「人生とは、生まれてから予定された以外のことを生きること」
イヌイットの言葉でそんな言葉があった。

外資系メーカーのマーケターとして順風満帆だった俺に訪れた、予定外の数々。その瑞々しい記録を残したいと思う。 記録を渋る私に最後の一押しをしてくれたSさん、Iくんの嫁に感謝を込めて。

2008年の6月、入社から4年目の俺は、ヘアケアのブランド刷新プロジェクトを担当していた。
「若いときから権限を」 就職活動の時に聞いた私の会社のキャッチフレーズに齟齬はない。ブランディング、投資戦略、広告戦略、、、全てをまとめて、私がプロジェクトリーダー。

全てを一新する新製品の発売を数ヶ月に控え、その日はマーケティングディレクターを含めて、ごく少人数の会議が行われていた。新製品の発売まで、できる限りの全てを尽くす。 ディテールにこそ神は宿る。

そんな部屋の雰囲気がいつもと違う。いや、違うのは部屋じゃねぇ。俺だ。何かが、何かが、おかしい。 俺は、長期のプロジェクトにも耐え抜いていた、自分の体の内なる声に耳を傾けてみた。

「おしりが、痛いよ

俺は耳を疑った。 そんなわけはない。 俺は入社4年目の27歳、極めて健康、毎晩アブフレックスで鍛え上げた鋼の体だ。 何人も俺のプロジェクトを止められないはずだ。 もう一回念のため俺の体に聞いてみる。

「肛門が痛いよ。なにかができてるよ」

それが俺の長い闘病のはじまりだった。

----------------------------------------------------

☆もしもこの痔ブログがためになったと思われたら、↓のバナーもしくはリンクをクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

シンガポールブログランキング!:
クリックすると、シンガポール情報満載のブログランキングにつながります。