国内外で活躍中のハモンドオルガン奏者/土田晴信、和製「グラント・グリーン」ギタリスト/小暮哲也、Blue Note New Yorkにも出演の国際的ドラマー/二本松義史。若手実力者が勢揃い!

tsuchida trio-1-s













日時 : 10月30日(水) 19:00 開演 18:00 開場

場所 : 泊まれる 天空のライブハウス 「 ピラタス 2 」
     〒391-0301 長野県茅野市北山 4035-2148

料金 : 3,500円 (会場内 飲食OK! 持ち込み自由! その他のチャージ無し)
     宿泊パック 6,500円( ライブチャージ + 宿泊 )
     ※ 帰りを気にせず打上げしましょう。
     ※ 終演後に打ち上げ参加費無料。 出演者への差し入れ大歓迎!

予約 : ☎ 0266-67-4150(ピラタス 2)
     ※ ご予約順に前のお席を用意させて頂きます。

< プロフィール >

土田晴信(オルガン)
ノーザンイリノイ大学ジャズピアノ科、デポール大学院ジャズ作編曲科卒業。ピアノをWillie Pickens、ハモンドオルガンをTony Monaco、Chris Foremanに師事。11年間アメリカ・シカゴを中心にジャズやブルース系ハモンドオルガン・ピアノ奏者として演奏活動。2010年に日本に帰国し活動。新たに2013年にドイツ・ベルリンに転居しヨーロッパ中心に活動。アメリカ・ドイツ・イタリア・チェコ・スロバキア・スウェーデン・ノルウェーなどで演奏。2016年より日本中心に活動再開。 2006年にジャズオルガン奏者としてデビューアルバムとして”Midnight Shuffle”をリリース、2010年に”Next Time You See Me”をリリース、2015年にドイツのMons Recordsより”Swingin’ with the Hammond Organ”をリリースし、アメリカ・ヨーロッパ・日本・その他の国でディストリビュートされる。ハモンドオルガン奏者としてアメリカ、ヨーロッパ、日本とワールドワイドな活動を行う一方、教育者として2016年から慶應大学にて一般教養としてジャズのクラスを教えている。

小暮哲也(ギター)
14才よりギターを始める。岡安芳明氏に師事。千葉県、都内、横浜のジャズクラブやライブハウスを中心に出演。2010年 リーダーアルバム”Am I blue?"発表!「確かなオリジナリティとフレーズが融合、和製グラント・グリーンがデビュー」(Jazz guitar book誌より)「グリーンのスタイルを受け継ぎブルージーなフレーズを迷うことなく正攻法にシングルトーンで歌い上げる。無駄な速弾きなどしないで一音一音じっくりと自分のフレーズで歌っているところが素晴らしく、ミディアムテンポのスウィング感は絶品」(Jazz life誌より)小暮哲也カルテットplus岡安芳明NHKセッション2011出演。2012・2013年 飛鳥兇望暮哲也カルテットで出演。SB 食品に曲を提供。2013・2014年モーションブルー横浜に小暮哲也カルテットで出演。現在、自己のジャズギタースクールで積極的に指導をしている。

二本松義史(ドラム)
12歳からドラムとクラシックパーカッションを始める。1997年、洗足学園短期大学(ジャズコース)に入学し大坂昌彦氏に師事。2001年、バークリー音楽大学の奨学金を得て渡米。 2003年には同校の代表に選ばれBlue Note New Yorkに出演。 卒業後ニューヨークに活動の拠点を移し幅広く活動。2008年、日本に帰国。2009年、横浜Jazz Promenade 2009に於いて山田拓児Quintetで「グランプリ」、 個人賞として「洗足学園音楽大学賞」、第29回浅草Jazzコンテストに於いて、山田拓児Sextetで「金賞」を受賞。 2010年、Summer Sonic 2010に出演。TOKU with Strings & HornsのメンバーとしてBlue Note Tokyoに出演。 ニューヨーク滞在時に結成したUoU(ユーオーユー)のファーストアルバム"Home"をアメリカのTippin' Recordsからリリース、 2013年にはセカンドアルバム"Take the 7 Train"を発表。