダイゴのメンバーとして活動する傍ら、ソロ・アーティストとしての制作、および現代クラシック音楽から、コンピューターを活用した実験的音楽まで、ジャンルを跨いだ各種プロジェクトに取り組んでいる。

吉見征樹(タブラ)
1984年 タブラを始める。1985年 幅広い音楽修行の為ニューヨークに渡る。1987年よりインドはムンバイにてタブラの大御所ウスタッド・アラ・ラカ・カーン氏と、その息子ウスタッド・ザキール・フセイン氏に師事。タブラの可能性を追求する為、インド古典音楽はもとより、あらゆるジャンルの音楽家・ダンサー・アーティストなどとの共演、ミュージカル、ファッションショー、演劇などの音楽を手掛け、またTV・ラジオのCM、テーマ曲、映画、CD等のスタジオ録音など数多く携わっており、国内外を問わず精力的にセッションを続けている。インプロヴィゼーションを得意とし、どのようなセッションにおいても自在に絡みつくその演奏は太鼓でありながらもメロディアスであり、タブラであらゆるジャンルとの共演をこなす貴重な存在である。